FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)関係の発言・ニュース

FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)イメージ

 FRBは、アメリカ、ワシントンD.C.にある連邦準備制度理事会(Board of Governors of the Federal Reserve System または Federal Reserve Board) が全国の主要都市に散在する連邦準備銀行(Federal Reserve Banks)を統括する組織形態を特徴とする私立銀行群を指します。

 連邦準備制度理事会・連邦準備銀行のどちらも略称は頭文字をとって「FRB」と呼ばれますが、このカテゴリ内では連邦準備制度(Federal Reserve System)関連となるニュースや発言を全て収集しています。

 また、FOMC関連となるニュースや議事録については、FOMC(連邦公開市場委員会)のカテゴリ内にて紹介しています。

HDP

中間派

 HDP   +0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-12-06][NP-1.0 HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「米経済活動は緩やかもしくは穏やかなペースで拡大」「ほとんどの地区で物価上昇は緩やか」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「雇用市場は幅広い分野でタイト」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「関税や金利、労働市場を要因に一部で楽観的見方弱まる」
・米連邦準備理事会(FRB)は5日に公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)で、関税措置に関連した物価の上昇はより広範に拡大したとし、全体としては全国の大部分の地域でインフレは控えめなペースで上昇したとの認識を示した。
・クオールズ米FRB副議長「米国経済は強い」「特に西部で」
・クオールズ米FRB副議長「消費増税の影響は小幅なものにとどまると考えられる」
・クオールズ米FRB副議長「不確実性は残るので適切な政策をとる」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2018-11-15][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.2]
・クォールズ米FRB副議長「米国の雇用の伸びは持続可能で、経済は非常に強い」「暗号通貨は高いボラティリティーがある資産であり、通貨ではない」
・クォールズ米FRB副議長「当面の間、強い経済を継続できる」「米労働市場の成長は持続可能、経済は非常に強い」

最近のFRB関係の発言・ニュース

[2018-12-06][NP-1.0 HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「米経済活動は緩やかもしくは穏やかなペースで拡大」「ほとんどの地区で物価上昇は緩やか」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「雇用市場は幅広い分野でタイト」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「関税や金利、労働市場を要因に一部で楽観的見方弱まる」
・米連邦準備理事会(FRB)は5日に公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)で、関税措置に関連した物価の上昇はより広範に拡大したとし、全体としては全国の大部分の地域でインフレは控えめなペースで上昇したとの認識を示した。
・クオールズ米FRB副議長「米国経済は強い」「特に西部で」
・クオールズ米FRB副議長「消費増税の影響は小幅なものにとどまると考えられる」
・クオールズ米FRB副議長「不確実性は残るので適切な政策をとる」

[2018-12-04][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.1]
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「金融政策正常化により市場流動性は損なわれない」「インフレはFRBの目標である2%近辺」
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「経済は完全雇用の状態もしくはその直前」
・クラリダFRB副議長がインタビューで、インフレ抑制と最大雇用の実現というFRBの目標達成に向けた現行の枠組みは上手く機能しているが、今後の見直しでそれを「改良」する方策がみつかる可能性があると述べた、と報じている。
・クオールズFRB副議長は、FRBが指標を注視する一方、「方向性が大きく変化」した場合のみ対応するとの認識を示した。

[2018-12-03][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.1]
・クラリダFRB副議長「米国経済は健全に推移」「米連邦準備理事会(FRB)は、2つの使命(雇用の最大化・物価の安定)達成に邁進」
・クオールズFRB副議長「中立金利は金融政策運営には便利な考え方」「中立金利レンジの低限に近づいている」
・クオールズFRB副議長「中立金利に注目しすぎると話し合いが滞る可能性」「米経済の状態はFRBが正しい政策をしていることを証明している」
・クオールズFRB副議長「中立金利のどの水準で利上げを止めるかは経済指標次第」

[2018-11-27][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.1]
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「米経済は強健。労働市場は健全」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「漸進的な利上げを支持」「中立金利は不透明」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「インフレが目標を上回れば政策を調整する」

[2018-11-27][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.3 CRHDP +0.2]
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「米経済は強健。労働市場は健全」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「漸進的な利上げを支持」「中立金利は不透明」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「インフレが目標を上回れば政策を調整する」

[2018-11-20][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.2]
・世界の金融規制を担う金融安定理事会(FSB)の次期議長に、FRBのクオールズ副議長が就任する見通しとなった、と報じている。

[2018-11-19][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.2]
・クラリダFRB副議長が、米金利はFRBが中立金利と見なす水準に近づいているとし、中立的であることは「理に適う」との見解を示したと報じている。

[2018-11-16][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.2]
・米連邦準備理事会(FRB)は15日、金融政策の運営方法を巡り、来年に広範な見直しを行うと発表した。市場関係者や学識経験者に限らず、一般市民も含めたさまざまな利害関係者から意見を聞くための会合を全米各地で開く。
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「FRBの正常化に向けた動きは行き過ぎでも速過ぎでもない」「金利は中立水準に近づいている」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「今後の政策は経済データ次第」「世界経済の成長鈍化傾向が見られる」

[2018-11-15][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.2]
・クォールズ米FRB副議長「米国の雇用の伸びは持続可能で、経済は非常に強い」「暗号通貨は高いボラティリティーがある資産であり、通貨ではない」
・クォールズ米FRB副議長「当面の間、強い経済を継続できる」「米労働市場の成長は持続可能、経済は非常に強い」

[2018-11-14][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・クォールズFRB副議長「FEDは透明性改善のために多くの手段をとる」

(最終更新日時 2018-12-07 16:35)

FRB関係の発言・ニュース バックナンバー

FRB カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース