連邦準備制度理事会(FRB)

連邦準備制度理事会(FRB)のイメージ画像

 2019年2月の期間中の連邦準備制度理事会(FRB)による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2019年2月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2019年2月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-02-08][NP+3.6 HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP -0.1]
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「米経済は完全雇用に近い」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

連邦準備制度理事会(FRB)による2019年2月 発言・ニュース

[2019-02-01][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・FRBが示した「暗黙の謝罪」という社説記事を掲載した。

[2019-02-05][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・FRBによると、米東部時間4日の夜にパウエル米FRB議長がトランプ米大統領がホワイトハウスで会談した。

[2019-02-05][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・FRBによると、米東部時間4日の夜にパウエル米FRB議長がトランプ米大統領がホワイトハウスで会談した。パウエル議長がトランプ氏に語った内容は最近の会見発言と合致したものとなっている。パウエル議長は自身の政策見通しについては語っていない。

[2019-02-05][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・米FRBによると、FRBのパウエル議長、クラリダ副議長は経済見通しについて、トランプ米大統領と協議した。

[2019-02-06][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・「パウエルFRB議長、マコネル上院院内総務と会談終了」「パウエルFRB議長、トランプ氏との夕食およびマコネル氏会談でコメントせず」などと報じた。

[2019-02-06][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・米FRBがストレステストのシナリオを発表。ストレステストの結果は6月30日までに公表の予定で、不動産価格の大幅下落を想定とのこと。

[2019-02-07][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・米カンザスシティー連銀は公表した報告書で、米経済の一部が減速の兆しを見せていることを踏まえると、FRBのバランスシート縮小が借り入れ金利に上昇圧力をかけるのに重要な役割を果たしているとの見解を示した。

[2019-02-07][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・クオールズ・FRB副議長「ストレステストの透明性への不満はやや行き過ぎ」

[2019-02-07][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・クオールズ・FRB副議長「労働市場は極めて堅調」「インフレは引き続き抑制」

[2019-02-07][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・クオールズ・FRB副議長「中国や欧州の景気後退や通商政策に最も関心がある」

[2019-02-07][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・クオールズ・FRB副議長「評価が過剰である分野を目にすることができる」「米金融当局は非政治的な方法で機能する」

[2019-02-08][NP+3.6 HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP -0.1]
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「米経済は完全雇用に近い」

[2019-02-09][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP -0.1]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「金融状況は2018年初期に比べ引き続き引き締まっている」

[2019-02-09][NP-2.0 HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.0]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「住宅市場が失速しても驚かない」

[2019-02-12][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.0]
・ボウマンFRB理事は、就任後初めてとなる講演で、賃金の伸びは底堅く物価上昇率はFRBの目標水準に近づくなど米経済は良好だとしたうえで、「FRBの金融政策は好位置につけていると考えられ、現行の政策スタンスは快適だ」と述べた。

[2019-02-12][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.0]
・米FRBの元議長、ボルカー氏は、国内問題や中国との通商協議を巡るトランプ政権の対応を批判し、米国の長期的な繁栄を阻害していると指摘した。

[2019-02-13][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.0]
・FRB米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済は堅調」「失業率は50年ぶり低水準に近づいている」

[2019-02-13][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金利の動きが経済に影響を与えるのに時間がかかる」

[2019-02-15][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.0]
・米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事は14日の米テレビ番組で「保有資産の縮小は年末までに終了させるべきだ」と述べた。FRBは米国債などの保有資産を圧縮する「量的引き締め」を早期に終了する方針だが、具体的な時期は決まっていない。中国や欧州の景気減速などで「経済成長のリスクが強まった」と指摘した。

[2019-02-16][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.0]
・デイリーSF連銀総裁「今年は政策金利の引き上げの可能性が低い」

[2019-02-16][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.0]
・デイリー米SF連銀総裁「本年、利上げを見送る可能性がかなりある」

連邦準備制度理事会(FRB)の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース