連邦準備制度理事会(FRB)

連邦準備制度理事会(FRB)のイメージ画像

 2021年9月の期間中の連邦準備制度理事会(FRB)による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2021年9月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2021年9月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-09-09][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「経済の成長、緩やかなペースで若干下方に傾斜」「新型コロナ変異株の流行が回復減速の要因に」「ほぼ全地区の企業は依然楽観的」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

連邦準備制度理事会(FRB)による2021年9月 発言・ニュース

[2021-09-09][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「経済の成長、緩やかなペースで若干下方に傾斜」「新型コロナ変異株の流行が回復減速の要因に」「ほぼ全地区の企業は依然楽観的」

[2021-09-09][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「インフレは高い水準で安定」「物価の上昇ペースは強い」「全地区で雇用は増加」

[2021-09-09][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「在庫の問題で自動車販売が弱い」「外食や旅行で需要が弱まった」

[2021-09-10][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・ボウマン米連邦準備理事会(FRB)理事「予想通りのデータが得られれば、今年中にテーパリングを開始することが適切」「物価安定に関し、大きな進歩を遂げた」「雇用の実質的進展という目標に非常に近づいている」

[2021-09-10][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・FRBのボウマン理事は、参加したオンラインイベントで、8月の雇用統計が弱めとなったものの、入手可能な経済指標はなお心強い内容だとしたうえで、年内にテーパリングが始まる公算が大きいという考えを示した。

[2021-09-10][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、米連邦準備制度理事会(FRB)のボウマン理事は9日、「私が期待するようなデータが出てくれば、年内に資産購入縮小の過程に入ることは適切となる可能性が高い」との認識を示した。

[2021-09-13][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・FRBは、パウエルFRB議長ら当局者が24日に新型コロナウイルスのパンデミックからの回復をめぐり、一般との対話イベントを開催すると発表した。パウエル議長が冒頭の挨拶を行い、ボウマン理事とクラリダ副議長が進行役を務めるという。

[2021-09-13][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は13日、米FRB、11月の資産購入縮小へ地ならし、2022年半ばまでにテーパリングが終了すれば利上げに道開く可能性と報じた。

[2021-09-13][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・有力欧米紙であるウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、FRB当局者が11月のテーパリング開始に向け、9月のFOMCで合意を目指していると報じている。今月21-22日に開催されるFOMCでは、テーパリングに着手する公算は小さいものの、パウエルFRB議長は同会合で、11月にテーパリングを開始するというシグナルを発する可能性があるという。

連邦準備制度理事会(FRB)の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース