ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

中間派

 HDP   -0.5(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-12-12][NP     HDP -0.5 CHDP -0.1 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「政府機関の閉鎖は望まない」「国境の壁の予算を受け入れなければ政府機関を閉鎖する」
・トランプ米大統領は記者団に対し、1-2週間以内に新たな大統領首席補佐官を発表すると述べた。また、多くの候補者と面談していると明らかにしている。
・トランプ米大統領「中国との非常に生産的な対話が続いている。幾つかの重要な発表に注意しろ」
・トランプ米大統領は、メキシコとの国境の壁建設費用を巡り、民主党と11日に合意に至る可能性は低いとの見方を示した。ホワイトハウスで民主党幹部と会談したがテレビカメラの前で激しい言い合いとなり、一部の連邦予算の期限が切れる21日までに合意できるか疑問が高まった。
・トランプ米大統領「必要なら貿易問題で中国の習国家主席と会談するだろう」「中国は米国から多くの大豆を購入」
・トランプ米大統領「日本とEUへの自動車関税の決定は交渉次第」
・トランプ米大統領「来週のFOMCで利上げならばかげている」
・トランプ米大統領「FRBが来週利上げするなら過ちだ」
・トランプ米大統領がインタビューで、サウジアラビアのサルマン皇太子について、ジャーナリストのカショギ氏殺害をめぐり批判はあるものの、依然支持していると述べたと報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2018-12-12][NP     HDP -0.5 CHDP -0.1 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「政府機関の閉鎖は望まない」「国境の壁の予算を受け入れなければ政府機関を閉鎖する」
・トランプ米大統領は記者団に対し、1-2週間以内に新たな大統領首席補佐官を発表すると述べた。また、多くの候補者と面談していると明らかにしている。
・トランプ米大統領「中国との非常に生産的な対話が続いている。幾つかの重要な発表に注意しろ」
・トランプ米大統領は、メキシコとの国境の壁建設費用を巡り、民主党と11日に合意に至る可能性は低いとの見方を示した。ホワイトハウスで民主党幹部と会談したがテレビカメラの前で激しい言い合いとなり、一部の連邦予算の期限が切れる21日までに合意できるか疑問が高まった。
・トランプ米大統領「必要なら貿易問題で中国の習国家主席と会談するだろう」「中国は米国から多くの大豆を購入」
・トランプ米大統領「日本とEUへの自動車関税の決定は交渉次第」
・トランプ米大統領「来週のFOMCで利上げならばかげている」
・トランプ米大統領「FRBが来週利上げするなら過ちだ」
・トランプ米大統領がインタビューで、サウジアラビアのサルマン皇太子について、ジャーナリストのカショギ氏殺害をめぐり批判はあるものの、依然支持していると述べたと報じている。

[2018-12-11][NP     HDP -0.2 CHDP -0.2 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領が、近く退任するケリー大統領首席補佐官の後任にメドウズ共和党下院議員、2016年大統領選のトランプ陣営元幹部ボッシー氏、ニュージャージー州元知事のクリスティー氏を検討していることが、事情に詳しい関係筋の話で明らかになったと報じている。
・トランプ大統領が補佐官との会話で、来年、下院が民主党の支配下に移ったのち、自身が弾劾される可能性について懸念を表していると報じている。トランプ氏は弾劾を「現実味のある可能性」と考えているが、確信はしていないという。
・トランプ大統領の最側近となる次の大統領首席補佐官人事で、メラニア大統領夫人が最有力候補とされたペンス副大統領の首席補佐官エアーズ氏の起用に反対していた、と報じている。
・トランプ米大統領(ツイッターで)「中国ととても生産性のある話し合いが行われている、重要なアナウンスに注意」

[2018-12-10][NP     HDP -0.2 CHDP -0.2 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領「中国との交渉は順調に進んでいる」
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長の後任として、ミリー陸軍参謀総長を指名することを明らかにした。就任には上院の承認が必要。交代時期は「未定」という。

[2018-12-07][NP     HDP -0.2 CHDP -0.2 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・トランプ大統領が近日中に司法長官候補を選ぶ可能性があり、セッションズ前司法長官の後任として、ブッシュ(父)政権で司法長官を務めたバー氏の起用を検討していると報じている。
・トランプ米大統領は米国の次期国連大使にナウアート氏を指名する方向となった。
・トランプ米大統領「中国との合意が90日間に可能との点に同意」
・トランプ米大統領(自身のツイートで)「中国の交渉は上手くいっている」

[2018-12-06][NP     HDP -0.2 CHDP -0.2 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は自身のツイッターで、原油相場の上昇は望ましくないとし、石油輸出国機構(OPEC)と主要産油国に対し、来年は減産しないようあらためて要請した。

[2018-12-05][NP     HDP -0.2 CHDP -0.2 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領「中国との貿易合意はたぶん実現するだろう」
・トランプ米大統領「私は関税マン(Tariff Man)」
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで「中国との交渉はすでに始まっている」としたうえで、「米中貿易協議は、おそらく合意できるだろう」との期待を示した。一方、猶予期間については「延長されない限り」、1日にアルゼンチンで行われた習中国国家主席との夕食会から90日で終了すると指摘している。
・トランプ米大統領は4日、ホワイトハウスでドイツの自動車大手ダイムラー、フォルクスワーゲン(VW)、BMWの首脳と面会し、米国への投資拡大を呼び掛けた。対ドイツの貿易赤字を問題視しており、米国での生産を促し赤字縮小につなげたい考えだ。
・トランプ米大統領は、中国とは真のディールかノーディールのどちらかだという見解を示した。

[2018-12-04][NP     HDP -0.2 CHDP -0.2 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・トランプ氏は1日、「近く正式にNAFTAを離脱する」と発言し「議会のせいで合意が成立しなかった場合、議会は新協定か、NAFTAが発効した1994年より前の貿易ルールに戻るかの選択を迫られる」と指摘している。
・トランプ米大統領は自身のツイッターで、中国、およびロシアとの軍拡競争を終わらせるために、将来的に両国の首脳と軍事をめぐる情勢について協議する意向を示した。ただ、詳細は明らかにしていない。
・トランプ米大統領が、新たに始まる中国との通商交渉について、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表を監督役として任命した、と報じている。ホワイトハウス当局者が明らかにしたという。
・トランプ米大統領は自身のツイッターで、習中国国家主席との会談で新たな関税引き上げを一時的に見送ったことで、両国関係が大きく前進したとの認識を示した。また、両首脳だけが貿易などの問題で、大きく非常に前向きな変化をもたらすことができるという考えも示している。
・トランプ米大統領の元個人弁護士、コーエン被告がロシア疑惑に関する米議会への偽証などを認めたことについて、トランプ氏は自身のツイッターで、「完全かつ全面的」な判決を望むと発言した。大統領を含め政府要職者が司法手続きに言及するのは異例のこと。

[2018-12-03][NP     HDP -0.2 CHDP -0.2 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は自身のツイッターで、2016年の米大統領選中にロシアとのビジネスを継続していたことは「極めて合法」で「まったく問題はない」とし、自身の決断を正当化した。
・トランプ米大統領は、米中首脳会談を前に、為替操作に関する不満を再び述べた。中国を具体的に名指しはしなかったが、「一部の国々による為替操作は極めて強烈で、非常に悪い」と指摘している。
・トランプ米大統領は、実施した米中首脳会談で、習国家主席と「特別な関係にある」と述べた。
・トランプ米大統領は、訪問先のアルゼンチンで韓国の文大統領と会談し「北朝鮮の最終的、全面的かつ検証可能な非核化」を目指す方針を確認した。そのうえで「非核化が朝鮮半島の経済発展と恒久平和に向けた唯一の道だと北朝鮮に理解させるため、既存の制裁をしっかり履行し続けることが重要」との認識で一致したという。
・トランプ米大統領は、北朝鮮の金朝鮮労働党委員長との再会談が1月か2月に開かれる可能性があると述べ、候補地として3ヵ所を検討していると明らかにした。また、金氏をいずれかの時期に米国に招待する考えも同時に示している。
・トランプ米大統領が北朝鮮の金朝鮮労働党委員長との2回目の会談について言及したことを受け、韓国大統領府の金報道官は記者会見で、「具体的議題や日程が速やかに確定することを願う。そのためにわが政府も、できるだけ協力していく」と述べた。
・トランプ米大統領は、アルゼンチンで開催されていたG20首脳会合後の記者会見を中止した。理由として、ブッシュ元大統領の死去を挙げており、ツイッターには「ブッシュ氏の葬儀後まで記者会見を待つ」と書き込んでいる。
・トランプ米大統領は、現在の北米自由貿易協定(NAFTA)からの離脱を米議会に近く通知すると表明した。現行協定は通知から6ヵ月後に離脱できると規定している。カナダ、メキシコと先月30日に署名した新協定の早期承認を議会に促す狙いがある。
・トランプ米大統領は記者団に対し「議員らがブッシュ元大統領の死去を理由に期限延長を求めるのであれば、わたしは当然それを検討し、恐らく認めるだろう」と述べ、政府予算の期限を2週間延長することに前向きな姿勢を示した。
・トランプ米大統領は、中国は自動車輸入関税の引き下げ・撤廃に同意したという見解を示した。
・トランプ米大統領(自身のtwitterで)「中国は米国からの輸入車への関税の軽減や撤廃で合意した」

[2018-11-30][NP     HDP -0.2 CHDP -0.2 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領、プーチン露大統領との会談中止、ウクライナ関連で
・「トランプ米大統領とロシアのプーチン大統領の会談はウクライナ問題を受けて中止になる可能性がある」ようだ。
・トランプ米政権が、ドイツ自動車大手3社と通商政策について意見を交換するため、経営幹部を12月4日にホワイトハウスに招いたと報じている。
・トランプ米大統領は自身のツイッターで、中国との関税問題に関して「先は長い」と書き込んだうえ、企業に対し、関税を回避するために国内で生産するよう呼び掛けている。
・トランプ米大統領「通商面で中国と何かを行える状況に近づいているが、わたしがそれを望んでいるかどうかは分からない」
・トランプ米大統領の個人弁護士を長年務めたコーエン氏が、ロシア疑惑に関する偽証を認め、モラー特別検察官との司法取引に応じたと報じている。それに対し、トランプ氏は記者団に「罪を軽くするためにウソをついている」とコーエン氏を非難したという。
・トランプ米大統領「G20では重要な会談が予定されており、非常に生産性のあるものになるだろう」
・トランプ米大統領は30日朝、アルゼンチンのマクリ大統領と訪問先のブエノスアイレスで朝食をともにしながら会談した。ホワイトハウスの発表によると、両首脳は人道危機が深刻になっているベネズエラ問題を議論。中国による略奪的な経済活動への対処で連携を確認した。

[2018-11-29][NP     HDP -0.2 CHDP -0.2 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領の長女イバンカ大統領補佐官がインタビューで、公務で私用メールを使っていた問題をめぐり、機密情報は扱っていないなどと述べ、私用メールの公務利用は正当と主張したと報じている。
・トランプ米大統領は、自動車大手GMが今週、人員削減や減産を含む北米事業再編策を発表したことを受け、自動車関税の「見直し」を進めていることを明らかにした。トランプ氏は、自動車に25%の関税を課せば、米国内での自動車生産促進につながると強調。さらに、関税によって、GMの国内工場閉鎖を阻止できるとの考えを示している。
・トランプ大統領がインタビューで、2016年大統領選でトランプ陣営の選挙対策本部長だったマナフォート被告に対し、恩赦を与える可能性を排除しないとの見方を示したと報じている。

(最終更新日時 2018-12-13 00:23)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース