FOMC(連邦公開市場委員会)関連の発言・ニュース

FOMC(連邦公開市場委員会)

 FOMC(連邦公開市場委員会「正式名称:Federal Open Market Committee」)は、アメリカ合衆国の金融政策の1つである公開市場操作(国債買い取りオペレーションやオペレーションツイストなど)の方針を決定する委員会のことです。

 このカテゴリでは、特にFOMCの議事録内容についての要点や、政策金利発表後等に発表される声明文などを主に収録しています。

 特にFOMCから発表される内容は、アメリカ経済だけで無く世界経済への影響が非常に強い発表となるので注意が必要になります。

HDP

中間派

 HDP   -0.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-04-29][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「FRBはこの厳しい局面で米経済を支援するためにあらゆる手段を行使し、雇用最大化と物価安定という目標を促進することに全力で取り組む」「新型コロナウイルスのパンデミックは、米国および世界中で多大な人的および経済的苦難をもたらしている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「ワクチン接種と強力な政策支援の進展で、経済活動と雇用指標は強まった」「パンデミックによって最も悪影響を受けたセクターは依然として弱いものの、改善が見られる」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「インフレ率は上昇しており、主に一時的な要因を反映」「経済および米国の家計や企業への信用の流れを支援するための政策措置を部分的に反映し、全体的な金融状況は引き続き緩和的だ」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済の道筋はワクチン接種の進捗状況を含め、ウイルスの行方に著しく左右されるだろう」「現在進行中の公衆衛生の危機は引き続き経済を圧迫しており、経済見通しに対するリスクは残っている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会は雇用最大化と長期的な2%のインフレ率の達成を目指す」「この長期的な目標を下回るインフレ率が続いているため、委員会は当面、2%をやや上回る程度のインフレ率の達成を目指す」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「これによりインフレ率は時間とともに平均で2%になり、長期的なインフレ期待は2%にしっかりととどまる」「これらの結果が達成されるまで、委員会は緩和的な金融政策の姿勢を維持すると予想する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会の最大雇用と物価安定の目標に向けてさらに著しい進展が見られるまで、FRBは引き続き米国債の保有を少なくとも月800億ドル、エージェンシーローン担保証券の保有を少なくとも月400億ドル増やす」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「これらの資産購入は、円滑な市場機能と緩和的な金融状況の促進を支援し、それによって家計や企業への信用の流れを支援する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金融政策の適切な姿勢を評価するに当たり、委員会は今後もたらされる経済見通しに関する情報の意味を引き続き監視する」「もし委員会の目標の達成を妨げる可能性があるリスクが生じた場合、委員会は金融政策の姿勢を適切に調整する準備がある」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会の評価は、公衆衛生に関連する情報、労働市場の状況、インフレ圧力、インフレ期待、金融と世界の動向を含む幅広い情報を考慮する」「今回の決定は全会一致」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のFOMC(連邦公開市場委員会)関連の発言・ニュース

[2021-04-29][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「FRBはこの厳しい局面で米経済を支援するためにあらゆる手段を行使し、雇用最大化と物価安定という目標を促進することに全力で取り組む」「新型コロナウイルスのパンデミックは、米国および世界中で多大な人的および経済的苦難をもたらしている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「ワクチン接種と強力な政策支援の進展で、経済活動と雇用指標は強まった」「パンデミックによって最も悪影響を受けたセクターは依然として弱いものの、改善が見られる」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「インフレ率は上昇しており、主に一時的な要因を反映」「経済および米国の家計や企業への信用の流れを支援するための政策措置を部分的に反映し、全体的な金融状況は引き続き緩和的だ」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済の道筋はワクチン接種の進捗状況を含め、ウイルスの行方に著しく左右されるだろう」「現在進行中の公衆衛生の危機は引き続き経済を圧迫しており、経済見通しに対するリスクは残っている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会は雇用最大化と長期的な2%のインフレ率の達成を目指す」「この長期的な目標を下回るインフレ率が続いているため、委員会は当面、2%をやや上回る程度のインフレ率の達成を目指す」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「これによりインフレ率は時間とともに平均で2%になり、長期的なインフレ期待は2%にしっかりととどまる」「これらの結果が達成されるまで、委員会は緩和的な金融政策の姿勢を維持すると予想する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会の最大雇用と物価安定の目標に向けてさらに著しい進展が見られるまで、FRBは引き続き米国債の保有を少なくとも月800億ドル、エージェンシーローン担保証券の保有を少なくとも月400億ドル増やす」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「これらの資産購入は、円滑な市場機能と緩和的な金融状況の促進を支援し、それによって家計や企業への信用の流れを支援する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金融政策の適切な姿勢を評価するに当たり、委員会は今後もたらされる経済見通しに関する情報の意味を引き続き監視する」「もし委員会の目標の達成を妨げる可能性があるリスクが生じた場合、委員会は金融政策の姿勢を適切に調整する準備がある」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会の評価は、公衆衛生に関連する情報、労働市場の状況、インフレ圧力、インフレ期待、金融と世界の動向を含む幅広い情報を考慮する」「今回の決定は全会一致」

[2021-04-08][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「ガイダンスを頻繁に再調整する必要はない」「本格的な回復にはしばらく時間がかかる可能性が高い」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「公衆衛生上の危機は引き続き重大なリスク」「債券利回りの上昇は景気見通しの改善を反映」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「経済はFRBの目標からかけ離れたまま」「多くの参加者は量的緩和のテーパリング前に進捗状況を伝えることの重要性を強調」

[2021-03-18][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「FRBはこの厳しい局面で米経済を支援するためにあらゆる手段を行使し、雇用最大化と物価安定という目標を促進することに全力で取り組む」「新型コロナウイルスのパンデミックは、米国および世界中で多大な人的および経済的苦難をもたらしている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「回復ペースが鈍化した後、パンデミックによって最も悪影響を受けたセクターは依然として弱いものの、経済活動と雇用の指標は最近上昇している」「インフレ率は引き続き2%を下回っている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済および米国の家計や企業への信用の流れを支援するための政策措置を部分的に反映し、全体的な金融状況は引き続き緩和的だ」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済の道筋はワクチン接種の進捗状況を含め、ウイルスの行方に著しく左右されるだろう」「現在進行中の公衆衛生の危機は引き続き、経済活動、雇用、インフレの重しとなり、経済見通しに著しいリスクをもたらすだろう」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会は雇用最大化と長期的な2%のインフレ率の達成を目指す」「この長期的な目標を下回るインフレ率が続いているため、委員会は当面、2%をやや上回る程度のインフレ率の達成を目指す」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「これによりインフレ率は時間とともに平均で2%になり、長期的なインフレ期待は2%にしっかりととどまる」「これらの結果が達成されるまで、委員会は緩和的な金融政策の姿勢を維持すると予想する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会の最大雇用と物価安定の目標に向けてさらに著しい進展が見られるまで、FRBは引き続き米国債の保有を少なくとも月800億ドル、エージェンシーローン担保証券の保有を少なくとも月400億ドル増やす」「これらの資産購入は、円滑な市場機能と緩和的な金融状況の促進を支援し、それによって家計や企業への信用の流れを支援する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金融政策の適切な姿勢を評価するに当たり、委員会は今後もたらされる経済見通しに関する情報の意味を引き続き監視する」「もし委員会の目標の達成を妨げる可能性があるリスクが生じた場合、委員会は金融政策の姿勢を適切に調整する準備がある」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会の評価は、公衆衛生に関連する情報、労働市場の状況、インフレ圧力、インフレ期待、金融と世界の動向を含む幅広い情報を考慮する」「今回の決定は全会一致」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)後のリスクオンの流れは継続され、クロス円は堅調に推移。カナダドル円は約3年1カ月ぶりに88円台に乗せ、88.05円まで上値を伸ばした。また、豪ドル円が85.39円、NZドル円は79.08円までオセアニア通貨高が進行。ユーロ円も130.67円、ポンド円が152.26円まで欧州通貨買い・円売りが進んだ。

[2021-02-18][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「実質的な進展が見られるまでには時間がかかる可能性」「QEの方針変更前にコミュニケーションが重要」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「12月予測と比較して2021年はかなり強い見通しを示唆」「12月の労働市場の状況は全体として悪化」「金利が実効下限に近づいていることもあり、委員会は雇用とインフレに対する下向きのリスクが高まっていると判断」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「ウイルスの経路と財政政策に対する見通しは金融市場の主な推進力」「民主党の過半数獲得は追加経済対策に対する投資家の期待を後押し」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「一時的なインフレ要因に留意することが重要」「刺激策とワクチンが景気を大きく押し上げる」「中期的な見通し、声明変更に十分なほど改善した」

[2021-01-28][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「FRBはこの厳しい局面で米経済を支援するためにあらゆる手段を行使し、雇用最大化と物価安定という目標を促進することに全力で取り組む」「新型コロナウイルスのパンデミックは、米国および世界中で多大な人的および経済的苦難をもたらしている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済活動と雇用の回復ペースはここ数カ月で減速しており、パンデミックによって最も悪影響を受けたセクターに弱さが集中している」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「需要低迷とこれまでの原油価格の下落は、消費者物価の上昇を抑えている」「経済および米国の家計や企業への信用の流れを支援するための政策措置を部分的に反映し、全体的な金融状況は引き続き緩和的だ」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済の道筋はワクチン接種の進捗状況を含め、ウイルスの行方に著しく左右されるだろう」「現在進行中の公衆衛生の危機は引き続き、経済活動、雇用、インフレの重しとなり、経済見通しに著しいリスクをもたらすだろう」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会は雇用最大化と長期的な2%のインフレ率の達成を目指す」「この長期的な目標を下回るインフレ率が続いているため、委員会は当面、2%をやや上回る程度のインフレ率の達成を目指す」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「これによりインフレ率は時間とともに平均で2%になり、長期的なインフレ期待は2%にしっかりととどまる」「これらの結果が達成されるまで、委員会は緩和的な金融政策の姿勢を維持すると予想する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会の最大雇用と物価安定の目標に向けてさらに著しい進展が見られるまで、FRBは引き続き米国債の保有を少なくとも月800億ドル、エージェンシーローン担保証券の保有を少なくとも月400億ドル増やす」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「これらの資産購入は、円滑な市場機能と緩和的な金融状況の促進を支援し、それによって家計や企業への信用の流れを支援する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金融政策の適切な姿勢を評価するに当たり、委員会は今後もたらされる経済見通しに関する情報の意味を引き続き監視する」「もし委員会の目標の達成を妨げる可能性があるリスクが生じた場合、委員会は金融政策の姿勢を適切に調整する準備がある」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会の評価は、公衆衛生に関連する情報、労働市場の状況、インフレ圧力、インフレ期待、金融と世界の動向を含む幅広い情報を考慮する」「今回の決定は全会一致」

[2021-01-07][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「全ての当局者が現在の資産購入ペースは適切と認識」「数人の当局者は、財務省証券購入の加重平均満期を延長することにオープン」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「FRBは米国債の保有を月額少なくとも800億ドル、MBSを400億ドル増加し続ける」「資産購入の将来の規模縮小は2013-14年と類似」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「新型コロナ感染急増で向こう数カ月の経済は減速するだろう」「FRBは2021年にインフレ圧力が高まると予想」

[2020-12-17][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「FRBはこの厳しい局面で米経済を支援するためにあらゆる手段を行使し、雇用最大化と物価安定という目標を促進することに全力で取り組む」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「新型コロナウイルスのパンデミックは、米国および世界中で多大な人的および経済的苦難をもたらしている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済活動と雇用は回復を続けているが、年初の水準を大きく下回ったままだ」「需要低迷とこれまでの原油価格の下落は、消費者物価の上昇を抑えている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済および米国の家計や企業への信用の流れを支援するための政策措置を部分的に反映し、全体的な金融状況は引き続き緩和的だ」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済の道筋は、ウイルスの行方に著しく左右されるだろう」「現在進行中の公衆衛生の危機は引き続き、短期的に経済活動、雇用、インフレの重しとなり、中期的な経済見通しに著しいリスクをもたらすだろう」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会は雇用最大化と長期的な2%のインフレ率の達成を目指す」「この長期的な目標を下回るインフレ率が続いているため、委員会は当面、2%をやや上回る程度のインフレ率の達成を目指す」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「労働市場の状況が委員会の最大雇用の評価に一致する水準に達し、インフレ率が2%に上昇して当面の間2%をやや超えるような軌道に乗るまで、この目標誘導レンジを維持することが適切だと予想する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「FRBは最大雇用と物価安定目標に向けて著しい進展があるまで、米国債の保有を月額少なくとも800億ドル、エージェンシーローン担保証券の保有を月額少なくとも400億ドル増やし続ける」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金融政策の適切な姿勢を評価するに当たり、委員会は今後もたらされる経済見通しに関する情報の意味を引き続き監視する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会の目標の達成を妨げる可能性があるリスクが生じた場合、委員会は金融政策の姿勢を適切に調整する用意がある」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会の評価は、公衆衛生に関連する情報、労働市場の状況、インフレ圧力、インフレ期待、金融と世界の動向を含む幅広い情報を考慮する」「今回の決定は全会一致」

[2020-11-26][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「当局者らは資産購入がどのように進むかますます焦点を当てている」「一部の当局者は最終的な財務省証券購入の加重平均満期を延長することを期待」「当局者は現在の量的緩和のペースと構成が効果的であると認識」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「当局者は資産購入のペースと構成をすぐに調整する必要はないと判断したが、債券購入の変更を正当化する状況に変わる可能性もあると認識」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「当局者は、資産購入に関する委員会のガイダンスを適切に強化するための潜在的な次のステップについて継続的に慎重に検討」「当局者は来年まで現在のペースで、その後数年間はペースを落として資産購入を継続することを概ね期待」

[2020-11-06][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「FRBはこの厳しい局面で米経済を支援するためにあらゆる手段を行使し、雇用最大化と物価安定という目標を促進することに全力で取り組む」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「新型コロナウイルスのパンデミックは、米国および世界中で多大な人的および経済的苦難をもたらたしている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済活動と雇用はここ数カ月で持ち直したが、年初の水準を大きく下回ったまま」「需要低迷と原油価格の大幅な下落は、消費者物価の上昇を抑えている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済と米家計や企業への信用の流れを支援するための政策措置を部分的に反映して、全体的な状態は引き続き緩和的」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済の道筋は、ウイルスの行方に著しく左右されるだろう」「現在進行中の公衆衛生の危機は引き続き、短期的に経済活動、雇用、インフレの重しとなり、中期的な経済見通しに著しいリスクをもたらすだろう」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会は雇用最大化と長期的な2%のインフレ率の達成を目指す」「この長期的な目標を下回るインフレ率が続いているため、委員会は当面、2%をやや上回る程度のインフレ率の達成を目指す」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「これによりインフレ率は時間とともに平均で2%になり、長期的なインフレ期待は2%にしっかりととどまる」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「これらの結果が達成されるまで、委員会は緩和的な金融政策の姿勢を維持すると予想する」「労働市場の状況が委員会の最大雇用の評価に一致する水準に達し、インフレ率が2%に上昇して当面の間2%をやや超えるような軌道に乗るまで、この目標誘導レンジを維持することが適切だと予想する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「円滑な市場機能を維持し、緩和的な金融状況の促進を支援するために、FRBは今後数カ月にわたって、米国債およびエージェンシーローン担保証券の保有を少なくとも現在のペースで増やし、それによって家計や企業への信用の流れを支援する」

[2020-11-05][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.2]
・明日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁の代わりにデイリー米サンフランシスコ連銀総裁が投票するようだ。

(最終更新日時 2021-05-01 01:50)

FOMC(連邦公開市場委員会)関連の発言・ニュース バックナンバー

FOMC(連邦公開市場委員会) カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース