FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)関係の発言・ニュース

FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)イメージ

 FRBは、アメリカ、ワシントンD.C.にある連邦準備制度理事会(Board of Governors of the Federal Reserve System または Federal Reserve Board) が全国の主要都市に散在する連邦準備銀行(Federal Reserve Banks)を統括する組織形態を特徴とする私立銀行群を指します。

 連邦準備制度理事会・連邦準備銀行のどちらも略称は頭文字をとって「FRB」と呼ばれますが、このカテゴリ内では連邦準備制度(Federal Reserve System)関連となるニュースや発言を全て収集しています。

 また、FOMC関連となるニュースや議事録については、FOMC(連邦公開市場委員会)のカテゴリ内にて紹介しています。

HDP

中間派

 HDP   +0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-07-19][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「見通しの不透明性が上昇」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「FEDは経済を持続させるため、適切な行動をとる」「米経済は良好で成長は健全」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「指標に結果がでるまで、政策の決定を必ずしも待ちたくない」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「見通しの不確実性が増した」「米経済指標は強弱入り交じり、世界経済には失望している」「金融政策にはラグがあり、リスクにさらされている」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「米経済は良いところにあるが不確実性は増した」「米経済成長を継続させるため適切に行動する」「データが変わるまで待つ必要はない」
・米ニューヨーク連銀「ウィリアムズ総裁の講演、学術的内容であり次回FOMCにおける政策行動に関するものではない」
・NY連銀担当者「ウィリアムズNY連銀総裁の講演は学術的なもの」
・FRBはNY連銀総裁の講演について、政策行動の可能性に関するものではないと説明した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のFRB関係の発言・ニュース

[2019-07-19][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「見通しの不透明性が上昇」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「FEDは経済を持続させるため、適切な行動をとる」「米経済は良好で成長は健全」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「指標に結果がでるまで、政策の決定を必ずしも待ちたくない」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「見通しの不確実性が増した」「米経済指標は強弱入り交じり、世界経済には失望している」「金融政策にはラグがあり、リスクにさらされている」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「米経済は良いところにあるが不確実性は増した」「米経済成長を継続させるため適切に行動する」「データが変わるまで待つ必要はない」
・米ニューヨーク連銀「ウィリアムズ総裁の講演、学術的内容であり次回FOMCにおける政策行動に関するものではない」
・NY連銀担当者「ウィリアムズNY連銀総裁の講演は学術的なもの」
・FRBはNY連銀総裁の講演について、政策行動の可能性に関するものではないと説明した。

[2019-07-18][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・米地区連銀経済報告「数か月先の米景気は貿易摩擦への懸念が広がる」「物価上昇は前回報告に比べやや鈍化」
・米地区連銀経済報告「大半の地区で景気が幾分よくなったと報告」「大半の地区で個人消費がわずかに改善と報告」
・米地区連銀経済報告「雇用の拡大は前回に比べてやや鈍化」「労働市場の需給は依然として引き締まり」
・「FRBの利下げ必要か、経済指標で薄らぐ根拠」というコラム記事を掲載した。

[2019-07-17][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「7月の金利決定はどちらの方向にも傾いていない」「インフレ率押し上げにはトレンド上回る成長が必要」「追加刺激策が必要かどうかの判断は時期尚早」

[2019-07-13][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「インフレは低い。個人消費は信じられないほど強い」
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「米国でマイナス金利を導入することには懐疑的」

[2019-07-12][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「労働市場は歴史的に見ても強く、インフレ見通しは安定的」「インフレは想定よりも目標に近い可能性がある」
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「さらなる緩和がインフレの引き金になると思わない」「雇用市場は歴史的な強さでインフレ見通しは安定的」
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「金利について何かを決断しなければならないのであれば、ゆっくり動くより早く動くほうが良い」
・クォールズFRB副議長「米国経済は強い状態だが、明らかにいくつかのリスクが顕在する」
・クォールズFRB副議長「いくらかの著しいリスクがある」「世界の成長や貿易への懸念が逆流に」
・ブレイナー・米連邦準備理事会(FRB)理事「リスクは貿易、世界成長、債務上限」「リスクと低インフレを理由に利下げ路線を支持」
・ブレイナー・米連邦準備理事会(FRB)理事「持続的な低金利が困難な課題」「経済成長堅調だが、投資に活気なし」「リスクは貿易、経済成長、債務上限など」「リスクと低金利理由に金利の引き下げ路線を支持」
・クォールズFRB副議長は参加したイベントで、今秋にも複数の銀行規制緩和策を前進させると述べた。 またFRBが今秋にも、国内銀行最大手以外の銀行に対する資本および流動性要件の緩和案をまとめる可能性があることも明らかにしている。

[2019-07-11][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP -0.1]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「企業信頼感と投資が懸念されるが経済についてはかなり良いと感じている」「下振れリスクはより深刻な問題になっている」

[2019-07-10][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP -0.1]
・クオールズ米連邦準備理事会(FRB)副議長は9日の講演で、景気見通しや金融政策について言及しなかった。
・FRBのクオールズ副議長は、年次銀行ストレステスト(健全性審査)について、FRBは引き続き一段の情報を提供するほか、銀行資本要件の簡素化を進めていく姿勢を示した。
・「インフレの低下リスクは予想以上に根強い可能性がある」などとFRB議長の証言原稿はハト派寄りの内容であったことから、米長期金利が急落、ドル売りが全般優勢の展開に。

[2019-07-08][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP -0.1]
・FRBは、半期ごとに連邦議会に提出する金融政策報告書を公表し、米中貿易摩擦をめぐる不透明感を背景とした景気減速の兆候に警戒感を示した。また、「成長持続へ適切に行動する」と、利下げを視野に入れていることを改めて示唆している。

[2019-07-05][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP -0.1]
・「FRB理事候補の変節、トランプ氏になびく金本位主義者」「問題はシェルトン氏による自説の展開の仕方にある」というコラム記事を掲載した。

[2019-07-02][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP -0.1]
・FRBのクラリダ副議長は、「米中交渉が再開するもようで、これは明らかにポジティブな進展だ」としたうえで、「ただ、この交渉が最終的にどのような解決を迎えるのかがグローバル経済の見通しを考えるうえで重要な要素になる」と述べた。

(最終更新日時 2019-07-20 16:37)

FRB関係の発言・ニュース バックナンバー

FRB カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース