ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

中間派

 HDP   -1.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-07-13][NP     HDP -1.6 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「USMCAはカナダの不公平な貿易障壁を阻止」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2019-07-13][NP     HDP -1.6 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「USMCAはカナダの不公平な貿易障壁を阻止」

[2019-07-12][NP     HDP -1.6 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、「メキシコは国境問題に対処しているが、中国にはがっかりさせられている。素晴らしい米農産品を買うと言っておきながら実行してない。中国が近く購入を始めることを望む」と指摘した。
・トランプ米大統領が次期統合参謀本部議長に指名したミリー陸軍参謀総長は、議会に対し「脅しに屈して愚かな判断を行うことはない」とし、圧力に関係なく「最高の軍事的助言を行う」と述べた。
・トランプ米大統領は、私はビットコインや他の仮想通貨のファンでない、などとコメントした。
・トランプ米大統領は、フェイスブックの仮想通貨リブラに信頼性ほとんどないだろう、フェイスブックは仮想通貨のために銀行免許求める必要がある、などとコメントした。
・トランプ米大統領「フェイスブックの仮想通貨リブラの信頼性はほとんどない」「私はビットコインなど仮想通貨のファンではない」
・トランプ米大統領とイスラエルのネタニヤフ首相が10日、イラン情勢について協議したことを明らかにした。ディア報道官は首脳会談について、中東地域でのイランの悪意ある行動を防ぐことなど、国家安全保障における共通利益を高めるための協力関係について協議したと説明している。
・トランプ米大統領は11日、ツイッターで「中国は我々を失望させている。米国から農産品を買うと言ったが、まだ買っていない。(購入を)すぐに始めるよう望ましい」と批判した。

[2019-07-11][NP     HDP -1.6 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米政権は、フランスが導入するIT企業への「デジタル課税」が米国企業を不公正に標的にしているとして調査を始めると発表した。不当な措置だと認定すれば追加関税を含む制裁も検討するとしている。
・トランプ米大統領を「無能」だと極秘公電で報告したと報じられた英国のダロック駐米大使が辞任した、と報じている。
・トランプ米政権が中東のイラン沖などを航行する民間船舶を護衛するために同盟国の軍などと有志連合の結成をめざし、日本政府に協力を打診したことが分かった、と報じている。米国は他の同盟国にも呼びかけており、今後、数週間以内に参加国を決める方針だという。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターに「イランは長いあいだ、秘密裏に濃縮活動をしている。間もなく大幅に制裁が強化される」と投稿した。
・トランプ米政権が中東のイラン沖などを航行する民間船舶を護衛するために同盟国の軍などと有志連合の結成をめざし、日本政府に協力を打診したことが10日、分かった。
・トランプ米大統領「メキシコは素晴らしい、しかし中国には落胆させられている」「中国は我々の偉大な農民から、購入するといっていた農産品を買っていない」「中国がすぐに農産品を買い始めることを期待している」

[2019-07-10][NP     HDP -1.6 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は、米政権を「無能」と報告したと報じられている英国の駐米大使について、自身のツイッターで、改めて「思い上がったばか者」と指摘したうえで、「英国が米国に押し付けてきたいかれた大使は実に愚か者で、我々は良い印象を抱いていない」と批判した。
・トランプ米大統領は、ホワイトハウスで記者団に「イランが多くの悪事を働いている。慎重になった方が良い」と述べた。核爆弾の製造につながりかねないウランの濃縮度を引き上げたことなどを踏まえ、イランをけん制した発言になる。
・トランプ米政権は9日、昨年7月に発動した中国製品に対する関税について、一部の医療機器やコンデンサーなど110の製品を適用除外とすることを明らかにした。
・トランプ米大統領「イランへの制裁を大規模に、まもなく増やすだろう」「イランに関する制裁は、間もなく大幅に拡大」

[2019-07-09][NP     HDP -1.6 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米政権が2020年の大統領選に向けて、イランの核開発に警戒を強めている。イランと敵対するイスラエルの安全が脅かされ、政権の支持基盤であるキリスト教保守派が反発する公算が大きいからだ。フランスは対話再開を模索するが、米とイランの相互不信は深刻で、緊張緩和の道は見えていない。
・ウォール街の外国為替アナリストのあいだで、ドル安を求めるトランプ米大統領が、口先介入以上に踏み込むのではないかとの見方が増えていると報じている。

[2019-07-08][NP     HDP -1.6 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「理解しているのであれば、FRBは利下げするだろう」「中国は自国通貨を引き下げている」「イランは核兵器を所持しないだろう」
・トランプ米大統領は記者団に対し、米国の薬価を引き下げるため、他国で支払われる価格の最低水準に基づいて医薬品が購入できるようにする制度を考案中であると明らかにした。政権として「最恵国条項に関して今取り組んでいる」と述べている。
・トランプ米大統領は記者団に対し、金融当局が政策金利を引き下げれば、米経済の成長加速の助けになるとの見解をあらためて示した。そのうえで、金融当局は自分たちが何をやっているのか分かっていないと批判している。
・トランプ米大統領がFRB理事への指名を表明しているシェルトン氏が、金融当局者は金融市場を支えている支援を打ち切るべきではないとの考えを示したと報じている。また、「米国でインフレが近く上昇する気配はない」、「堅調な6月の雇用統計は現政権が進める成長志向の政策が奏功していることを示唆する」とも述べたという。
・トランプ米大統領が5月にパウエルFRB議長と電話で話していたことがわかった、と報じている。FRBがウェブサイトに掲載した5月の議長スケジュールで分かったもので、大統領と議長は米東部時間5月20日午後4時42分から47分まで、5分間話したようだ。ちなみに、大統領が関税による経済への悪影響を打ち消すために中国が対策を講じるだろうとし、「同等の措置」で対抗するよう米金融当局にツイッターへの投稿で求めた数日後というタイミングだったことになる。
・トランプ米大統領「イランは気を付けた方がいい」

[2019-07-05][NP     HDP -1.6 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は、米国は近いうちに国旗を火星に立てるだろう、という見解を示した。
・トランプ米大統領は、米独立記念日にあたり首都ワシントンのリンカーン記念堂前で開いた独立記念日の祝賀行事で演説し「より良い未来に向かって闘争を続ければ米国に不可能なことは何もない」と強調した。また、「米国がいま享受する自由の将来はそれを守りたいと考えるみなさん次第だ」と米軍人も称賛している。
・トランプ米大統領「FRBの利下げは経済を押し上げる」「雇用者数の結果は喜ばしい」

[2019-07-04][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.5 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、「中国や欧州は為替操縦ゲームを派手に楽しんでおり、米国と張り合うために金融システムにお金をつぎ込んでいる。我々も『対抗』すべきだ。さもないと米国は他人のゲームをただ行儀よく眺めているだけの間抜けで終わってしまう」と指摘した。
・トランプ米政権による制裁強化の圧力を受けるイランが欧州に突きつけた状況改善の期限が7日に迫ってきた。イランは低濃縮ウランの貯蔵量上限の超過に続く「合意違反の第2弾」として濃縮度の引き上げなど、より重大な履行義務停止に踏み切る構えだ。合意当事国の英仏独を揺さぶる。イランの瀬戸際戦術を米政府は強く非難する。情勢は一段と緊迫しそうだ。

[2019-07-03][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.5 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「クリストファー・ウォーラー氏を米連邦準備理事会(FRB)理事に指名する」
・トランプ米大統領「ジュディー・シェルトン氏を米連邦準備理事会(FRB)理事に指名する」
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、エコノミストのシェルトン氏と、セントルイス連銀のウォラー氏をFRB理事に指名する意向を示した。両氏は今後上院で指名承認を得る必要がある。
・トランプ米大統領(自身のtwitterで)「中国と欧州は大きな通貨操作ゲームをしている」「米国に対抗するため、彼らは通貨操作ゲームのシステムにお金をつぎ込んでいる」「我々はそのゲームと戦うべきだ」

[2019-07-02][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.5 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、大阪市で開催されたG20サミットについて「完璧だった」と称賛した。トランプ氏は「不足していたものも、失敗も何ひとつなかった。このように素晴らしく、よく運営されたG20を主催した安倍首相をお祝いする」と指摘している。
・トランプ米大統領は、イランの低濃縮ウラン貯蔵量が核合意で定められた上限を超えたことを受けて、記者団に「イランは火遊びをしている」と批判した。
・トランプ米大統領は、中国との通商協議はすでに行われているとしたうえで、合意は米国に幾分有利となる必要があるとの考えを示した。
・トランプ米大統領の対中国外交に米議会で波紋が広がっている。米中首脳会談では貿易協議の再開で合意したが、中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)への制裁緩和に与野党の有力者が反発するなど対中強硬論は根強い。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、週末に北朝鮮の金朝鮮労働党委員長と「素晴らしい会談」をしたとしたうえで、「近く再会することを楽しみにしている」と指摘した。
・トランプ米大統領は、グーグルとフェイスブック、ツイッターは私に完全に逆らってきた、彼らがやっていることは間違っており違法の可能性、といった見解を示した。
・トランプ米大統領がインタビューで、「イランに核兵器を持たせるわけにはいかない」と述べ、改めてウラン濃縮の放棄を要求したと報じている。イラン側が譲歩すれば、米国が経済面で協力することも可能だとの考えを示したという。

(最終更新日時 2019-07-14 09:42)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース