連邦準備制度理事会(FRB)

連邦準備制度理事会(FRB)のイメージ画像

 2020年11月の期間中の連邦準備制度理事会(FRB)による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2020年11月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2020年11月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-11-06][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・米連邦準備制度理事会(FRB)は5日、米経済はこのところ持ち直してきたものの、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が相当なリスクをもたらすとの認識を示し、景気刺激策を継続する考えを改めて繰り返した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

連邦準備制度理事会(FRB)による2020年11月 発言・ニュース

[2020-11-06][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・米連邦準備制度理事会(FRB)は5日、米経済はこのところ持ち直してきたものの、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が相当なリスクをもたらすとの認識を示し、景気刺激策を継続する考えを改めて繰り返した。

[2020-11-10][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・FRB「新型コロナ抑制なければ資産価格は大きく下落の恐れ」「ワクチンに遅れなら景気回復が軌道外れる公算」

[2020-11-10][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・米ニューヨーク連銀が9日に発表した10月の消費者調査によると、失業を巡る見通しが改善する一方、将来的に失業した場合の再就職を巡る見通しは悪化した。

[2020-11-11][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・クォールズFRB副議長「追加の財政支援は回復を加速」

[2020-11-11][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・米サンフランシスコ連銀のデイリー総裁がインタビューで、FRBは景気支援に向け実施可能な一段の措置を検討しているとしながらも、現在の金融政策は良好な位置に付けているとの認識を示したと報じている。

[2020-11-17][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「資産買い入れ策を引き続き注視」「2%のインフレを望む」「FEDはしばらくの間2%をやや上回るインフレを目指す」

[2020-11-17][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「FEDはいくつかのしきい値に達するまで金利をほぼゼロに保つ」「2020年8月以降の平均インフレ率が低いままである場合、政策正常化のペースが遅くなる可能性」

[2020-11-17][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「FEDは失業率の低下のみに基づいて政策を強化することはない」

[2020-11-17][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「インフレの2%持続を確認するまで利上げはしない」「債券購入の有効性を評価し続ける」

[2020-11-17][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「大規模な資産購入は景気回復の実質的なサポートになっている」

[2020-11-17][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「ウイルスが春に前例のない経済的打撃をもたらした」「回復には時間がかかる」

[2020-11-17][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「前回の危機から大胆に行動することがより良いと学んだ」「気候変動や人種問題の解決は急がねばならないが段階的なステップを踏むべき」

[2020-11-17][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「FEDには政策手段が十分にある」「金融政策と財政政策の支援が必要である公算大」

[2020-11-17][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「インフレが安定的に2%に落ち着くまで利上げはない」「イールドカーブコントロールはまだFEDのツールにはない」「FEDの流動資産購入はすでに大規模」

[2020-11-17][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「今のところイールドカーブコントロールについては考えていない」「米10年債利回りの上昇は懸念していない」

[2020-11-17][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「更なる財政・金融支援策は依然として必要」

[2020-11-17][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・米サンフランシスコ連銀のデイリー総裁は、参加したオンライン会議で、人種間の平等や気候変動など長期的な問題に取り組むうえでFRBには問題解決に向けた「猛烈な焦り」と漸進的な措置を講じる「十分な忍耐」の双方が必要との見方を示した。

[2020-11-18][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「米経済は厳しい数ヵ月となるだろう」「広範囲にコロナワクチンが行き渡るのは夏以降」

[2020-11-19][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「景気回復が確認されるまで金融政策は緩和的なまま」「消費の回復は雇用よりも速い」

[2020-11-19][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・米リッチモンド地区連銀のバーキン総裁は18日、連邦準備理事会(FRB)は月次の債券買い入れで緩和政策を継続しているとの認識を示した上で、さらなる措置を講じる可能性を示唆した。

[2020-11-20][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・FRB高官の発言を見極めながら、新型コロナウイルスの感染拡大状況やワクチン開発状況に関する報道に警戒する展開となる。

連邦準備制度理事会(FRB)の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース