欧州連合(EU)関連の発言・ニュース

欧州連合(EU)の国旗

 欧州連合は、欧州連合条約によって経済的な統合を中心に発展してきた欧州共同体(EC)を基礎にして、経済通貨統合を進めるとともに、共通外交・安全保障政策、警察・刑事司法協力等のより幅広い協力も進展している政治・経済統合体の事です。

 その欧州連合参加国によって使用されている通貨ユーロは第二基軸通貨として考えられており、アメリカドルに次ぐ主要通貨とされています。

 欧州連合(EU)関連のニュースは複数の関係者によるものとなるため、HDP・RHDPは目安となります。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -2.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-01-20][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EUのホーガン欧州委員(通商担当)は、訪問先のワシントンで行った米政府高官らとの協議について、米EUの通商関係をリセットするのに「良いスタート」を切ったとの見方を示した。ただ、多くの課題が残されているという。
・EUのシャピュイ駐中国大使は記者会見で、6年にわたって行っている中国との投資協定に関する交渉について、進展しており「重要な局面」に入っていると指摘した。
・イタリア中銀は、2019年の財政赤字の対GDP比が政府公式目標の2.2%を下回り、10年超ぶりの低水準になる見込みと発表した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

欧州連合(EU)関連 最近の発言・ニュース

[2020-01-20][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EUのホーガン欧州委員(通商担当)は、訪問先のワシントンで行った米政府高官らとの協議について、米EUの通商関係をリセットするのに「良いスタート」を切ったとの見方を示した。ただ、多くの課題が残されているという。
・EUのシャピュイ駐中国大使は記者会見で、6年にわたって行っている中国との投資協定に関する交渉について、進展しており「重要な局面」に入っていると指摘した。
・イタリア中銀は、2019年の財政赤字の対GDP比が政府公式目標の2.2%を下回り、10年超ぶりの低水準になる見込みと発表した。

[2020-01-17][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ホーガン欧州委委員「EUは米国との交渉通じた合意望む」「米国とEUはデジタル課税巡り依然協議」「USTR代表と非常に有益な協議」「米国の自動車関税の話は協議で出なかった」
・EUのホーガン欧州委員(通商担当)は、米中が署名した「第1段階」の通商合意について、国際ルールに準拠しているかどうか内容を精査する考えを示した。
・欧州連合(EU)のニコラス ・シャピュイ駐中国大使は17日、6年にわたって行っている中国との投資協定に関する交渉について、進展しており「重要な局面」に入っていると、北京での記者会見で強調した。シャピュイ大使は、交渉は「月ごとに」前進していると語った。

[2020-01-17][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ホーガン欧州委委員「EUは米国との交渉通じた合意望む」「米国とEUはデジタル課税巡り依然協議」「USTR代表と非常に有益な協議」「米国の自動車関税の話は協議で出なかった」
・EUのホーガン欧州委員(通商担当)は、米中が署名した「第1段階」の通商合意について、国際ルールに準拠しているかどうか内容を精査する考えを示した。
・欧州連合(EU)のニコラス ・シャピュイ駐中国大使は17日、6年にわたって行っている中国との投資協定に関する交渉について、進展しており「重要な局面」に入っていると、北京での記者会見で強調した。シャピュイ大使は、交渉は「月ごとに」前進していると語った。

[2020-01-16][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EUの執行機関である欧州委員会は、ポルトガルの2020年予算案について、構造赤字削減に向けた進展が十分でないためEU財政規律に違反するリスクがあるとの見解を示した。
・ホーガン欧州連合(EU)議員(通商担当)「EUと英国の交渉を優先する」「年末までに英国との交渉がすべて終わるとは思えない」
・ホーガン欧州連合(EU)議員(通商担当)「トランプ米大統領はまだ関税を考えている」「トランプ米大統領は短期的(今から選挙までの間)考慮するようだ」
・ホーガン欧州連合(EU)議員(通商担当)「我々はとても開かれているが、中国は開放されていない」

[2020-01-10][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EUの議長国を務めるクロアチアのプレンコビッチ首相は、EUが英国とのEU離脱をめぐる交渉について来週にも取り組み始める用意があると述べた。

[2020-01-09][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・欧州委員会のフォンデアライエン委員長は、欧州連合(EU)と英国が将来的な関係を巡り年末までに全ての課題について交渉するのは「基本的に不可能」と述べた。
・欧州連合(EU)のバルニエ首席交渉官は9日、英国のEU離脱について、1月末の離脱後に始まる11カ月の移行期間中にEUと英国の将来の関係について包括的な合意を成立させるのは難しいとの認識を示した。バルニエ氏はストックホルムで演説し「1年未満でこの新しい関係のすべての側面で合意できるとは思えない」と発言。

[2020-01-08][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・オランダ中央銀行のクノット総裁は8日、今年末の「ハードブレグジット(英国のEU強硬離脱)」の可能性は依然として残っており、英国が合意なしでEUを離脱する場合と同程度の打撃を通商面で受ける可能性があると述べた。英国は1月31日にEUを離脱する予定。英国とEUはその後、今年末まで新たな通商関係を巡って協議するが、協議の複雑さに比べて期間が短いとの指摘が出ている。

[2020-01-07][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・フォンデアライエン欧州委員長「イランが核合意に戻ることが重要であり、イランの国益にもなると説得を続ける」「EUは、イランがウラン濃縮活動を無制限に進めることに対し強く懸念している」
・EU外相が10日にも緊急会合を開き、イラン核合意維持に向け協議すると、外交筋2人が明らかにしたと報じている。
・EUのフォンデアライエン欧州委員長は、中東情勢の緊迫化を受けて声明を出し、イランが核合意のウラン濃縮制限を順守しないと宣言したことに対し「深く憂慮している」と懸念を示した。イランに合意順守を訴え、「それが自らの利益にもなるとイランを説得しなければならない」とも強調している。

[2020-01-06][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・「仏独英、イランに暴力的な行為を自制するよう求める」と報じた。

[2019-12-30][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・欧州委員会のフォンデアライエン委員長が、次世代通信規格「5G」に関し、中国ファーウェイの製品採用に疑念を示したと報じている。「情報漏えいの恐れがあるなら認められない」と述べたという。

(最終更新日時 2020-01-21 20:39)

欧州連合(EU)関連の発言・ニュース バックナンバー

欧州連合(EU)関連 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース