FOMC(連邦公開市場委員会)関連の発言・ニュース

FOMC(連邦公開市場委員会)

 FOMC(連邦公開市場委員会「正式名称:Federal Open Market Committee」)は、アメリカ合衆国の金融政策の1つである公開市場操作(国債買い取りオペレーションやオペレーションツイストなど)の方針を決定する委員会のことです。

 このカテゴリでは、特にFOMCの議事録内容についての要点や、政策金利発表後等に発表される声明文などを主に収録しています。

 特にFOMCから発表される内容は、アメリカ経済だけで無く世界経済への影響が非常に強い発表となるので注意が必要になります。

HDP

中間派

 HDP   -0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-08-04][NP     HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.2]
・ブルームバーグによると、3日の米短期金融市場は9月の連邦公開市場委員会(FOMC)で決定する利上げ幅を、50ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と75bpのいずれか確率半々として織り込んでいる。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のFOMC(連邦公開市場委員会)関連の発言・ニュース

[2022-08-04][NP     HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.2]
・ブルームバーグによると、3日の米短期金融市場は9月の連邦公開市場委員会(FOMC)で決定する利上げ幅を、50ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と75bpのいずれか確率半々として織り込んでいる。

[2022-07-28][NP     HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「最近の消費と生産の指標は軟調に推移している」「ここ数ヶ月の雇用増加は堅調で、失業率は低水準にとどまっている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「インフレ率は、パンデミックに関連した需給の不均衡、食品・エネルギー価格の上昇、およびより広範な物価上昇圧力を反映して、依然として高い水準」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会は雇用最大化と長期的な2%のインフレ率の達成を目指す」「これらの目標を支援するため、委員会はフェデラルファンド(FF)金利の目標誘導レンジを2.25-2.50%に引き上げることを決定し、目標誘導レンジの継続的な引き上げが適切になると予想する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会は、5月のバランスシートの規模を縮小するための計画に記載されているように、保有する米国債およびエージェンシーローン担保証券を引き続き削減する」「委員会はインフレを2%の目標に戻すことに強くコミット」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金融政策の適切な姿勢を評価するに当たり、委員会は今後もたらされる経済見通しに関する情報の意味を引き続き監視する」「もしも委員会の目標の達成を妨げる可能性があるリスクが生じた場合、委員会は金融政策の姿勢を適切に調整する準備がある」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会の評価は、公衆衛生に関連する情報、労働市場の状況、インフレ圧力、インフレ期待、金融と世界の動向を含む幅広い情報を考慮する」「今回の金融政策決定は全会一致」

[2022-07-07][NP     HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「当局者はインフレ見通しが悪化したことに同意」「多くの当局者はより高いインフレが定着する可能性が重大なリスクと判断」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「FRBの政策は当面、成長を減速させる可能性があると認識」「いずれ一段の制限的な政策があり得る」「7月に0.50%もしくは0.75%の利上げの可能性が高いと認識」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「6月14-15日時点では米GDPは第1四半期に減少した後、第2四半期に緩やかな回復と予想」「労働市場は依然として非常にタイトだが、勢いが鈍化している兆候がいくつかあった」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「PCEで測定される消費者物価上昇率は4月も上昇したままであり、5月も依然として上昇していることが分かった」「株価市場のボラティリティが高まる中、全体として大幅に下落した」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「6月FOMCのためにスタッフが作成した米経済活動予測は5月よりも低い軌道を示した」「2022年下期および2023年のGDP成長予測を引き下げた」

[2022-06-16][NP     HDP -0.3 CHDP +0.1 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「全体的な経済活動は第1四半期に落ち込んだ後、回復したようだ」「ここ数カ月の雇用の伸びは堅調であり、失業率は低いまま」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「インフレ率はパンデミックに関連する需給の不均衡、エネルギー価格の上昇、より広範な価格圧力を反映し、引き続き高止まりしている」「ロシアによるウクライナ侵攻は、多大な人的および経済的な困難を引き起こしている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「侵攻と関連する出来事がインフレにさらなる上振れ圧力を生み出しており、世界経済活動を圧迫」「さらに、中国での新型コロナウイルス関連のロックダウン(都市封鎖)がサプライチェーン(供給網)の混乱を悪化させる可能性がある」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会はインフレのリスクを非常に注視している」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会は雇用最大化と長期的な2%のインフレ率の達成を目指す」「これらの目標を支援するため、委員会はフェデラルファンド(FF)金利の目標誘導レンジを1.50-1.75%に引き上げることを決定し、目標誘導レンジの継続的な引き上げが適切になると予想する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会は、5月のバランスシートの規模を縮小するための計画に記載されているように、保有する米国債およびエージェンシーローン担保証券を引き続き削減する」「委員会はインフレを2%の目標に戻すことに強くコミット」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金融政策の適切な姿勢を評価するに当たり、委員会は今後もたらされる経済見通しに関する情報の意味を引き続き監視する」「もしも委員会の目標の達成を妨げる可能性があるリスクが生じた場合、委員会は金融政策の姿勢を適切に調整する準備がある」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会の評価は、公衆衛生に関連する情報、労働市場の状況、インフレ圧力、インフレ期待、金融と世界の動向を含む幅広い情報を考慮する」「ジョージ米カンザスティ連銀総裁が0.75%利上げに反対し、0.50%利上げを主張」

[2022-06-13][NP     HDP -0.3 CHDP +0.1 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・ブルームバーグによると、トレーダーは9月までに3回ある米連邦公開市場委員会(FOMC)の少なくとも1回で、0.75ポイントの利上げが決定されると見込んでいる。40年ぶり高水準のインフレ率抑制に当局が取り組むとみている。3回の会合で計1.75ポイント利上げの予想は2回の0.5ポイント利上げと1回の0.75ポイント引き上げがあるとの見通しを意味する。

[2022-05-26][NP     HDP -0.3 CHDP +0.1 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「大半の参加者が次回以降2回の50bp利上げを支持」「すべての参加者は米国経済は非常に強力であり、労働市場は非常にタイトであり、インフレは非常に高いと認識」「抑制的な政策スタンスが適切となる可能性に留意」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「今年後半に経済のリスクを評価する必要がある」「FRBは迅速に中立水準に移行する必要がある」「中国とウクライナ戦争から受けた新たなインフレ圧力が経済活動を圧迫する可能性」

[2022-05-05][NP     HDP -0.3 CHDP +0.1 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会は雇用最大化と長期的な2%のインフレ率の達成を目指す」「金融政策の立場を適切に固めることで、委員会はインフレが2%の目標に戻り、労働市場は引き続き堅調であると予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会はFF金利の目標範囲を0.75-1.00%に引き上げることを決定し、目標範囲の継続的な引き上げが適切であると予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「この声明に関連して公表されたバランスシートの規模を縮小するための計画に記載されているとおり、6月1日から米国債およびエージェンシーローン担保証券の保有を削減することを決定」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金融政策の適切な姿勢を評価するに当たり、委員会は今後もたらされる経済見通しに関する情報の意味を引き続き監視する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「もし委員会の目標の達成を妨げる可能性があるリスクが生じた場合、委員会は金融政策の姿勢を適切に調整する準備がある」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会の評価は、公衆衛生に関連する情報、労働市場の状況、インフレ圧力、インフレ期待、金融と世界の動向を含む幅広い情報を考慮する」「今回の決定は全会一致」

[2022-04-07][NP     HDP -0.3 CHDP +0.1 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「多くの参加者が年内1回以上の0.50%の利上げが正当化される公算と指摘」「1カ月あたりの縮小上限は950億ドルが適切となる公算」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「当局は労働需要が供給を大幅に上回っていると認識」「ロシアのウクライナ侵攻で、多くの当局者が3月の0.25%の利上げを支持」「ロシア紛争によりインフレ圧力が高まった」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「当局者は中立金利に迅速に移行することが適切であると判断」「当局者は国債600億ドル、MBS350億ドルが月額上限と認識」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「すべての当局者はさらなるインフレのリスクを監視し続ける必要があると強調」「参加者は早ければ5月FOMCでバランスシート縮小を開始すると認識」「何人かの当局者は、ロシアのウクライナ侵攻によるインフレに対する上向きのリスクは成長の下向きリスクよりも顕著と判断」

[2022-03-17][NP     HDP -0.3 CHDP +0.1 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会は雇用最大化と長期的な2%のインフレ率の達成を目指す」「金融政策の立場を適切に固めることで、委員会はインフレが2%の目標に戻り、労働市場は引き続き堅調であると予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会はFF金利の目標範囲を0.25-0.50%に引き上げることを決定し、目標範囲の継続的な引き上げが適切であると予想」「委員会は、今後の会合で米国債およびエージェンシーローン担保証券の保有削減を開始すると予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金融政策の適切な姿勢を評価するに当たり、委員会は今後もたらされる経済見通しに関する情報の意味を引き続き監視する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「もし委員会の目標の達成を妨げる可能性があるリスクが生じた場合、委員会は金融政策の姿勢を適切に調整する準備がある」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会の評価は、公衆衛生に関連する情報、労働市場の状況、インフレ圧力、インフレ期待、金融と世界の動向を含む幅広い情報を考慮する」「ブラード米セントルイス連銀総裁は0.50%の利上げを主張」
・ブルームバーグによると、米連邦公開市場委員会(FOMC)の政策発表日とリンクしたオーバーナイト・インデックス・スワップ(OIS)は、今後2回の会合で計約0.75ポイントの追加利上げが実施されることを示唆している。これは少なくとも1回は0.25ポイントより大幅な利上げになるとの見方を映す動きだ。

[2022-02-17][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「当局者はバランスシートの大幅縮小が適切と認識」「当局者は近く利上げが適切になると認識」「バランスシートの計画は今後数会合で決定」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「大半の当局者は2015年よりも速いペースの利上げが適切と認識」「多くの当局者は将来のMBS売却の可能性を認識」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「当局者はインフレが低下しなければ引き締めペース加速を認識」「当局者は金融政策の適切なスタンスを評価する際に、今後の情報が経済見通しに与える影響を引き続き監視し、リスクが発生した場合に金融政策のスタンスを適切に調整する準備をすることに同意」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「インフレ圧力の高まりと強い労働市場を考慮して、FF金利の目標範囲をまもなく引き上げることが適切との認識を反映するため、声明を更新する必要があることに同意」

(最終更新日時 2022-08-05 12:23)

FOMC(連邦公開市場委員会)関連の発言・ニュース バックナンバー

FOMC(連邦公開市場委員会) カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース