安倍晋三

安倍晋三のイメージ画像

 2020年2月の期間中の安倍晋三による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2020年2月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2020年2月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-02-03][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍晋三首相は3日の衆院予算委員会で、アベノミクス「新3本の矢」の一つである希望出生率1.8の実現を全世代型社会保障改革の柱と位置付け、今夏までにまとめる政府検討会議の最終報告に盛り込む考えを示した。公明党の石田祝稔政調会長への答弁。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

安倍晋三による2020年2月 発言・ニュース

[2020-02-03][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍晋三首相は3日の衆院予算委員会で、アベノミクス「新3本の矢」の一つである希望出生率1.8の実現を全世代型社会保障改革の柱と位置付け、今夏までにまとめる政府検討会議の最終報告に盛り込む考えを示した。公明党の石田祝稔政調会長への答弁。

[2020-02-04][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相は衆院予算委員会で、新型コロナウイルスによる肺炎問題が東京五輪・パラリンピックに影響を与えないよう対応する考えを示した。「世界保健機関(WHO)など関係機関と緊密に連携し、準備が着実に進むよう適切に対応する」と述べている。また、橋本五輪相は週内にも大会組織委員会や関係自治体などを集め対策を協議すると明らかにした。

[2020-02-07][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相は衆院本会議で、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大に関し、今夏の東京五輪・パラリンピック開催への影響は生じていないとの認識を示した。「世界保健機関(WHO)の緊急事態宣言を受け、大会組織委員会と国際オリンピック委員会(IOC)のあいだで、東京開催の可否に関わる協議や検討は一切行われていない」と述べている。

[2020-02-10][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相は、都内で開いた北方領土返還要求全国大会であいさつし「北方四島における共同経済活動は着実に前進している」と強調した。平和条約交渉について「協力関係の進展の上に交渉を前進させている。日露双方が受け入れられる解決策を見つけるための共同作業を精力的に進める」と述べている。

[2020-02-10][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相が、モスクワで5月9日に開かれる対ドイツ戦勝75年式典に出席するため、ロシアを訪問する方針を固めたと報じている。8日か10日に日露首脳会談を調整しているという。

[2020-02-10][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より1ポイント上がって45%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は1ポイント下がって37%だった。

[2020-02-13][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相は、出席した衆院予算委員会で、衆院解散について「まったく考えていない」と言明した。国民投票と衆院選挙の同時開催は想定されていないとの立法府見解は認識しているとしたうえで、首相の解散権を縛るものではないと指摘している。

[2020-02-14][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・時事通信が6~9日に実施した2月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比1.8ポイント減の38.6%、不支持率は2.8ポイント増の39.8%となった。不支持率が支持率を上回ったのは、森友・加計学園問題で政権不信が高まっていた時期の2018年8月以来1年6カ月ぶり。支持率3割台は19年3月以来。

[2020-02-17][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍晋三首相が昨年5月、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との「前提条件のない首脳会談」を呼び掛けた際に、2002年の日朝平壌宣言をもとに新たな日朝首脳間の宣言をつくることを検討することも可能だと打診していたことが16日までに分かった。複数の日朝関係筋が明らかにした。

[2020-02-17][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍総理大臣は、衆議院予算委員会の集中審議の冒頭で、先週の審議で、立憲民主党の議員の質問が終わったあと、「意味のない質問だ」とやじを飛ばしたことについて、「おわびし、閣僚席からの不規則発言は厳に慎むよう、身を処して参る」と述べ、謝罪した。

安倍晋三の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース