ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

中間派

 HDP   -1.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-05-22][NP     HDP -1.1 CHDP -0.1 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「メキシコは不法移民に対して責任を負わなければいけない」「メキシコの不法移民への対応は間違っている」
・トランプ米政権が中国との前回の貿易協議が不調に終わったことを受け、中国通信機器大手のファーウェイへの禁輸措置発動に踏み切った、と報じている。数ヵ月間、制裁を検討してきたが、貿易協議への悪影響を懸念して結論を先送りしてきたという。
・トランプ米大統領の財務情報の開示を求めた議会の召喚状をめぐる訴訟で、ワシントン連邦地裁が議会を支持する判断を下したことを受け、トランプ氏側の弁護団は、連邦控訴裁判所に上訴した。
・米トランプ政権は中国・海康威視による米技術購入の制限を検討している。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2019-05-22][NP     HDP -1.1 CHDP -0.1 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「メキシコは不法移民に対して責任を負わなければいけない」「メキシコの不法移民への対応は間違っている」
・トランプ米政権が中国との前回の貿易協議が不調に終わったことを受け、中国通信機器大手のファーウェイへの禁輸措置発動に踏み切った、と報じている。数ヵ月間、制裁を検討してきたが、貿易協議への悪影響を懸念して結論を先送りしてきたという。
・トランプ米大統領の財務情報の開示を求めた議会の召喚状をめぐる訴訟で、ワシントン連邦地裁が議会を支持する判断を下したことを受け、トランプ氏側の弁護団は、連邦控訴裁判所に上訴した。
・米トランプ政権は中国・海康威視による米技術購入の制限を検討している。

[2019-05-21][NP     HDP -1.1 CHDP -0.1 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領が2020年11月の大統領選での再選を目指し、6月中旬に選挙キャンペーンを正式に開始することが、ホワイトハウスに近い関係筋の話で明らかになったと報じている。トランプ氏は6月15日にフロリダ州で選挙キャンペーンを開始し、その後、接戦州を訪問するという。
・トランプ米政権による中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)への禁輸措置を巡り、米企業がファーウェイへの電子部品の出荷を停止する動きが広がってきた。ファーウェイに打撃を与える一方、取引がある米企業も業績悪化は避けられない見込みで、株価が下落している。

[2019-05-20][NP     HDP -1.1 CHDP -0.1 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「もしイランが戦いを望むなら、イランの正式な終焉となるだろう」
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、みずからが提案する移民政策や国境警備をめぐる対応について、2020年大統領選を控え民主党が支持する「十分な可能性」があるとの考えを示した。
・トランプ米大統領は、同国がカナダおよびメキシコから輸入する鉄鋼・アルミニウムに対して課していた関税を撤廃すると発表した。米国は昨年、国家安全保障を理由に、両国から輸入する鉄鋼に25%、アルミニウムに10%という高い関税を課していた。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターに、「もしイランが戦いたいなら、それはイランの正式な終わりとなるだろう。米国を二度と脅すな」と投稿、イランを威嚇した。

[2019-05-17][NP     HDP -1.1 CHDP -0.1 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は記者団からの質問に答え、イランとの戦争は望んでいないとの考えを示した。
・トランプ米大統領は、能力や技術を持つ人を優先的に受け入れる新たな移民制度改革案を発表した。議会下院の過半数を握る民主党は受け入れない見通しで、不法移民対策を掲げるトランプ氏は来年の大統領選、議会選で移民問題を争点にしたい考えだ。
・トランプ米大統領「対日本・EUの自動車関税措置を少なくても180日間延期」

[2019-05-16][NP     HDP -1.1 CHDP -0.1 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・トランプ大統領が6月末に大阪で開催されるG20首脳会議に出席するのに合わせ、韓国も訪問すると発表した。
・トランプ米大統領は自身のツイッターで、緊張が高まるイラン情勢について、「イランはすぐに対話を望むに違いない」と投稿した。米国の強硬姿勢に関し、イランとの軍事衝突を危惧する声が上がっているが、トランプ氏は、イランが米国の圧力に屈し、核開発の禁止や弾道ミサイル開発中止などの交渉に応じるとの認識を示している。
・アメリカのトランプ大統領は来月下旬に大阪で開かれるG20サミットに参加するのに合わせて、韓国を訪問することになり、ムン・ジェイン(文在寅)大統領との首脳会談で、北朝鮮の非核化に向けた協議などを行う見通しとなっている。

[2019-05-15][NP     HDP -1.1 CHDP -0.1 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は記者団に対し、米中貿易摩擦は「ささいな口げんか」で、中国との通商協議は決裂していないと述べた。そのうえで、 両国の交渉団は協議を継続しており、話し合いは良好との見解を示している。
・トランプ米大統領は自身のツイッターに、米中貿易摩擦について、中国とすぐにでも合意することは可能としつつも、交渉で再度痛い目にあうことは避けたいと指摘。合意間近に交渉をやり直そうとした中国を批判した。そのうえで「適時に中国と合意する。考えられているよりも早期に合意に達するだろう」との考えを示していた。
・トランプ米大統領は、ホワイトハウスが最新の対イラン軍事計画を検討しているとの一部報道を否定した。報道について、「フェイクニュース」としたうえで、「このような計画が必要にならないことを願う。もしこのような計画が実行されれば、計画以上の部隊を地獄に送ることになるだろう」と述べている。
・トランプ米大統領は自身のツイッターで、大阪市で6月下旬に開催されるG20首脳会議に出席する意向を安倍首相に伝えたことを明らかにした。
・トランプ米大統領は自身のツイッターに、米中貿易摩擦を念頭に、中国が金融緩和を講じた場合にFRBが対抗策を取れば、「中国はゲームオーバーだ。我々は勝つ」と投稿した。FRBが金融政策で米景気を下支えすれば、中国が貿易協議で譲歩するとして、改めてFRBに利下げを求めている。
・トランプ米大統領は、国家安全保障上のリスクをもたらす企業の通信機器を国内企業が使用することを禁止する大統領令に今週署名する見通しで、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)との取引禁止につながるとみられる。複数の米政府当局者が匿名を条件にロイターに明らかにした。
・トランプ米大統領が検討する自動車の輸入制限は18日に判断期限を迎える。日本や欧州連合(EU)とは貿易交渉中に高関税を棚上げすることで合意しており、期限を延長して判断を留保するかどうかが焦点だ。トランプ氏は中国との通商協議に不満を募らせて突如関税を引き上げた。自動車でも「暴発リスク」は完全には消えていない。
・トランプ大統領は自動車関税発動の判断を6カ月延期するなどと報じたことを受け、リスク回避は後退、円売り戻しが優勢に。
・トランプ米大統領が輸入車に対する関税賦課を最長6カ月延期する考えと、政府高官3人がロイターに対し明らかにした。同高官らによると、18日までに正式発表する見通し。

[2019-05-14][NP     HDP -1.1 CHDP -0.1 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「習近平中国国家主席とプーチン・ロシア大統領とG20で会うつもり」
・トランプ米大統領「中国の習主席、ロシアのプーチン大統領と会う」「中国製品約3000億ドルへの関税、まだ決定していない」
・トランプ米大統領「3250億ドルの中国製品に対する追加関税についてはまだ決まっていない」
・トランプ米大統領がG20で習中国主席と会うつもりだとし、「約3250億ドルの中国製品に対する追加関税についてはまだ決まっていない」との発言を受けて、ドル円は109.39円まで小幅の買い戻しが進んだ。また、ユーロ円は122.85円近辺、ポンド円は141.75円近辺、豪ドル円は76円前後まで下げ幅を縮小している。
・トランプ米大統領「G20で中国の習主席、ロシアのプーチン大統領と会談」
・トランプ米大統領は記者団に対し、「イラン情勢がどうなるか見てみよう。イランが何か仕掛けてくれば、それは大きな過ちだ」とし、そうなれば、イランは「大きな苦痛を味わうことになる」と述べた。
・アメリカのトランプ大統領は来月下旬に開かれるG20大阪サミットに出席するため来日し、中国の習近平国家主席やロシアのプーチン大統領と会談することを明らかにした。
・トランプ米大統領「中国との協議は成功すると思う。それは3-4週間後に分かる」
・トランプ米大統領の発言「中国との協議は成功すると思う。それは3-4週間後に分かる」をきっかけにドル円同様クロス円も強含み、ユーロ円は123.06円、豪ドル円が76.22円まで上値を伸ばした。ドル円は109.56円まで本日レンジの上限を広げている。1%超安で寄り付いた上海総合指数も0.7%安程度まで下げ幅を縮小しての推移。
・トランプ米大統領が対ロ外交を仕切り直そうとしている。ポンペオ米国務長官は14日、ロシア南部ソチで同国のプーチン大統領やラブロフ外相と会談し、6月末に大阪で米ロ首脳会談を実施する方向で調整する。米ロ間には核軍縮のほか、イラン核合意や北朝鮮の非核化への対応など課題が多く、首脳会談を前に外相間でも協議する。
・トランプ米政権は、中国からの輸入品ほぼすべてに制裁関税を拡大する「第4弾」の詳細案を公表した。トランプ大統領は6月下旬に発動準備を整えたうえで、米中首脳会談を行う意向を表明している。巨額関税で揺さぶりをかけて貿易協議の難局打開を狙うが、相次ぐ制裁圧力に中国が態度を硬化させるのは確実だ。
・トランプ米大統領「しかるべき時が来たら中国と取引するだろう」「習近平・中国国家主席に対し無制限の尊敬と友好がある、しかし米国にとって良い取引でなければ意味をなさないと何度も伝えた」
・トランプ米大統領「中国は金利をおそらく引き下げるだろう、米連邦準備理事会(FRB)も同じようにするべきだ」

[2019-05-13][NP     HDP -1.1 CHDP -0.1 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は、政治サイトのインタビューで、北朝鮮の弾道ミサイル発射について「短距離なので金朝鮮労働党委員長が信頼を破ったとは考えていない」と述べ、問題視しない考えを示した、と報じている。
・トランプ米大統領は、中国に課している追加関税に関し「今後の交渉次第で撤回するかもしれないし、しないかもしれない」と述べた。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、中国との貿易協議について「わたしの2期目に交渉すれば、中国はさらに不利になる」「彼らは、いま行動した方が賢明だ」などと投稿し、早く譲歩するよう促した。
・トランプ米大統領は、総額5000億ドルを上回る中国からの全輸入品に追加関税を課すよう通商代表部(USTR)に指示した。USTRは10日、対中制裁「第4弾」として追加関税が課されていない約3000億ドル分への発動に向けた手続きに着手した。10日未明には第3弾の2000億ドル分の追加関税率を引き上げたばかり。矢継ぎ早に制裁措置を繰り出し、構造改革を渋る中国に譲歩を迫る。
・下院のニール歳入委員長は、トランプ大統領の納税申告書の議会提出を求める召喚状をムニューシン財務長官と、財務省外局の内国歳入庁局長に出した。今月17日を提出期限に設定している。歳入委は4月の書簡で提出を求めたが、ムニューシン氏が応じなかったため、圧力を強めたという。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、ロシア疑惑捜査を指揮したモラー特別検察官を「解任するつもりはなかったし、実際に解任しなかった」などと書き込み、司法妨害の意図を改めて否定した。
・トランプ米大統領「中国は寝ぼけたジョー・バイデン(前副大統領・民主党大統領候補)や、他のやつらが2020年に選挙で選ばれることを夢見ている。彼らは米国をだますのが大好きだ」
・トランプ米大統領「中国は報復をするべきではない」

[2019-05-11][NP     HDP -1.1 CHDP -0.1 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「米中協議は建設的。協議は今後も継続」

[2019-05-10][NP     HDP -1.1 CHDP -0.1 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「習近平・中国国家主席から書簡を受け取った」「米中合意について素晴らしい代替案がある」
・トランプ米大統領「今週、中国と合意が成立することも可能」
・トランプ米大統領が「習近平・中国国家主席から書簡を受け取った」「電話会談を実施する可能性がある」「米中合意について素晴らしい代替案がある」などと述べると、ドル円や米国株に買い戻しが入っている。ドル円はこの発言後に109.74円付近まで下げ渋ったほか、ダウ平均は220ドル安程度まで下げ幅を縮めた。
・トランプ米政権は、国連制裁に違反して北朝鮮から石炭を輸出していた同国船籍の運搬船を押収したと発表した。司法省によると、国連制裁違反で北朝鮮船舶が押収されるのは初めてのこと。
・トランプ米大統領は、北朝鮮が短距離ミサイルとみられる飛翔体2発を発射したことについて、米国は極めて深刻に受け止めていると述べ、北朝鮮は米国との交渉を望んでいるものの、交渉に向けた準備はまだ整っていないとの見方を示した。
・トランプ米大統領の長男トランプ・ジュニア氏が、上院情報委員会が送付した召喚状に従わない公算が大きいことが関係筋の話で明らかになった、と報じている。
・トランプ米大統領は記者会見で、イランに対し 核放棄に向けた交渉の席に付くよう促した。同時に、両国の緊張が高まるなか、軍事衝突の可能性を排除しないとも指摘している。
・トランプ米大統領は、米国の薬価は海外と比較して高過ぎると強調したうえで、安価な薬剤を海外から購入しても良いとの考えを示した。
・トランプ米政権は今月発表する見込みの外国為替報告書で、監視対象に指定する国の数を引き上げる見通しだと報じている。ベトナムは為替操作国に認定される可能性があるなど、昨年10月公表の前回報告書の12ヵ国から約20ヵ国に拡大する見通しだという。
・トランプ米大統領「中国との貿易交渉は急ぐ必要はない」。
・トランプ米大統領「中国が交渉のやり直しを再び試みないことを望む」
・トランプ米大統領「中国とは非常に和やかな協議が継続」

(最終更新日時 2019-05-23 11:48)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース