FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)関係の発言・ニュース

FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)イメージ

 FRBは、アメリカ、ワシントンD.C.にある連邦準備制度理事会(Board of Governors of the Federal Reserve System または Federal Reserve Board) が全国の主要都市に散在する連邦準備銀行(Federal Reserve Banks)を統括する組織形態を特徴とする私立銀行群を指します。

 連邦準備制度理事会・連邦準備銀行のどちらも略称は頭文字をとって「FRB」と呼ばれますが、このカテゴリ内では連邦準備制度(Federal Reserve System)関連となるニュースや発言を全て収集しています。

 また、FOMC関連となるニュースや議事録については、FOMC(連邦公開市場委員会)のカテゴリ内にて紹介しています。

HDP

中間派

 HDP   +0.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-05-13][NP+3.0 HDP +0.9 CHDP +0.1 RHDP +2.6 CRHDP -0.1]
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「経済は2つの目標もしくはそれに近い」「インフレは目標の2%に近づいている」
・クラリダ・FRB副議長「経済はFRBの2つの目標かそれに近い」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のFRB関係の発言・ニュース

[2019-05-16][NP     HDP +0.9 CHDP +0.1 RHDP +2.6 CRHDP -0.1]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「インフレが目標よりも下にあるのは一時的な要因の可能性」「利上げ、利下げの強い論拠は見られない」
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「利下げも利上げも根拠は見当たらない」「金利について辛抱強さが必要」「目標を下回っているインフレは一時的な要因の可能性」
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「米国の労働市場は依然として非常に強いようだ」「関税の問題が不確実性をもたらしている」

[2019-05-15][NP     HDP +0.9 CHDP +0.1 RHDP +2.6 CRHDP -0.1]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「その他先進国に比べ米国の労働参加率が低い点が疑問の一つ」「金融危機や少子高齢化の状況下で米経済の回復や拡大が停滞しているようには見えない」

[2019-05-13][NP+3.0 HDP +0.9 CHDP +0.1 RHDP +2.6 CRHDP -0.1]
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「経済は2つの目標もしくはそれに近い」「インフレは目標の2%に近づいている」
・クラリダ・FRB副議長「経済はFRBの2つの目標かそれに近い」

[2019-05-09][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁は、記録的な低失業率や適度な金利を踏まえ、外部要因による衝撃を受けない限り景気後退に陥るリスクは低いとの認識を示した。

[2019-05-08][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
・3月14-15日分の金融政策決定会合議事要旨「大方の委員は、2%に向けたモメンタムは維持されているとの認識を共有した」「大方の委員は、現在の金融市場調節方針のもとで、強力な金融緩和を粘り強く続けていくことが適切であるとの認識を共有した」
・3月14-15日分の金融政策決定会合議事要旨「ある委員は、当面は、景気動向を慎重に見極めつつ、金融機関や市場機能に与える副作用についてこれまで以上に留意して、現行の金融緩和政策を維持する必要があるとの見解を示した」
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「低失業率・低金利の状況下で景気後退に陥るとは考えにくい」「好調な経済が続くとの見方を維持」

[2019-05-07][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
・FRB金融安定報告「高リスクの社債について警告を引き上げた」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「最近のインフレ鈍化は一時的な要因」「米経済は好調」

[2019-05-06][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
・ペンス米副大統領が、FRBは「利下げを考えるべきときかもしれない。米国ではインフレは起きていない」と述べ、政策金利引き下げを促したと報じている。

[2019-05-04][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「インフレ圧力は弱まっている。しばらくは安定的に推移を予想」「現在のFF金利は中立的な水準」「実質的な賃金は生産性とともに上昇」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「インフレ圧力は弱まっており、しばらくは安定的に推移するだろう」「現在のFF金利は中立」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「金融政策は先を見越して行う必要」「リセッションの証拠は見られない」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「米経済は非常に良い水準」「FEDは経済データに従うべき」

[2019-05-03][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
・ムーアFRB理事候補「現状、(トランプ大統領が言ったような)1%の利下げが実施されるとは思わない」「安定的なドルが世界経済の成長に貢献」

[2019-04-19][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
・FOX「ケイン氏、FRB理事候補への指名を辞退しないだろう」

(最終更新日時 2019-05-17 20:22)

FRB関係の発言・ニュース バックナンバー

FRB カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース