欧州連合(EU)

欧州連合(EU)のイメージ画像

 2022年11月の期間中の欧州連合(EU)による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2022年11月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2022年11月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-11-01][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・欧州委員会のブルトン委員(域内市場担当)は、欧州の政府・企業は中国が競合相手であることを認識し、同国からの投資を承認する際には甘い考えを持つべきではないと述べた。週内に首相の中国訪問を控えるドイツを念頭に置いた発言とみられる。ドイツのショルツ首相は11月4日に訪中する予定だ。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

欧州連合(EU)による2022年11月 発言・ニュース

[2022-11-01][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・欧州委員会のブルトン委員(域内市場担当)は、欧州の政府・企業は中国が競合相手であることを認識し、同国からの投資を承認する際には甘い考えを持つべきではないと述べた。週内に首相の中国訪問を控えるドイツを念頭に置いた発言とみられる。ドイツのショルツ首相は11月4日に訪中する予定だ。

[2022-11-01][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EUの行政執行機関、欧州委員会のシムソン委員(エネルギー担当)は、訪問先のキーウで、数週間に及ぶロシアの攻撃で被害を受けたウクライナのエネルギー部門への支援拡大の方法を検討していると明らかにした。

[2022-11-01][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EUの議長国を務めるチェコのフィアラ首相は、ロシアのウクライナ侵攻におけるベラルーシの役割をめぐり、EUとして同国に対する追加制裁を検討していると明らかにした。

[2022-11-02][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイターは、ギリシャ政府が短・長期国債を2023年に新たに発行し、最大80億ユーロを調達することを計画していることが分かったと報じている。政府当局者2人が明らかにしたという。

[2022-11-04][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EU外相に当たるボレル外交安全保障上級代表は、ウクライナによる冬季のロシアへの反攻継続に向け、世界のパートナー各国は引き続きウクライナを支援する必要があると述べた。

[2022-11-07][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・時事通信は、エストニアのレインサル外相が、首都タリンで単独会見し、ロシアによるウクライナの民間施設に対する攻撃激化について「国際社会の対応が十分でない証拠だ」と述べ、対露圧力の強化を訴えたと報じている。ロシア批判を避ける中国に関しては「国連安保理常任理事国の責任を果たしていない」と非難。各国が足並みをそろえ、中国に強い姿勢で臨むよう呼び掛けている。

[2022-11-07][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・日本経済新聞によると、欧州の電力供給を下支えしてきたフランスの原子力発電所の発電量が急減している。仏電力公社EDFによると、2022年の発電量はここ30年で最低に落ち込む見通し。不具合や従業員のストライキで原子炉の半分が運転停止している。フィンランドでも新原子炉の稼働が遅れている。本格的な冬の到来が近づき、欧州は綱渡りの電力供給を強いられている。

[2022-11-08][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・欧州委員会のジェンティローニ委員(経済担当)は、エネルギー危機と高インフレに見舞われているEUが、向こう数ヵ月はマイナス成長となる見通しだと述べた。

[2022-11-09][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイターは、イタリア政府が、防空システムを含むウクライナ向けの新たな軍事支援を検討していることが分かったと報じている。メローニ新連立政権の幹部が明らかにしたという。

[2022-11-09][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、ドイツ政府経済諮問委員会(5賢人委員会)が来年のドイツ経済は政府の現時点での予測ほど深刻なリセッション(景気後退)には陥らないとの見通しを示すことが8日、関係筋の話で分かった。

[2022-11-09][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・欧州委員会は、米マイクロソフトによるゲーム大手、英アクティビジョン・ブリザード買収計画について、競争法(独占禁止法)に基づく本格的な調査の開始を発表した。

[2022-11-10][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・欧州委員会は、ウクライナに対して2023年に最大180億ユーロの融資を行うための具体案を発表した。ロシアによる侵攻が長期化していることを踏まえた対応。加盟国と欧州議会が承認すれば、23年1月にも支援を開始する。

[2022-11-11][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイターは、EUの行政執行機関である欧州委員会が、ガス価格の高騰を緩和するための「補正メカニズム」をめぐり、EU加盟27ヵ国に対し11日に提案することが関係筋の話で分かったと報じている。ただ、多くの加盟国が求めていた確固たる上限価格設定にはならないという。

[2022-11-14][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・フォンデアライエン欧州委員長「年末までに原油価格の上限を設定する予定」

[2022-11-14][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・欧州経済についてはEUの欧州委員会が11日、最新予測でユーロ圏の来年の成長見通しを下方修正し、ほぼ停滞すると予想した。欧州では冬季に向けた根強い資源エネルギー危機や物価上昇のリスクなどが残り、ユーロの戻り売り要因となりやすい。

[2022-11-15][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EU外相に当たるボレル外交安全保障上級代表は、EU、およびEU加盟国がこれまでにウクライナに提供した兵器と軍事装備の合計は少なくとも80億ユーロに達したと明らかにした。

[2022-11-15][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EUのボレル外交安全保障上級代表(外相)は、外相理事会後の記者会見で、イランがロシアに弾道ミサイルを供与しているとの疑惑について「いまのところ証拠がない」との認識を示した。ただ、ドローン供与には改めて懸念を表明。「必要であれば、さらなる措置を講じる」と述べている。

[2022-11-15][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EUはブリュッセルで開いた外相理事会で、イランのバヒディ内相ら29人と3団体に制裁を科すことで合意した。イランで女性の頭髪を隠すためのスカーフ着用をめぐって拡大したデモの弾圧にかかわっていると判断している。

[2022-11-15][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EUのミシェル大統領は、革新的な技術分野などで中国に依存し過ぎないようEUは同国との関係を「再調整」する必要があるとの認識を示した。

[2022-11-16][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ウクライナのゼレンスキー大統領はビデオ演説で、ロシアのミサイルが北大西洋条約機構(NATO)加盟国のポーランドを攻撃したとし、紛争の「著しいエスカレーション」だと述べた。

[2022-11-18][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ポーランドのドゥダ大統領は、ミサイルが着弾した村を訪れ、改めて「着弾したのはウクライナの迎撃ミサイルである可能性が高い」という見解を示した。ただ、「これは事故」とも述べており、故意ではないとの指摘している。

[2022-11-18][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイターは、EU外相に当たるボレル外交安全保障上級代表が、ウクライナ和平はロシアが軍を撤退させない限り不可能だとしたうえで、ロシア政府にはその準備が整っている様子はないと指摘したと報じている。「平持続可能な平和を望むのであれば侵略者は撤退しなければならない」とも述べたという。

[2022-11-21][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・欧州委員会のドムブロフスキス上級副委員長(通商政策担当)は、ウクライナの首都キーウ(キエフ)を訪問し、ゼレンスキー大統領、およびシュミハリ首相と会談した。EU27ヵ国の「揺るぎない支援」を確約したという。

[2022-11-21][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・スペインのカルビニョ経済相は、ユーロ圏各国のインフレ水準が異なるため、ECBの金融政策が困難になっていると述べた。

[2022-11-21][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・欧州委員会のシムソン委員(エネルギー担当)は、G7がロシア産の石油に「価格上限」(プライスキャップ)を設定するのに合わせ、ロシア産原油に対する規制を整えるべく準備していると述べた。

[2022-11-21][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・欧州経済についてはECBのチーフエコノミストを務めるレーン理事が18日、「現在のインフレはエネルギー主導であり、来年には低下する」といった見通しを示した。同時にECBは18日、貸出条件付き長期資金供給オペ(TLTRO)で提供したユーロ圏の銀行への超低金利融資のうち、2960億ユーロが今月23日に返済される見込みになったと発表した。アナリスト予想の約5000億ユーロを下回っている。

[2022-11-22][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ホルツマン・オーストリア中銀総裁「もし、状況が同じなら75BPの利上げを支持」

[2022-11-22][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、欧州のガス争奪戦、数年先の冬も視野、と伝えた。

[2022-11-22][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ホルツマン・オーストリア中銀総裁(FT紙)「コアインフレが低下しつつある兆候は見られない」

[2022-11-22][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・日本経済新聞によると、イタリアの長期金利が下がっている。21日に指標となる10年物国債利回りが一時3.8%台後半に低下(価格は上昇)し、約2カ月ぶりの低水準をつけた。欧州中央銀行(ECB)が利上げ幅を縮小するとの観測や、イタリア政府に対する財政不安の後退が債券の買い材料となった。

[2022-11-23][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・欧州連合(EU)は22日、指標となるガス先物価格に緊急の上限設定を提案した。

[2022-11-23][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、欧州連合(EU)はロシア産原油に上限価格を設定する最新の制裁案について、完全導入を延期し、出荷に関する主要な条項を緩める案をまとめている。

[2022-11-23][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EUの執行機関である欧州委員会は、ユーロ圏各国はインフレ抑制に向けたECBの政策と衝突しないよう2023年の財政政策を調整すべきとの見解を発表した。

[2022-11-23][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EUの執行機関である欧州委員会は、欧州における天然ガス取引の指標となるオランダTTFのガス価格上限を1メガワット時(MWh)当たり275ユーロに設定することを提案した。

[2022-11-23][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・エストニア大統領「ウクライナが得られる唯一の安全保障はNATO加盟」

[2022-11-24][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、欧州連合(EU)はロシア産原油に設定する上限価格をバレル当たり65-70ドルとすることを検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。上限価格の設定を主要7カ国(G7)が最初に提案した際に多くが予想したよりも、ロシアに対して寛大な水準になる。

[2022-11-24][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・欧州議会のメツォラ議長は、欧州議会によるロシアのテロ支援国家指定後に発生した欧州議会のウェブサイトへのサイバー攻撃について、親ロシア派グループが犯行声明を発表したと述べた。これに先立ち、欧州議会はロシア政府によるエネルギー基盤や病院、学校、避難所などの民間人を標的とした軍事攻撃は国際法に違反するとし、ロシアをテロ支援国家に指定する決議案を可決している。

[2022-11-24][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EUの執行機関である欧州委員会が提案したガス価格上限をめぐり、上限設定の賛成派からも反対派からも異論が噴出し、24日のエネルギー相会合での合意は難しい状況となっている。欧州委は、欧州における天然ガス取引の指標となるオランダTTFのガス価格上限を1メガワット時(MWh)当たり275ユーロに設定することを提案した。

[2022-11-24][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・欧州議会は、フランス東部ストラスブールで開かれた本会議で、ウクライナへの侵攻を続けるロシアについて、テロ支援国家であることを確認する決議を賛成494、反対58で採択した。棄権は44だった。決議に法的拘束力はない。

[2022-11-24][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・スウェーデン中銀(リクスバンク)声明「インフレ率はまだあまりにも高い」「政策金利はおそらく来年初めにさらに引き上げられ、その後3%をわずかに下回る程度になると予想」「リクスバンクは必要に応じて金融政策を調整」「9月に予想されたよりも金融政策を引き締める必要があると評価」

[2022-11-24][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、欧州連合(EU)のミシェル大統領(常任議長)は来月1日、北京を訪問し習近平国家主席と会談する。EUの発表によれば、今回は10月に行われた欧州理事会での対中関係を巡る戦略的議論を受けての北京訪問となる。EUと中国の首脳は相互利益に関する議題や世界的な問題を協議する。EUは「緊迫する地政学的・経済的環境を背景に、今回の訪問はEUと中国双方にとって関りを深める時宜を得た機会となる」と説明した。

[2022-11-25][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・EUエネルギー相会合は、欧州委員会が提案した1メガワット時(MWh)当たり275ユーロというガス価格上限をめぐり対立した。この価格上限をめぐる相違のあおりで、他の2合意の正式承認も12月13日の次回会合まで持ち越しとなったという。

[2022-11-26][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、欧州連合(EU)内ではロシア産原油に課す上限価格を巡って交渉が続いているが、話し合われている水準はロシアの代表的な油種が現在取引されている価格をほぼ確実に上回る。

[2022-11-28][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイターは、EU外交筋の話として、ロシア産石油の価格上限をめぐるG7提案について協議するために25日夜に予定されていた加盟各国代表による会合が来週に先送りされたと報じている。EU加盟国は24日、ロシア産石油の価格に上限を設定する措置をめぐり協議を続けたが、上限価格の水準で見解の相違が埋められなかった。

[2022-11-28][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・欧州委員会のフォンデアライエン委員長は、ウクライナのゼレンスキー大統領との電話会談後に発表した声明で、欧州委の準備金のほか、EU加盟国からの多額の寄付金をウクライナに提供すると表明した。リトアニアから200台の中型変圧器と大型自動変圧器、ラトビアから中型自動変圧器、ルーマニアから40台の大型発電機を提供すると明らかにしている。

[2022-11-28][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・デコス・スペイン中銀総裁「QTは非常に段階的で予想可能であるべき」

[2022-11-29][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイターは、EU加盟各国代表が、ロシア産石油の価格上限設定をめぐり合意に至らなかったと外交筋が述べたと報じている。ウクライナに侵攻しているロシアの資金調達能力を低下させるために価格上限を低く設定する必要があるとポーランドが主張したという。外交筋は「合意には至っていない。法的文書は合意されたが、ポーランドはまだ価格について合意していない」と述べたとしている。

欧州連合(EU)の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース