欧州連合(EU)関連の発言・ニュース

欧州連合(EU)の国旗

 欧州連合は、欧州連合条約によって経済的な統合を中心に発展してきた欧州共同体(EC)を基礎にして、経済通貨統合を進めるとともに、共通外交・安全保障政策、警察・刑事司法協力等のより幅広い協力も進展している政治・経済統合体の事です。

 その欧州連合参加国によって使用されている通貨ユーロは第二基軸通貨として考えられており、アメリカドルに次ぐ主要通貨とされています。

 欧州連合(EU)関連のニュースは複数の関係者によるものとなるため、HDP・RHDPは目安となります。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -2.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-07-11][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EUの次期欧州委員長候補であるドイツのフォンデアライエン国防相は、欧州議会会派との会合で、英国のEU離脱に関し「もし英国がもっと時間が必要なら、延期は正しい考えだろう」と語り、「合意なき離脱」を回避するため、10月末に迎える離脱期限を再々延期することもあり得るとの認識を示した。
・欧州連合(EU)の次期欧州委員長候補であるドイツのフォンデアライエン国防相は10日、欧州議会会派との会合で、英国のEU離脱に関し「もし英国がもっと時間が必要なら、延期は正しい考えだろう」と語り、「合意なき離脱」を回避するため、10月末に迎える離脱期限を再々延期することもあり得るとの認識を示した。ただ、現在の離脱合意案については、別会派との会合で「良い合意だ」と指摘。従来のEUの方針通り、再交渉には否定的な考えを示唆した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

欧州連合(EU)関連 最近の発言・ニュース

[2019-07-11][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EUの次期欧州委員長候補であるドイツのフォンデアライエン国防相は、欧州議会会派との会合で、英国のEU離脱に関し「もし英国がもっと時間が必要なら、延期は正しい考えだろう」と語り、「合意なき離脱」を回避するため、10月末に迎える離脱期限を再々延期することもあり得るとの認識を示した。
・欧州連合(EU)の次期欧州委員長候補であるドイツのフォンデアライエン国防相は10日、欧州議会会派との会合で、英国のEU離脱に関し「もし英国がもっと時間が必要なら、延期は正しい考えだろう」と語り、「合意なき離脱」を回避するため、10月末に迎える離脱期限を再々延期することもあり得るとの認識を示した。ただ、現在の離脱合意案については、別会派との会合で「良い合意だ」と指摘。従来のEUの方針通り、再交渉には否定的な考えを示唆した。

[2019-07-10][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・欧州委員会「19年ユーロ圏GDP見通し+1.2%(前回から横ばい)、20年見通しは+1.4%(前回+1.5%から下方修正)」「19年、20年のユーロ圏CPI見通しは+1.3%(前回+1.4%から下方修正」「不透明な米通商政策がEU経済にとって大きなリスク」
・フォンデアライエン次期欧州委員長「英国がEUに留まることを依然として望んでいる」「EU資本市場の統合がとても重要」「西バルカン諸国のEU加盟への可能性は残すべき」

[2019-07-09][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EUの執行機関である欧州委員会のドムブロフスキス副委員長は、欧州委はすべてのEU加盟国の経済は今年と来年は成長すると予想しているとしながらも、リスクは増大しているとの認識を示した。

[2019-07-05][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・イベリア半島南端の英領ジブラルタルの自治政府は、EUの制裁に違反してシリアへ原油を輸送していた疑いのある大型タンカーを拿捕したと発表した。拿捕されたのはイランの石油タンカーとみられ、イラン外務省は、イラン駐在の英大使を呼び「拿捕は違法だ」と抗議したという。
・紛糾した欧州連合(EU)欧州委員長の人事は、ダークホースのドイツのフォンデアライエン国防相を充てる案で各首脳が妥協した。ただ、独連立与党の一角を占める中道左派・社民党内では、メルケル首相の独断専行だとの怒りが噴出し、政権の亀裂が拡大。正式決定に必要な欧州議会の採決に向け、大きな不安要因となりそうだ。社民党は人事が決定した2日、「欧州議会選に出なかった人物」の就任は受け入れられないと即座に反対を表明した。

[2019-07-04][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・欧州連合(EU)の主要人事が、3日連続の異例の「マラソン協議」の末に決着した。「EUの盟主」ドイツとフランスの両国は一時対立を深めたものの、他国に理解を得やすい女性候補で重要ポストを分け合ってEUの亀裂拡大をひとまず回避した。ただ、加盟国や党派の勢力分散で合意形成の難易度は高まっており、政策停滞への不安を残した。

[2019-07-03][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EU首脳は、次期欧州委員長にフォンデアライエン独国防相を指名した。また、次期ECB総裁にはラガルドIMF専務理事が指名されたとも伝えられている。
・EUは、ブリュッセルで開いた臨時の首脳会議で今秋に任期切れする主要ポストの人選を協議し、ユンケル欧州委員長の後任にドイツのフォンデアライエン国防相を指名した。ECB総裁にはフランス出身のラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事を充てる。いずれも女性初のトップとなる。

[2019-07-02][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・欧州議会報道官が、EU首脳が2日中に次期欧州委員長の人選で合意できなくても欧州議会は3日に議長を選出することを明らかにしたと報じている。
・EUは、ブリュッセルで臨時首脳会議を開き、2019年秋に任期を終えるユンケル欧州委員長、トゥスクEU大統領らの後任人事を討議した。ドイツのメルケル首相は会議前、決着に向け「それぞれが動くべきだ」と述べ、妥協を呼びかけている。

[2019-06-25][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EUの執行機関である欧州委員会が、イタリアがEUの是正措置に沿って財政政策の変更を行う期限を今年10月ではなく、来年1月に設定する可能性があることが、前週21日に公表された欧州委の会合の議事要旨で明らかになったと報じている。

[2019-06-24][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EUは、ブリュッセルで首脳会議を開き、2日間の日程を終えた。英国のEU離脱をめぐっては、辞任するメイ英首相の後任を選ぶ与党・保守党党首選の動向も踏まえて対応を協議。英政府と既に合意した離脱協定案については、「再交渉に応じない」との方針で改めて一致したという。

[2019-06-19][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・欧州連合(EU)の欧州委員会でユーロ問題を担当するドムブロフスキス副委員長は日本経済新聞とのインタビューで、EUが財政ルールに基づく制裁手続きに入る前にイタリアから「(財政政策の)必要な修正案が出てくると期待している」と述べ、同国に歩み寄りを促した。十分な対応がとられなければ制裁に向けた「手続きに入ることになる」と警告した。

(最終更新日時 2019-07-12 21:17)

欧州連合(EU)関連の発言・ニュース バックナンバー

欧州連合(EU)関連 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース