ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

中間派

 HDP   -0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-03-22][NP     HDP -0.8 CHDP -0.2 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領「米国は(中東)ゴラン高原をイスラエルの支配下と認めるときがきた」
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、イスラエルが1967年の第3次中東戦争でシリアから奪った占領地ゴラン高原をめぐり「52年を経て、米国がイスラエルの主権を完全に認めるとき」との考えを示した。
・トランプ米大統領がFRB理事にスティーブン・ムーア氏の指名を検討している。
・トランプ米大統領は、大学などが言論の自由を守らない場合、連邦政府からの補助金を停止する大統領令に署名した。保守派が長年にわたり求めてきたことだが、反対に言論の自由が無くなる可能性があるとの懸念が広がっている。
・トランプ米大統領「中国との通商協議は順調に進展している」
・トランプ米大統領「米連邦準備理事会(FRB)が、今後金融を引き締めないことを望んでいる」
・トランプ米大統領「中国との通商協議は非常に上手く行っている」「たぶん中国と合意に達するだろう」
・トランプ米大統領「欧州の自動車メーカーが米国で生産するなら関税は課さない」
・トランプ米大統領「FRBが今後金融を引き締めないことを望んでいる」
・トランプ米大統領「もし欧州の自動車メーカーが米国に工場を建設すれば、関税はかからない」「欧州からの輸入車に対して、ゼロ関税は望まない」
・トランプ米大統領が21日、ゴラン高原についてイスラエルの主権を認める時が来たと表明したことについて、シリア政府は22日、「あらゆる可能な手段を通じて」ゴラン高原を奪還すると主張した。シリアの国営通信社が外務省筋の発言として報じた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2019-03-22][NP     HDP -0.8 CHDP -0.2 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領「米国は(中東)ゴラン高原をイスラエルの支配下と認めるときがきた」
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、イスラエルが1967年の第3次中東戦争でシリアから奪った占領地ゴラン高原をめぐり「52年を経て、米国がイスラエルの主権を完全に認めるとき」との考えを示した。
・トランプ米大統領がFRB理事にスティーブン・ムーア氏の指名を検討している。
・トランプ米大統領は、大学などが言論の自由を守らない場合、連邦政府からの補助金を停止する大統領令に署名した。保守派が長年にわたり求めてきたことだが、反対に言論の自由が無くなる可能性があるとの懸念が広がっている。
・トランプ米大統領「中国との通商協議は順調に進展している」
・トランプ米大統領「米連邦準備理事会(FRB)が、今後金融を引き締めないことを望んでいる」
・トランプ米大統領「中国との通商協議は非常に上手く行っている」「たぶん中国と合意に達するだろう」
・トランプ米大統領「欧州の自動車メーカーが米国で生産するなら関税は課さない」
・トランプ米大統領「FRBが今後金融を引き締めないことを望んでいる」
・トランプ米大統領「もし欧州の自動車メーカーが米国に工場を建設すれば、関税はかからない」「欧州からの輸入車に対して、ゼロ関税は望まない」
・トランプ米大統領が21日、ゴラン高原についてイスラエルの主権を認める時が来たと表明したことについて、シリア政府は22日、「あらゆる可能な手段を通じて」ゴラン高原を奪還すると主張した。シリアの国営通信社が外務省筋の発言として報じた。

[2019-03-21][NP     HDP -0.8 CHDP -0.2 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領「中国に対する関税を長期間据え置く可能性」「対中関税、長期にわたりとどまる可能性」
・トランプ米大統領は、中国との通商交渉は順調に進んでおり、米交渉団が近く中国に向かうと述べた。
・トランプ米大統領は、ロシアの米大統領選介入疑惑をめぐる捜査報告書が公表されても「構わない」と語った。捜査を担当するモラー特別検察官は近く、バー司法長官に報告書を提出する予定となっている。
・トランプ大統領が25-26日、イスラエルのネタニヤフ首相とホワイトハウスで会談すると発表した。25日に中東情勢を協議し、26日に夕食会を開催するという。

[2019-03-20][NP     HDP -0.8 CHDP -0.2 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領「ブラジルのOECD加盟への取り組みを支持する」「米ブラジル貿易は実質的に増加するだろう」
・トランプ米大統領「米国が最も避けたいのは社会主義」
・トランプ大統領「中国との交渉は非常に良好」
・トランプ大統領「中国との通商交渉はとても順調」「米国はブラジルのOECD加盟を支持する」
・トランプ米大統領は、ベネズエラに対しもっとも厳しい内容の制裁をまだ科していないとの認識を示した。
・トランプ米大統領は、中国との通商協議について「大変うまく行っている」との見方を示した。ただ詳細には触れなかった。
・トランプ米大統領は、議会に提出する大統領経済報告を公表した。そのなかで、米国のTPP離脱で競争条件が不利になった日本市場への輸出鈍化を警戒、日本との新たな貿易交渉で農業分野の市場開放に改めて意欲を示している。
・アメリカのトランプ大統領は、政治的な混乱が続く南米のベネズエラについて「すべての選択肢が検討されている」と述べ、アメリカ軍による軍事的な介入も排除しない方針を改めて強調した。
・トランプ米大統領は、政敵を攻撃するため愛用するツイッターなど会員制交流サイト(SNS)について、「堕落メディアは無論、フェイスブックやグーグル、ツイッターも急進左派の民主党の側だ。しかし恐れることはない。我々は勝つ」と批判した。

[2019-03-19][NP     HDP -0.8 CHDP -0.2 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は、自身のツイッターに、米自動車大手GMによる中西部オハイオ州工場の生産停止決定に関し「工場を再開するか、早く再開できる他の企業に売るべきだ」と投稿した、国内でリストラを進めるGMを改めて批判した。

[2019-03-18][NP     HDP -0.8 CHDP -0.2 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は、ホワイトハウスで記者団に対し、NZのクライストチャーチのモスク(イスラム教礼拝所)での銃乱射事件を受け、同国のアーダン首相と電話で会談し、「哀悼の意を表明した」と明らかにした。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターに「グーグルは米国ではなく中国と中国軍を支援している」などと書き込み、非難した。

[2019-03-16][NP     HDP -0.8 CHDP -0.2 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・「トランプ大統領、非常事態宣言で、初の大統領拒否権を行使」などと報じた。
・トランプ米大統領は15日、メキシコ国境の壁建設費確保に向けて発令した国家非常事態宣言を巡り、議会が可決した同宣言を無効とする決議案に拒否権を発動した。

[2019-03-15][NP     HDP -0.8 CHDP -0.2 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領「中国との貿易協議、順調に進んでいる」
・トランプ米大統領「中国との通商協議は順調」「合意できるかどうかは明言したくない」
・トランプ米大統領は記者団に対し、「ブレグジットをめぐるすべての状況がうまく行くことを望んでいる」とし、「英国と極めて大規模な通商上の取引を行える」と述べた。
・トランプ米大統領は、EU離脱に関するメイ英首相の対応について「交渉という点から見れば、あまりにまずくて驚いた」と批判した。また、昨年の米英首脳会談でメイ氏に交渉のやり方を伝授したと主張。「彼女は助言を聞き入れなかった。それは構わないが、率直に言って、もっと別のやり方で交渉できたのではないかと思う」とも指摘している。
・トランプ米大統領「中国との通商協議が合意できるかはおそらく3-4週間以内に分かるだろう」
・トランプ米大統領はホワイトハウスで記者団に対し、「中国との協議は順調に進んでいる」と述べた。ただ、「最終的に取引を行うかについては明言したくない。我々にとり望ましいものでなければ、取引は行わない」とも指摘している。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、米上院がメキシコ国境の壁建設費確保に向けて発令した国家非常事態宣言を無効にする決議案を可決したことについて、同決議案を支持した共和党議員は民主党のペロシ下院議長および「犯罪とオープンボーダー(検問所のない国境)」を唱える民主党への支持表明を意味すると批判した。
・トランプ米大統領は14日、欧州連合(EU)離脱に関するメイ英首相の対応について「交渉という点から見れば、あまりにまずくて驚いた」と批判した。ホワイトハウスでアイルランドのバラッカー首相と会談した際、記者団に語った。

[2019-03-14][NP     HDP -0.8 CHDP -0.2 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領「FAA、ボーイング737MAX8、9航空機の運航停止命令」
・トランプ米大統領「中国との貿易合意を急がず」「米中貿易協議の終了を急いでいない」
・トランプ大統領「中国との貿易合意を急いでいない」
・トランプ米大統領は、10日にアフリカのエチオピアで墜落した米航空機大手ボーイングの「737MAX」の運航を停止すると発表した。2018年10月にもインドネシアで同型機による墜落事故が発生し、世界各地で運航を見あわせる動きが広がっていた。
・トランプ米大統領は記者団に対し、向こう3週間以内にメキシコとの国境沿いで記者会見を開くことを明らかにした。また、非常事態宣言を無効化する議会決議に対し、拒否権を行使する必要があるかについて検討する姿勢を示している。
・トランプ米大統領は13日、中国との通商合意は急いでいないとし、米政府は知的財産権の保護を含む構造的な改革が合意に含まれることを望んでいると述べた。

[2019-03-13][NP     HDP -0.8 CHDP -0.2 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米政権が11日発表した2020会計年度(19年10月~20年9月)の予算教書は、不法移民対策としてメキシコ国境の壁建設費86億ドル(約9500億円)を求め、国防費を増額するなど、トランプ大統領が選挙公約にこだわる姿勢が改めて浮き彫りになった。野党・民主党は反発しており、予算編成を巡る攻防が激しくなりそうだ。
・「トランプ政権、自動車関税の導入議論下火に」、「2020年大統領選をにらんで沈黙を守っているとの見方も」と報じた。
・トランプ米大統領は、通商問題を巡り13日午後3時に共和上院議員と会談を行う。

[2019-03-12][NP     HDP -0.8 CHDP -0.2 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米政権は4.7兆ドルの2020年会計年度予算教書を提出したもよう。
・トランプ米政権がドイツ政府に対し、次世代通信規格「5G」網の構築で中国通信機器大手ファーウェイの製品を排除しない場合、安全保障上の情報共有の制限に踏み切ると通告したと報じている。
・トランプ米政権は、2020会計年度(19年10月-20年9月)の予算教書で、メキシコ国境の壁建設費として86億ドルを要求すると発表した。また、国防予算は前年比5%近い増額となる7500億ドルを要求するとしている。
・トランプ米大統領は、米国の首都ワシントンで11日午前2時から実施された「夏時間」について、自身のツイッターで「わたしは夏時間を恒久化してもかまわない」と指摘、廃止論に言及している。
・アメリカのトランプ政権は、ことし10月からの来年度の予算教書を発表し、大規模な歳出削減を示す一方で、公約である国境沿いの壁の建設費として日本円で約9500億円を提案した。壁の建設費をめぐっては、与野党の対立が深刻化していて、さらなる反発を招きそうだ。
・NY州司法長官がトランプ一族企業プロジェクトを民事調査と報じた。

(最終更新日時 2019-03-23 17:55)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース