ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

中間派

 HDP   -1.5(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-12-06][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「15日の対中関税発動、様子を見守る必要」「中国との交渉は順調に進んでいる」
・北朝鮮の崔第1外務次官が談話を発表し、トランプ米大統領が3日に北朝鮮への軍事力行使に言及したことに「不快感を自制できない」と批判したと報じている。また、金朝鮮労働党委員長を「ロケットマン」と呼んだことにも反発したという。トランプ氏が再び言及した場合は「わが方も、それに応じた米国への暴言を始める」と警告している。
・ウクライナのデルカッチ議員は、トランプ氏の顧問弁護士であるジュリアーニ氏とキエフで会合し、米国が供与した支援金をウクライナ国家機関が流用している疑惑について協議したと述べた。
・トランプ米大統領は、北大西洋条約機構(NATO)に十分に貢献していない国に対し、通商面で措置をとる可能性があることを明らかにした。
・アメリカのトランプ大統領は中国から輸入されるスマートフォンなどへの関税上乗せ措置について、期限とする今月15日に発動するかどうか「まだ議論していない」と述べた。発動の期限までぎりぎりの交渉を続けているものとみられている。
・トランプ米大統領「貿易や他の主題で匿名の情報源は信じるな」「フェイクニュースが匿名の情報源としてだしていることは信じるな!」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2019-12-06][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「15日の対中関税発動、様子を見守る必要」「中国との交渉は順調に進んでいる」
・北朝鮮の崔第1外務次官が談話を発表し、トランプ米大統領が3日に北朝鮮への軍事力行使に言及したことに「不快感を自制できない」と批判したと報じている。また、金朝鮮労働党委員長を「ロケットマン」と呼んだことにも反発したという。トランプ氏が再び言及した場合は「わが方も、それに応じた米国への暴言を始める」と警告している。
・ウクライナのデルカッチ議員は、トランプ氏の顧問弁護士であるジュリアーニ氏とキエフで会合し、米国が供与した支援金をウクライナ国家機関が流用している疑惑について協議したと述べた。
・トランプ米大統領は、北大西洋条約機構(NATO)に十分に貢献していない国に対し、通商面で措置をとる可能性があることを明らかにした。
・アメリカのトランプ大統領は中国から輸入されるスマートフォンなどへの関税上乗せ措置について、期限とする今月15日に発動するかどうか「まだ議論していない」と述べた。発動の期限までぎりぎりの交渉を続けているものとみられている。
・トランプ米大統領「貿易や他の主題で匿名の情報源は信じるな」「フェイクニュースが匿名の情報源としてだしていることは信じるな!」

[2019-12-05][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は、ロンドンで開催された北大西洋条約機構(NATO)首脳会議の場で、トルコのエルドアン大統領と会談した。ホワイトハウスによると、「同盟に対する責務を果たすことの重要性や地域安全保障の課題」などについて約30分間協議したという。
・トランプ米大統領は、参加した北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で、米国が欧州防衛のため、不当に大きな負担をさせられていると主張。ドイツなど欧州加盟国に対し、防衛費の一層の増額を改めて迫った。
・トランプ米大統領は、北大西洋条約機構(NATO)が安全な第5世代(5G)移動通信網技術を必要としていると表明したことを受け、中国の通信機器大手ファーウェイは安全保障上のリスクと強調した。
・トランプ米大統領は、日米貿易協定について「日本との合意は部分的な合意だ。残りは来年に来る。だが、すでに多くの合意を得た」と述べた。
・トランプ米政権が日本と韓国に対して米軍駐留経費の大幅増額を求めている問題について、米下院の外交、軍事両委員長が連名で懸念を示す書簡を政権に送っていたことが分かった、と報じている。日米韓3ヵ国が北朝鮮や中国の脅威に対処すべきときに、「米国と同盟国のあいだを不必要に引き裂く」と政権の姿勢を批判したという。
・トランプ米政権が、年内にも実現する可能性のあるイランのロウハニ大統領の訪日を警戒し、日本政府に慎重な対応を求める方針を固めたと報じている。敵対する米イラン関係に加え、先月からイランで続く反政府デモの弾圧に側近らが関与したとの疑いを強め、融和的な対応を取らないようクギを刺すという。

[2019-12-04][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は安全保障に甚大な問題をもたらす」
・トランプ米大統領「ドイツはNATO拠出増額するべき。さもなければ貿易措置へ」
・トランプ米大統領は、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議が開かれるロンドンで、フランスのマクロン大統領と会談した。トランプ氏は会談後、フランスが導入したIT大手を対象とするデジタル課税をめぐる問題が解決できなければ「かなりの関税をかけることにつながる」と警告している。
・訪英中のトランプ米大統領は、来週に迫った英下院総選挙には「干渉しない」と記者団に語った。選挙戦の争点であるEU離脱問題に絡んだ発言でたびたび物議を醸してきたため、ジョンソン英首相が最近、選挙への干渉を控えるようトランプ氏に公然とクギを刺していた。
・トランプ米大統領は、トルコによるロシア製の地対空ミサイル「S400」の購入をめぐって、トルコへの制裁措置を検討していると明らかにした。
・トランプ米大統領は、「核をめぐる全体的な状況は良くない」と指摘したうえで、「ロシアが順守していなかったため、米国は条約を離脱したが、ロシアは条約締結を望んでおり、我々も条約締結は素晴らしいことだと考えている」と述べ、米露が核兵器に関する新たな条約締結を結ぶ可能性を示唆した。
・米トランプ政権が今年に入り、中国の通信機器大手ファーウェイを米金融システムから排除する案を検討していたことが、3人の関係者証言で明らかになったと報じている。最終的には見送られたものの、今後の行方次第では再び検討される可能性があるという。
・トランプ米大統領は、来年のG7サミットを首都ワシントン近郊の大統領山荘キャンプデービッドで開催すると発表した。首都に近いことから「アクセスがいい」と説明している。
・米国のトランプ大統領は3日、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議の開幕に先立ち、滞在先のロンドンでフランスのマクロン大統領と会談した。トランプ氏は仏を含む欧州加盟各国に対し、国防費の増額を促した。マクロン氏は、NATOが機能不全に陥り「脳死状態」にあるとした自身の発言について、撤回しない意向を表明した。
・ドナルド・トランプ米大統領は3日、中国との貿易協議が2020年米大統領選以降まで続く可能性があると示唆したほか、関税を巡り対仏姿勢も硬化させた。
・トランプ米大統領「中国との貿易交渉は非常に順調に進んでいる、どうなるか見ていく」
・トランプ米大統領「中国との交渉は非常に順調」
・トランプ米大統領は4日、北大西洋条約機構(NATO)での記者会見キャンセルを発表した。

[2019-12-03][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「中国は合意を望んでいる」
・トランプ米大統領「米国が香港法案を成立させたことが、中国との貿易交渉を困難にさせるかどうかわからない」
・トランプ米大統領「製造業の弱さはドル高とFRBのせい」
・トランプ米大統領とイスラエルのネタニヤフ首相が1日に会談したと発表した。「トランプ大統領とネタニヤフ首相はイランの脅威や、その他の二国間・地域の問題について議論した」という。
・トランプ米大統領は記者団に対し、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席するため訪英中の4日に民主党が公聴会を予定していることを批判したうえで、調査は「でっち上げ」だと憤っていた。
・トランプ米大統領の選対本部は、米通信社ブルームバーグの記者には、トランプ氏の選挙関連イベントの取材許可を出さないと発表した。ブルームバーグが創業者ブルームバーグ氏や他の民主党大統領候補をめぐる調査報道をしない方針を示したことを批判し、「偏向ぶりを公言した」と取材拒否の理由を説明している。
・トランプ米大統領「フランスのワインや他のすべてに課税する」「EUは米国を貿易で非常に不当に扱っている」「ジョンソン英首相と会うが、いつになるかは分からない」
・トランプ米大統領とストルテンベルグNATO事務総長が会談後に記者会見を行い、記者の質疑応答を受けているがトランプ大統領の仏批判がとまらない。米仏関係の悪化を嫌気し、若干市場はリスクオフに傾き、ドル円は18時40分時点で109.00円近辺、ユーロ円は120.77円前後で推移している。
・トランプ米大統領「独はNATOで公平な支払いをしていない」「(コービン英労働党党首と良い関係を築けるかとの質問に)私はだれとでも良い関係を築ける」「マクロン仏大統領とは良い関係だが、時々彼は言うべきでないことを発言する」
・トランプ米大統領は3日、訪問先のロンドンで、英国の選挙には介入したくないが、ジョンソン英首相は非常に有能な人物であり、良い仕事をするだろうと発言した。北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席するためロンドンを訪れているトランプ氏は「ボリス(ジョンソン首相)は非常に有能だと思う。良い仕事をすると思う」と発言。英国の欧州連合(EU)離脱を支持する考えを改めて示した。
・トランプ米大統領「中国と交渉を成立したければ、私はうまくできる」「中国とはうまく話し合っている」
・トランプ米大統領「中国との取引成立は、私が成立させたいかどうか」「中国との取引は2020年11月の選挙が終わるまで待ったほうが良いかもしれない」
・トランプ米大統領は、フランスのマクロン大統領が北大西洋条約機構(NATO)を「脳死」と評したことについて、非常に侮辱的だと批判した。そのうえで、「主に加盟28ヵ国に対し、とてもとても意地の悪い発言だ」と述べている。
・トランプ米大統領は、北朝鮮との非核化協議について発言し、「金朝鮮労働党委員長との関係は非常に良好だ」と改めて強調した。しかし、その一方で北朝鮮が核放棄を履行することに期待を表明しつつ、「米国の軍事力を行使する必要がある場合は使っていく」と警告している。昨年6月の米朝首脳による初会談以降、トランプ氏が軍事的選択肢に言及するのは異例で、非核化協議の停滞に対する同氏の不満を反映している可能性もある。
・トランプ米大統領「米仏関係は良好」「マクロン仏大統領との会談でかなりの進展」
・トランプ米大統領「米国とフランス間にちょっとした論争がある」「マクロン仏大統領との会合で多くの進展」

[2019-12-02][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・1日付の米紙ワシントン・ポストによると、トランプ米大統領のウクライナ疑惑を巡る弾劾調査を進めてきた野党民主党のシフ下院情報特別委員長は、政府高官らの公聴会証言などを証拠として取りまとめた報告書を3日に承認する方針を固めた。4日から弾劾訴追状の作成に向けた公聴会を開く司法委員会に送付し、審議の土台とする。共同通信が引用して伝えた。
・トランプ米大統領の弾劾調査を巡り、ホワイトハウスは1日、下院司法委員会で4日に開かれる公聴会は「基本的な公正」が欠如しているとして、大統領が自身の代理人を出席させないことを同委員会に伝えた。
・トランプ米大統領「ブラジルとアルゼンチンは通貨の大幅切り下げをしている。これは米国の農民にとってよくない」「よって両国から米国に出荷されるすべての鉄鋼とアルミニウムへの関税を復活させる」「FRBは低金利と緩和を」
・トランプ米大統領が「ブラジルとアルゼンチンに対し鉄鋼とアルミニウムへの関税を復活させる」とツイートしたことをきっかけに若干ながらリスクオフになっている。メキシコの通貨ペソは、対円で5.59円、対ドルで19.6032ペソまで弱含み。堅調に推移していた欧州株もほぼ横ばいまで戻し、その影響でドル円も109.52円前後まで弱含んでいる。
・トランプ米大統領は2日、ブラジルとアルゼンチンから輸入する鉄鋼とアルミニウムに追加関税を課すとツイッターで表明した。両国が自国通貨を切り下げており、米国の輸出が不利になっていることを理由に挙げている。他国の通貨安に不満を募らせており、米連邦準備理事会(FRB)に対しても改めて利下げを要求した。

[2019-11-29][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・「トランプ大統領、感謝祭に合わせアフガニスタンの駐留部隊を訪問」などと報じた。
・トランプ米政権が北大西洋条約機構(NATO)の本部運営や安全保障関連の共同投資、一部の統合軍事演習などに要する拠出金の大幅な削減を要求したことがわかった、と報じている。米国はこの種の経費の約22%をこれまで負担。米国防総省当局者は、負担の比率をドイツの14.8%に見合うよう約16%に引き下げるよう求めたと述べたという。
・トランプ米大統領は、アフガニスタンを電撃訪問し、駐留米軍基地内でガニ大統領と会談を実施した。そのなかで、旧支配勢力タリバンとの和平合意に向けた協議を再開する意向を表明したという。
・トランプ米大統領は28日、アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンとの和平交渉に意欲を示した。9月に「協議は死んだ」と断じていた立場を一転。和平交渉を進めてアフガン駐留米軍を縮小し、2020年の大統領選で外交成果として訴える思惑が透ける。トランプ氏は28日、アフガン東部のバグラム空軍基地を予告なしに訪問した。アフガン情勢に関し「政治的解決が必要だ」と演説。同国のガニ大統領との会談ではタリバンとの和平交渉再開を言明し、「タリバンは和平合意を非常に望んでいる」とも指摘した。

[2019-11-28][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領のウクライナ疑惑で、米下院情報特別委員会は、ホワイトハウス行政管理予算局(OMB)職員のサンディ氏が今月行った証言の記録を公表した。サンディ氏は、トランプ政権がウクライナへの軍事支援を凍結したのち、これに不満を示したOMB職員2人が辞職したことを明らかにしたという。
・トランプ米大統領の個人弁護士であるジュリアーニ氏が以前、ウクライナ問題でトランプ氏に裏切られても自分には「保険」があると発言したことについて、ジュリアーニ氏は「冗談のつもりだった」とトランプ氏に今週電話で改めて釈明していたことが分かったと報じている。
・トランプ米大統領が「香港人権民主法案」に署名。
・「米トランプ大統領、香港人権法に署名、中国報復措置へ、米中関係の悪化必至」と報じた。
・トランプ米大統領が「香港人権民主法案」に署名したことで、円買いが進んでいる。ドル円は109.36円、ユーロ円は120.35円まで円買いに。また、豪州は中国経済と関係が深いことで、豪ドル円は73.95円まで下落している。この後は、トランプ大統領が署名した場合の報復を示唆していた中国の動きにも警戒したい。
・トランプ米大統領が香港人権法案を署名し、成立したことに対して「中国は強く反対」「中国は米国への報復を警告するが、詳細は示していない」などと伝わった。

[2019-11-26][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領のの納税記録提出求める下院召喚状、最高裁が差し止めと報じた。

[2019-11-25][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領のウクライナ疑惑をめぐり、議会上院の2委員会の委員長が連名で財務省に書簡を送り、2020年大統領選の民主党有力候補とされるバイデン前米副大統領の息子ハンター氏をめぐる資金洗浄、もしくは詐欺行為について報告するよう求めたことが分かったと報じている。
・トランプ米大統領が電話インタビューで、2020年上院選で地元カンザス州からの出馬説が浮上するポンペオ国務長官について、「出馬すれば圧勝するだろう」と指摘したと報じている。これを受け、米メディアは「トランプ氏が出馬を容認した」と報じ、ポンペオ氏が早期に辞任するとの観測に拍車が掛かってきた。

[2019-11-23][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「中国との取引は非常に上手くいっている」

(最終更新日時 2019-12-07 10:50)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース