欧州連合(EU)関連の発言・ニュース

欧州連合(EU)の国旗

 欧州連合は、欧州連合条約によって経済的な統合を中心に発展してきた欧州共同体(EC)を基礎にして、経済通貨統合を進めるとともに、共通外交・安全保障政策、警察・刑事司法協力等のより幅広い協力も進展している政治・経済統合体の事です。

 その欧州連合参加国によって使用されている通貨ユーロは第二基軸通貨として考えられており、アメリカドルに次ぐ主要通貨とされています。

 欧州連合(EU)関連のニュースは複数の関係者によるものとなるため、HDP・RHDPは目安となります。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -2.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-10-26][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EUの欧州疾病予防管理センター(ECDC)は、新型コロナウイルス感染の最新のリスク分析を発表し、EU27ヵ国のうち23ヵ国と英国を3段階中でもっとも高い「深刻な懸念」に分類した。また、アモン所長は声明で「感染の増加が続くことは公衆衛生への大きな脅威となる」と指摘している。
・英紙テレグラフは、週末も繰り返し行われたEUのバルニエ首席交渉官と、英国のフロストEU担当交渉官の協議は28日まで延長されると報じている。
・EUのボレル外交安全保障上級代表は、ポンペオ米国務長官と電話会談し、米欧とのあいだで摩擦が強まっている中国への対応などを協議した。双方はこの会談を、中国をめぐる新たな米EU対話の開始と位置付け、成果を強調する声明を発表している。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

欧州連合(EU)関連 最近の発言・ニュース

[2020-10-26][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EUの欧州疾病予防管理センター(ECDC)は、新型コロナウイルス感染の最新のリスク分析を発表し、EU27ヵ国のうち23ヵ国と英国を3段階中でもっとも高い「深刻な懸念」に分類した。また、アモン所長は声明で「感染の増加が続くことは公衆衛生への大きな脅威となる」と指摘している。
・英紙テレグラフは、週末も繰り返し行われたEUのバルニエ首席交渉官と、英国のフロストEU担当交渉官の協議は28日まで延長されると報じている。
・EUのボレル外交安全保障上級代表は、ポンペオ米国務長官と電話会談し、米欧とのあいだで摩擦が強まっている中国への対応などを協議した。双方はこの会談を、中国をめぐる新たな米EU対話の開始と位置付け、成果を強調する声明を発表している。

[2020-10-23][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ベルギーの地元メディアは、新型コロナウイルスへの感染が判明していた同国のウィルメス外相が21日夜からブリュッセルの病院に入院し、集中治療を受けていることが分かったと報じている。
・EUは、ドイツのメルケル首相の電子メールを含む同国連邦議会(下院)のコンピューターシステムが標的にされた2015年のサイバー攻撃などをめぐり、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)の特定部署が事件に関与したとして、同部署とGRUトップ、イーゴリ・コスチュコフ氏ら2個人にEU渡航禁止と資産凍結の制裁を科した。なお、英国も同様の制裁を行うと発表している。

[2020-10-22][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・「バルニエ欧州連合(EU)首席交渉官は交渉のため、早ければ明日にも訪英する」ようだ。
・EU離脱にともなう交渉を担う英国のフロスト首席交渉官は、EUのバルニエ首席交渉官と電話会談したと指摘したうえで、通商交渉を22日から再開、集中的な協議を毎日行うとツイッターに投稿している。
・EU首脳が、域内で感染が急拡大する新型コロナウイルスへの対応をめぐって、来週29日にテレビ会議を開催する予定だと報じている。また、会議に先立ち28日には欧州委員会がコロナ検査や接触者の追跡、隔離期間など関して新たな方針を発表する見通しだという。

[2020-10-21][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ミシェル欧州理事会常任議長(EU大統領)「英国はBrexitで大きな決断を迫られている」「我々はBrexit協定を望んでいるが、どんな犠牲を払ってでもではない」
・ミシェル欧州理事会常任議長(EU大統領)「平等な競争場が重要であり、それは公正な競争の問題である」「英国の主権を尊重」「我々はノーディールの結果にも備えている」
・バルニエ英EU離脱・欧州委員会首席交渉官「EUは英国と合意を望んでいることを委員会は協調」「ブレグジットに対するEUのスタンスは変わらないだろう」
・バルニエ英EU離脱・欧州委員会首席交渉官「最終日まで我々は合意を見出し続ける」「英国との合意はすぐ近く」
・バルニエEU交渉官「我々は最後の日まで妥協点を求めて行く」「合意は手に届くところまで来ている」
・欧州連合(EU)のバルニエ首席交渉官は21日、英国との通商協定について、双方が懸命に努力し数日以内に対立を克服すれば実現可能との認識を示した。 「双方が建設的に取り組み、譲歩し、法的文書に基づいて進展させ、数日中に相違点を解消できれば、合意は手の届くところにある」と述べた。「時間が最も重要だ。英国の交渉担当者と共に最も難しい分野で解決策を見つける必要がある」と指摘した。
・シェフチョビッチ欧州委員会副委員長「漁業に関する公正な取引なしでは、貿易に関する公正な取引はない」「EUはさらなる協議に向けて姿勢を変えない」「前回の合意がしっかりと尊重されない限り、新たな合意はない」

[2020-10-20][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EU離脱にともなう交渉を担う英国のフロスト首席交渉官は、自身のツイッターで、EUのバルニエ首席交渉官と建設的な話し合いを行ったと投稿したうえで、「通商交渉に対するEU側の姿勢に根本的な変化がなければ、英国は協議を再開する意味がないと考えている」とし、交渉再開をめぐる楽観論に冷や水を浴びせている。
・欧州連合(EU)は、新型コロナウイルス支援措置の一つの失業リスク緩和緊急支援(SURE)の財源調達に向けた、第1弾の債券発行手続きを開始した。ロイターが入手した主幹事のメモによると、EUは期間10年と20年の社会貢献債を発行する。
・欧州連合(EU)は、新型コロナウイルス支援措置の一つの失業リスク緩和緊急支援(SURE)の財源調達に向けた、第1弾の債券発行手続きを開始した。ロイターが入手した主幹事のメモによると、EUは期間10年と20年の社会貢献債を発行する。当初の需要は10年債が950億ユーロ超、20年債が550億ユーロ超となっている。
・バルニエ欧州連合(EU)離脱首席交渉官とフロスト英・EU担当交渉官が本日中に次のステップに向けて協議を行うとEU関係者の話として伝わった。
・欧州連合(EU)が初めて発行するソーシャルボンドに対し、2330億ユーロ(約29兆円)余りの注文が集まった。事情に詳しい関係者が明らかにした。ソーシャルボンドは社会的な課題解決に資するプロジェクト・事業のための資金調達手段。事情に詳しい関係者によると、EUは銀行団を介して10年債を100億ユーロ、20年債を70億ユーロ相当発行する見通し。10年債だけで1450億ユーロの注文があり、同年限の債券としては域内で過去最大の需要。
・バルニエEU首席交渉官「英国との協議に対する我々の扉は開かれたままだ」

[2020-10-19][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・オーストリー外務省報道官は、シャレンベルク外相が新型コロナウイルス検査で陽性と判定されたと明らかにした。12日にルクセンブルクで開かれたEU外相理事会で感染した疑いがあるという。
・EU首脳会議は、トルコに対し「新たな一方的で挑発的な行動は遺憾だ」と非難し、緊張緩和に取り組むよう求めた声明を発表した。ギリシャと管轄権を主張し合う東地中海の海域にトルコが資源開発のための探査船を今週再び派遣したことを踏まえたものになる。

[2020-10-16][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・欧州連合(EU)首脳は15日、英国との通商合意を巡る交渉について「向こう数週間」継続するように求め、合意に向けて必要な動きを取るように要請した。また、バルニエ首席交渉官に対しては英国との通商合意を巡る交渉を継続するよう要請した。
・バルニエ英EU離脱・欧州委員会首席交渉官「我々は合意のためにできる限りのことをするが、何が何でもというわけではない」「集中的な話し合いを今後数週間を続ける」
・バルニエ英EU離脱・欧州委員会首席交渉官「英国がEU市場へのアクセスを希望する場合、公平な競争の場に同意する必要がある」
・バルニエ英EU離脱・欧州委員会首席交渉官「合意する見通しはある」「明日から私は英国と話し、週末にロンドンで交渉する」「まだ多くの作業を行う必要がある」
・ミシェル欧州理事会常任議長(EU大統領)「合意に向けて断固たる決意で一致している」「交渉が進展していないことを懸念」
・ミシェル欧州理事会常任議長(EU大統領)「私たちは英国に必要な行動をとるよう要請」「離脱協定は完全に履行されなければならない」
・EUは首脳会議を開いた。2日間の日程で、初日は英国との自由貿易協定(FTA)締結交渉をめぐって対応を議論したという。十分な進展が見られないことへの「懸念」を声明で示したうえで、合意を目指して今後数週間、交渉を続ける方針で一致し、英国に対しては譲歩を呼び掛けた。
・ロート独欧州担当相「我々は英国との通商合意を望んでいるが、譲歩はしない」
・欧州で9月以降、新型コロナウイルス感染の「第2波」が急拡大の様相だ。クルーガ世界保健機関(WHO)欧州地域事務局長は15日、懸念を示す一方、最初に感染が急拡大した3~4月に比べると死者数は5分の1ほどに抑えられ「状況は全く異なる」として、冷静な対応を呼び掛けた。
・EU当局者の話として「EUと英国の交渉担当者が16日に協議する見通し」と報じた。
・フォンデアライエン欧州委員長「EUは英国との交渉を集中して行う」
・フォンデアライエン欧州委員長「EUは集中協議のためチームをロンドンに派遣」
・ミシェル欧州理事会常任議長(EU大統領)「英離脱協定は、合意決定のためには統合的であることが必要」「話し合いを続ける準備はできている」「合意撤回も統合的あることが必要」

[2020-10-15][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・デコス・スペイン中銀総裁「スペインの成長の勢いはこのところ減速している」
・フォンデアライエン欧州委員長「ブレグジットの前に行わなければならないことがたくさんある」
・フロスト英・欧州連合(EU)担当交渉官はジョンソン英首相に対して、「安全保障や漁業面で今後2週間での取り決めは可能であるため、今回のEU首脳会議で協議打ち切りを決めないでほしい」と懇願したという。
・欧州連合(EU)首脳は、バルニエ離脱主席交渉官へ次週も交渉を継続し、英国と貿易協定の合意について必要な行動を促すように求める見込み。首脳会談の結論に関する草稿で内容が明らかになったもよう。一部通信社が伝えている
・欧州連合(EU)首脳はバルニエ首席交渉官に対し、英国との通商合意を巡る交渉について、「向こう数週間」継続することを認める方針だ。EU首脳会議の決定草案をロイターが15日に確認した。
・ルッテ・オランダ首相「英EU交渉の打開は依然可能だが英国の変化が必要」との見解を示した。
・ルッテ・オランダ首相「英首相が約束を果たすことを期待」
・ミシェル欧州理事会常任議長(EU大統領)「英国との交渉継続に備える」「合意を望む」
・フォンデアライエン欧州委員長のスタッフが新型コロナウィルスで陽性だったと判明したことで、欧州委員長は本日行われているEU首脳会議から離れると発表された。なお欧州委員長は直近の検査では陰性だったとされている。
・フォンデアライエン欧州委員長は15日、スタッフメンバーが新型コロナ陽性となったため、EUサミットを退出した。

[2020-10-14][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・欧州連合(EU)は13日、ルクセンブルクで開いた総務理事会でEUを離脱した英国との自由貿易協定(FTA)など将来関係を巡る交渉について討議した。合意するには英側の歩み寄りが必要との認識で一致。英首相官邸によると、ジョンソン英首相とフォンデアライエン欧州委員長は14日に電話協議し、打開策を探るもようだ。
・フローデン・リクスバンク(スウェーデン中銀)副総裁「金利は下限に近い」「中銀にはまだ手段があり、さらに行動できる」
・欧州連合(EU)首脳会議草稿「離脱関連交渉者に2021年1月1日に発効する合意のための話し合いへの注力を要請」「木曜から金曜の首脳会談における貿易協定合意のための英国との話し合いの進展は不十分」
・欧州連合(EU)首脳会議草稿「(英国内市場法について)離脱協定は完全に時宜を得て実行されなければならない」「EU首脳は『合意なし』の準備を用意へ」
・欧州連合(EU)首脳は、15─16日にブリュッセルで開く会議で、英国のEU離脱に伴う通商交渉について、進展が「依然として十分ではない」との見解を示す見通しだ。ロイターが入手した草案で分かった。
・英国は欧州連合(EU)との通商協議をすぐに打ち切りにはしないことを示唆する。

[2020-10-13][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EUは、外相理事会を開催し、ベラルーシのルカシェンコ大統領とほかの高官に制裁を課すことで合意した。8月の大統領選をめぐるデモへの治安当局の暴力が悪化しているという。
・EUは外相理事会を開き、ロシア反体制派ナワリヌイ氏が8月に同国内で猛毒の神経剤で襲われたとみられる事件をめぐり、対ロシア追加制裁の是非を協議した。フランスとドイツの提案を受け、事件に関与した人物らに対する資産凍結などの制裁を科すことで合意している。
・バルニエ欧州連合(EU)首席交渉官が現時点での英国との通商交渉状況について本日にもEU閣僚に説明を行うと一部通信社から伝わった。
・バルニエ欧州連合(EU)首席交渉官がEU閣僚に対してこれまでのところ、ブレグジット交渉は十分ではないと語ったと一部通信社が伝えた。
・バルニエ欧州連合(EU)離脱首席交渉官「15日のサミットを前にEUの結束が確認できた」「今後数日と数週間の間に公正な取引を行うよう努力を続ける」
・バルニエEU首席交渉官「最終的な詰めに入れるほど、十分な進展がなかった」「EUは英国との公平な合意に向け作業は継続」

(最終更新日時 2020-10-27 16:15)

欧州連合(EU)関連の発言・ニュース バックナンバー

欧州連合(EU)関連 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース