FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)関係の発言・ニュース

FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)イメージ

 FRBは、アメリカ、ワシントンD.C.にある連邦準備制度理事会(Board of Governors of the Federal Reserve System または Federal Reserve Board) が全国の主要都市に散在する連邦準備銀行(Federal Reserve Banks)を統括する組織形態を特徴とする私立銀行群を指します。

 連邦準備制度理事会・連邦準備銀行のどちらも略称は頭文字をとって「FRB」と呼ばれますが、このカテゴリ内では連邦準備制度(Federal Reserve System)関連となるニュースや発言を全て収集しています。

 また、FOMC関連となるニュースや議事録については、FOMC(連邦公開市場委員会)のカテゴリ内にて紹介しています。

HDP

中間派

 HDP   +0.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-10-22][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・クオールズ米連邦準備理事会(FRB)副議長「緩和策を過剰に早く解除したくない」「今後の会合で、FOMCは国債購入を協議へ」「マイナス金利のコストは有益性を上回る」
・米地区連銀経済報告「地区全体で経済活動は引き続き拡大」「成長のペースは幾分から控えめ」
・米地区連銀経済報告「ほとんどの地区で賃金がわずかに上昇」「地区全体の消費者物価は緩やかに上昇」「銀行が懸念している延滞率は今後数か月で上昇する可能性」
・米地区連銀経済報告「雇用の伸びは依然遅い」「製造業、住宅、銀行業は他のセクターよりも急速に成長」「企業は前向きだが不確実な見通しを報告」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のFRB関係の発言・ニュース

[2020-10-22][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・クオールズ米連邦準備理事会(FRB)副議長「緩和策を過剰に早く解除したくない」「今後の会合で、FOMCは国債購入を協議へ」「マイナス金利のコストは有益性を上回る」
・米地区連銀経済報告「地区全体で経済活動は引き続き拡大」「成長のペースは幾分から控えめ」
・米地区連銀経済報告「ほとんどの地区で賃金がわずかに上昇」「地区全体の消費者物価は緩やかに上昇」「銀行が懸念している延滞率は今後数か月で上昇する可能性」
・米地区連銀経済報告「雇用の伸びは依然遅い」「製造業、住宅、銀行業は他のセクターよりも急速に成長」「企業は前向きだが不確実な見通しを報告」

[2020-10-21][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・FRBのクォールズ副議長は、新型コロナウイルス危機によって引き起こされた市場のストレスによって、ノンバンクの金融システムが「著しく脆弱」であることが示されたと述べた。
・米NY連銀の市場グループ責任者であるシン氏は、オンラインイベントで、FRBの社債購入プログラム「セカンダリーマーケット・コーポレート・クレジット・ファシリティ(SMCCF)」は社債市場に大きな影響を与えているとしたうえで、FRBは必要に応じ、支援拡大に向け柔軟なアプローチを取ると述べた。
・米NY州のクオモ知事は、新型コロナウイルス感染者が急増しているニュージャージー、コネティカット両州との不要不急の往来を制限することを検討しており、21日に新指針を示すと発表した。NY州は現在、米38州と2領土から同州を訪れる人たちに14日間の隔離を義務付けているが、近隣のニュージャージー、コネティカット、ペンシルベニア各州は隔離対象になっていない。

[2020-10-20][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・クラリダFRB副議長「景気回復を支えるためあらゆる手段講じる」「より多くの財政・金融の支援が必要となる可能性が高い」
・クラリダFRB副議長「不況は戦後の歴史の中で最も深かった」「景気後退も記録上最短だった可能性」「5月以降の経済データは驚くほど強力」
・クラリダFRB副議長「ウィルスの拡大を考えると経済の回復は驚きに値する」「GDPが以前のピークを回復するにはさらに1年かかる可能性」
・クラリダFRB副議長「失業率を低水準に戻すにはさらに時間がかかる可能性」
・クラリダ米FRB副議長「見通しは異例に不透明、ウイルスの展開次第」
・FRBのパウエル議長は参加したイベントで、「デジタルドル」の実現性について「1番手であるよりも適切に対応する方がより大事だ」と述べ、慎重な見解を示した。基軸通貨としての役割を踏まえ、利点と課題の見極めを優先させる意向を表明している。

[2020-10-19][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBはデジタル通貨を発行する決定をしていない」「私たちは細心の注意を払ってこの問題に取り組んでいる」

[2020-10-16][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・クォールズFRB理事「FEDはデジタル通貨の具体的な調査に従事する」「FEDのデジタル通貨の作業にタイムラインを設けるのは時期尚早」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「財政刺激策がなければ、見通しはさらに悪化」「予想よりも弱い見通しとなったらFEDは現在の政策対応を延長するだろう」「経済見通しは現在非常に不透明」
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「企業は依然として投資について慎重な姿勢を維持」「不確実性が軽減されることで、雇用、投資が促進されることを期待」「FEDは中程度のインフレのオーバーシュートが起こるまでは低金利を維持」
・バーキン米リッチモンド連銀総裁「経済の中で製造業を含め力強さを見せているセクターがある」「2%のインフレは目標であり天井ではない」「失業率は依然として高い」
・FRBは、パウエル議長が19日に国際通貨基金(IMF)年次総会で講演を行うと発表した。パウエル議長は国際決済やデジタル通貨などについて講演するという。開始は米東部時間午前8時(日本時間午後9時)から。

[2020-10-15][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・クオールズ連邦準備理事会(FRB)副議長「力強い回復継続に楽観的」「行動するべき方法はまだある」「雇用市場は深く落ち込んでいる」
・クオールズ連邦準備理事会(FRB)副議長「マイナス金利については全く議題に上がっていない」「マイナス金利は利益よりもコストのほうが高い」
・米リッチモンド連銀のバーキン総裁は、米国で一日当たりの新型コロナウイルス感染者数が約5万人に再拡大したことで見通しがさらに不透明になり、企業が雇用や投資に消極的になる可能性があると述べた。

[2020-10-14][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・デイリー米SF連銀総裁「現在の政策は適切」「コロナ後にさらなる措置が必要かどうかはまだわからない」「経済や政策は現在良い状況にある」
・クラリダFRB副議長「FRBは景気下支えの為にあらゆる手段を講じる」
・クラリダFRB副議長「米国のGDPがパンデミック前のピークに達するにはもう1年かかるだろう」「完全雇用が戻るまでに時間がかかる」
・クラリダFRB副議長「5月以降の経済データは驚くほど強いが見通しは依然として不透明であり、ウイルスと緩和努力の成功次第になる」
・クラリダFRB副議長「コロナ禍からの景気回復は長い道のりになるだろう」

[2020-10-08][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・「シティグループがFRBからリスク管理問題の是正命じられる」などと報じた。

[2020-10-03][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・パウエルFRB議長は新型コロナ陽性判明者との接触なし

[2020-10-01][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ボウマン米連邦準備理事会(FRB)理事「ストレスの兆候が無いか商業用不動産の市場を見ている」
・ボウマン米連邦準備理事会(FRB)理事「データは米経済が急速に回復していることを示唆」「失業率は依然として非常に高い」「継続的な金融・財政支援が必要となるだろう」
・米リッチモンド連銀のバーキン総裁が、新型コロナウイルスの感染拡大で大きな打撃を受けた外食産業などでの失業者は同様の業種で仕事を見つけることが難しくなっているとし、米国最大の経済的課題は失業者の復職だと述べたと報じている。
・米連邦準備制度理事会(FRB)は9月30日、国内の大手銀行に課した配当金と自社株買いの制限措置を年末まで延長すると発表した。

(最終更新日時 2020-10-23 20:14)

FRB関係の発言・ニュース バックナンバー

FRB カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース