FOMC(連邦公開市場委員会)関連の発言・ニュース

FOMC(連邦公開市場委員会)

 FOMC(連邦公開市場委員会「正式名称:Federal Open Market Committee」)は、アメリカ合衆国の金融政策の1つである公開市場操作(国債買い取りオペレーションやオペレーションツイストなど)の方針を決定する委員会のことです。

 このカテゴリでは、特にFOMCの議事録内容についての要点や、政策金利発表後等に発表される声明文などを主に収録しています。

 特にFOMCから発表される内容は、アメリカ経済だけで無く世界経済への影響が非常に強い発表となるので注意が必要になります。

HDP

中間派

 HDP   -0.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-06-11][NP-5.0 HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「新型コロナウイルスの感染拡大は、米国および世界中で多大な人的および経済的苦難をもたらたしている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「ウイルスと公衆衛生を守るために講じられた措置は、経済活動の急速な収縮と失業の急増を引き起こしている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「需要低迷と原油価格の大幅な下落は、消費者物価の上昇を抑えている」「経済状況を改善するための政策措置や米国の家計や企業への信用のフローを反映して、財政状況は改善した」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「現在進行中の公衆衛生の危機は短期的に経済活動、雇用、インフレの大きな重しとなり、中期的な経済見通しに著しいリスクをもたらすだろう」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会は経済が最近の出来事を乗り切り、雇用最大化と物価安定の目標を達成する軌道に乗ったと確信するまで、この目標誘導レンジを維持すると予想する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会は、公衆衛生に関連する情報、世界動向、弱いインフレ圧力を含む、今後もたらされる経済見通しに関する情報の意味を引き続き監視し、経済を支援するために手段を活用して適切に行動する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「家計や企業への信用の流れを支援するため、FRBは引き続き円滑な市場機能をサポートするために今後数カ月は少なくとも現在のペースでの米国債および住宅ローン担保証券や商業用不動産担保ローン証券を購入し、それによって金融政策をより広範な金融市場に効果的に伝達することを促す」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「公開市場デスクは引き続き、大規模な翌日物およびターム物のレポ取引を提供する。委員会は引き続き市場の状況を注意深く監視し、適切に計画を調整する用意がある」「決定は全会一致」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のFOMC(連邦公開市場委員会)関連の発言・ニュース

[2020-07-30][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「事実上のゼロ金利、量的緩和を維持」「経済活動と雇用は年初水準を下回り続けている」「雇用最大化と物価目標達成へ確信できるまでゼロ金利維持」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「景気の道筋は感染動向に大きく依存」「経済支えるため、あらゆる措置をとる」「現在のペースで国債とMBSの保有を増やす」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「中央銀行ドル供給レポとスワップ設定を3月末まで延長」「ウイルスは著しいリスクもたらす」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「FRBはこの厳しい局面で米経済を支援するためにあらゆる手段を行使し、雇用最大化と物価安定という目標を促進することに全力で取り組む」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「新型コロナウイルスの感染拡大は、米国および世界中で多大な人的および経済的苦難をもたらたしている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「急激な下落に続いて、経済活動と雇用はここ数カ月で幾分回復したが、年初の水準をはるかに下回っている」「需要低迷と原油価格の大幅な下落は、消費者物価の上昇を抑えている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済および米国の家計や企業への信用の流れを支援するための政策措置を部分的に反映し、金融状況はここ数カ月で改善した」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済の進路は、新型コロナウイルスの進路に大きく依存」「現在進行中の公衆衛生の危機は短期的に経済活動、雇用、インフレの大きな重しとなり、中期的な経済見通しに著しいリスクをもたらすだろう」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会は経済が最近の出来事を乗り切り、雇用最大化と物価安定の目標を達成する軌道に乗ったと確信するまで、この目標誘導レンジを維持すると予想する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会は、公衆衛生に関連する情報、世界動向、弱いインフレ圧力を含む、今後もたらされる経済見通しに関する情報の意味を引き続き監視し、経済を支援するために手段を活用して適切に行動する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金融政策の運営姿勢の将来的な調整の時期と規模を決めるに当たり、委員会は最大雇用の目標と対称的な2%のインフレ目標との比較で経済状況の実績と見通しを評価する。この評価は、労働市場の状況に関する指標、インフレ圧力やインフレ期待の指標、金融動向や国際情勢の解釈を含む幅広い情報を考慮する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「家計や企業への信用の流れを支援するため、FRBは今後数カ月にわたって、円滑な市場機能をサポートするために米国債および住宅ローン担保証券や商業用不動産ローン担保証券の保有を少なくとも現在のペースで増やし、それによって金融政策をより広範な金融市場に効果的に伝達することを促す」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「公開市場デスクは引き続き、大規模な翌日物およびターム物のレポ取引を提供する」「委員会は引き続き動向を注意深く監視し、適切に計画を調整する用意がある」

[2020-07-02][NP     HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「イールドカーブ・コントロール(YCC)のさらなる分析の必要性で合意」「米経済を支援するため全ての手段を講じることで合意」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「金利上限または目標がフォワードガイダンスをサポートし、資産購入を補完できるかどうかを議論」「大半の当局者がより明確なフォワードガイダンスを主張」「ほとんどの当局者は6月FOMCでの政策変更を予想せず」

[2020-06-11][NP-5.0 HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「新型コロナウイルスの感染拡大は、米国および世界中で多大な人的および経済的苦難をもたらたしている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「ウイルスと公衆衛生を守るために講じられた措置は、経済活動の急速な収縮と失業の急増を引き起こしている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「需要低迷と原油価格の大幅な下落は、消費者物価の上昇を抑えている」「経済状況を改善するための政策措置や米国の家計や企業への信用のフローを反映して、財政状況は改善した」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「現在進行中の公衆衛生の危機は短期的に経済活動、雇用、インフレの大きな重しとなり、中期的な経済見通しに著しいリスクをもたらすだろう」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会は経済が最近の出来事を乗り切り、雇用最大化と物価安定の目標を達成する軌道に乗ったと確信するまで、この目標誘導レンジを維持すると予想する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会は、公衆衛生に関連する情報、世界動向、弱いインフレ圧力を含む、今後もたらされる経済見通しに関する情報の意味を引き続き監視し、経済を支援するために手段を活用して適切に行動する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「家計や企業への信用の流れを支援するため、FRBは引き続き円滑な市場機能をサポートするために今後数カ月は少なくとも現在のペースでの米国債および住宅ローン担保証券や商業用不動産担保ローン証券を購入し、それによって金融政策をより広範な金融市場に効果的に伝達することを促す」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「公開市場デスクは引き続き、大規模な翌日物およびターム物のレポ取引を提供する。委員会は引き続き市場の状況を注意深く監視し、適切に計画を調整する用意がある」「決定は全会一致」

[2020-05-21][NP     HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP -0.4]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「フォワードガイダンスをより明確にするべき」「FOMCは今後金利政策の意図を明確にすることができる」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「FRBは米経済を支援するためのさまざまな手段を用いるとコミット」「新型コロナウイルスは短期的には経済活動、雇用、インフレの重し。中期的な経済活動にかなりのマイナス面のリスクをもたらす」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「軌道に乗るまで現在の目標レートを維持すると予想」「見通しを評価する際に、公衆衛生情報、世界動向、インフレ圧力の抑制を引き続き監視」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「社会的距離の規制が解除された後も、個人消費は通常のレベルにすぐに戻る可能性は低い」

[2020-04-30][NP     HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP -0.4]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「FRBはあらゆる困難な時期に米国経済をサポートするためにさまざまな手段を用いて、雇用と物価の安定を最大化することを目指す」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「新型コロナウイルスは、全米および世界中で人と経済に多大な困難をもたらしている」「新型コロナと公衆衛生を保護するために講じられた措置は、経済活動の急激な低下と失業者の急増を引き起こしている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「需要の低迷と原油価格の大幅な低下により、消費者物価の上昇が抑制されている」「国内外の経済活動の混乱は、財政状況に大きな影響を与え、米国の家計や企業への信用の流れを損なった」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「公衆衛生危機は、短期的には経済活動、雇用、インフレに大きな影響を及ぼし、中期的な経済見通しに大きなリスクをもたらす」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済が最近の出来事を乗り切り、最大雇用と物価安定という目標の達成に向けた軌道に乗ったと確信するまで、この目標レンジを維持すると見込んでいる」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会は引き続き、公衆衛生やグローバルな動向、落ち着いたインフレ圧力に関連する情報を含め、今後入ってくる経済見通しの情報の意味合いを引き続き監視し、経済を支えるため適切に手段を活用し行動する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金融政策スタンスの今後の調整のタイミングと規模を決めるに当たっては、委員会は、最大雇用の目標と対称的な2%のインフレ目標との比較で経済状況の実績と見通しを評価する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「この評価では、労働市場の状況に関する指標、インフレ圧力やインフレ期待の指標、金融動向や国際情勢の解釈を含む幅広い情報を考慮する」

[2020-02-20][NP     HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP -0.1]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「現在の金融政策は当面適切」「新型コロナウイルスは見通しに関する不確実性の一つ」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「現在の金利水準は物価上昇率の2%回帰に有益」「Tビル保有の段階的な縮小は4-6月期に環境が整う見込み」

[2020-01-30][NP-2.0 HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP -0.1]
・FOMC声明「景気判断、緩やかに拡大」「雇用の伸びはおおむね堅調」
・FOMC声明「個人消費は緩やかに拡大」「新型肺炎の感染拡大のリスクを念頭に、海外情勢を注視」
・FOMC声明「現行の金融政策スタンスは適切」「今後の政策運営は適切な政策金利の道筋を見極める」「決定は全会一致」
・FOMC声明「レポオペ、少なくとも4月まで継続へ」「超過準備への付利を5ベーシス引き上げ1.6%へ」
・FOMC声明「コアインフレ率は2%を下回っている」「設備投資と輸出は引き続き弱い」

[2020-01-04][NP     HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・FOMC議事要旨「多くの参加者、現在の政策金利が景気を維持する最適水準と判断」「足元の経済活動や労働市場、個人消費は堅調」
・FOMC議事要旨「複数の参加者は米中貿易協議の進展などで先行きリスクが幾分緩和と判断」「複数の参加者はリスク資産の増大と高水準の企業負債を懸念」
・FOMC議事要旨「景気の様子見で一致」「リスクはやや下向きと多くの参加者が判断」
・FOMC議事要旨「経済が安定している限り、金利は維持される可能性が高い」「大きな変化がない限り、金利は当面適切な水準」「一部の参加者は、低金利が過度のリスクテイクを助長する可能性を懸念」

[2019-12-12][NP-3.0 HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「労働市場は力強く推移し、経済活動が緩やかなペースで拡大していることを示唆」「雇用の伸びは概してここ数カ月堅調で、失業率は低いままだった」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「家計支出は力強いペースで増加したが、企業の設備投資と輸出は弱いまま」「前年同月比で見ると、全体のインフレ率と食品やエネルギー以外のインフレ率は2%を下回っている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「将来のインフレを示す市場ベースの指標は低いままで、調査に基づいた長期的なインフレ期待の指標はあまり変わっていない」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会は法律上与えられた責務に従って、雇用最大化と物価安定の促進を目指す」「金融政策の現在のスタンスは、経済活動の持続的な拡大、強い労働市場の状況、および委員会の対称的な2パーセント目標に近いインフレをサポートするのに適切であると判断」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会はFF金利の目標誘導レンジの適切な道筋を見極めるに当たり、経済の見通しについて今後もたらされる情報の意味合いを引き続き注意深く監視する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「FF金利の目標誘導レンジの将来的な調整の時期と規模を決めるに当たり、委員会は最大雇用の目標と対称的な2%のインフレ目標との比較で経済状況の実績と見通しを評価する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「この評価は、労働市場の状況に関する指標、インフレ圧力やインフレ期待の指標、金融動向や国際情勢の解釈を含む幅広い情報を考慮する」「決定は全会一致」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)は11日、経済・金利見通しを発表。2020年は金利変更がないと予想し、2021年に1回、2022年に1回の利上げを示唆した。

[2019-11-21][NP     HDP -0.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP -0.1]
・FOMC議事要旨「大半の参加者、利下げが緩やかな成長を支える調整と判断」「2人の参加者、近いうちに追加利下げがないとの明示が必要と指摘」「2人の参加者、利下げを支持しつつも据え置き判断とは僅差」
・FOMC議事要旨「多くの要因が短期金融市場の流動性不足の背景」「高水準の企業負債とリスク資産の増大が金融安定へのリスク」
・FOMC議事要旨「大半の参加者が10月利下げ後、金利は適切と判断」「多くの参加者が下振れリスクは高まったと判断」
・FOMC議事要旨「多くの参加者が景気の下振れリスクは強く、物価上昇率の水準は利下げを正当化すると判断」「利下げの効果を注視」

(最終更新日時 2020-07-31 11:17)

FOMC(連邦公開市場委員会)関連の発言・ニュース バックナンバー

FOMC(連邦公開市場委員会) カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース