安倍晋三

安倍晋三のイメージ画像

 2019年2月の期間中の安倍晋三による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2019年2月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2019年2月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-02-01][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍晋三首相は1月31日の衆院本会議で、憲法改正について「各党の議論が深められ、国民的な理解も深まることを期待する」と抑制的な発言にとどめた。夏の参院選を控えて改憲機運はしぼんでおり、各党を刺激するのは得策でないためだ。国民民主党の取り込みも自由党の接近で不透明になり、首相は宿願である改憲に向けた戦略を描けていない。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

安倍晋三による2019年2月 発言・ニュース

[2019-02-01][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍晋三首相は1月31日の衆院本会議で、憲法改正について「各党の議論が深められ、国民的な理解も深まることを期待する」と抑制的な発言にとどめた。夏の参院選を控えて改憲機運はしぼんでおり、各党を刺激するのは得策でないためだ。国民民主党の取り込みも自由党の接近で不透明になり、首相は宿願である改憲に向けた戦略を描けていない。

[2019-02-01][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍晋三首相「日米交渉、為替は財務大臣間で緊密な議論をすると17年2月の首脳会談で合意している」「日米交渉、農林水産物は過去の約束の内容が最大限との前提」

[2019-02-01][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍晋三首相は1日の参院本会議で、日米通商交渉を巡り、米側が包括的な自由貿易協定(FTA)に意欲的な交渉方針を発表したことに関し「サービス全般の自由化や幅広いルールを協定に盛り込むことは想定していない」と強調し、包括交渉を否定した。同時に「交渉は国益と国益のぶつかり合いだ。その過程でさまざまな発言が出ることは外交の常だ」と述べた。

[2019-02-04][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍総理大臣は午後6時すぎからドイツのメルケル首相と首脳会談を行い、EUとのEPA=経済連携協定が発効したことを踏まえて、経済面での関係強化で合意した。

[2019-02-05][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相が中国の習国家主席に対し、今年2回の来日を要請していたことが分かった、と報じている。日本政府は6月の大阪でのG20首脳会合時に加え、秋に国賓として迎えると中国側に打診したという。

[2019-02-05][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍晋三首相「経済政策の結果をよく見せようとして統計をいじっているわけではない」

[2019-02-12][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相「(日米通商交渉で)国益に反する合意するつもり全くない」

[2019-02-12][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より1ポイント上がって44%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は、2ポイント上がって37%であった。

安倍晋三の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース