連邦準備制度理事会(FRB)

連邦準備制度理事会(FRB)のイメージ画像

 2022年5月の期間中の連邦準備制度理事会(FRB)による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2022年5月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2022年5月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-05-04][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・米連邦準備制度理事会(FRB)で副議長(銀行監督担当)を務めたクオールズ元FRB理事は3日、数十年ぶりの高インフレの抑制に金融当局が取り組む中で、米経済は恐らくリセッション(景気後退)入りするとの見通しを示した。同氏はイントラファイ・ネットワークの「バンキング・ウィズ・インタレスト」ポッドキャストで、「失業率が押し下げられる程度を示すインフレの強さを考慮すれば、米金融当局が再均衡化でソフトランディングに導ける可能性は低い」とし、「結果的にリセッションに至る公算が大きい」と指摘した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

連邦準備制度理事会(FRB)による2022年5月 発言・ニュース

[2022-05-04][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・米連邦準備制度理事会(FRB)で副議長(銀行監督担当)を務めたクオールズ元FRB理事は3日、数十年ぶりの高インフレの抑制に金融当局が取り組む中で、米経済は恐らくリセッション(景気後退)入りするとの見通しを示した。同氏はイントラファイ・ネットワークの「バンキング・ウィズ・インタレスト」ポッドキャストで、「失業率が押し下げられる程度を示すインフレの強さを考慮すれば、米金融当局が再均衡化でソフトランディングに導ける可能性は低い」とし、「結果的にリセッションに至る公算が大きい」と指摘した。

[2022-05-05][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・ブルームバーグによると、米連邦準備制度理事会(FRB)で副議長(銀行監督担当)を務めたクオールズ元FRB理事は3日、数十年ぶりの高インフレの抑制に金融当局が取り組む中で、米経済は恐らくリセッション(景気後退)入りするとの見通しを示した。

[2022-05-06][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、手探りのパウエル氏、資産圧縮効果は「不透明」と伝えた。

[2022-05-07][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「75bpの利上げも除外しない」

[2022-05-09][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・ロイターは、米FRBの元幹部2人が、FRBは予想以上の利上げを迫られ、その結果、リセッションに陥る可能性が高いと警告したと報じている。

[2022-05-09][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・日本経済新聞は、FRB「倍速利上げ」の賭け、3兆ドルの過剰マネー火種と伝えた。

[2022-05-10][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・ブルームバーグによると、米消費者の3年後の予想インフレ率が4月に上昇したことが、ニューヨーク連銀の最新調査で分かった。長期的なインフレ期待の抑制を目指す米連邦準備制度にとって懸念すべき兆候となった。

[2022-05-10][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・ロイター通信によると、欧州復興開発銀行(EBRD)は10日公表したリポートで、ロシアのガス輸出が突然停止した場合、欧州の新興国、中央アジア、北アフリカの経済が、新型コロナウイルスのパンデミック前の水準に縮小する可能性があると指摘した。

[2022-05-10][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「インフレ抑制は必ずしもリセッション伴わない」

[2022-05-10][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・米リッチモンド連銀のバーキン総裁は、借入コストを中立水準まで引き上げた時点で、インフレ率を目標の2%に戻すためにあとどの程度の措置が必要か評価できると述べた。

[2022-05-11][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・ウォラー米連邦準備理事会(FRB)理事「インフレは高すぎる。私の仕事はそれを下げること」「利上げは可能。失業率に大きな影響を与えることはないだろう」「我々は雇用市場を均衡に戻そうとしている」

[2022-05-12][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「インフレが高すぎることを理解している」「FRBがインフレを抑えるように行動する」「インフレが高すぎることを理解している」

[2022-05-12][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「ニュートラルレベルに引き上げるまでは0.5%の利上げを支持する」

[2022-05-12][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・米ダラス連銀、ロリー・ローガン氏(49)を新総裁に指名。8月22日付で就任と報じている。

[2022-05-13][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・デーリー・サンフランシスコ連銀総裁「経済には勢いがあり、労働市場も非常に強い」「4月CPIは特に驚くべき数字では無かった」

[2022-05-13][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・デーリー・サンフランシスコ連銀総裁「FOMCの今後2会合で50bp利上げを変更する理由がない」「FOMCの今後2会合で0.5%の利上げを変更する理由はない」

[2022-05-13][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、米インフレ鈍化へ、でもFRBが安心できない訳、と伝えた。

連邦準備制度理事会(FRB)の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース