欧州連合(EU)

欧州連合(EU)のイメージ画像

 2018年12月の期間中の欧州連合(EU)による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年12月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年12月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-12-03][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・EU側が「合意なき離脱」回避のため、来年3月29日の離脱を約3ヵ月延長する案を準備している、と報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

欧州連合(EU)による2018年12月 発言・ニュース

[2018-12-03][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・EU側が「合意なき離脱」回避のため、来年3月29日の離脱を約3ヵ月延長する案を準備している、と報じている。

[2018-12-04][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・欧州司法裁判所法務官「英国には欧州連合(EU)離脱の決定を一方的に撤回できる権利がある」

[2018-12-04][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・ユーロ圏財務相は、イタリアの2019年予算案がEUのルールに違反しているとし、イタリア政府が予算案を修正すべきとする欧州委員会の見解に同意するとした声明を発表した。

[2018-12-05][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・EU離脱協定案の英議会通過の見通しが立たないなかでポンドに売りが集まり、対ドルでは1.2666ドルまで下値を広げ、8月15日の安値1.2662ドルに迫った。米株安が円買いを強めて、ポンド円も10月後半以来の143円割れ、142.92円までポンドが売り込まれている。

[2018-12-05][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・欧州委員会の金融サービス担当の事務局長が、通貨ユーロの国際準備通貨としての影響力を拡大する計画をまとめたと報じている。

[2018-12-05][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・エッティンガー欧州委員(人事・財政担当)「本日、イタリア政府が修正予算案を提出することを望む」「イタリアの修正予算案は、欧州連合(EU)の財政規律に適合したものでなければならない。修正予算案が財政規律に違反したものであれば、受け付けることはできない」

[2018-12-05][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・EU離脱協定を巡る審議が英議会で続く中でポンドは再び頭を抑えられ、対ドルでは1.27ドル後半から一時1.2730ドル台まで弱含み。ポンド円は144.40円台から144円付近まで売り戻された。議会では現在、ハモンド英財務相が現状のEU離脱協定案への支持を表明している。23時26分時点、ポンドドルは1.2747ドル付近、ポンド円が144.13円前後で推移。

[2018-12-06][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・EU加盟国は、外国からの域内への投資の審査の厳格化で合意した。中国は名指しされていないものの、厳格化を支持していた国がこれまでに申し立てていた国有企業による投資や技術移転をめぐる苦情では、対象が中国であることが明確に示唆されている。

[2018-12-06][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・欧州司法裁判所「ブレグジット(英国の欧州連合からの離脱)に関するリスボン条約第50条の解釈を、12月10日に発表する」

[2018-12-07][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・EUの最高裁にあたるEU司法裁判所、ほかの加盟国の同意がなくても英国が一方的にEU離脱を撤回できるかどうかの判断を欧州時間の10日午前、正式に示すと明らかにした。同裁判所の法務官は4日「EU離脱の通知の一方的な撤回が英国に認められる」との見解を暫定的に示している。

[2018-12-07][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・欧州連合(EU)の執行機関、欧州委員会のアンシプ副委員長(デジタル単一市場)は7日の記者会見で、通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)など中国のハイテク企業について、EUの産業や安全保障にリスクをもたらすとして、EUは懸念すべきと述べた。

[2018-12-10][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・欧州メディアは、ベルギーで、隣国フランスの「黄色いベスト」運動に感化されたデモがあり、約1000人が参加したと報じている。そのうえで、警官隊と小競り合いになるなどし、約400人が拘束されたという。

[2018-12-10][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・EUとの離脱合意案をめぐり11日に予定される下院採決を、メイ英首相が延期する可能性がある、と報じている。メイ氏が採決前に、下院が支持できるような何らかの条件をEUから引き出そうと試みるとしている。

[2018-12-10][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・センテノ・ユーログループ議長「イタリアは、特別扱いしないで他の国と同様に対応されるべき」「イタリア政府が、2019年予算案を修正することを望んでいる」

[2018-12-10][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・EU司法裁判所は、英国はEU離脱を一方的に取り消すことが可能という判断を示した。

[2018-12-10][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・欧州司法裁判所「英国は欧州連合(EU)離脱を一方的に取り消すことが可能」

[2018-12-10][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・欧州司法裁判所が「英国は欧州連合(EU)離脱を一方的に取り消すことが可能」との解釈を発表すると、1.2720ドル台で推移していたポンドドルは1.2760ドルまで上昇、ポンド円が143.30円台から143.71円まで買われた。しかし直ぐにまた売りに押され、17時16分時点ではポンドドルが1.2730ドル付近、ポンド円は143.40円前後で推移している。

[2018-12-10][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・欧州委員会「ブレグジットの再交渉はしない」

[2018-12-11][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・EUの執行機関である欧州委員会の報道官は、英国のメイ首相と合意した離脱合意について、欧州委は再交渉は行わないとの立場を示した。

[2018-12-11][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・「EU離脱、英金融界はクリスマス前に時間切れも」と報じた。

[2018-12-11][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・サムエルセン・デンマーク外相「EUは離脱協定案について英とは再交渉しない」

[2018-12-11][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・欧州司法裁判所は、ECBの公的部門証券買い入れ(PSPP)プログラムについて、EU法に違反しないとの判断を示した。PSPPをめぐっては、ドイツのユーロ懐疑派の団体が訴訟を起こしていた。

[2018-12-12][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
・クルツ・オーストリア首相「ブレグジット交渉は再交渉できない」

欧州連合(EU)の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース