連邦準備制度理事会(FRB)

連邦準備制度理事会(FRB)のイメージ画像

 2022年6月の期間中の連邦準備制度理事会(FRB)による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2022年6月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2022年6月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-06-22][NP+6.0 HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP -0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「継続的な利上げは適切」「利上げ決定は会合ごとに行う」「FRBはインフレ率2%への回帰に強くコミット」「米経済は非常に力強く、引き締め策への対処可能」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

連邦準備制度理事会(FRB)による2022年6月 発言・ニュース

[2022-06-01][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「今年インフレが大幅に低下する可能性」「利上げに対する市場の反応は歴史的にみても大きかったので、一時停止というのは良いアイデアかもしれない」

[2022-06-02][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「政策金利を中立水準にする必要がある」「年末までに2.50%に引き上げたい」「賃金と物価のスパイラルの兆候は見られない」「リセッションに陥るとは思わない」

[2022-06-02][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「米経済活動は大部分の地区で僅かから緩やかな成長が示された」「4地区は穏やかな成長を示した。4地区は成長のペースが前期から鈍化していることを明確に指摘」

[2022-06-02][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「ほとんどの地区では、製造業の継続的な成長が示された」「金利上昇、一般的なインフレ、ロシアのウクライナ侵攻、および新型コロナによる混乱は、家計および事業計画に影響を与える主要な懸念」「8地区は将来の成長に対する期待が低下したと報告。3地区は特に不況についての懸念を表明した」

[2022-06-02][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「経済データから景気後退は見受けられない」「金利とバランスシートを標準化する時が来た」

[2022-06-02][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・日本経済新聞によると、米連邦準備理事会(FRB)は1日発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)で、4月中旬以降、米経済は「拡大を続けた」ものの「一部で減速がみられた」と総括した。企業は引き続き労働力不足と供給制約に直面しているほか、高インフレと金利上昇の影響が消費や住宅市場に現れ始めたという。

[2022-06-06][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・信用力の低い企業の債券・融資債権から、投資マネーが流出している。米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締めで景気後退懸念が強まり、財務体力の低い企業の債務不履行(デフォルト)リスクが意識され始めたためだ。低格付け企業の資金繰りが難しくなり、信用不安がいっそう高まる悪循環にも陥りかねない。

[2022-06-11][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・7月の0.75ポイントの米利上げ、50%の確率で織り込む=短期金融市場

[2022-06-14][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・連邦準備制度理事会(FRB)高官が0.75%の利上げを容認する可能性=WSJ

[2022-06-15][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・日本経済新聞によると、米主要企業の経営者が景気後退リスクに言及し始めた。インフレ高進が止まらず、米連邦準備理事会(FRB)の大幅な利上げが予想されているからだ。不況入りの時期や期間、深刻度を巡っては見方が定まっておらず、先行き不透明感につながっている。米消費者の購買意欲は依然として強く、景気を下支えするとの見方も根強い。

[2022-06-17][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・パウエルFRB議長は、2%物価目標に戻すことに非常に強く重点置いている、という見解を示した。

[2022-06-17][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは物価を2%目標に回帰させることに非常に強く重点を置いている」

[2022-06-17][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・ロイター通信によると、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は17日、米ドルの公式デジタル通貨を開発すれば、他国がデジタル通貨を発行する中で世界におけるドルの支配的地位を維持することに寄与するとの認識を示した。

[2022-06-18][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・FRB政策報告「物価安定回復への公約には条件はない」「ほとんどの信用度の指針は引き続き力強い」

[2022-06-18][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・FRB政策報告「企業の広範に新規雇用が困難との報告が続いている」「商品市場は一時的にウクライナ戦争によりひっ迫」「労働市場のひっ迫は最近緩やかに緩和」

[2022-06-20][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・FRBは半期ごとに議会に提出する金融政策報告書を公表した。物価安定化の取り組みに「条件はない」と明記し、記録的なインフレの抑制に必要なあらゆる手段を講じる考えを示している。報告書は「力強い労働市場の維持には物価安定を取り戻すのが必要」と強調。高インフレが「生活必需品の価格上昇への対応がもっとも難しい人々にとりわけ著しい困難をもたらしている」としていた。

[2022-06-20][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・FRBのウォラー理事は、経済指標が自身が想定する通りの内容なら、追加の0.75%利上げを7月のFOMCで支持する姿勢を明らかにした。

[2022-06-22][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「インフレは高すぎる」「労働市場は6カ月前より減速しているが、通常よりも強い」「ウクライナ危機などで先行きを予想するのは難しい」

[2022-06-22][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「インフレデータは積極的な利上げへの移行をサポート」「FEDの75bpの利上げを支持」「何も破壊することなく素早く利上げを行う必要がある」「インフレが高く、広範なベースで永続的」

[2022-06-22][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「FRBは2%のインフレ目標達成を公約」「景気後退入りせず需要緩和が可能」

[2022-06-22][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「金融危機が繰り返されるとは思わない」「最近のインフレ動向に対して75ベーシスポイント(bps)の利上げは賢明と言える」「非国際化と移民の減少による労働不足がインフレの逆風になっている」

[2022-06-22][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁インフレが落ち着くかどうかを確認する必要がある」「パンデミックショックはやがて緩和される」「ソフトランディングも可能だが、リセッション入りも起こりうる」

[2022-06-22][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、株価下落いつまで続く、 FRBの政策転換待ちか、S&P500種指数は週間ベースで20年3月以来の大幅な下げ、と伝えた。

[2022-06-22][NP+6.0 HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP -0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「継続的な利上げは適切」「利上げ決定は会合ごとに行う」「FRBはインフレ率2%への回帰に強くコミット」「米経済は非常に力強く、引き締め策への対処可能」

[2022-06-22][NP+6.0 HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「最近のインフレ指標は利上げペースの加速が必要であると示唆」「利上げは資産価格を和らげる」

[2022-06-22][NP+6.4 HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「利上げがリセッションを引き起こす可能性がある」「リセッションを引き起こす必要があるとは思わない」

[2022-06-23][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「ソフトランディング達成は非常に困難」「目標はソフトランディング」

[2022-06-23][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「現在、リセッション(景気後退)の可能性は高まっていない」「成長は減速している」

[2022-06-23][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、大幅利上げにより米経済がリセッション(景気後退)に陥る可能性があることをこれまでで最も明確に認めた。経済のソフトランディング(軟着陸)については「非常に困難」だと述べた。

[2022-06-23][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、米連邦準備制度がインフレ抑制に積極的に取り組む態勢を受けて、米ドルは年初来で7%上昇。各国・地域の中銀当局者は、持続的な物価高騰に歯止めを掛けようと必死なあまり、輸入物価の押し下げにつながる自国・地域の通貨高を現時点では歓迎すると、あからさまとも言えるシグナルを発し始めた。口火を切ったのは欧州中央銀行(ECB)のシュナーベル理事だった。同理事は2月、米ドル高・ユーロ安の進行度合いを示すチャートを掲げて見せた。カナダ銀行のマックレム総裁はその2カ月後、カナダ・ドル安に不満を表明。スイス国立銀行のジョルダン総裁はスイス・フラン高を望む考えを示唆した。

[2022-06-24][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・ボウマンFRB理事「7月FOMC以降の数会合、0.5%利上げが適切に」

[2022-06-24][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・FRBは「検査対象の全ての銀行が今年のストレステスト通過」などと公表した。

[2022-06-24][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、米連邦準備制度理事会(FRB)は23日、ウォール街の大手銀行が市場の混乱に耐える能力を審査する年次ストレステスト(健全性審査)をそろって通過したことを明らかにした。各行はこれを受け、数百億ドルの株主還元を行う見込み。

[2022-06-24][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、FRB議長、真価問われるのは金利上昇局面、と伝えた。

[2022-06-25][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「インフレを抑えることがFEDの最優先事項」「労働市場を停滞させることなく物価を引き下げたい」「調整の経済的コストは中程度になると予想」「FEDは経済を減速させるレベルまで金利を引き上げる必要」「供給の制約が緩和されない場合は、金利をさらに引き上げる必要」

[2022-06-25][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「供給サイドの状況が改善すれば、FEDはより少ない利上げを行う」「FEDは1990年代半ばと同様の経済的成果を達成できるということに楽観的」「GDP成長率は長期トレンドを下回る可能性が高い」「失業率は現在の低水準から上昇する可能性が高い」「利上げの最終目的地はFRBの管理外の要因に依存」「FEDが利上げを行うと経済は減速」

[2022-06-29][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「物価安定回復は雇用最大化達成の基礎」「われわれは明らかに需要を変えることができる」「経済と労働市場は強く、よりソフトなランディングに良い位置」「成長はより持続可能なペースに」

連邦準備制度理事会(FRB)の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース