FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)関係の発言・ニュース

FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)イメージ

 FRBは、アメリカ、ワシントンD.C.にある連邦準備制度理事会(Board of Governors of the Federal Reserve System または Federal Reserve Board) が全国の主要都市に散在する連邦準備銀行(Federal Reserve Banks)を統括する組織形態を特徴とする私立銀行群を指します。

 連邦準備制度理事会・連邦準備銀行のどちらも略称は頭文字をとって「FRB」と呼ばれますが、このカテゴリ内では連邦準備制度(Federal Reserve System)関連となるニュースや発言を全て収集しています。

 また、FOMC関連となるニュースや議事録については、FOMC(連邦公開市場委員会)のカテゴリ内にて紹介しています。

HDP

中間派

 HDP   +0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-12-02][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.4]
・バー米連邦準備理事会(FRB)副議長(銀行監督担当)「今がターミナルレートにもっと注意を払う時」「利上げペースを調整することは賢明」「次回会合で利上げペースを緩める可能性」
・バー米連邦準備理事会(FRB)副議長(銀行監督担当)「インフレは高すぎる」「FRBはインフレを2%に引き下げることに重点を置いている」「現在のFRBの政策は制限的」「今年後半と来年の金利については、まだやるべきことがある」
・バー米連邦準備理事会(FRB)副議長(銀行監督担当)「(12月FOMCについての質問で)0.50%の利上げは理にかなっている」「利上げペース減速は理にかなっている」「(政策)緩めることは考えていない」「2%の物価目標の見直しは全く考えていない」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のFRB関係の発言・ニュース

[2022-12-02][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.4]
・バー米連邦準備理事会(FRB)副議長(銀行監督担当)「今がターミナルレートにもっと注意を払う時」「利上げペースを調整することは賢明」「次回会合で利上げペースを緩める可能性」
・バー米連邦準備理事会(FRB)副議長(銀行監督担当)「インフレは高すぎる」「FRBはインフレを2%に引き下げることに重点を置いている」「現在のFRBの政策は制限的」「今年後半と来年の金利については、まだやるべきことがある」
・バー米連邦準備理事会(FRB)副議長(銀行監督担当)「(12月FOMCについての質問で)0.50%の利上げは理にかなっている」「利上げペース減速は理にかなっている」「(政策)緩めることは考えていない」「2%の物価目標の見直しは全く考えていない」

[2022-12-01][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.4]
・クック米FRB理事「インフレは高過ぎ、FRBは2%へ回復させる必要」「任務完了まで、FRBは利上げを継続」
・クック米連邦準備理事会(FRB)理事「インフレは依然として高すぎる」「FRBが前進するにつれて、より小さな幅での利上げが賢明」「主な焦点は物価圧力の低下」「インフレデータに改善の初期兆候が見られる」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「米経済活動は横ばい、もしくは小幅に活発化した」「5地区では、活動が僅かに増加したと報告」「金利とインフレが引き続き活動を圧迫」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「多くの地区は見通しに関する不確実性または悲観的な見通しを指摘」「製造業はまちまちだったが、平均してわずかに増加」「金利上昇は住宅販売をさらに悪化させ、全体的に緩やかなペースで減少」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「ほとんどの地区で雇用は緩やかに増加。2地区では人員数が横ばい、労働需要は全体的に弱まっていると報告」「労働市場は依然として逼迫」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「賃金は平均して緩やかなペースで上昇したが、いくつかの地区では賃金圧力が少なくともある程度緩和した」「見通しでは雇用の伸びが安定または鈍化しており、今後も賃金の伸びが少なくとも緩やかに続くことを示唆」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「消費者物価はほとんどの地区で中程度または強いペースで上昇」「価格上昇のペースは全体として減速」
・ボウマン米連邦準備理事会(FRB)理事「利上げペース減速は適切」「インフレ抑制のため、政策は当面の間制限的なままになると予想」「利上げ規模とペースに関する私の見解は今後のデータ次第」
・ボウマン米連邦準備理事会(FRB)理事「総合インフレ率とコアインフレ率はわずかに鈍化しているが、依然として許容できないほど高い」「ターミナルレートは9月予想よりもわずかに高いだろう」

[2022-11-29][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.4]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「中銀はインフレ抑制のため一段の行動を取る必要」「追加利上げは経済のバランス回復に役立つ」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「米失業率は3.7%から4.5-5.0%に上昇すると予想」「インフレ率は年末までに5.0-5.5%、2023年後半までに3.0-3.5%に低下するだろう」「今年と来年は緩やかな成長が見られる」
・ブルームバーグによると、米セントルイス連銀のブラード総裁は、米金融当局がインフレ抑制のために来年、一段と積極的に利上げを行う必要が生じる可能性を金融市場が過小評価していると指摘した。
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「インフレが高止まりしているならば、FRBは金利を上げ続ける必要」「インフレは予想以上に厳しい」「インフレ期待は安定しているように思われる」

[2022-11-28][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.4]
・ブルームバーグによると、米国債市場では来年の米リセッション(景気後退)を見込む取り引きが活発だ。米連邦準備制度はまだ利上げの最中だが、トレーダーは長期的な金利の方向は低下だとみている。

[2022-11-25][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.4]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、FRBの政策転換に期待?、 むしろ注目は中南米市場、ブラジルなど一足早く金融引き締めを始めた国々、利下げでも先行する可能性と伝えた。

[2022-11-24][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.4]
・ブルームバーグによると、米連邦準備制度理事会(FRB)のスタッフエコノミストが金融当局者に対し、個人消費支出の鈍化や世界経済を巡るリスク、追加利上げ見通しなどを背景に、米経済が今後1年間にリセッション(景気後退)に陥る可能性が50%程度に高まったとの予測を示していたことが分かった。

[2022-11-23][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.4]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「物価安定を回復させることはFRBの最優先課題」「米国の労働需要は引き続き供給を上回っている」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレ期待は引き続き抑制されている」「労働市場では依然として需要が供給を上回っている」
・ブルームバーグによると、米連邦準備制度はインフレとの闘いを進める中でリセッション(景気後退)を回避し、米10年国債の利回りが少なくとも2024年末まで4%以上で推移するとゴールドマン・サックス・グループはみている。

[2022-11-22][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.4]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「政策は断固として慎重であるべきだ」「行き過ぎた調整は不要の痛みをもたらしかねない」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「利上げを巡り、一段と困難な段階に入った」「金融状況はFF金利が示すより、ひっ迫している」「過剰な調整は不必要な痛みをもたらしかねない」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「米国の労働市場は非常に堅調」「インフレは容認できないほど高い」「物価はまだ安定しておらず、FRBにはやるべきことがまだある」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「現在、FFレートは約5%で頭打ちになると予想されている」「金利は4.75-5.25%の範囲でピークに達する可能性があるという私の見解は確定していない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「12月の利上げが0.75%から減速することに異議はない」「米金融政策は制約的なスタンスに移行する段階」

[2022-11-19][NP     HDP +0.8 CHDP +0.1 RHDP +3.0 CRHDP +0.4]
・コリンズ・ボストン連銀総裁「インフレは高すぎる」「FRBが行き過ぎたリスクもある」
・コリンズ・ボストン連銀総裁「リセッション回避の道筋についてある程度楽観的」「インフレ期待は引き続き抑制されている」「0.75%利上げの可能性は依然としてある」

[2022-11-18][NP     HDP +0.8 CHDP +0.1 RHDP +3.0 CRHDP +0.4]
・ジェファーソン米連邦準備理事会(FRB)理事「高インフレは低所得世帯を最も傷つける」
・FRBのジェファーソン理事は講演で、低所得世帯が物価上昇で大きな打撃を受けるため、インフレ率を低下させることが国民に広範な繁栄をもたらし、国内の経済格差を縮小するための最善策になるとの考えを示した。金融政策や経済見通しについては、直接言及しなかった。
・コリンズ・ボストン連銀総裁「追加利上げは必要」「景気抑制スタンスはしばらくの間維持する必要」「政策金利に対する見方は直近のデータに左右されない」

(最終更新日時 2022-12-03 12:20)

FRB関係の発言・ニュース バックナンバー

重要人物・その他の発言・ニュース