連邦準備制度理事会(FRB)

連邦準備制度理事会(FRB)のイメージ画像

 2021年6月の期間中の連邦準備制度理事会(FRB)による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2021年6月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2021年6月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-06-01][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・クオールズ米連邦準備理事会(FRB)副議長「インフレに対する見方はここ数カ月変わらず。依然として一時的なもの」「問題はサプライチェーンの混乱がインフレ期待に影響を与えるほど長く続くかどうか」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

連邦準備制度理事会(FRB)による2021年6月 発言・ニュース

[2021-06-01][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・クオールズ米連邦準備理事会(FRB)副議長「インフレに対する見方はここ数カ月変わらず。依然として一時的なもの」「問題はサプライチェーンの混乱がインフレ期待に影響を与えるほど長く続くかどうか」

[2021-06-02][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・米サンフランシスコ連銀報告書「一部指標が示すよりも、労働市場の状況は悪化している」

[2021-06-02][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・米サンフランシスコ連銀は、労働市場が発するシグナルが「前例がないほどに」相互に矛盾するなか、スラック(需給の緩み)の存在を示すシグナルをより重視する必要があるとする報告書を公表した。パンデミック(世界的大流行)であまりにも多くの人が職を失ったため、低水準の労働参加率などのマイナスのシグナルが、プラスのシグナルよりもより良く実態を反映している可能性があるとし、「全般的に、労働市場は一部の指標で示唆された状態より悪いことが示された」としている。

[2021-06-03][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・米地区連銀経済報告「米景気、前回よりやや速いペースで緩やかに拡大」「経済は4月初旬から5月下旬にかけて緩やかに拡大」

[2021-06-03][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・米地区連銀経済報告「物価上昇圧力は前回報告以降、一段と強まった」「経済成長が堅調に推移するとの楽観的な見方」

[2021-06-03][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・米地区連銀経済報告「労働需要は堅調に推移しているが、供給は抑制されている」「賃金の伸びは控えめ」

[2021-06-03][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)の公表後、米10年債利回りは1.59%台で比較的落ち着いた推移。ドル円は109.55円前後の動きが続いている。ベージュブックでは物価圧力が増している点へ言及している部分もあったが、賃金の上昇が落ち着いていることにも触れている。

[2021-06-03][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・米連邦準備理事会(FRB)は2日、社債購入プログラム「セカンダリーマーケット・コーポレート・クレジット・ファシリティ(SMCCF)」の段階的縮小計画を公表。計画では「SMCCFのポートフォリオ売却は段階的で秩序あるものであり、社債市場への悪影響を最小限に抑制する」としている。

[2021-06-03][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・ロイター通信によると、米連邦準備理事会(FRB)は2日、「流通市場企業信用制度(SMCCF)」を通じて購入した社債や社債を投資対象とした上場投資信託(ETF)について、「段階的かつ秩序立って」売却する方針を明らかにした。年内のポートフォリオ解消を目指す。

[2021-06-03][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・日本経済新聞によると、米連邦準備理事会(FRB)が2日発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)は、米経済が4月上旬から5月下旬にかけて一段と上向いたとの判断を示した。新型コロナウイルスのワクチンが普及し景気が回復する一方、サプライチェーン(供給網)の逼迫など企業がコスト増に直面しており、一段の物価上昇圧力に警戒感を示した。

[2021-06-03][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・米連邦準備理事会(FRB)は3日、前日に「流通市場企業信用制度(SMCCF)」を通じて購入した社債や社債を投資対象とした上場投資信託(ETF)について、「段階的かつ秩序立って」売却する方針を明らかにしていたが、売却開始を7日にすると発表した。

[2021-06-04][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・FRBのクラリダ副議長は公表した学術論文で、新型コロナウイルス感染拡大への対応としてFRBが実施した数々の措置は、昨年に米経済が直面した前例のない打撃の緩和の一助となり、今年に入っても景気支援に寄与しているとの見解を示した。

[2021-06-04][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金融政策において気候変動はそこまで重要視していない」

[2021-06-07][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグは、気候変動問題をめぐり、パウエルFRB議長とECBの当局者らのあいだでの認識の相違が浮き彫りとなったと報じている。

[2021-06-08][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・FRBは、大手金融機関を対象に実施している年次ストレステスト(健全性審査)の結果を24日に公表すると明らかにした。FRBはこれまでに、合格行の大部分に自社株買い戻しと配当金支払いが許可されると表明している。

[2021-06-14][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・今週の為替相場で注目されるのは、15-16日に予定される米FRBのFOMCだ。焦点は債券購入(量的緩和)の先行き縮小に関し、議論開始のメッセージがあるか否かとなっている。

[2021-06-15][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、米連邦準備制度は来年の早い時期に債券購入の段階的縮小(テーパリング)を開始し、政策正常化への第一歩を踏み出すだろうと、JPモルガン・チェースのストラテジストらが14日のリポートで予想した。

[2021-06-15][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、米連邦準備制度は来年の早い時期に債券購入の段階的縮小(テーパリング)を開始し、政策正常化への第一歩を踏み出すだろうと、JPモルガン・チェースのストラテジストらが14日のリポートで予想した。

連邦準備制度理事会(FRB)の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース