連邦準備制度理事会(FRB)

連邦準備制度理事会(FRB)のイメージ画像

 2022年1月の期間中の連邦準備制度理事会(FRB)による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2022年1月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2022年1月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-01-03][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・時事通信は、FRBのカミン前国際金融局長がインタビューに応じ、2022年に2期目に入るパウエル議長の課題はインフレ急上昇の抑制だと語ったと報じている。積極的な利上げで対応する必要に迫られれば市場が動揺し、金融安定が損なわれる恐れがあると懸念を示したという。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

連邦準備制度理事会(FRB)による2022年1月 発言・ニュース

[2022-01-03][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・時事通信は、FRBのカミン前国際金融局長がインタビューに応じ、2022年に2期目に入るパウエル議長の課題はインフレ急上昇の抑制だと語ったと報じている。積極的な利上げで対応する必要に迫られれば市場が動揺し、金融安定が損なわれる恐れがあると懸念を示したという。

[2022-01-05][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・NY連銀が発表した新たな指標であるグローバル・サプライ・チェーン・プレッシャー・インデックス(GSCPI)によると、インフレ高進につながっていた世界のサプライチェーンに対する圧力はピークに達した可能性がある。

[2022-01-07][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「労働市場は非常に強いようだ」

[2022-01-07][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「経済はFRBの2つの目標で達成が近い」「バランスシートの縮小は、政策金利が中立となった後」

[2022-01-08][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「長期インフレ期待は安定している」「政策を調整する必要がある時期に来ている」「労働市場は今好調に見える」

[2022-01-08][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「1-2回の利上げののちにバランスシートを縮小」「より速いテーパリング意向を強く支持」「段階的な利上げを優先し、バランスシートの縮小へと迅速に移行」

[2022-01-08][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「経済を失速させる時期尚早な行動には注意」

[2022-01-08][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「インフレは依然として懸念」「我々の経済計画は機能している」

[2022-01-10][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「3月利上げ開始はあり得る」

[2022-01-11][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・米連邦準備理事会(FRB)は10日、クラリダFRB副議長が14日付けで退任すると発表した。

[2022-01-11][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・米NY連銀幹部のローガン氏は、FRBのバランスシート縮小について、債券の毎月の償還額に上限を設けるなど、前回の資産縮小時に採用した手法が今回も役に立つ可能性があるとの見方を示した。

[2022-01-11][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・米リッチモンド連銀のトーマス・バーキン総裁は7日のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)とのインタビューで、連邦準備制度理事会(FRB)のタカ派的な金融政策見通しへの支持を表明した。また量的緩和策終了に伴う利上げに前向きな姿勢を示した。

[2022-01-13][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「全米経済活動は緩慢なペースで拡大」「いくつかの地区で成長見通しはいくらか鈍化」

[2022-01-13][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「いくつかの地区で、物価の上昇率が若干鈍化したとの報告も」

[2022-01-13][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「インフレ率は不快なほど高い」「FRBは利上げを2022年に、早ければ3月と予想」

[2022-01-14][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「2022年の商品とサービスの価格を綿密に追跡」「必要に応じて3月に金利正常化を開始する」

[2022-01-14][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・バーキン・リッチモンド連銀総裁「労働力の参加は停滞しており、それを受け入れる必要がある可能性」「労働力不足は長期化する可能性」

[2022-01-14][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「今年の利上げはFRBの新たな枠組みと一致」「適切な政策なもとでインフレは一時的なものになるだろう」

[2022-01-14][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・ブルームバーグは、ウォラーFRB理事がインタビューで、米インフレ率が2.5%まで下がれば、急速な利上げは必要なくなるとの見方を示したと報じている。また、昨年12月に7%を記録したインフレ率について、年末までには2.5%に低下する可能性が高いとの見方を示したという。

[2022-01-15][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「3-4回の利上げが適切」「バランスシートの縮小はテーパリングが終了し利上げを行ったとき」

[2022-01-15][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・デイリー・サンフランシスコ連銀総裁「FEDは金融政策によって価格を調整する必要がある」「2022年のほとんどを通して価格上昇圧力を受ける可能性」

[2022-01-17][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
・米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締めを織り込んで米金利が上昇し、株価指標面でみた割高感が嫌気されているためだ。ハイテク株への集中投資で有名な米運用会社アーク・インベストメント・マネジメントの旗艦ファンドが過去4番目の大規模な資金流出に見舞われるなど受難が続いている。

連邦準備制度理事会(FRB)の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース