ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

中間派

 HDP   -0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-01-14][NP     HDP -0.8 CHDP -0.2 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領が、北朝鮮の金朝鮮労働党委員長との2回目の米朝首脳会談を2月中旬にベトナムで開催するよう北朝鮮側に提案したと、日米韓協議筋が明らかにしたと報じている。北朝鮮は検討中で、まだ返答はしていないという。
・2月1日に辞任する世界銀行のキム総裁の後任候補に、トランプ米大統領の長女イバンカ大統領補佐官やヘイリー前米国連大使らが浮上している、と報じている。
・トランプ米大統領は、メキシコ国境をめぐる国家非常事態宣言に関し「すぐにはやらない」と述べ、早期の実施に慎重な立場を示した。
・トランプ米大統領がインタビューで、議会の承認を得ずに壁建設費を確保する非常事宣言をなぜ直ちに出さないのかと問われ、「彼らにチャンスを与え、責任ある行動を取れるのか見極めたい」と述べ、民主党議員らに交渉の余地を与えると示唆した。
・トランプ米大統領が2017年7月にドイツでロシアのプーチン大統領と会談した後に、通訳が書き留めたメモを取り上げたうえで、協議内容を米高官と共有しないよう通訳に指示していた、と報じている。この会談に同席していた当時のティラーソン国務長官から協議内容を知らされた米高官が、より詳細な情報を通訳に求めた際に発覚したという。
・トランプ大統領が2017年5月にコミー前連邦捜査局(FBI)長官を解任した直後、トランプ氏がロシアの利益のために活動していた疑いがあるとして、FBIが捜査を開始していたと報じている。
・トランプ米大統領がインタビューで、連邦捜査局(FBI)がロシアとの内通の疑いで自身を捜査していたとの米報道に関し、「ひどい侮辱だ」と反発したと報じている。
・トランプ政権が昨年9月、イラクの首都バグダッドの米大使館がある外国公館地区がイランの支援を受ける武装勢力に攻撃されたことを受け、対イラン武力行使を一時検討したと報じた。時事通信が引用して伝えたもの。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、内戦が続くシリアからの米軍撤収について、トルコが米軍と共闘してきたクルド人勢力を攻撃すれば「トルコを経済的に壊滅させる」と書き込み、経済面での圧力を持ち出してトルコをけん制した。
・トランプ米大統領「中国との通商協議は合意に達するだろう」「対中協議の順調さが株式相場を上昇させる」「政府機関を一時的に再開させるという上院議員からの提案は断った」
・トランプ米大統領「米国と中国は貿易協議している。交渉は順調」「国境問題で、非常事態宣言を発動するつもりない」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2019-01-14][NP     HDP -0.8 CHDP -0.2 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領が、北朝鮮の金朝鮮労働党委員長との2回目の米朝首脳会談を2月中旬にベトナムで開催するよう北朝鮮側に提案したと、日米韓協議筋が明らかにしたと報じている。北朝鮮は検討中で、まだ返答はしていないという。
・2月1日に辞任する世界銀行のキム総裁の後任候補に、トランプ米大統領の長女イバンカ大統領補佐官やヘイリー前米国連大使らが浮上している、と報じている。
・トランプ米大統領は、メキシコ国境をめぐる国家非常事態宣言に関し「すぐにはやらない」と述べ、早期の実施に慎重な立場を示した。
・トランプ米大統領がインタビューで、議会の承認を得ずに壁建設費を確保する非常事宣言をなぜ直ちに出さないのかと問われ、「彼らにチャンスを与え、責任ある行動を取れるのか見極めたい」と述べ、民主党議員らに交渉の余地を与えると示唆した。
・トランプ米大統領が2017年7月にドイツでロシアのプーチン大統領と会談した後に、通訳が書き留めたメモを取り上げたうえで、協議内容を米高官と共有しないよう通訳に指示していた、と報じている。この会談に同席していた当時のティラーソン国務長官から協議内容を知らされた米高官が、より詳細な情報を通訳に求めた際に発覚したという。
・トランプ大統領が2017年5月にコミー前連邦捜査局(FBI)長官を解任した直後、トランプ氏がロシアの利益のために活動していた疑いがあるとして、FBIが捜査を開始していたと報じている。
・トランプ米大統領がインタビューで、連邦捜査局(FBI)がロシアとの内通の疑いで自身を捜査していたとの米報道に関し、「ひどい侮辱だ」と反発したと報じている。
・トランプ政権が昨年9月、イラクの首都バグダッドの米大使館がある外国公館地区がイランの支援を受ける武装勢力に攻撃されたことを受け、対イラン武力行使を一時検討したと報じた。時事通信が引用して伝えたもの。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、内戦が続くシリアからの米軍撤収について、トルコが米軍と共闘してきたクルド人勢力を攻撃すれば「トルコを経済的に壊滅させる」と書き込み、経済面での圧力を持ち出してトルコをけん制した。
・トランプ米大統領「中国との通商協議は合意に達するだろう」「対中協議の順調さが株式相場を上昇させる」「政府機関を一時的に再開させるという上院議員からの提案は断った」
・トランプ米大統領「米国と中国は貿易協議している。交渉は順調」「国境問題で、非常事態宣言を発動するつもりない」

[2019-01-11][NP     HDP -0.8 CHDP -0.2 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領「中国との通商協議で大きく成功」
・トランプ米大統領は22日からスイスで始まる世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)への出席を取りやめたと伝わった。
・トランプ米大統領は、2016年大統領選の陣営元選対本部長、マナフォート被告が、ロシア側のビジネスパートナーと選挙データを共有したとされる件について知らなかったと説明した。
・トランプ米大統領は記者団に対し、公約のメキシコ国境の壁建設をめぐり政府機関の一部閉鎖が続いていることについて、「野党民主党との協議が不調に終われば、おそらく非常事態を宣言するだろう」と述べた。
・トランプ米大統領は記者団に対し、米国は中国との通商交渉で多大な成功を収めていると強調した。ただ具体的な成果には触れていない。
・トランプ米大統領は10日、メキシコ国境の壁建設費用を巡って議会で民主党と物別れに終わった場合、資金確保に向け国家非常事態を宣言する公算が大きいと記者団に言明した。
・トランプ米大統領は、南部テキサス州のメキシコ国境を訪れ、公約である国境の壁建設の必要性をアピールした。国境警備隊員らと懇談したのち、「我々は壁を手に入れる。それがなければ問題を解決できない」と強調している。
・トランプ米大統領「壁で合意なければ非常事態を宣言する公算が大きい」
・トランプ米大統領「壁建設の合意がなければ非常事態宣言をする公算が高い」「議会と取引できるだろう」

[2019-01-10][NP     HDP -0.8 CHDP -0.2 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領「もし、合意なければ、非常事態宣言を発動する可能性」
・トランプ米大統領は民主党のペロシ下院議長とシューマー上院院内総務との会談を「時間の無駄」として退席した。
・トランプ米政権が昨年、米国におけるEUの駐米大使や代表部の外交的地位について、各国大使らと同等から国際機関の代表並みに格下げしていたことが分かった、と報じている。EU側には事前に通知しなかったという。
・トランプ米大統領は、メキシコとの国境警備問題について、与党共和党は求める方針でまとまっているとの考えを示した。
・トランプ米大統領は、空席となっている環境保護局の長官に、現在長官代行を務めるウィーラー氏を指名した。就任には上院の承認が必要となる。
・トランプ米大統領は記者団に対し、メキシコ国境の壁建設費用を含む予算案をめぐり議会が合意できなければ、自身には国家非常事態を宣言する権限があるとの考えを再表明した。

[2019-01-09][NP     HDP -0.8 CHDP -0.2 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は貿易戦争への懸念で悪化した金融市場を押し上げるため、中国と合意することを一段と望んでいる。事情に詳しい関係者が明らかにした。北京で開かれている米中次官級通商協議は9日も行われる。
・複数の米メディアは、トランプ米大統領の元側近であるマナフォート被告が2016年の米大統領選中にロシアの情報機関とつながりを持つロシア人政治コンサルタントに選挙情報を提供していたことが明らかになった、と報じている。
・トランプ米大統領「南の国境が違法なドラッグの供給ルート」「障壁が国境警備に絶対的に必要」
・トランプ米大統領「国境の壁建設には57億ドルが必要」「民主党の要求でコンクリートではなく鉄製の壁に合意した」「政府機関閉鎖を解決するには民主党が国境警備の費用を認めること」

[2019-01-08][NP     HDP -0.8 CHDP -0.2 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米政権が2回目の米朝首脳会談の開催候補地を視察するチームをバンコク、ハノイ、ハワイに派遣していた、と報じている。トランプ政権は開催地の絞り込みに入っておらず、候補地リストが増える可能性もありそうだ。
・トランプ米大統領「中国との協議はとてもうまくいっている」「米国経済指標はかなり良好」
・トランプ米大統領は、自身のツイッターに「中国との協議はとても順調に進んでいる」と投稿し、北京で行われた米中の次官級貿易協議で進展があったと強調した。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、FRBがゼロ金利を復活するなら景気の押し上げが可能になるとして、低金利を望む考えを示した。

[2019-01-07][NP     HDP -0.8 CHDP -0.2 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は、記者団に対し「中国の状況は現在良好ではなく、米国を有利な立場に置くことになる。米国は好調に推移しているからだ」と述べた。そのうえで「中国と合意するだろう。中国はそれを望んでおり、そうするしかないと考える」と楽観的な見通しを示している。
・トランプ米大統領は記者会見で、スマートフォン「iPhone」の中国販売が振るわないなどの理由で業績予想を下方修正した米アップルに関して「心配していない」と述べた。そのうえで、アップルがスマホなどの主力製品を中国で生産していることを指摘し「米国で生産してほしい」と求めている。
・トランプ米大統領は、ホワイトハウスで記者団に、2回目の米朝首脳会談について、「開催場所を交渉している」と述べた。「恐らく開催地は近いうちに発表されるだろう」とも述べ、実現に楽観的な見通しを示している。
・トランプ米大統領は記者会見で、国家非常事態を宣言し議会承認を経ずにメキシコ国境の壁建設費を捻出することを検討していると明らかにした。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、最近の金融市場における乱高下について、民主党が下院を掌握したことに端を発するとの考えを示したうえで、「状況はいずれ落ち着く」との考えを示した。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、マティス前国防長官の後任に元民主党上院議員のウェッブ氏が検討されているとした米紙NYタイムズの報道を「フェイクニュース」と否定した。
・トランプ米大統領は6日、メキシコとの国境に壁を建設する自身の方針を堅持する構えを示した上で、建設費用を巡る民主党との対立解消に向け、壁をコンクリート製ではなく、鋼鉄製にする可能性に言及した。

[2019-01-05][NP     HDP -0.8 CHDP -0.2 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領と米両党議会指導者、政府機関閉鎖に関する協議。
・トランプ米大統領「議員との協議は非常に建設的だった」「米中貿易協議はうまくいっている」
・トランプ米大統領「アップルや米株式市場について懸念せず」「アップルがiPhoneやその他製品を米国で製造することを望む」

[2019-01-04][NP     HDP -0.8 CHDP -0.2 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領「壁の予算要求で譲らず」
・トランプ米大統領「現在進行中の様々な貿易交渉はうまくいっている」
・トランプ米大統領のアドバイザーが、一部閉鎖されている政府機関の再開に向けて議会下院が検討している2本の法案に拒否権を発動するよう大統領に助言する方針だとする声明を発表した。
・トランプ政権がマティス前国防長官の後任に、知日派として知られる元民主党上院議員のジム・ウェッブ氏(72)を検討していると報じた。ペンス副大統領やマルバニー大統領首席補佐官代行の関係者がウェッブ氏に接触したと伝えた。毎日新聞が引用して報じた。
・トランプ米大統領は4日、最近の金融市場における乱高下について、民主党が下院を掌握したことに端を発するとの考えを示した上で、「状況はいずれ落ち着く」とし、投資家の懸念払拭に努めた。トランプ大統領はツイッターへの投稿で「民主党が下院もしくは上院を掌握すれば、金融市場が混乱を来たすと、私はこれまでに何度も言ってきた」と述べた。

[2019-01-03][NP     HDP -0.8 CHDP -0.2 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領「民主党と協力していく」
・トランプ米大統領「そう遠くない時期に金氏(朝鮮労働党委員長)との会談を開催」
・トランプ米大統領「中国との貿易交渉は非常に良いものとなるだろう」「貿易協定が修正されれば、株式相場は再び上昇へ」
・トランプ米大統領「政府閉鎖は当面続くだろう。すぐには終わらない」「FRBの支援が必要だと思うが、マーケットは上手くいくだろう」
・トランプ米大統領「FRBによるちょっとした支援が必要」
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、3日に米上院議員に就任するロムニー氏に対し、「チームプレーヤー」になるよう呼び掛けた。ロムニー氏は、米紙で大統領の資質不足を批判している。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、シリアからの米軍の撤収は「一定期間にわたり」実施すると指摘したものの、明確な日程は示さなかった。
・トランプ米大統領は記者団に対し、北朝鮮の金朝鮮労働党委員長から書簡を受け取ったことを明らかにしたうえで、さほど遠くない将来に首脳会談を開催することを想定していると述べた。
・トランプ米大統領は、政府機関の一部閉鎖が12日目に入った2日の閣議で、争点となっている対メキシコ国境での壁建設費の予算計上を求める姿勢を改めて示し、政府機関が再開されるまで「長い時間がかかる可能性がある」と警告した。
・トランプ米大統領は、連邦予算の一部失効で政府機関の一部閉鎖が続いている問題で、与野党の議会指導部と会談した。同氏が求める「国境の壁」建設費の予算計上をめぐって協議したが大きな進展はなく、トランプ氏は4日の再会談を提案している。
・トランプ米大統領は、昨年12月の株式相場下落は「瞬間的な不調」に過ぎないとし、貿易協定がまとまれば上昇するとの認識を示した。またFRBは相場の安定を援護すべきとしている。
・トランプ米大統領は、連邦政府機関の一部閉鎖が続いている問題について共和、民主両党の議会指導部とホワイトハウスで協議したが、物別れに終わった。
・トランプ米大統領(ツイッターで)「壁なしで本当の国境警備はあり得ない」

[2019-01-02][NP     HDP -0.8 CHDP -0.2 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、最重要公約に掲げたメキシコ国境の壁建設に関し「すべてコンクリート製の壁は一度も断念していない」と強調した。退任予定のケリー大統領首席補佐官が米紙に「コンクリートの壁は政権の早い段階でやめた」と発言したことを否定した格好になる。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、シリア駐留の米軍について「ゆっくりと帰還させている」と明らかにした。周辺に指示した早期の全面撤退を軌道修正し、過激派組織ISの完全壊滅を最優先事項と位置づける米軍や議会に配慮した格好だ。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、「2019年にはわが国にとって素晴らしいことが起こる」と指摘した。続けて、「とにかく落ち着いて、乗り心地を楽しんで」と書き込み、政権を信頼するよう求めている。
・トランプ米大統領(ツイッターで)「金・北朝鮮委員長は核実験を行なっていないと言っている」「大きな経済的潜在力を有していることを自覚している金委員長と会談することを楽しみにしている」
・「トランプ・パウエル会談、リスクを抱える和解か」と報じた。
・トランプ大統領が、国境の警備について説明するため現地時間2日、与野党の幹部をホワイトハウスに招いて会合を開くと報じている。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、北朝鮮の金委員長が発表した2019年の新年の辞について「わたしも金委員長と会うのが楽しみだ。彼は北朝鮮が大きい経済的な潜在力を秘めていることが分かっている」と表明した。
・トランプ米大統領はツイッターへの投稿で、「ガソリン価格が安い。今年は値下がりするだろう。そうなれば良いことだ」と述べた。ツイッターへの投稿で、「ガソリン価格がとても安く、さらに値下がりしているのは単なる幸運だと思うか。ガソリン価格が安いというのは、新たな減税のようなものだ」と記している。

(最終更新日時 2019-01-15 20:38)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース