ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-12-03][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領がFRB理事に指名したシェルトン氏の人事案は、上院での承認が困難な見通しとなったと報じている。先の上院補欠選(アリゾナ州)で共和党の現職が民主党候補に敗れたためで、承認に必要な票が確保できない公算が高まったという。なお、シェルトン氏とともにFRB理事に指名されていたセントルイス地区連銀の調査局長であるウォラー氏の人事案については承認される見通しだ。
・トランプ米大統領が2024年の大統領選に再出馬する可能性を示唆したと、関係筋が明らかにしたと報じている。参加したパーティーで、「あと4年の続投を目指している」としたうえで、「そうならなければ4年後に会おう」と語ったという。
・トランプ米大統領の陣営は、トランプ氏が5日に南部ジョージア州バルドスタで共和党全国委員会主催の集会に参加すると発表した。来年1月5日に同州で実施される連邦上院2議席の決選投票で共和党候補を応援するのが目的としている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2020-12-03][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領がFRB理事に指名したシェルトン氏の人事案は、上院での承認が困難な見通しとなったと報じている。先の上院補欠選(アリゾナ州)で共和党の現職が民主党候補に敗れたためで、承認に必要な票が確保できない公算が高まったという。なお、シェルトン氏とともにFRB理事に指名されていたセントルイス地区連銀の調査局長であるウォラー氏の人事案については承認される見通しだ。
・トランプ米大統領が2024年の大統領選に再出馬する可能性を示唆したと、関係筋が明らかにしたと報じている。参加したパーティーで、「あと4年の続投を目指している」としたうえで、「そうならなければ4年後に会おう」と語ったという。
・トランプ米大統領の陣営は、トランプ氏が5日に南部ジョージア州バルドスタで共和党全国委員会主催の集会に参加すると発表した。来年1月5日に同州で実施される連邦上院2議席の決選投票で共和党候補を応援するのが目的としている。

[2020-12-02][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領の選挙陣営は、ウィスコンシン州での米大統領選の結果に異議を唱え、同州最高裁判所に提訴した。同州のエバーズ知事は11月30日、再集計の結果として、バイデン氏を同州の大統領選勝者と認定している。
・トランプ米大統領が来年1月20日、ワシントンで実施されるバイデン氏の大統領就任式を欠席し、自身が2024年の大統領選出馬するためのイベントを開く計画がある、と報じている。

[2020-12-01][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米政権が、米インド太平洋軍の新司令官を指名する準備を進めていると報じている。米中間の緊張が続くなかだけに、外交・国家安全保障政策における次期司令官の存在感は大きい。ただ、バイデン次期政権はトランプ政権の指名に反対し、別の人物を指名する可能性もあるという。

[2020-11-30][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領に更迭された国土安全保障省サイバー・インフラ安全局(CISA)のクレッブス前局長がインタビューで、大統領選で不正があったと訴えるトランプ陣営の主張を「滑稽」と批判したと報じている。
・トランプ米大統領が勝利宣言を行った民主党のバイデン氏が大統領職に就任する2021年1月20日に声明を発表し、2024年の大統領選に出馬する意向を表明すると見られる、と報じている。トランプ大統領は出馬に関するイベント開催を実施する意向をここ2週間でたびたび表明。イベントの開催日はバイデン氏の大統領就任日か、その前後になる見通しだという。
・トランプ米大統領が、複数の激戦州で数百万もの不正投票があったとの主張を繰り返したものの、一方で「連邦最高裁に持ち込むのは極めて難しい」と述べたうえで、さらに「恐らく取り上げられないだろう」と加えたと報じている。
・トランプ米大統領は29日、FOXテレビのインタビューで「(大統領選で不正が行われた)証拠を提出しようとしているが、裁判所が許そうとしない」と述べ、自陣営の訴えが相次いで棄却されていることに不満を示した。トランプ氏がインタビューに応じるのは、大統領選後初めて。
・トランプ政権が中国半導体大手の中芯国際集成電路製造(SMIC)と国有石油・天然ガス会社の中国海洋石油集団(CNOOS)を新たにブラックリストに追加すると報じている。

[2020-11-27][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「選挙人団がバイデン氏に投票するなら権力を放棄する」「2024年の大統領選については話したくない」
・トランプ米大統領は選挙人団が民主党バイデン氏を選んだ場合、ホワイトハウスを去る、という見解を示した。
・トランプ米大統領は、新型コロナウイルスワクチンの供給が来週とその翌週に開始する見通しだと述べた。当初はコロナ対応の最前線に立つ人たちや医療従事者、高齢者に供給されるという。
・トランプ米大統領は26日、11月3日の大統領選と同時に実施された上院選で未決着となった残り2議席を共和、民主両党候補が争う南部ジョージア州について、近く応援に入ると明かした。共和党内には逆効果を不安視する見方も出ている。

[2020-11-26][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米政権は、今月27日となっている、中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米事業売却期限について、さらに12月4日までの延長を認めた。TikTokの親会社であるバイトダンスは、売却をめぐって米ウォルマートやオラクルと協議中。期限は当初今月12日だったが、その後延長されている。

[2020-11-24][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米政権が、中国軍関連企業への輸出が国家安全保障の脅威をもたらすとして、中国航空機メーカーなど89社との取引を制限する制裁措置を検討していると報じている。米中経済のデカップリング(分断)も辞さない構えで、ハイテク技術や製品の軍事転用を阻止する狙いがあるようだ。
・トランプ米政権が中国に対する新たな強硬策の導入を推進していると報じている。
・トランプ米政権は一般調達局(GSA)にバイデン氏への政権移行開始を許可したと複数の通信社が伝えた。
・トランプ米大統領の選対陣営の法律顧問は、大統領選をめぐりミシガン州の選挙管理委員会が民主党バイデン氏の勝利を認定してもなお、選挙結果をめぐる法廷闘争を継続する方針を表明した。
・トランプ米大統領は23日、大統領選を制した民主党のバイデン次期大統領への政権移行作業の開始を容認した。いまだ敗北を認めておらず、「バイデン政権」が既成事実化しかねない手続きをこれまではかたくなに拒んでいた。周囲の説得を受け入れたとみられ、トランプ氏の外堀が埋まってきた。トランプ氏はツイッターで「われわれは勝つと信じる」と強調しつつ、「国の最善の利益のため」移行作業に協力する意向を表明した。

[2020-11-23][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米政権が、中国軍が所有または支配しているとみなされる中国企業のリストに4社を追加する見通しだ、と報じている。国防総省が22日からの週にも発表する可能性があるという。
・トランプ米大統領「大統領選後まで発表をわざと遅らせた」などと述べ、製薬会社が選挙後に新型コロナウイルス感染症のワクチン開発の成果を発表したのは、政権の薬価引き下げ策に反発し、自身の実績にさせないようにしたためだと一方的に恨み節を展開した。
・トランプ大統領の長男トランプ・ジュニア氏が、新型コロナウイルスの検査で陽性だったと報じている。無症状で、感染時のガイドラインに沿って過ごしているという。
・トランプ米大統領の個人弁護士ジュリアーニ氏の息子で、ホワイトハウスの補佐官を務めるアンドリュー・ジュリアーニ氏が、新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たと明かした。軽い症状があり、自主隔離や接触者追跡など適切な指針に従っているという。
・トランプ米大統領は、オンライン方式で開催されたG20サミットに出席し、新型コロナウイルス対策について、ワクチン開発を含めた医療分野の取り組みや米国の危機対応策などを強調して成果を誇った。大統領選で敗北が確実になったのち、20日に開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に続く国際会議への出席となる。
・トランプ米大統領は、3年ぶりに出席したアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で、新型コロナウイルス感染症で悪化した米経済の立て直しを約束すると表明した。一方、通商問題に関する具体的な提案はなかったようだ。
・トランプ米大統領は、G20サミットで演説し、「不公平で一方的なパリ協定から米国を離脱させた。パリ協定は環境を守るようにできていない。米経済を壊すようにできている」などと述べた。
・米大統領選をめぐり、トランプ大統領陣営は、バイデン前副大統領が勝利したジョージア州当局に対し、州の法令に基づく再集計を申し立てた。
・米ニュースメディアのポリティコは、トランプ大統領がツイッターで現在使用している米大統領の公式アカウント「@POTUS」について、大統領選で勝利を確実にしたバイデン前副大統領が就任する来年1月20日に、バイデン氏の管理下へ移されると報じている。トランプ氏が敗北受け入れを拒否し続けても、自動的に移動するという。

[2020-11-19][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領が20日にバーチャル形式で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に参加する予定だと、米政府関係者が匿名を条件に明らかにしたと報じている。トランプ氏の参加は2017年以来。同会議には中国の習国家主席も参加する予定だ。
・トランプ米政権の複数当局者が、米大統領選で勝利を宣言したバイデン氏の政権移行チームに非公式に協力を申し出ていることが分かった、と報じている。

[2020-11-18][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領がFRB理事に指名したシェルトン氏をめぐり、米上院共和党は、承認に向けた十分な票を確保できなかった。本会議の採決にかけるための手続き上の動議は、民主党議員や一部共和党議員の反対で接戦になると予想されていた。
・CBSは、トランプ大統領が2024年大統領選への出馬を真剣に検討しており、ここ数日でその意向を最高顧問らに伝えた、と報じられている。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、大統領選で不正があったとの自身の主張を否定した国土安全保障省のサイバー担当部門のクレブス局長を即時解任すると表明した。開票作業に使う機器に問題があったなどとする従来の主張を繰り返し、クレブス氏らが「間違っている」と批判していた。

(最終更新日時 2020-12-04 13:29)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース