FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)関係の発言・ニュース

FRB(連邦準備制度理事会・連邦準備銀行)イメージ

 FRBは、アメリカ、ワシントンD.C.にある連邦準備制度理事会(Board of Governors of the Federal Reserve System または Federal Reserve Board) が全国の主要都市に散在する連邦準備銀行(Federal Reserve Banks)を統括する組織形態を特徴とする私立銀行群を指します。

 連邦準備制度理事会・連邦準備銀行のどちらも略称は頭文字をとって「FRB」と呼ばれますが、このカテゴリ内では連邦準備制度(Federal Reserve System)関連となるニュースや発言を全て収集しています。

 また、FOMC関連となるニュースや議事録については、FOMC(連邦公開市場委員会)のカテゴリ内にて紹介しています。

HDP

中間派

 HDP   +0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-08-24][NP+2.0 HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.2]
・クラリダ米FRB副議長「世界経済の見通しは7月FOMC以降悪化した」
・クラリダ米FRB副議長「経済は良く、消費は強い」「リセッションのリスクが高いとは思っていない」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のFRB関係の発言・ニュース

[2019-09-16][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.0 CRHDP -0.3]
・米連邦準備理事会(FRB)は17日から2日間の日程で米連邦公開市場委員会(FOMC)を開く。7月末の会合に続き、0.25%の利下げに踏み切る公算が大きい。製造業の景況感の下振れが最大の理由だが、貿易戦争など政治リスクは先行きが読みにくい。連続利下げには物価や資産価格の上昇を不安視する反対論も一部に残る。先物市場では8割の確率で、17~18日のFOMCで0.25%の利下げに踏み切ると織り込んでいる。

[2019-09-06][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.0 CRHDP -0.3]
・クオールズFRB副議長は、参加した会合で、将来の経済ショックに備えて銀行に保全を義務付けるストレス資本バッファー(SCB)について、さらなる簡素化を検討していると明らかにした。

[2019-09-05][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.0 CRHDP -0.3]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「米経済活動は緩やかなペースで拡大」「関税と貿易政策の不確実性に対する懸念が続いたにもかかわらず、ほとんどの企業は短期的見通しについて楽観的だった」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「自動車販売は緩やかなペースで増加したものの、個人消費はまちまちだった」「製造業は前回より若干低い」
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「雇用は緩やかなペースで増加」「賃金上昇は緩やかから穏やかなペース」
・米連邦準備制度理事会(FRB)は4日、全国12地区の連邦準備銀行による景況報告(ベージュブック)を公表し、8月末までの景気は「緩やかに拡大した」との判断を示した。ただ、中国との貿易摩擦激化や世界経済減速を背景に「製造業の活動は幾分低下した」と指摘した。

[2019-08-29][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.0 CRHDP -0.3]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「FEDの利下げは小規模の保険的な意味」「FEDは最近の利下げの影響を監視」「米国の経済データは素晴らしい」
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「FRBは利下げ効果に注視」「海外経済に不確実性が高まっている」
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「米国の消費者は力強く、企業の信頼感は弱い」「9月の利下げを支持するかは言及できない」
・デイリーSF連銀総裁「低インフレでFEDはさらなる雇用増求めること可能」「米国の金融セクターは回復力を維持」「FRBは低インフレで一段の雇用増を求めることが出来る」
・米サンフランシスコ連銀総裁は「経済が逆風に直面する中で、様子見の姿勢」「米経済は成長しているが、不確実性が高い」などと発言した。
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「経済が向かい風に直面していることもあり、金融政策については現在『様子見』姿勢をとっている」「米経済は成長しているものの、不確実性は高い」
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「政策当局者として政治的問題を考慮することはない」

[2019-08-24][NP+2.0 HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.2]
・クラリダ米FRB副議長「世界経済の見通しは7月FOMC以降悪化した」
・クラリダ米FRB副議長「経済は良く、消費は強い」「リセッションのリスクが高いとは思っていない」

[2019-08-22][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・米連邦準備理事会(FRB)は9月中旬の米連邦公開市場委員会(FOMC)に向けて、追加利下げの是非の検討に入る。21日公表した7月のFOMCの議事要旨では「政策は柔軟さが必要」と追加緩和に含みを持たせたが、早期の利下げを明示するのは避けた。ただ、トランプ米大統領は「短期間で1%の利下げ」を求め、景気後退の予兆とされる「逆イールド・ショック」に揺れた市場も追加緩和へ圧力をかける。

[2019-08-19][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・FRBを初めとする世界の中銀が相次いで利下げを実施している現状について、格付け会社フィッチのアナリストは、公表した報告書で、2009年の世界金融危機以来の世界的な金融政策の転換が起きているとの見方を示した。

[2019-08-12][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・米連邦準備理事会(FRB)当局者が景気後退時の信用収縮リスク低下につながるカウンターシクリカル資本バッファー(CCyB)の導入を検討している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が12日、報じた。ロイター通信が引用して伝えたもの。

[2019-08-06][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「金融市場の動向を注視する」「失業率は低い。目標への進展を見ている」
・ジョージ米KC地区連銀総裁「市場の動きは速い、我々ができる最善の手段は監視すること」
・米連邦準備理事会(FRB)が5日公表した銀行融資担当者調査によると、第2・四半期は大手と中堅を対象にした商工業向け融資基準が変わらなかった一方、小規模企業対象の同融資基準が緩和された。
・FRB議長経験者が米ウォールストリート・ジャーナル紙に寄稿し、FRB独立性の重要性を主張した。ボルカー、グリーンスパン、バーナンキ、イエレン各氏などの議長経験者による共同寄稿。

[2019-07-19][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「見通しの不透明性が上昇」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「FEDは経済を持続させるため、適切な行動をとる」「米経済は良好で成長は健全」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「指標に結果がでるまで、政策の決定を必ずしも待ちたくない」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「見通しの不確実性が増した」「米経済指標は強弱入り交じり、世界経済には失望している」「金融政策にはラグがあり、リスクにさらされている」
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「米経済は良いところにあるが不確実性は増した」「米経済成長を継続させるため適切に行動する」「データが変わるまで待つ必要はない」
・米ニューヨーク連銀「ウィリアムズ総裁の講演、学術的内容であり次回FOMCにおける政策行動に関するものではない」
・NY連銀担当者「ウィリアムズNY連銀総裁の講演は学術的なもの」
・FRBはNY連銀総裁の講演について、政策行動の可能性に関するものではないと説明した。

(最終更新日時 2019-09-17 18:55)

FRB関係の発言・ニュース バックナンバー

FRB カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース