FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)関係の発言・ニュース

FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)イメージ

 FRBは、アメリカ、ワシントンD.C.にある連邦準備制度理事会(Board of Governors of the Federal Reserve System または Federal Reserve Board) が全国の主要都市に散在する連邦準備銀行(Federal Reserve Banks)を統括する組織形態を特徴とする私立銀行群を指します。

 連邦準備制度理事会・連邦準備銀行のどちらも略称は頭文字をとって「FRB」と呼ばれますが、このカテゴリ内では連邦準備制度(Federal Reserve System)関連となるニュースや発言を全て収集しています。

 また、FOMC関連となるニュースや議事録については、FOMC(連邦公開市場委員会)のカテゴリ内にて紹介しています。

HDP

中間派

 HDP   +0.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-08-12][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.3]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「インフレ率は高すぎで、低下するのを見る必要がある」「インフレは改善しているが、勝利とは言えない」「9月は50bp引き上げが基本ケース」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「雇用市場をひっくり返したくないので、50bp引き上げが道理にかなう」「データ次第で75bp引き上げにもオープン」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「インフレ改善のヘッドフェイクに陥りたくない」「経済における最も重要なリスクは高すぎるインフレ」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「景気後退へのリスクはほど遠い」「景気減速、インフレ率の低下を望むが、景気後退は避けたい」「1つのCPIだけを見て判断したくない」
・ブルームバーグは、デイリー・サンフランシスコ地銀総裁がインタビューで、インフレ統計など最近の経済指標を踏まえると、9月に0.5%利上げするのが「妥当」としつつ、データ次第では0.75%の可能性も排除しない姿勢を示したと報じている。
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「当面の間、インフレ率が目標に達することを望む」「経済は根本的に健全」「今週のインフレデータを歓迎」
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「短期金利が景気抑制領域に入ることを確認したい」「景気抑制領域に入るにはまだ距離がある」「すべての不況が大不況のようであるとは限らない」「需要は確実に軟化している」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のFRB関係の発言・ニュース

[2022-08-12][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.3]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「インフレ率は高すぎで、低下するのを見る必要がある」「インフレは改善しているが、勝利とは言えない」「9月は50bp引き上げが基本ケース」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「雇用市場をひっくり返したくないので、50bp引き上げが道理にかなう」「データ次第で75bp引き上げにもオープン」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「インフレ改善のヘッドフェイクに陥りたくない」「経済における最も重要なリスクは高すぎるインフレ」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「景気後退へのリスクはほど遠い」「景気減速、インフレ率の低下を望むが、景気後退は避けたい」「1つのCPIだけを見て判断したくない」
・ブルームバーグは、デイリー・サンフランシスコ地銀総裁がインタビューで、インフレ統計など最近の経済指標を踏まえると、9月に0.5%利上げするのが「妥当」としつつ、データ次第では0.75%の可能性も排除しない姿勢を示したと報じている。
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「当面の間、インフレ率が目標に達することを望む」「経済は根本的に健全」「今週のインフレデータを歓迎」
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「短期金利が景気抑制領域に入ることを確認したい」「景気抑制領域に入るにはまだ距離がある」「すべての不況が大不況のようであるとは限らない」「需要は確実に軟化している」

[2022-08-11][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.3]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「インフレを抑制したと勝利宣言するには時期尚早」「9月のFOMCまでに、雇用や物価関連の指標を注視する」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「より小規模な利上げを支持している」

[2022-08-09][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.3]
・NY連銀が発表した7月の調査によると、米消費者の1年先と3年先のインフレ期待が共に大きく低下した。FRBのインフレ対応の効果が出ている可能性がある。1年先インフレ期待(中央値)は6.2%と、前月から0.6%低下し、2月以来の低水準を付けた。3先のインフレ期待は3.2%と、0.4%低下。昨年4月以来の低水準となる。

[2022-08-08][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.3]
・ロイターは、1994年以来27年ぶりとなる0.75%の大幅利上げを決定した6月の米FOMC前日にFRBのパウエル議長が複数の政策当局者と慌ただしく会談していたことが、表された月間スケジュールで分かった、と報じている。それによると、パウエル氏は現地時間6月13日午後3時からわずか10分間のオンライン会議を含め、地区連銀総裁2人および理事3人と会談したという。
・FRBのボウマン理事は週末参加したイベントで、7月に実施した0.75%の利上げについて、今後も「物価上昇率の持続的な低下が確認できるまで同程度の利上げを検討すべきだ」と述べた。パウエル議長らが示唆した利上げペースの減速に慎重な見方を示している。
・CBSは、米サンフランシスコ連銀のデーリー総裁が、インフレを抑制するという点で金融当局が役割を果たしたといえる状況からは「まだ程遠い」と指摘したと報じている。次回9月のFOMC会合での利上げ幅について、0.50%で確定したわけではないことを示唆したという。

[2022-08-04][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.3]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「市場のFRBが来年には利下げを始めるとの観測は先を急ぎ過ぎている」「高インフレとの闘いはまだ終わっていない」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「23年終盤から24年序盤にインフレ2%達成が出来るよう取り組み中」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「9月会合での0.50%利上げは妥当な行動」
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「インフレ抑制は可能だが、景気後退(リセッション)が起こる可能性がある」「FRBは時間の経過とともにインフレ率を下げる」「インフレ正常化のペースは不確実」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「FRBはインフレ対処の戦いを終了していない」「年末までに政策金利を3.4%まで引き上げることが理に適う」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「我々はデータ次第」「想定される中立金利は、おそらく3%、3.1%」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「まだ中立水準に達していない」「深刻な景気後退なく、インフレを鈍化させられると楽観視」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「我々が目指しているソフトランディングは達成可能」「インフレを23年末、または24年初旬までに2%へ」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「2008年金融危機のような景気減速を予想していない」「市場の利下げ予想は先を急ぎ過ぎている」

[2022-08-03][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.3]
・米セントルイス連銀のブラード総裁は、FRBとECBについて、インフレ抑制に向け利上げを実施するなか、それぞれの経済を軟着陸させることが可能だとの見解を示した。NY大学マネー・マーケターズの会合での講演の準備原稿で考えを示している。
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「米雇用の伸びは持ちこたえられる」

[2022-08-02][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.3]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「FRBのインフレ対策は終了からほど遠い」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「インフレは高過ぎる」「FRBのインフレ対策、終了には程遠い」

[2022-07-29][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.3]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は28日、パウエル発言を好感する投資家、だが9%のインフレに対し2.5%のFF金利は「中立」なのか、という社説を掲載した。
・ウォラーFRB理事「米国の労働市場、軟着陸は称賛に値する結果」

[2022-07-27][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.3]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、難易度増すFRBのガイダンス、有効性に疑問の声も、と伝えた。

[2022-07-26][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.3]
・日本経済新聞によると、米連邦準備理事会(FRB)は26~27日、米連邦公開市場委員会(FOMC)を開いて当面の金融調節方針を決定する。

(最終更新日時 2022-08-13 18:26)

FRB関係の発言・ニュース バックナンバー

重要人物・その他の発言・ニュース