FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)関係の発言・ニュース

FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)イメージ

 FRBは、アメリカ、ワシントンD.C.にある連邦準備制度理事会(Board of Governors of the Federal Reserve System または Federal Reserve Board) が全国の主要都市に散在する連邦準備銀行(Federal Reserve Banks)を統括する組織形態を特徴とする私立銀行群を指します。

 連邦準備制度理事会・連邦準備銀行のどちらも略称は頭文字をとって「FRB」と呼ばれますが、このカテゴリ内では連邦準備制度(Federal Reserve System)関連となるニュースや発言を全て収集しています。

 また、FOMC関連となるニュースや議事録については、FOMC(連邦公開市場委員会)のカテゴリ内にて紹介しています。

HDP

中間派

 HDP   +0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +4.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2024-06-15][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +4.5 CRHDP +0.0]
・グールズビー・シカゴ連銀総裁「利下げが可能かどうかはインフレ動向で決定」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のFRB関係の発言・ニュース

[2024-06-15][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +4.5 CRHDP +0.0]
・グールズビー・シカゴ連銀総裁「利下げが可能かどうかはインフレ動向で決定」

[2024-06-05][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +4.5 CRHDP +0.0]
・サマーズ元米財務長官は4日、米長期国債利回りについて、高めの水準が長期間続くとの見通しを示した。

[2024-06-04][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +4.5 CRHDP +0.0]
・フィリピン中銀のレモロナ総裁は、FRBよりも早期に利下げを行う可能性があるとの見解を改めて示した。インフレ率は年内に2-4%の範囲に落ち着く可能性があるため、中銀は以前ほどタカ派的ではないと述べた。

[2024-06-03][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +4.5 CRHDP +0.0]
・FRB、インフレ以外も警戒すべき日は近いか、景気減速の証拠が増えるにつれ、利下げ圧力が高まる可能性、と伝えた。

[2024-05-30][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +4.5 CRHDP +0.0]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「米経済活動は4月上旬から5月中旬にかけて拡大を続けたものの、状況は地区によって異なる」「ほとんどの地区はわずかな成長または緩やかな成長を報告、2地区は活動に変化がないと報告した」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「不確実性の高まりと下振れリスクの増大が報告される中、全体的な見通しはやや悲観的になった」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「雇用は全体的にわずかに増加」「8地区は雇用がわずかから緩やかに増加したと報告、4地区は雇用に変化はなかったと報告」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「賃金の伸びは概ね緩やかであったが、いくつかの地区はより緩やかな増加を報告」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「いくつかの地区は賃金の伸びがパンデミック前の歴史的な水準にあるか、その水準に向けて正常化しつつあると報告」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「物価は緩やかなペースで上昇した」「物価の上昇は短期的には緩やかなペースで続くと予想」
・米クリーブランド連銀は、メスター総裁の後任に金融大手ゴールドマン・サックス元幹部のベス・ハマック氏を充てると発表した。8月21日に就任。メスター氏に続く女性総裁となる。FOMCには、9月から投票権を持つメンバーとして参加するという。
・米連邦準備制度理事会(FRB)が29日公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)は、米経済が4月上旬以降に大半の地域で「わずかな、ないし緩慢な」ペースで拡大したと指摘した。個人消費は物価上昇の影響で抑制されたという。

[2024-05-29][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +4.5 CRHDP +0.0]
・クリーブランド連銀、ゴールドマン出身のハマック氏を次期総裁に指名

[2024-05-28][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +4.5 CRHDP +0.0]
・月次の景況感調査であるミシガン大消費者信頼感指数を支持政党別に算出すると、11月の米大統領選の勝敗を左右しかねない無党派層の数値が悪化しており、共和党員の厳しい見方に近づいている。有権者は経済を最大の課題に挙げているため、民主党候補のバイデン氏は逆風が強まっている形だ。
・FRBのボウマン理事は、FRBが今月発表したバランスシートの縮小ペース減速について、自身は開始の先送りか、もしくはより緩やかな減速を支持しただろうと述べた。

[2024-05-27][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +4.5 CRHDP +0.0]
・FRBのウォラー理事は、経済への影響において中立とされる「自然利子率(Rスター)」が過去数年間にわたる低下を経て今後上昇する可能性はあるが、実際にどうなるかに言及するのは時期尚早と述べた。

[2024-05-24][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +4.5 CRHDP +0.0]
・ウォラーFRB理事「米国の安全で流動性がある資産が利回りや中立金利を押し下げた」
・ナーゲル独連銀総裁「ECBはおそらく6月に利下げする可能性」「インフレのトレンドは下落傾向にある」「コア、ヘッドラインインフレはともに減速中」「次の動きは9月まで待たなければならないだろう」

[2024-05-23][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +4.5 CRHDP +0.0]
・米連邦通信委員会(FCC)のローゼンウォーセル委員長は、ラジオやテレビの政治広告を人工知能(AI)で作成した場合に開示を義務付ける新たな規制を提案した。選挙候補や争点に関する広告が対象となる。同氏はFCCで採決するよう要請。AIが作成した政治広告を禁止することは提案しなかった。

(最終更新日時 2024-06-16 10:53)

FRB関係の発言・ニュース バックナンバー

重要人物・その他の発言・ニュース