FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)関係の発言・ニュース

FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)イメージ

 FRBは、アメリカ、ワシントンD.C.にある連邦準備制度理事会(Board of Governors of the Federal Reserve System または Federal Reserve Board) が全国の主要都市に散在する連邦準備銀行(Federal Reserve Banks)を統括する組織形態を特徴とする私立銀行群を指します。

 連邦準備制度理事会・連邦準備銀行のどちらも略称は頭文字をとって「FRB」と呼ばれますが、このカテゴリ内では連邦準備制度(Federal Reserve System)関連となるニュースや発言を全て収集しています。

 また、FOMC関連となるニュースや議事録については、FOMC(連邦公開市場委員会)のカテゴリ内にて紹介しています。

HDP

中間派

 HDP   +0.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-01-20][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・FRBのクォールズ副議長は、一部の外資系銀行が保有する米資産は過去10年間で合計50%以上縮小したため、米銀大手と同じ監督基準に拘束されるべきではないと述べた。クォールズ副議長が言及した外資系銀行はドイツ銀行、クレディ・スイス、UBS、バークレイズの4行になる。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のFRB関係の発言・ニュース

[2020-01-20][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・FRBのクォールズ副議長は、一部の外資系銀行が保有する米資産は過去10年間で合計50%以上縮小したため、米銀大手と同じ監督基準に拘束されるべきではないと述べた。クォールズ副議長が言及した外資系銀行はドイツ銀行、クレディ・スイス、UBS、バークレイズの4行になる。

[2020-01-17][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ボウマン米連邦準備理事会(FRB)理事「FF金利は現状水準を維持するだろう」「米経済の好調さは持続しそうだ」
・ボウマンFRB理事は講演で、経済的なショックがなければFRBが2020年に政策金利を据え置く公算が大きいと述べた。また、住宅セクターが持続的に回復するという強気の見通しも示している。

[2020-01-17][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ボウマン米連邦準備理事会(FRB)理事「FF金利は現状水準を維持するだろう」「米経済の好調さは持続しそうだ」
・ボウマンFRB理事は講演で、経済的なショックがなければFRBが2020年に政策金利を据え置く公算が大きいと述べた。また、住宅セクターが持続的に回復するという強気の見通しも示している。

[2020-01-16][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「我々は非常に良い位置にいる」「今年の米国の成長を2%、失業率を3.5%と予想」「インフレは徐々に目標へと向かう」
・米地区連銀経済報告「昨年末の米景気は総じて緩やかな拡大が継続」「短期的な景気の見通しは控えめながらも良好さを維持」「年末商戦は好調だった模様」
・米地区連銀経済報告「多くの地区で関税と貿易摩擦めぐる不透明感が企業活動を下押し」「雇用は大半の地区で堅調から緩やかに拡大」「賃金の上昇は大半の地区で控えめから緩やか」
・米地区連銀経済報告「物価は引き続き控えめな上昇が継続」「複数の地区で物価が今後も上昇を続けることを示すインフレ期待を指摘」
・米地区連銀経済報告「2019年の最終6週間で米国経済は緩やかに拡大」「ほとんどの地区が広範囲にわたる労働力不足を指摘」
・米連邦準備理事会(FRB)が15日発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)は、2019年11月中旬から年末にけて米経済は「緩やかな拡大が続いた」と総括し、前回と同じ景況判断を維持した。堅調な消費が製造業の弱さを補い、貿易をめぐる不透明感が依然一部で残っているものの「見通しはそこそこ明るい」とした。

[2020-01-14][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・米連邦準備理事会(FRB)当局者の間では、政策金利が当面据え置かれるとの見方でおおむね一致している一方、利上げが適切かどうかを判断する際の金融リスクを巡る懸念については見解が分かれていることが13日、明らかになった。

[2020-01-09][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「経済が軌道通りなら政策は適切なまま」「世界の逆風が弱まり始めている兆候がある」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「インフレは弱いままだが、2%に向けて上昇して予定」「2019年の利下げは見通しを支えるうえで良いタイミングだった」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「低い失業率がインフレを押し上げる証拠はない」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「インフレは引き続き抑制されているが、2%に上昇すると予想」

[2020-01-06][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁は、米経済は「健全」であり、今後も拡大していくという認識を示す一方、米・イラン間の緊張がエスカレートする可能性が、史上最長の米景気拡大を脅かす恐れのあるショックのひとつだとの認識を示した。
・グリーンスパン元FRB議長がインタビューに応じ、「米株価はピークに達しつつあるようにみえる」などと市場の過熱に懸念をのぞかせたと報じている。一方、実体経済面では、民間企業の過大投資の懸念は小さいと指摘し、緩やかな成長が続くと主張したという。

[2020-01-04][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「不確実性を減らすことは米成長を後押しする」「依然として弱い企業投資を懸念」

[2019-12-19][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「FEDの政策はなお緩和的」「FEDのバランスシートは合理的な水準にある」「米中の第1段階貿易合意が不確実性和らげる可能性」
・米連邦準備理事会(FRB)当局者2人は18日、今年実施した3回の利下げを踏まえ、米経済の道筋は良好という認識を示し、FRBが金利を当面据え置く姿勢に傾いている実態が改めて浮き彫りになった。

[2019-12-16][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・FRBは、ドル金利高騰を防ぐため越年の資金供給を計4900億ドル実施する。米大手銀が金融規制対応で余剰資金を抱え込む状況が続き、年末にかけドルの需給逼迫が強まるおそれがあるためだ。問題が長引く恐れもあり、FRBは資金供給の見直しも検討するほか、金融規制の修正論も浮上している。

(最終更新日時 2020-01-21 20:39)

FRB関係の発言・ニュース バックナンバー

FRB カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース