ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-01-14][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は、支持者に対し新たなデモ行動を行わないよう呼び掛ける声明を発表した。「新たなデモ行動が行われるとの情報があるが、いかなる暴力行為、違法行為、破壊行為も行わないよう呼び掛ける」としている。
・トランプ米大統領「先週の連邦議会議事堂で起きた惨事はショックであり、悲しいことだ」「先週のような暴力を断じて非難する」※弾劾訴追については言及せず
・トランプ米大統領は、ツイッターに動画を投稿し、自身の支持者らが連邦議会議事堂に乱入した事件を「全面的に非難」した。
・トランプ米大統領が、中国軍関連企業への投資に関する大統領令を修正した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2021-01-14][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は、支持者に対し新たなデモ行動を行わないよう呼び掛ける声明を発表した。「新たなデモ行動が行われるとの情報があるが、いかなる暴力行為、違法行為、破壊行為も行わないよう呼び掛ける」としている。
・トランプ米大統領「先週の連邦議会議事堂で起きた惨事はショックであり、悲しいことだ」「先週のような暴力を断じて非難する」※弾劾訴追については言及せず
・トランプ米大統領は、ツイッターに動画を投稿し、自身の支持者らが連邦議会議事堂に乱入した事件を「全面的に非難」した。
・トランプ米大統領が、中国軍関連企業への投資に関する大統領令を修正した。

[2021-01-13][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「暴力は決して望んでいない」「弾劾計画には激しい怒りを覚える」
・トランプ米大統領は、テクノロジー企業大手が「大変な過ち」を犯し、米国を二極化させていると非難した。さらに、ハイテク大手の取った行動に「逆行する動き」があると述べている。
・トランプ米大統領はホワイトハウスで記者団に対し、民主党が自身を弾劾訴追する決議案を下院に提出したことについて「政治史上で最大の魔女狩りが続いている。完全にばかげている」と反発した。また、連邦議会議事堂の占拠事件をめぐり自身の責任はないとの認識を示していた。
・トランプ米大統領は、大統領罷免に向けた合衆国憲法修正25条の発動を懸念していないと述べた。
・ブルームバーグによると、共和党トランプ政権のペンス米副大統領は議会民主党のペロシ下院議長に対し、憲法修正25条の発動が米国の最大の利益でないと語ったとされる。

[2021-01-12][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領の支持者ら右派が好んで使用していた新興の会員制交流サイト(SNS)「パーラー」が停止した。米アマゾン・コムがパーラーの暴力的な投稿への対応が不十分として、同社サイトの管理サービスを打ち切った。米グーグルと米アップルはすでにアプリ市場でパーラーを削除している。
・トランプ米大統領とペンス副大統領が、対面で話した。トランプ氏支持者の米議会乱入後初めて。
・トランプ氏米大大統領は、次期大統領就任式で首都の緊急事態宣言を承認した。
・ロイターは、トランプ米大統領が、先週起きた支持者による議会乱入について「ある程度の責任」が自身にあることを認めた、と報じている。下院共和党トップのマッカーシー院内総務が、党内議員らに語った大統領との電話会談の内容を関係筋が明らかにした結果判明したという。

[2021-01-11][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・ロイターは、トランプ米大統領の支持者が議会議事堂に乱入したことを受け、民主・共和両党からトランプ氏の罷免や弾劾を求める声が高まるなか、下院民主党は11日に弾劾手続きを開始する見込みだと報じている。関係筋2人が明らかにしたという。
・米ツイッターは、暴力を扇動するリスクがあるとしてトランプ大統領のアカウントを永久停止したと発表した。「最近の投稿内容を精査した結果、さらに暴力をあおるリスクがあると判断した」としている。
・トランプ米大統領は、ツイッター社が自身のアカウントを永久停止すると発表したことについて、声明を発表した。そのなかで、「言論の自由を禁じる方向にますます進んでいる」としたうえで、「近い将来、自身の新たなプラットフォームを立ち上げることを検討している。我々が沈黙することはない」と指摘していた。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、バイデン次期大統領の就任式に出席しない意向を表明した。大統領就任式は平和的な政権移行を象徴する式典であり、退任する大統領の欠席は1869年以来、約150年ぶりとなる。
・複数の米メディアは、トランプ米大統領の支持者が好んで使うインターネット交流サイト(SNS)で、連邦議会への「再襲撃」を予告する不穏な投稿が相次いでいる、と報じている。バイデン次期大統領の就任式が議会で行われる20日やその直前17-19日を決行日として挙げており、首都ワシントンでは警戒が強まっているという。

[2021-01-09][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「(バイデン次期米大統領の)20日の就任式には出席しない」

[2021-01-08][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・ロイターは、トランプ米政権当局者が7日に会議を開き、中国軍関連企業への投資を禁止する大統領令の拡大修正案について協議すると報じている。事情に詳しい関係者5人が述べたという。
・トランプ米大統領は、国家団結のビデオメッセージを今夜発表する。
・トランプ米大統領は、暴徒の暴力行為に怒りを覚えた、と述べた。
・トランプ米大統領は。円滑で秩序ある政権移行に集中、という見解を示した。
・トランプ米大統領は、1月20日に新政権が発足と認めた。
・トランプ米大統領「1月20日には新政権が誕生する」「円滑で秩序立った移行にコミットしている」「米議会議事堂で暴力行為を犯した者は償うことになる」
・トランプ米大統領は7日、支持者をあおって連邦議会議事堂への乱入を招いたことで政権内外から批判を受け、バイデン次期政権への円滑な移行を表明した。高官らの辞任ドミノは止まらず、求心力は急落。政権は終局に入った。4年後の大統領選出馬論もしぼみ「政治生命は終わった」との声も上がる。米メディアは、議事堂占拠を扇動した疑いでの捜査を検察当局が排除していないと報じた。
・米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は7日、トランプ大統領が昨年11月の大統領選以降、複数回にわたり、自身に恩赦を与える考えを側近に漏らしていたと報じた。時事通信が引用して伝えたもの。

[2021-01-07][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領(ペンス米副大統領が選挙人投票を認めたことに対して)「マイク・ペンス(副大統領)は我々の国と憲法を守る勇気がなかった」
・トランプ支持者が議会議事堂の敷地まで入り抗議活動が過激化していることで、ワシントンDCは18時以後の外出禁止が発令された。
・トランプ米大統領(議事堂で暴徒化しているトランプ支持者に対して)「議事堂にいるみんなには平和的であることをお願いする、暴力はなしだ!」「覚えているだろう、我々は法と秩序の政党だ」「法と警官には敬意を」
・トランプ米大統領は動画をツイッターにあげ、米議会議事堂で暴徒化している支持者に議事堂から去ることを促した。もっとも、同動画では「選挙は地滑り的な勝利だったことは皆知っている」「投票は盗まれた」「君たちのことを愛しているし、とても特別だ」と発言していることで、支持者が素直に大統領の発言に従うかも疑問だ。
・ロイターは、米トランプ政権が中国のアリババ・グループとテンセント・ホールディングスを中国軍が所有もしくは支配していると見なされる企業のブラックリストに追加することを検討していると、関係筋2人が明らかにしたと報じている。
・トランプ米大統領は、ホワイトハウス前で行われた支持者の集会で演説し、大統領選での敗北は決して認めないと明言した。
・複数の米メディアは、トランプ米大統領の支持者らが占拠した連邦議会議事堂内でひとりが法執行機関に撃たれたと報じている。
・トランプ米大統領の公式ツイッターで直近2つのツイートが表示されない(NO LONGER AVAILABLE)状態となっている。おそらく、最近の過激なツイート内容を受けてツイッター社が削除したものとみられる。
・全米製造業協会(NAM)のティモンズ会長は、トランプ大統領の支持者が議会に侵入し占拠したことを受け、憲法修正第25条を用いてトランプ大統領の即時免職を検討するよう政権幹部に要請した。修正第25条は、大統領が職務遂行不能となった場合の職務継承について定めている。
・現在の米トランプ政権では、オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障担当)など、ホワイトハウス高官が辞任を検討している。ブルームバーグが伝えた。

[2021-01-06][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は自身のツイッターで、次期大統領を選出する連邦議会の手続きをめぐり「副大統領は不正に選ばれた選挙人を拒否する権限を持つ」と指摘した。ペンス副大統領に対し、バイデン次期大統領の選出を妨害するよう促したものとみられている。
・トランプ米大統領はアリペイなど中国の8アプリとの取引を禁止する大統領令に署名した。
・時事通信によると、トランプ米政権は5日、欧州航空機大手エアバスへの欧州連合(EU)の補助金問題をめぐり、EUからの輸入品に課す報復関税の対象品目を12日(日本 時間同日午後)に追加すると正式発表した。特定のワインやチーズなどに25%を上乗せ する。米欧間で報復の応酬が激化しており、20日に発足するバイデン次期米政権は難題 を引き継ぐことになる。
・トランプ米大統領は、中国アリババ集団傘下の金融会社アント・グループが提供する決済アプリ「アリペイ」など中国アプリに関わる取引を米国内で禁じる大統領令に署名した。なお、2月の実施を目指すとしているが、バイデン政権への交代で実現性は不透明となっている。

[2021-01-05][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は、実施した演説で「大統領選挙は我々の圧勝だった。7500万人もの人がわたしに投票した。我々は決してギブアップしない。引き下がらない。降伏しない」などと述べた。また、「登録有権者数よりも投票数が多かったり、住所の実態がない人が投票したりする不正があった」と持論を繰り返したことも確認されている。

[2021-01-04][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は12月31日、冬休みの休暇を一日早く切り上げ、フロリダ州の別荘マールアラーゴから首都ワシントンに帰還した。理由については明らかにされていないが、国民への現金給付引き上げや国防権限法をめぐる議会との対立や、イラン情勢の悪化などが背景にあるとみられているようだ。
・米紙ワシントン・ポストは、トランプ大統領が南部ジョージア州の政府高官に対し、昨年11月の大統領選の結果を覆すのに十分な数の票を「見つける」よう要求していた、と報じている。2日に行われた1時間以上に及ぶ電話会談の録音から明らかになったという。

(最終更新日時 2021-01-15 16:45)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース