ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

中間派

 HDP   -1.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-08-19][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・トランプ米政権は台湾にF16戦闘機を売却する方針を固めた。議会に非公式に通知し手続きを進めており、近く正式決定する見通しだ。米メディアによると、F16は最新型の66機で80億ドル相当に上り、米台間の武器売買として最大規模となる。なお、中国政府は「主権と安全に損害を与えるもので断固反対する」として、米政府に厳重抗議した。
・トランプ米大統領は、休養先のニュージャージー州で、ペンス副大統領やポンペオ国務長官ら政権幹部と会合を開き、アフガニスタンの反政府勢力タリバンとの和平交渉をめぐり協議した。ハリルザド・アフガン和平担当特別代表から交渉の進展具合について報告を受け、アフガン駐留米軍の撤収などを話し合ったとみられている。
・トランプ米大統領は18日、香港の「逃亡犯条例」改正案を巡るデモに関し、1989年の天安門事件のように中国当局が武力介入すれば、米中貿易協議での取引も難しくなると述べ、中国の動きをけん制した。
・トランプ米大統領「リセッションにあるとは認識していない」
・トランプ米大統領は、米国が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)とビジネスを行うことは望んでいないと表明した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2019-08-19][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・トランプ米政権は台湾にF16戦闘機を売却する方針を固めた。議会に非公式に通知し手続きを進めており、近く正式決定する見通しだ。米メディアによると、F16は最新型の66機で80億ドル相当に上り、米台間の武器売買として最大規模となる。なお、中国政府は「主権と安全に損害を与えるもので断固反対する」として、米政府に厳重抗議した。
・トランプ米大統領は、休養先のニュージャージー州で、ペンス副大統領やポンペオ国務長官ら政権幹部と会合を開き、アフガニスタンの反政府勢力タリバンとの和平交渉をめぐり協議した。ハリルザド・アフガン和平担当特別代表から交渉の進展具合について報告を受け、アフガン駐留米軍の撤収などを話し合ったとみられている。
・トランプ米大統領は18日、香港の「逃亡犯条例」改正案を巡るデモに関し、1989年の天安門事件のように中国当局が武力介入すれば、米中貿易協議での取引も難しくなると述べ、中国の動きをけん制した。
・トランプ米大統領「リセッションにあるとは認識していない」
・トランプ米大統領は、米国が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)とビジネスを行うことは望んでいないと表明した。

[2019-08-17][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・トランプ大統領は14日に米株式相場が急落したことを受けて、大手米銀3行のトップと電話会議し、米個人消費や景況感についての見方を尋ねていたようだ。複数の米メディアが16日、関係者の話として報じた。

[2019-08-16][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・トランプ米大統領「貿易戦争が長引くほど米国はより強くなる」「9月の中国との会合を依然として予定」
・トランプ米大統領「中国と米国の当局者が電話で協議」「中国が香港問題を人道的に解決するよう望む」「中国の習主席と近く電話会談を予定」
・トランプ米大統領「中国との貿易戦争、かなりの短期で済む見通し」「中国が追加関税に対して報復するとは思わない」「9月の米中協議は依然として有効」
・トランプ米大統領がインタビューで、「中国は合意を望んでいる。合意は適切な条件、率直に言って、米国に有利な条件に基づく必要がある。さもなければ、合意する目的はあるだろうか」と述べた、と報じている。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで「習中国国家主席が直接、抗議活動を行っている人たちと会えば、香港の問題は適切によい形で解決するだろう。間違いない」と指摘し、事態収拾に向けた中国の対応に改めて期待感を示した。
・トランプ米大統領は、英国と「非常に優れた大きな通商合意」を結ぶ見通しで、両国は合意に向かって急速に進んでいると述べた。
・トランプ米大統領は、中国の為替操作国認定は「公約通り」などと発言した。
・トランプ政権による中国の「為替操作国」認定をめぐり、後ろ向きだったムニューシン財務長官にトランプ大統領が圧力をかけていた、と報じている。ムニューシン氏は「人民元相場の動向が財務省の認定条件を満たさない」として繰り返し拒否していたが、人民元が今月約11年ぶりの安値である1ドル=7元台を付けたことを受け、トランプ氏はムニューシン氏に認定へ「強い圧力」をかけたという。
・トランプ米大統領がデンマーク領グリーンランドの買収に関心を示していると伝えた。関係筋らの証言としているが、真剣に買収を検討しているのかどうかは不明。共同通信が引用して伝えた。

[2019-08-15][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・トランプ米大統領「FRBは迅速に行動するべき」「FRBは速すぎる行動をしたあと、今は非常にかなり遅く行動している」
・トランプ米大統領「安全を望む大量の資金が米国に流入している」
・トランプ米大統領「米国の問題は中国ではなくFRB」「FRBの利上げは早かったが利下げは遅すぎた」「逆イールドは狂っている」
・トランプ米大統領は、貿易合意の前に中国を香港と人道的に協力させよう、などと発言した。
・トランプ米大統領は、状況が改善されない場合には米国の世界貿易機関(WTO)脱退もあり得るとの見解を示した。
・トランプ米大統領「中国はまずは香港を人道的に扱え」「中国は取引成立を望んでいる」
・トランプ米大統領「中国は多くの職を失い、(職は)非課税国に移っている」「関税延期は米国より中国に恩恵がある」
・トランプ米大統領は、中国の習主席が香港問題を迅速に解決可能なのは疑いない、などと発言した。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、「中国との貿易摩擦は問題ではない。問題はFRBだ」と指摘、そのうえで「これまでの利上げが急ピッチで行き過ぎだったが、いまや利下げが遅過ぎる」と批判した。またFRBのパウエル議長について、「愚かだ」と改めて攻撃している。
・トランプ米大統領は14日、中国は通商合意を望んでいるが、まずは香港を「人道的に」扱うべきとの考えを示し、通商合意と香港で続くデモの平和的な解決とを明確に関連付けた。

[2019-08-14][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・トランプ米大統領「中国は多くの米国産製品を購入する意向」「中国との対話な非常に生産的だった」「中国の貿易協定合意には常に楽観的」
・トランプ米大統領「中国軍が香港との境界に移動しているとの情報を諜報機関から得た」
・トランプ政権高官が、米英が11月1日付で発効する部分的な通商協定をめぐり協議を進めていることを明らかにしたと報じている。
・トランプ米大統領は13日、英蘭系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルがペンシルベニア州で建設中の総工費60億ドルの石化基礎原料エチレンの工場を視察し、米政府による環境規制緩和を背景に国内で大規模な石油関連事業がさらに立ち上がる見込みだと強調した。
・トランプ米大統領「中国を含む全当事者のため、うまく収まるよう望む」

[2019-08-13][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・トランプ米大統領が、ジョンソン英首相と電話会談を実施したと発表した。貿易や国際安全保障を含む広範な議題を話し合い、「近い将来直接会うことを楽しみにしている」と表明したという。今月下旬にフランスで開かれるG7首脳会議に合わせ、両首脳の初会談が実現する見通しだ。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、ロシアの爆発事故は原子力推進式巡航ミサイル「ブレベスニク」の失敗だったと指摘し、空気が汚染されていないか人々を不安に陥れていると批判した。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターに、ロシア北部で8日に起きたミサイル実験にともなう爆発事故について、「米国は多くのことを学んでいる」と投稿、情報収集を続けていることを明らかにした。
・トランプ米大統領「米国が受け取っている数百億ドル(関税)は中国からの贈り物」「価格は上昇せず、インフレはない」
・トランプ米大統領は13日、中国が米農産品の大量購入に動く可能性があるとの見方を示した。トランプ大統領はツイッターへの投稿で「いつも通り、中国は偉大な米農家から『大規模な』購入を行うと言っておきながら、実行に移していない。しかし、今回は違うかもしれない!」と述べた。

[2019-08-12][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・トランプ米大統領は、ホワイトハウスで記者団に対し、悪化する日韓関係について「日本と韓国は米国の同盟国だ。いつもケンカをしているが、仲良く付き合っていかなくてはならない」と述べ、関係修復を促した。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、北朝鮮の金朝鮮労働党委員長が書簡で、20日までの予定で実施中の米韓合同軍事演習が終了したのち、北朝鮮の非核化をめぐる米朝協議を再開したいと述べていたことを明らかにした。また、金委員長は最近の短距離ミサイル発射について「わずかな謝罪」をし、演習終了後に発射を停止する意向を示したという。
・トランプ米大統領は記者団に対し、米中貿易協議に関し、9月上旬に米ワシントンで予定されている閣僚級協議の開催が不透明だと示唆した。また、中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)と米国企業との取引を厳しく取り締まる方針も改めて示している。
・トランプ大統領がビーガン北朝鮮担当特別代表を駐ロシア大使に起用する人事を検討している、と報じている。ただ、トランプ氏は今月、次期国家情報長官の人事を発表から5日後に取り下げたばかり。VOXは「トランプ氏が心変わりする可能性は常にある」とも付け加えていた。
・トランプ米大統領は9日、首都ワシントンを政府専用機で離れ、夏休みに入った。18日まで主に東部ニュージャージー州ベッドミンスターにある自身のゴルフ場で過ごす予定としている。ただ、休暇中もツイッターを使用した「発言」は継続する見込みで、金融市場にとっての波乱要因に。

[2019-08-10][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・トランプ米大統領の発言を受けた、ドルの重い動きが続いており、ドル円は105.30円まで一段安。また、ユーロドルは1.1222ドルまで上値を伸ばし、ポンドドルは1.2085ドル近辺に下値を切り上げている。
・9日の英国債相場は上昇(利回りは低下)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間10日3時時点の水準で、前営業日終値比0.038%低い(価格は高い)0.484%だった。

[2019-08-09][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、米国の代理としてイランと対話することをどの国にも認めていないとし、フランスのマクロン大統領がイラン政府に「曖昧なシグナル」を送っていると批判した。
・トランプ米大統領「ゴードン米国家情報機関副長官は15日に辞任するだろう」「新たな国家情報機関副長官は近いうちに指名する」
・トランプ米大統領「FRBが1.00%利下げすることに期待」「華為技術(ファーウェイ)と取引するつもりはない」
・トランプ米大統領「9月の中国との会合はキャンセルの可能性もあり得る」
・トランプ米大統領「米国はドルを下落誘導しない」「その必要はない」

[2019-08-08][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、韓国が北朝鮮に対する防衛費として米国に支払う額を「大幅に」増やすための協議が行われていることを明らかにした。「米国への支払いをさらに増やすための協議が始まった。韓国は大変裕福な国で、いまは米国が提供する軍事防衛に貢献する義務を感じている。両国の関係は大変良いものだ」と指摘している。
・トランプ米大統領は、中国に対する強硬なスタンスはいずれ米経済に恩恵をもたらすとの見解を示した。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターに、「FRBは大幅で速やかな利下げを行うべきだ」と書き込み改めて金融緩和を迫った。「我々の問題は中国ではない」とも主張し、FRBへの不満をぶちまけている。
・トランプ米大統領「FRBの政策でドルが非常に強くなることはうれしくない」「FRBの政策により維持される強いドルは魅了されない」

(最終更新日時 2019-08-20 10:24)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース