FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)関係の発言・ニュース

FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)イメージ

 FRBは、アメリカ、ワシントンD.C.にある連邦準備制度理事会(Board of Governors of the Federal Reserve System または Federal Reserve Board) が全国の主要都市に散在する連邦準備銀行(Federal Reserve Banks)を統括する組織形態を特徴とする私立銀行群を指します。

 連邦準備制度理事会・連邦準備銀行のどちらも略称は頭文字をとって「FRB」と呼ばれますが、このカテゴリ内では連邦準備制度(Federal Reserve System)関連となるニュースや発言を全て収集しています。

 また、FOMC関連となるニュースや議事録については、FOMC(連邦公開市場委員会)のカテゴリ内にて紹介しています。

HDP

中間派

 HDP   +0.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-04-07][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・FRB「パウエルFRB議長が米国東部時間9日午前10時から経済に関してウェブ上で講演」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のFRB関係の発言・ニュース

[2020-04-07][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・FRB「パウエルFRB議長が米国東部時間9日午前10時から経済に関してウェブ上で講演」

[2020-04-04][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・米サンフランシスコ連銀のデイリー総裁が、3月の雇用統計で確認された大幅な雇用減は新型コロナウイルス感染拡大抑制策によるもので、こうした対策自体は経済の迅速な回復を支援するものとなるとの見解を示したと報じている。
・米リッチモンド連銀のバーキン総裁がインタビューで、新型コロナウイルスの持続的な感染拡大下において米国の雇用者数は悪化するが、その後改善するとの見方を示したと報じている。

[2020-04-02][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・米連邦準備理事会(FRB)「FRBは新型コロナウイルスによる債券市場の緊張緩和と金融機関がクレジットラインを提供する能力を高めるために、レバレッジ比率規制を一時的に変更する」
・米連邦準備理事会(FRB)は1日、大手銀行の補完的レバレッジ比率(SLR)規制を一時的に緩和し、銀行が保有する米国債やFRBに預ける準備預金を同比率の算出から除外することを認めると発表した。新型コロナウイルス流行による景気悪化を和らげる措置の一環。

[2020-04-01][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「米国はすでに景気後退しているのではないかと疑っている」「FEDのすべての緊急処置は流動性を提供することを目指している」「ウィルス後の持ち直しのために、経済を最善の位置に配置する必要がある」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「米経済が回復基調となる前に悪化する場面もみられるだろう」「米国はすでにリセッション入りしていると思われる」「景気低迷の度合いと期間は新型ウイルス次第」

[2020-03-31][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・サンフランシスコ連銀は公表した論文(エコノミック・レター)報告書で、新型コロナウイルスの感染拡大抑制策の導入に加え、感染拡大がもたらしている先行き不透明感の急速な高まりにより、米国の失業は急増し、インフレ率は低下するとの見方を示した。
・米連邦準備理事会(FRB)「外国中銀にドルを供給する暫定的なレポを設定」

[2020-03-30][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・米連邦準備理事会(FRB)が23日に無制限の量的緩和(QE)を行う方針を決定したことを受け、米国企業による投資適格級債券発行を通じた資金調達額は27日までの週に過去最高の1091億ドルに達した。

[2020-03-27][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・米連邦準備制度理事会(FRB)は26日、保有資産が5兆ドル(約550兆円)を超えたと発表した。突破は初めて。新型コロナウイルス感染拡大を背景にした世界的な金融市場の混乱を鎮めるため、米国内外でドル資金を供給し、米国債や外貨を購入したためだ。
・米連邦準備理事会(FRB)が2008年の金融危機時を上回る資金供給を続けている。25日時点の総資産は5兆2542億ドル(約570兆円)と過去最高を更新した。2週間で9423億ドル(約103兆円)増え、ピーク時の日銀の年間増加額(約80兆円)を上回った。国債の大量購入や短期市場の資金供給に取り組むが、企業金融の一角はなお不安定だ。FRBはリスクのある社債などを購入する資金供給策も検討している。

[2020-03-23][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・米連邦準備理事会(FRB)「必要に応じ無制限の政府機関系モーゲージ債(MBS)購入を行う」「定期資産担保ローンファシリティ(TALF)を設立」
・米FRBは、景気支援で新たに広範な措置を発表した。米国債とMBS(住宅担保ローン証券)で必要な額だけ購入し、終了期限を設けない方針を示した。
・米連邦準備制度理事会(FRB)が無制限量的緩和と新型コロナの感染拡大への景気支援策を発表後にドル売りで反応したが、この動きも一服し、ドル円は109円後半から110.80円近辺に持ち直している。また、ユーロドルは1.0802ドルを高値に1.0740ドル近辺に押し戻された。続落して寄り付いたダウ平均は650ドル超安まで下げ幅を拡大している。

[2020-03-20][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・米リッチモンド連銀のバーキン総裁がインタビューで、FRBは「積極的」に金融市場の問題に対応していると述べたと報じている。ただ、中小企業の資金調達問題など新型コロナウイルスの感染拡大に起因する一部の問題への対応に中央銀行は向いていない可能性があるとの見解を示したという。
・米連邦準備制度理事会(FRB)はドル流動性を融通するスワップラインの取り決めに、新たに9行の中央銀行を加えた。金融危機の対応で創設されたこのプログラムを拡大し、迅速に稼働することで、新型コロナウイルスの経済的打撃と闘う。
・米サンフランシスコ連銀のデーリー総裁がインタビューで、FRBが今週相次いで打ち出した借り入れコスト押し下げや一部の市場支援に向けた措置について、家計や企業が新型コロナウイルスによる経済的な打撃を乗り切る一助になる可能性があるとの見方を示したと報じている。
・FRBは、中銀間の協調スワップライン取り決めを強化する方針を示した。
・米メディアが報じたところによると「米連邦準備理事会(FRB)は他の5中銀との協調スワップライン取り決めを強化する」ようだ。

[2020-03-19][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・FRBのバーナンキ元議長とイエレン前議長は、英紙フィナンシャル・タイムズへの寄稿で、新型コロナウイルスによる景気悪化への対応策を提言した。FRBに米企業の社債購入を検討するよう促している。
・FRBは19日、ドルスワップラインを新たに9中銀と締結した。オーストラリア、ブラジル、韓国、メキシコ、シンガポール、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、ニュージーランドの各中銀で、少なくとも6か月間は実施される。
・米連邦準備理事会(FRB)は19日、新たに9中銀とドルスワップラインを締結した。

(最終更新日時 2020-04-08 16:16)

FRB関係の発言・ニュース バックナンバー

FRB カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース