FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)関係の発言・ニュース

FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)イメージ

 FRBは、アメリカ、ワシントンD.C.にある連邦準備制度理事会(Board of Governors of the Federal Reserve System または Federal Reserve Board) が全国の主要都市に散在する連邦準備銀行(Federal Reserve Banks)を統括する組織形態を特徴とする私立銀行群を指します。

 連邦準備制度理事会・連邦準備銀行のどちらも略称は頭文字をとって「FRB」と呼ばれますが、このカテゴリ内では連邦準備制度(Federal Reserve System)関連となるニュースや発言を全て収集しています。

 また、FOMC関連となるニュースや議事録については、FOMC(連邦公開市場委員会)のカテゴリ内にて紹介しています。

HDP

中間派

 HDP   +0.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-12-03][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「長期的なインフレ期待は我々の目標で安定」「金利の正常化を支持している」
・クオールズFRB副議長「テーパリングの早期終了を支持」「インフレが目標以下の水準となることを期待」「金融政策は需要と供給のバランスをとることが可能」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「予想よりも早い段階でのテーパリングの終了が必要となる場合がある」「永続的な供給問題や労働市場のタイトな状況は予想していない」
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「長期的なインフレ期待は常に懸念事項」「長期的なインフレ期待をFRBの目標で安定させることが重要」「FRBが実施している金融政策正常化を支持」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「予想よりも早期のテーパリングが必要となる可能性」「利上げについての計画を作成し始める必要がある可能性」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のFRB関係の発言・ニュース

[2021-12-03][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「長期的なインフレ期待は我々の目標で安定」「金利の正常化を支持している」
・クオールズFRB副議長「テーパリングの早期終了を支持」「インフレが目標以下の水準となることを期待」「金融政策は需要と供給のバランスをとることが可能」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「予想よりも早い段階でのテーパリングの終了が必要となる場合がある」「永続的な供給問題や労働市場のタイトな状況は予想していない」
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「長期的なインフレ期待は常に懸念事項」「長期的なインフレ期待をFRBの目標で安定させることが重要」「FRBが実施している金融政策正常化を支持」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「予想よりも早期のテーパリングが必要となる可能性」「利上げについての計画を作成し始める必要がある可能性」

[2021-12-02][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・ブルームバーグ・テレビジョンは、米クリーブランド連銀のメスター総裁がインタビューで、必要な場合に来年2-3回の利上げが可能になるよう連邦準備制度による資産購入のテーパリングペース加速に「非常にオープン」だと述べたと報じている。

[2021-12-01][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・クラリダFRB副議長はスピーチのテキストで金融政策に関して言及せず。
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「インフレ率を2%近くまで下げることがインフレ期待抑制の鍵」「FRBはインフレ指標を注意深く監視する必要」「賃金上昇は健全だが生産性と一致していない」
・FRBのクラリダ副議長は、FRB当局者が2%を超えて推移しているインフレ率に満足していないとし、インフレ期待をFRBの目標近辺に維持するために実質インフレ率を低下させることが重要という認識を示した。また、FRBはインフレ目標を達成しているとし、インフレ期待を安定させるためにはインフレ率を低下させることが重要と指摘。FRBは利上げを実施する前に最大雇用の責務を達成する必要があるとしている。

[2021-11-25][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「12月のテーパリング加速を支持する可能性も、次回の雇用統計やCPIを確認したい」「12月のテーパリング加速においては、さらなるデータを確認する必要」
・ロイター通信によると、米連邦準備理事会(FRB)が24日に公表した11月2─3日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、高インフレが続けば債券買い入れプログラムの縮小ペースを加速させ、より迅速に利上げを実施することに複数の政策当局者が前向きな姿勢を見せていたことが分かった。

[2021-11-24][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「流れは明らかにテーパリング加速に向かっている」「ただ、テーパリング加速を求めるには時期尚早」「より多くのデータが必要」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「来年1-2回の利上げがあっても驚かない」

[2021-11-23][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済はここ数年でもっとも速いペースで拡大」「高インフレは人々に打撃を与えることを知っている」「インフレの定着を防ぐために手段を行使する」

[2021-11-22][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・「ホワイトハウスは米連邦準備理事会(FRB)議長人事について早ければ現地時間9時(日本時間23時)に発表する」ようだ。

[2021-11-20][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・ウォラー米連邦準備理事会(FRB)理事「雇用の増加とインフレでテーパリングの加速を支持する」
・ウォラー米連邦準備理事会(FRB)理事「インフレは22年の金融政政策を複雑にする可能性」「供給制約を受けて価格上昇圧力がより広範囲となる」「テーパーがどのように実施されるかについては次の数か月が重要」
・ウォラー米連邦準備理事会(FRB)理事「FEDが利上げを行ったとしても、金融政策の刺激は引き続き強い」「米国は完全雇用に急速に近づいている」「インフレ期待の高まりを非常に懸念」
・クラリダFRB副議長「将来FOMCは2%のインフレターゲットを再検討したいと考えるかもしれない」「第4四半期の経済成長は非常に強力である可能性が高い」
・クラリダFRB副議長「12月FOMCでテーパリングのペースについて議論することが適切となる可能性」

[2021-11-18][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・ウォラー米連邦準備理事会(FRB)理事「ステーブルコインは金融システムの安全性を確保するために規制が必要」「規制は特定のリスクレベルに合わせて調整する必要」「FEDのデジタルドルの必要性に対しては懐疑論も」
・ウォラー米連邦準備理事会(FRB)理事「FRBのデジタルドルの必要性に懐疑的」

[2021-11-17][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・リッチモンド連銀のバーキン総裁は、参加したFRB主催のパネル討論で、先週発表されたミシガン大消費者信頼感が10年ぶりの水準に落ち込んだことに言及。一部労働者の賃金が上昇する一方、消費者心理は「リセッションを彷彿とさせるような水準」とし、主に「物価の衝撃」が要因という認識を示した。
・ロイター通信によると、米連邦準備理事会(FRB)の複数の当局者は16日、インフレ高進に伴う家計や消費者心理への影響を警戒しており、インフレ制御が必要という見解を示した。
・米サンフランシスコ連銀のデイリー総裁は、新型コロナウイルス感染拡大が収束するにつれ物価上昇は緩和していくとし、忍耐強く対応する必要があるとの考えを示した。
・米サンフランシスコ連銀のデイリー総裁は記者団に、テーパリングを開始したFRBの次のステップは、利上げに向けたフォワードガイダンスの調整になるとの見解を示した。

(最終更新日時 2021-12-04 12:27)

FRB関係の発言・ニュース バックナンバー

重要人物・その他の発言・ニュース