ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

中間派

 HDP   -1.5(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-11-09][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「関税撤廃を中国が求めているが決定ではない」
・トランプ米大統領「通商合意の署名は米国でされるだろう」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2019-11-09][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「関税撤廃を中国が求めているが決定ではない」
・トランプ米大統領「通商合意の署名は米国でされるだろう」

[2019-11-07][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「13日にホワイトハウスでエルドアン・トルコ大統領と会う事を楽しみにしている」
・トランプ米大統領の弾劾調査を行っている議会下院の3委員会は、マルバニー大統領首席補佐官代行に対し11月8日に証言を行うよう求めたことを明らかにした。マルバニー氏は応じない方針だ。

[2019-11-05][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領の納税記録提出の是非を巡る裁判で、ニューヨークの第2巡回区控訴裁判所は4日、一審の判断を支持し、トランプ氏が長年利用している会計事務所マザースUSAに対してトランプ氏の過去8年分の納税記録を検察当局に提出するよう命じた。トランプ氏の弁護士は判決を不服として最高裁に上告する方針を明らかにした。
・トランプ米大統領「合意に近づいている、中国は合意を強く望んでいる」

[2019-11-04][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は、南部ミシシッピ州での選挙集会で、米国が日本など裕福な同盟国の防衛に多くの負担を強いられていると不満を示し、「これらの国は金を払わなければならない」と繰り返し訴えた。安倍首相との会談にも言及し、「日本の首相には大きな敬意を抱いているが、首相に『長年どうやって負担金を払うことなく逃げ切れたんだ』と尋ねたら、彼は目をそらし、ちゃんと答えられなかった」と指摘している。
・トランプ米大統領は、米中貿易交渉をめぐる中国の習国家主席との首脳会談について、中西部アイオワ州での開催を検討していると明らかにした。
・トランプ米大統領は、米議会下院が、トランプ大統領をめぐるウクライナ疑惑で、トランプ氏の弾劾訴追に向けた調査に関する決議を賛成多数で可決したことについて、ツイッターで「米国史上、もっともひどい魔女狩りだ」と書き込み、強く反発した。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、「多額の税金を毎年払っているにもかかわらず、市と州の政治家からとてもひどい扱いを受けている」などし、NY州への不満を漏らしたうえで、居住地をフロリダ州に変更したことを明らかにした。フロリダ州には所得税や相続税がなく、節税が主な目的とみられている。
・トランプ米大統領が重要政策の発表などで愛用するツイッターについて、2017年1月の就任から今年10月までの約33ヵ月間にわたるすべての投稿内容を分析したとし、結果を報じた。総数は約1万1000で、半数超の6000弱が「誰かまたは何かへの攻撃」だったとしている。
・アメリカのトランプ大統領は貿易赤字を解消するために検討を続けている日本やEUの自動車に高い関税を上乗せする輸入制限措置について、今月中旬までに発動するかどうかの判断を示す方針で、その行方が注目されている。ロス商務長官は3日、アメリカのメディア、ブルームバーグのインタビューで「アメリカへの工場の投資計画をめぐって個別の交渉が進んでいるため、発動の必要はないかもしれない」と述べた。
・トランプ米大統領「株式市場は過去最高を記録。お金をうまく使いましょう」

[2019-11-01][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は、英国がジョンソン首相とEUとの離脱協定案の条件通りにEUを離脱した場合、同国との貿易交渉が困難になるとの認識を示した。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、米中貿易協議「第1段階」の合意文書への署名について「新たな開催地が近く公表されるだろう」と指摘した。11月中旬に南米チリでの開催が予定されていたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が中止となったことを受け、「中国と米国は、署名を行うための新たな場所を選んでいるところだ」と説明している。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、FRBに対し「ドイツや日本などよりも低金利であるべきだ」と主張、改めて大幅利下げを迫った。さらに「問題は中国ではなくFRBだ」とし、米経済のリスクは米中貿易問題ではなく、金融政策にあるとの持論を展開している。

[2019-10-31][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領が中国に対し、米農産品の大規模購入を確約するよう迫ってきたが、米中通商交渉に詳しい複数の関係者によると、中国がこの要求に抵抗していることが交渉の難航を招く主な要因になっていると報じている。
・トランプ米大統領が駐ロシア大使に指名したサリバン国務副長官は、トランプ大統領の個人弁護士ジュリアーニ氏がヨバノビッチ前ウクライナ大使の解任に関与していたことを今年の早い段階に認識していたと述べた。
・トランプ米政権が、北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の下で免税措置の確保を目指す各国の自動車会社に対し、自動車と自動車部品をどこでどのように製造するか指示したい考えだ、と報じている。実現すれば、貿易と生産の管理に向けたトランプ政権によるこれまででもっとも直接的な介入となる。
・トランプ米大統領「米中の第1段階合意の署名で新しい開催地を近く公表する」
・トランプ米大統領「パウエルFRB議長に国民は非常に失望している」

[2019-10-30][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領の娘婿であるクシュナー大統領上級顧問は、開始から1年4ヵ月余りが経過している米中貿易戦争について、両国は2国間通商関係がどの方向に向かうべきか理解に至ったとの認識を示した。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで「FRBはやっていることが分かっていない」と主張。米経済は「無限の潜在力を秘めているがFRBが足を引っ張っている」と不満を訴えている。
・トランプ米大統領は来週タイで開催される東アジアサミットと米国・東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議への出席を見送る。中国の影響力拡大を懸念するアジア諸国の間に失望感が広がるとみられる。ホワイトハウスによると、両会議にはオブライエン大統領補佐官(国家安全保障担当)が出席する。タイで開かれるインド太平洋ビジネスフォーラムにはロス商務長官が参加する。

[2019-10-30][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領の娘婿であるクシュナー大統領上級顧問は、開始から1年4ヵ月余りが経過している米中貿易戦争について、両国は2国間通商関係がどの方向に向かうべきか理解に至ったとの認識を示した。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで「FRBはやっていることが分かっていない」と主張。米経済は「無限の潜在力を秘めているがFRBが足を引っ張っている」と不満を訴えている。

[2019-10-29][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は、第5世代移動通信システム(5G)の安全確保推進に向け「同志国」と協力していくと表明した。
・トランプ米大統領が軍事支援と引き換えにバイデン前副大統領の調査をウクライナ政府に求めた疑いをめぐり、野党・民主党のペロシ下院議長は28日、トランプ氏の弾劾調査に議会のお墨付きを与えるための決議案を週内に本会議で採決すると明らかにした。民主党が一方的に調査を始めたとトランプ政権が批判しており、議会の総意を示すことで調査を円滑に進める狙いがある。
・トランプ米大統領が政敵のバイデン前副大統領に関する調査をウクライナ政府に求めたとされる問題について、ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)メンバーが下院委員会で、そうした要求は不適切だと証言すると報じている。証言するのは、NSCでウクライナ専門官を務めるビンドマン陸軍中佐になる。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、死亡したイスラム過激派組織ISの最高指導者バグダディ容疑者の後継者の筆頭だった可能性が高い人物も「米軍によって殺されたことが確認された」と指摘した。

[2019-10-28][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は、米中貿易協議をめぐり、「中国が制裁関税の一部撤回や、予定している関税の発動見送りを求めている」と明らかにした。25日開いた閣僚級の電話協議は進展したもようだが、11月中旬の部分合意の署名に向けて、主要な交渉材料になりそうだ。
・トランプ米大統領は、過激派組織ISの指導者バグダディ容疑者が米軍の急襲を受けて、自爆したと述べた。
・トランプ米大統領のウクライナ疑惑で弾劾調査に当たっている下院委員会が、9月まで大統領補佐官(国家安全保障問題担当)だったボルトン氏の非公開での宣誓証言に向け、同氏の代理人と協議を進めていると報じている。
・トランプ米大統領一家が首都ワシントン中心部の高級ホテル、トランプ・インターナショナル・ホテルについて、連邦政府と結ぶ建物のリース契約の権利を売却する検討を始めたと報じている。政府認可を目指す企業幹部や外交交渉中の相手国高官らの宿泊機会が増え、ビジネスが公務に影響を与える「利益相反」に当たるとの批判が強まっていた。
・トランプ米大統領「中国との貿易に関する合意署名の作業、想定より早く進んでいる」
・トランプ米大統領が米中の第1段階合意の署名に楽観的な見方を示したことも手がかりに上昇したドル円は108.91円まで一段高。続伸して寄り付いた米株が上げ幅を拡大している動きもドル円の支えに。また、米10年債利回りは1.84%後半で上昇基調を維持している。

(最終更新日時 2019-11-10 12:06)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース