ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-05-30][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「WHOとの関係を打ち切り」
・トランプ米大統領「中国政府はいつも約束を反故にする」「中国による武漢ウイルス隠蔽のせいで世界中に広まった」「米国はWHOと関係を断つことになる」
・トランプ米大統領「米国に上場している中国企業について調査」「香港への優遇措置を撤回する方向」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2020-05-30][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「WHOとの関係を打ち切り」
・トランプ米大統領「中国政府はいつも約束を反故にする」「中国による武漢ウイルス隠蔽のせいで世界中に広まった」「米国はWHOと関係を断つことになる」
・トランプ米大統領「米国に上場している中国企業について調査」「香港への優遇措置を撤回する方向」

[2020-05-29][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「郵送投票は大規模な不正につながり、また、偉大な共和党を終わりに導く」

[2020-05-29][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は29日に中国について記者会見を行う予定。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、米国の新型コロナウイルス感染症による死者が10万人を突破したことについて「非常に悲しいマイルストーン(節目)に達した」とし、遺憾を表明した。「新型コロナで亡くなった人々の家族や友人に追悼の意を表したい」などとも述べている。
・トランプ米大統領「郵送投票は大規模な不正につながり、また、偉大な共和党を終わりに導く」

[2020-05-28][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は、SNS大手のツイッターが自身の投稿2件に「根拠なし」とのラベルを付け、虚偽の主張の注意喚起を行ったことを受け、各種ソーシャルメディアプラットフォームを閉鎖する可能性を示唆した。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、中国とインドに対し「激しい国境紛争をめぐり、米政府には仲介や仲裁をする用意と意志があると伝えた」ことを明らかにした。
・米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は27日、トランプ大統領が28日署名予定のツイッターなど会員制交流サイト(SNS)に関する大統領令について、運営会社による投稿規制を難しくする内容になりそうだと報じた。草案の内容を知る関係者の話として伝えた。最終的に変更の可能性もあるという。

[2020-05-27][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・「トランプ政権、香港問題で中国の当局者や企業への制裁検討」などと報じた。
・トランプ米大統領「中国に対する制裁、今週末までに更に明らかとなるだろう」
・トランプ米大統領とポンぺオ国務長官がホワイトハウスで会談し、中国の学生と研究者の米国留学を制限することを議論した、と報じている。
・トランプ米大統領は記者団に対し、中国が香港を対象にした国家安全法を制定する方針を示したことをめぐり、週内に米国が中国に対する措置を講じる準備を進めていると明らかにした。詳細には言及していない。
・トランプ米大統領は26日、中国による香港への国家安全法制導入の動きに対する米国の措置について「今週中に分かる。強力なものになると思う」と表明した。ホワイトハウスで記者団に語った。詳細は明かさなかったが、ブルームバーグ通信によると、中国当局者や企業に対する資産凍結や取引規制などの制裁案を検討しているという。
・トランプ米大統領は、自身の投稿に「ファクトチェック」のラベルを付けたツイッターに対し「2020年大統領選に介入している。完全なる言論の自由の弾圧であり、大統領として許さない」と書き込んだ。
・トランプ米大統領「米国は国境紛争を仲裁・解決する準備・意思があることを中国とインドに伝えた」

[2020-05-26][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、ゴルフをしたのは約3ヵ月ぶりとしたうえで、「外出し軽い運動のために週末にゴルフをしたという事実について、でたらめで腐敗しきったメディアが大罪のように報じた。こうなることは分かっていた」などと不満をぶち上げている。
・「フル・メジャー」の生放送に出演したトランプ米大統領は、ロシアのプーチン大統領に関して質問され、「彼はわたしのことが好きだが、選挙での勝利は望んでいないと思う」と発言した。加えて、中国の習国家主席も同様に再選を望んでいないとの見方を示していたという。
・トランプ米大統領は、8月にノースカロライナ州で予定される共和党全国大会について、新型コロナウイルス流行にともなうソーシャル・ディスタンシング(社会的距離)措置のもとで開催を余儀なくされるのであれば、開催地をほかに移す可能性があるとの考えを示した。

[2020-05-25][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米政権は、「中国に対する戦略的アプローチ」と題した報告書を議会に提出した。報告書は、中国が自由主義や人権尊重などの米国の価値観に挑戦していると指摘し、中国の覇権的行動に対するため日本など同盟国との連携を重視していく方針を打ち出した。
・トランプ米政権が、偵察機による領空での相互監視活動を認めたオープンスカイ(領空開放)条約の脱退をロシアに通告したことが明らかになった、と報じている。ロシアのリャプコフ外務次官が在モスクワの米国大使館から脱退手続きを開始したとの正式な通告を受けたと述べたという。6ヵ月後に有効となる。
・トランプ政権の安全保障担当者らが核実験の再開について議論した、と報じている。核軍縮の新たな枠組み作りに消極的な中国やロシアをけん制する狙いだが、結論は出なかったもよう。実施すれば1992年の地下核実験停止以来で、国際的な核開発競争が激化すると懸念されている。
・トランプ米大統領は、教会が「必要不可欠な場所」であるとして、全米で即刻開放するよう要請した。各州知事が開放しない場合、大統領自ら指令するとしている。
・トランプ米大統領が、首都ワシントンに近い南部バージニア州のゴルフ場を訪問しプレーに興じた、と報じている。トランプ氏がゴルフをしたのは3月8日以来、約2ヵ月半ぶり。なお、プレー中にマスクは着用していなかったという。

[2020-05-22][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「米国は追加財政策が必要になると思う」
・トランプ米政権は、台湾に対し、魚雷など1億8000万ドル相当の武器を売却すると決定し、議会に通知した。
・トランプ米大統領「香港に関して適切な時期に声明を発表する」「FRBには多くの手段が残っている」
・トランプ米政権の新たな軍縮問題特使となったビリングズリー氏が、近いうちにロシアの担当者と接触し、米国、中国およびロシアが保有するすべての核弾頭を制限する広範な合意に向けた提案を協議すると報じている。米政権当局者らがに明らかにしたという。
・トランプ米政権は、軍事活動の透明性向上のため偵察機による領空での相互監視活動を規定するオープンスカイ(領空開放)条約からの脱退を22日に全加盟国に通告する方針を表明した。ロシアの条約違反が理由と主張している。
・トランプ米大統領は、新型コロナウイルス感染拡大への対応として新たな財政刺激策を支持する可能性があると述べた。ただ詳細については明らかにしていない。
・トランプ米大統領は、中西部ミシガン州イプシランティにある自動車大手フォード・モーターの工場を視察した。工場従業員らがマスク着用で作業するなか、トランプ氏は報道陣の前では「必要ない」として拒否を貫いた。
・トランプ米大統領は、11月の大統領選で激戦が予想されるミシガン州を21日に訪問し、フォード・モーター(F.N)の工場を視察した。同州のウィットマー知事(民主党)との間では、新型コロナウイルスへの対応などを巡り緊張が高まっている。

[2020-05-21][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は自身のツイッターで、新型コロナウイルスの感染拡大について「世界規模での大量殺りくを行ったのは、ほかでもない中国の無能さだ」と中国の対応を強く非難した。11月の大統領選を前に中国や世界保健機関(WHO)に責任を転嫁しようとする姿勢を強めている。
・トランプ米大統領は自身のツイッターで、6月にテレビ会議での実施が予定されているG7サミットについて、大統領山荘のキャンプデービッドでの開催を検討していると明らかにした。前回のG7サミットはテレビ会議で行われている。
・トランプ米大統領は自身のツイッターで、有権者全員に郵送投票の申請書を送付するミシガン州の計画は違法と主張し、同州への連邦資金提供を打ち切ると牽制した。
・トランプ米大統領は、新型コロナウイルスへの感染の予防として服用していることを明らかにしていた抗マラリア薬について、あと1日か2日で服用をやめる方針を明らかにした。
・トランプ米大統領「中国の欧米に対するプロパガンダ攻撃と誤報は恥ずべきもの」「中国は簡単に新型肺炎を防ぐことができたが、上からの命令でそうしなかった」
・トランプ米大統領「中国は自分たちが世界中に広めた痛みや大虐殺から必死に逸らそうとしている」「中国は大規模な偽情報キャンペーンを展開している」
・トランプ米政権は20日、対中戦略をまとめた報告書を議会に提出した。中国は政治、経済、軍事力を拡張して他国を服従させようとし「米国の死活的な利益を害している」と非難。米国はトランプ政権下で中国と競争する姿勢に転じたと強調し「外交が無駄と分かれば圧力を強化し、米国の利益を守る」と警告した。
・トランプ米大統領が主要7カ国首脳会議(G7サミット)を6月中旬ごろに首都ワシントン郊外で対面形式で開催する意向を表明したことを受け、政府は安倍晋三首相が訪米する検討に入った。実現すれば首相の外国訪問は1月中旬のサウジアラビアなどの中東歴訪以来となる。ただし世界的に新型コロナウイルスが感染終息するめどが立っていない中、トランプ氏の突然の方針転換に政府は困惑している。

[2020-05-20][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は、新型コロナウイルスの感染が拡大しているブラジルからの渡航禁止を検討していると述べた。ブラジルの新型ウイルス感染者数は世界で3番目に多い。
・トランプ米大統領は、参加したイベントで、米国は畜牛の輸入に関する貿易協定の破棄を検討すべきとの見解を示した。連邦政府は新型コロナウイルス発生の影響を受けた農業生産者の支援に取り組んでいる。
・トランプ米大統領「中国にいるどこかの狂人が、中国以外の全員がウイルスの責任という声明を発表している」「このまぬけに、中国の無能さ(その他には何もない)が、世界的な大量殺害を起こしたと説明してやってくれ」

(最終更新日時 2020-05-31 12:10)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース