FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)関係の発言・ニュース

FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)イメージ

 FRBは、アメリカ、ワシントンD.C.にある連邦準備制度理事会(Board of Governors of the Federal Reserve System または Federal Reserve Board) が全国の主要都市に散在する連邦準備銀行(Federal Reserve Banks)を統括する組織形態を特徴とする私立銀行群を指します。

 連邦準備制度理事会・連邦準備銀行のどちらも略称は頭文字をとって「FRB」と呼ばれますが、このカテゴリ内では連邦準備制度(Federal Reserve System)関連となるニュースや発言を全て収集しています。

 また、FOMC関連となるニュースや議事録については、FOMC(連邦公開市場委員会)のカテゴリ内にて紹介しています。

HDP

中間派

 HDP   +0.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-01-15][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「今やわずかなインフレが歓迎される」「年の半ばに2%を超えるインフレ上昇が発生する可能性」「現状の政策は良い位置にある」「経済が完全に軌道に戻るまで、すべてのツールを使用」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のFRB関係の発言・ニュース

[2021-01-15][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「今やわずかなインフレが歓迎される」「年の半ばに2%を超えるインフレ上昇が発生する可能性」「現状の政策は良い位置にある」「経済が完全に軌道に戻るまで、すべてのツールを使用」

[2021-01-14][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「米経済活動はほとんどの地区で緩慢に拡大」「ほぼ全ての地区で価格は僅かに上昇」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「過半数の地区で雇用が鈍いペースで増加」「個人消費は強弱まちまち」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「住宅用不動産の活動は引き続き堅調。商業用不動産は弱いまま」「銀行融資額にはほとんど変化がなかった」
・クラリダFRB副議長「新たな枠組みは進化であり、革命でない」

[2021-01-12][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「米経済は上半期に落ち込むものの、下半期は非常に強くなる見通し」「前年のインフレ率低下で、第2四半期には上昇する見通し」「財政支援が数年にわたって消費支出を押し上げることを期待」

[2021-01-09][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・クラリダFRB副議長「ワクチンにより経済の下振れリスクが減少した」「ワクチンのニュースは経済の見通しを明るくした」
・クラリダFRB副議長「経済がウイルス前のピークに回復するまでにはしばらく時間がかかるだろう」「FRBは、経済を支援するためにあらゆるツールを使用する」「第4四半期に景気回復のペースが鈍化するだろう」
・クラリダFRB副議長「トランプ支持者の議会乱入に怒り感じた」「失業はレジャー、ホスピタリティに集中」「バイデン政権との協力を楽しみにしている」
・クラリダFRB副議長「12月の雇用統計に失望」「12月の雇用統計の数字を見ても驚きはない」
・クラリダFRB副議長「ウイルスが原因で次の数か月は困難に」「労働市場の弱さが継続するとは思っていない」
・クラリダFRB副議長「夏までにはワクチンがパンデミックの影響を和らげる」「テーパリングについて考える前に、かなりの時間がかかる可能性がある」
・クラリダFRB副議長「2021年までの購入の現在のペースを維持」
・クラリダFRB副議長「インフレ率は今年、幾分上昇するだろうが一時的」「インフレ率、22年は2%をやや下回る」
・クラリダFRB副議長「FEDはドルをターゲットにしない」「ドルは5年の平均をわずかに下回る程度」
FRB・クラリダFRB副議長「ドルのレベルは今すぐに懸念を引き起こすものではない」「最近のドル安に悩まされていない」

[2021-01-08][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「FEDの政策がうまく機能している」

[2021-01-07][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「今年終盤に資産購入の段階的縮小の可能性はある」

[2020-12-21][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・CNBCは、FRBのクラリダ副議長が、議会で討議されている追加景気対策は、厳しい局面が予想される向こう数ヵ月間、米経済の支援になると述べたと報じている。また、米国が2番底の景気後退に陥るとは考えていないとしたうえで、来年の経済成長率は4%を超えるとの見方を示したという。

[2020-12-16][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・FRBは、各国中銀などで構成する「気候変動リスク等に係る金融当局ネットワーク(NGFS)」に正式加盟したと発表した。世界の主要中銀のなかで加盟していないのは、FRBとインド中銀だけだった。

[2020-12-07][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・FRBは、今年2回目となる大手銀行のストレステスト(健全性審査)の結果を18日に公表すると明らかにした。

[2020-12-03][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「米経済活動はほとんどの地区で僅かから緩やかに拡大」「ほぼすべての地区で雇用は増加したものの、ペースは遅く回復は不完全なまま」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「製造や住宅建設、既存の住宅販売は平均以上の成長を示す傾向が見られた」「一部のセクターはパンデミック前のレベルを下回ったまま」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「フィラデルフィアと中西部の3つの地区では、新型コロナが急増したため、11月初旬に活動の鈍化が見られた」
・米連邦準備制度理事会(FRB)は2日に公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)で、経済が秋に「緩慢ないし緩やか」な回復へと加速したものの、11月は中西部や北東部で新型コロナウイルスの感染拡大によって減速も見られたとした。
・米FRBのパウエル議長は2日の下院金融委員会の公聴会で、大規模な債券購入プログラムの縮小を急がない考えを示した一方、追加策の用意を示唆することもなかった。

(最終更新日時 2021-01-17 11:41)

FRB関係の発言・ニュース バックナンバー

FRB カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース