ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-09-18][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は自身のツイッターで、菅首相就任に祝意を示すとともに、「日本と世界のためにすばらしい仕事をするだろう。早く会談するのが楽しみだ」
・トランプ米政権が、製油所に対し一定量のバイオ燃料を石油製品に混合することを義務付ける再生可能燃料基準(RFS)について、RFSの適用免除(2019年分)を拒否された製油所に少なくとも3億ドルの現金を給付することを検討している、と報じている。
・トランプ米大統領は自身のツイッターで、今年の大統領選の結果は決して正確に確定しない恐れがあると述べ、郵便投票への批判を強めている。
・トランプ米大統領が、対イラン武器禁輸措置の違反者への制裁を可能にする大統領令を計画していると、関係筋3人が明らかにしたと報じている。国連によるイランへの武器禁輸措置の失効が10月に迫っていることが背景にあるとみられるという。
・元モデルの女性がトランプ米大統領に体を触られ、強引にキスされたと報じている。トランプ米大統領に新たな性的暴行疑惑が浮上したことになる。
・トランプ米大統領「政府は新たに農場主へ130億ドルの救済資金を提供する」
・米大統領選の共和党候補トランプ大統領と民主党候補バイデン前副大統領は17日、それぞれ激戦州に入り支持を訴えた。新型コロナウイルス感染を懸念する声を押し切って従来型の集会を開いたトランプ氏に対し、対人距離を保つためドライブイン形式の住民対話に臨んだバイデン氏。選挙戦が最終盤に差し掛かる中、対照的な運動を展開した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2020-09-18][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は自身のツイッターで、菅首相就任に祝意を示すとともに、「日本と世界のためにすばらしい仕事をするだろう。早く会談するのが楽しみだ」
・トランプ米政権が、製油所に対し一定量のバイオ燃料を石油製品に混合することを義務付ける再生可能燃料基準(RFS)について、RFSの適用免除(2019年分)を拒否された製油所に少なくとも3億ドルの現金を給付することを検討している、と報じている。
・トランプ米大統領は自身のツイッターで、今年の大統領選の結果は決して正確に確定しない恐れがあると述べ、郵便投票への批判を強めている。
・トランプ米大統領が、対イラン武器禁輸措置の違反者への制裁を可能にする大統領令を計画していると、関係筋3人が明らかにしたと報じている。国連によるイランへの武器禁輸措置の失効が10月に迫っていることが背景にあるとみられるという。
・元モデルの女性がトランプ米大統領に体を触られ、強引にキスされたと報じている。トランプ米大統領に新たな性的暴行疑惑が浮上したことになる。
・トランプ米大統領「政府は新たに農場主へ130億ドルの救済資金を提供する」
・米大統領選の共和党候補トランプ大統領と民主党候補バイデン前副大統領は17日、それぞれ激戦州に入り支持を訴えた。新型コロナウイルス感染を懸念する声を押し切って従来型の集会を開いたトランプ氏に対し、対人距離を保つためドライブイン形式の住民対話に臨んだバイデン氏。選挙戦が最終盤に差し掛かる中、対照的な運動を展開した。

[2020-09-17][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「TikTokの期限に延長はない」「TikTokについて木曜日にブリーフィングを受ける」
・トランプ米大統領「新型コロナウィルスのワクチンを少なくとも2020年末までに1億個分供給できる可能性」「米疾病対策センター(CDC)のレッドフィールド所長の『来年の夏までワクチン供給が広まらない』というのは間違えだ」
・トランプ米大統領「マスクはワクチンほど重要ではない」「小さめのパッケージよりも大きな刺激パッケージが良い」
・トランプ米大統領「新型コロナウイルス感染症対策のための追加救済法案の合意が近づいている」「米疾病対策センター(CDC)が議会に報告したよりもワクチンは早くできる」
・トランプ米大統領は自身のツイッターで、追加の新型コロナウイルス経済対策をめぐり、もっと高額な規模を認めるよう身内の与党共和党議員らに譲歩を促した。
・トランプ米大統領「TikTokの期限延長はない」「TikTokについて17日にブリーフィングを受ける」
・トランプ米政権は台湾に総額70億ドル(約7350億円)相当の武器売却を行う見通しだ。中国に対する政治的・軍事的な圧力を強める中、台湾との関係を強化する取り組みの一環となる。
・トランプ米大統領は、記者団に対し、米オラクルとTikTok(ティックトック)米国事業の提携案について、自分が聞いている範囲では不満があると述べた。中国バイトダンスが引き続き過半数株式を保有し、オラクルは少数株主になることは概念的には好ましくない、との考えを示している。

[2020-09-16][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「(アラブ諸国のうち)他にも5、6カ国がイスラエルと国交正常化で合意するかもしれない」
・トランプ米大統領「WTOに関して何らか対処する可能性、対中関税に関する決定を受け」「次にイスラエルと国交正常化するのはサウジと考える」
・トランプ米大統領が、イスラエルに売却した同じ武器システムを中東諸国にも売却する意向とし、中東諸国の経済力を踏まえると、米国と米雇用のためになると述べたと報じている。
・トランプ米大統領がFOMC理事にシェルトン氏を指名した人事について、共和党のスーン上院議員は、承認に必要な票を確保できていないと述べた。上院(定数100)は53議席を占める共和党が多数を占めるが、同党のロムニー、コリンズ両議員はシェルトン氏承認に反対。さらに2人が反対に回れば、承認が阻止される。
・トランプ米大統領は、米中貿易摩擦に関し、世界貿易機関(WHO)が「米国の対中関税は不当」としたことについて、「WHOには何らかの措置をとる。彼らは中国に好き放題やらせている」などと述べ、強く反発した。
・トランプ米大統領は、中国バイトダンス傘下の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」をめぐり米ソフトウエア大手オラクルが合意間近だと聞いていると述べた。一方、ムニューシン財務長官とロス商務長官は15日にホワイトハウスでバイトダンスの提案内容を検討していると指摘していた。
・トランプ米大統領「新型コロナウイルスのワクチンは3~4週間後に完成する可能性がある」

[2020-09-15][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・「トランプ政権、新疆ウイグルでの強制労働理由にした制裁を発動」などと報じた。
・トランプ米政権は、中国新疆ウイグル自治区にある5つの事業体からの綿花や衣料品などの輸入を禁止する方針を示した。
・米著名記者ウッドワード氏が、トランプ大統領が自身とのインタビューで認めた新型コロナウイルスの危険性矮小化について「国民に真実を告げなかった」と非難したと報じている。15日出版の著書でトランプ氏について「大統領職に適していない」と結論付けていると明かしたという。
・トランプ米大統領が、政治的理由のために新型コロナウイルスワクチンをめぐって政府機関に圧力をかけているわけではないと強調したと報じている。トランプ氏は「政治的な理由でやっているわけではない。わたしは早くワクチンが欲しいだけ」と語ったという。
・トランプ米大統領の娘婿のクシュナー大統領上級顧問が、米ソフトウエア大手オラクルと中国バイトダンスとの提携について、ホワイトハウスが検証を行っていると明らかにしたと報じている。

[2020-09-11][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「北朝鮮の金正恩氏は健在だ。彼のことは決して過小評価してはならない」
・トランプ米政権が動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業売却に関して、同社の親会社に売却合意をまとめる時間を与えるために期限を延長する是非を検討している、と報じている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたという。
・トランプ米大統領は、イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)が合意した国交正常化の流れに、ほかの湾岸諸国も加わる可能性があると述べた。
・トランプ米大統領は記者団に対し、中国バイトダンスに提示した動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」の米事業売却期限は延長されないと述べた。
・トランプ米大統領は記者会見で、イラク駐留米軍の規模を「ごく短期間に」2000人程度に削減すると表明した。イラクに駐留する兵力を今月中に5200人から3000人に減らす方針を示したばかり。
・トランプ氏、形勢逆転なるか、大統領選をトランプ氏の信任を問う国民投票にしたいバイデン氏、という社説を掲載した。

[2020-09-10][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・「トランプ大統領、新型コロナのリスク意図的に過小評価したと語る」などと報じた。
・トランプ米大統領「新型コロナウイルスが今の状況を引き起こすとは思っていなかった」「新型コロナウイルスでパニックを引き起こしたくなかった」
・トランプ米大統領が、ノルウェーの右派議員から2021年のノーベル平和賞候補に推薦されたことに喜びを表明したと報じている。
・トランプ米大統領が新型コロナウイルスの致死性や伝染性を今年2月時点で認識していたにもかかわらず、混乱を回避するために国民に正しい情報を伝えていなかったことが、著名ジャーナリストのボブ・ウッドワード氏が新著「Rage(怒り)」のために行ったインタビューで明らかになった。

[2020-09-09][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米政権が、中国新疆ウイグル自治区で生産されている綿でできた製品の全面的また部分的な輸入禁止を検討している、と報じている。イスラム系少数民族のウイグル族の人権侵害が理由だという。
・トランプ米大統領がエスパー米国防長官に不満を持っており、国防長官の新候補を検討していると報じている。
・トランプ米大統領「わたしは軍にあまり好かれているとは言えない。兵士らはともかく、米国防総省(ペンタゴン)のトップたちは、おそらくわたしのことが気に入らないだろう。彼らは戦争をしたくて仕方がないからだ。戦争を起こせば爆弾や航空機、その他もろもろの兵器を作る素晴らしい企業を喜ばせることができる」
・トランプ米大統領は記者団に対し、再選を目指す11月3日の大統領選挙について、自身の選挙陣営には2017年時点と比べ2倍、もしくは3倍の資金があるとしながらも、「必要なら」個人資産を投入すると表明した。

[2020-09-08][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「新型コロナウイルスのワクチンが10月に準備整う可能性」
・トランプ米大統領は、米国が中国との取引をやめたとしても米国が失うものはないと述べ、米中経済の「デカップリング」について改めて言及した。
・トランプ米大統領は7日の記者会見で、中国との貿易や投資などで「わが国は何十億ドルも失っているのに、何も得ていない」と述べ、経済関係の現状に強い不満を表明した。その上で、中国が対米取引による利益で軍備増強を進めていると批判し、米中の「デカップル(経済関係の分離)という言葉は興味深い」と述べた。
・トランプ米大統領は、政権の新型コロナウイルス対応に批判的な民主党の大統領候補、バイデン前副大統領に対し、ワクチン反対論を唱えているとして謝罪を要求した。

[2020-09-07][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・米トランプ政権が中国の半導体受託生産(ファウンドリー)大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)を事実上の禁輸リストである「エンティティー・リスト」に加えるかどうか検討していると報じている。国防総省高官が明らかにしたという。
・トランプ米大統領は、米戦没者に対して軽蔑的な発言をしたとの雑誌の報道を否定した。米誌アトランティックは、トランプ氏がパリ近郊の米国墓地に埋葬されている海兵隊員を「敗者」と呼び、2018年にフランスを訪れた際、悪天候により髪が乱れることを嫌ってこの墓地を訪問しなかった、などと報じている。
・トランプ米政権で国家安全保障政策を担当した元高官らが、トランプ大統領が2期目に再選された場合には、米国のNATO加盟を「終了させる」可能性すらありうるとの懸念を示したと報じている。
・トランプ米大統領は、インドと中国の国境地帯での衝突について、問題解決に向けて米国は支援の用意があると述べた。何かできるなら、我々は喜んで関与して支援する」と語ったうえで、状況は「非常に悪い」と指摘。双方は多くの人が把握しているよりもずっと強硬姿勢になっていると論じている。
・サウジアラビアの国営通信社は、サルマン国王がトランプ米大統領と電話会談を行い、公平で恒久的なパレスチナ問題の解決を望むと述べたと報じている。それがサウジが提案した「アラブ和平構想」の主な出発点との認識を示したという。
・米トランプ政権が中国の半導体受託生産(ファウンドリー)大手、中芯国際集成電路製造(SMIC) を事実上の禁輸リストである「エンティティー・リスト」に加えるかどうか検討しているとされる問題で、中国外務省の趙立堅報道官は7日の会見で、米政府は中国企業に対し「露骨ないじめ」をしていると指摘し、外国企業への抑圧を止めるよう求めた。

[2020-09-05][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「日本時間6時に記者会見を行う」「セルビアとコソボは経済正常化に同意」

(最終更新日時 2020-09-20 12:03)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース