FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)関係の発言・ニュース

FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)イメージ

 FRBは、アメリカ、ワシントンD.C.にある連邦準備制度理事会(Board of Governors of the Federal Reserve System または Federal Reserve Board) が全国の主要都市に散在する連邦準備銀行(Federal Reserve Banks)を統括する組織形態を特徴とする私立銀行群を指します。

 連邦準備制度理事会・連邦準備銀行のどちらも略称は頭文字をとって「FRB」と呼ばれますが、このカテゴリ内では連邦準備制度(Federal Reserve System)関連となるニュースや発言を全て収集しています。

 また、FOMC関連となるニュースや議事録については、FOMC(連邦公開市場委員会)のカテゴリ内にて紹介しています。

HDP

中間派

 HDP   +0.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-04-16][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「ヘッジファンドとマネーファンドの安定性を強化することが重要」「協議すべき時期が来たならば金融正常化に向かう話し合いをするが、現在はその時ではない」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「インフレや雇用の目標にはまだ全然届いていない」「インフレが好まれないほど上昇することはないだろう」
・ウォラー米連邦準備理事会(FRB)理事「今年の米GDP成長率を6.5%と予想」「インフレの一時的な急上昇は長続きしないだろう」「今年は2.5%のインフレを見込む」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のFRB関係の発言・ニュース

[2021-04-16][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「ヘッジファンドとマネーファンドの安定性を強化することが重要」「協議すべき時期が来たならば金融正常化に向かう話し合いをするが、現在はその時ではない」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「インフレや雇用の目標にはまだ全然届いていない」「インフレが好まれないほど上昇することはないだろう」
・ウォラー米連邦準備理事会(FRB)理事「今年の米GDP成長率を6.5%と予想」「インフレの一時的な急上昇は長続きしないだろう」「今年は2.5%のインフレを見込む」

[2021-04-15][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・クラリダ・FRB副議長「インフレ期待は非常に重要」「暗号資産は価値のある投資先ではない」
・ロイター通信によると、米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長は14日、インフレに関する成功基準は将来の物価上昇期待を2%に固定することで、期待が高まり始めれば対応するという考えを示した。

[2021-04-14][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・バーキン・リッチモンド地区連銀総裁「米国の強い夏を見るだろう」「我々はスタグフレーションから遠く離れている」

[2021-04-12][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグは、クラリダFRB副議長がインタビューに応じ、今年予想される物価の上昇が来年になっても反転しない場合、FRBは政策運営においてその点を考慮する必要があるという考えを示したと報じている。
・CBSニュースは、パウエルFRB議長がインタビューに応じ、米経済について、ワクチン接種と強力な政策支援を受けて成長や雇用が先行き一段と力強くなる「変曲点」にあると指摘したと報じている。一方で、新型コロナウイルスが引き続き脅威だとの見解も示したという。
・米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は、米経済は成長率や企業の採用ペースが向こう数カ月で加速すると見込まれる一方で、新型コロナウイルス感染再拡大といったリスクが残るという「転換点」にあるとの認識を示した。

[2021-04-08][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「パンデミックの最悪の状態は過ぎ去った」
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「インフレ圧力が高まっている証拠がある」「現在最大の経済的リスクはサプライチェーンの制約」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「大胆な政策がコロナの影響拡大をとどめるのに役立った」「パンデミックはまだ終息していないが、トンネルの先には光が見える」

[2021-04-02][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「今年は一時的にインフレが上昇すると予想」「21年にFEDの二つの目標のいずれかを達成することを期待すべきでない」

[2021-03-31][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・米アトランタ連銀のボスティック総裁は、新型コロナウイルス感染拡大をめぐる状況の進展が継続し、現在のトレンドが維持されれば、米国の雇用は今夏に大きく拡大するとの見方を示した。「夏に向けて活動が活発になり、回復が一段と力強くなる可能性がある」としたうえで、「夏のあいだは毎月100万人の雇用が標準となり得る」と述べている。

[2021-03-30][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・ウォーラーFRB理事「国債利回りの動きは米国の景気回復を反映している」「我々は現状において利上げまでの長い道のりを歩んでいる」

[2021-03-26][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「2023年に2%以上のインフレを確認して目標を達成する」「2021年に米国経済が力強く成長していると予想」「2023年に最初の利上げが行われるだろう」「労働市場がコロナ前に戻るには時間がかかる」

[2021-03-25][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「FEDは失業率の低下に過剰反応しない」「FEDは適切な忍耐力で政策を遂行」「新しいFEDのフレームワークはより迅速な回復をもたらすだろう」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「健全と考えられる程度の辛抱強さが今は最も重要」「年内に極めて力強い経済の回復見込む」「コロナ禍への勝利宣言は時期尚早、経済には支援必要」
・ホールデン英金融政策委員会(MPC)委員「私の感覚では早急に経済が回復するだろう」「人々は外出し、消費したくて仕方がない」
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「FRBは経済的な結果に注目し、カレンダーには縛られないため、今後数年間の金利見通しを特定しない」
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「供給の混乱や強い需要によりインフレは今年上昇するが、時間の経過とともに2%に戻る」「実質金利より期待インフレに注目している」
・クラリダFRB副議長「経済がコロナ以前に戻るにはしばらく時間を要する」
・クラリダFRB副議長「物価の上昇は一時的なものになると予想」「米国経済、雇用市場が危機前のピークに戻るにはしばらくかかる」

(最終更新日時 2021-04-18 11:40)

FRB関係の発言・ニュース バックナンバー

FRB カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース