ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

中間派

 HDP   -1.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-03-31][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -2.5 CRHDP +0.0]
・「トランプ米大統領とプーチン露大統領は原油市場について対話継続で合意した」ようだ。
・米国立アレルギー・感染症研究所のファウチ所長は、ホワイトハウスの新型コロナウイルス対策特別チームが、感染拡大防止に向けた外出自粛措置の延長をトランプ大統領に強く求めたことを明らかにした。
・トランプ米大統領の発言として「今後30日間が困難な時期」「ウイルスのモデルはピークが2週間来ないことを示している」と伝えられている。
・トランプ米大統領は、新型コロナウイルスの感染拡大への対応で、全米の外出禁止令を検討したことがあるが、発令の可能性は「極めて低い」と述べた。
・トランプ米大統領は、イタリアのコンテ首相と電話会談を行ったと明らかにしたうえで、同国に「医療関連など1億ドル相当の物資を送る」と発表した。また、同様にフランス、スペインの各国に人工呼吸器を送付するとも表明している。
・トランプ米大統領(ツイッターで)「米金利がゼロになっている今こそ、長年待ち望まれていた2兆ドルのインフラ法案を実行する時」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2020-03-31][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -2.5 CRHDP +0.0]
・「トランプ米大統領とプーチン露大統領は原油市場について対話継続で合意した」ようだ。
・米国立アレルギー・感染症研究所のファウチ所長は、ホワイトハウスの新型コロナウイルス対策特別チームが、感染拡大防止に向けた外出自粛措置の延長をトランプ大統領に強く求めたことを明らかにした。
・トランプ米大統領の発言として「今後30日間が困難な時期」「ウイルスのモデルはピークが2週間来ないことを示している」と伝えられている。
・トランプ米大統領は、新型コロナウイルスの感染拡大への対応で、全米の外出禁止令を検討したことがあるが、発令の可能性は「極めて低い」と述べた。
・トランプ米大統領は、イタリアのコンテ首相と電話会談を行ったと明らかにしたうえで、同国に「医療関連など1億ドル相当の物資を送る」と発表した。また、同様にフランス、スペインの各国に人工呼吸器を送付するとも表明している。
・トランプ米大統領(ツイッターで)「米金利がゼロになっている今こそ、長年待ち望まれていた2兆ドルのインフラ法案を実行する時」

[2020-03-30][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -2.5 CRHDP +0.0]
・トランプ米大統領は、米国で急速に広がっている新型コロナウイルスの感染を抑えるため、NY州などを対象に移動制限を検討している、と語った。ただ、そののち「封鎖は必要ない」とツイート。危険情報の発令にとどめる意向を示している。
・トランプ米大統領は、新型コロナの影響に関してスペイン、イタリアと協力する、という見解を示した。
・トランプ米大統領「ここ2週間ほどが感染拡大による死者のピークになると期待」
・トランプ米大統領「死者数は一連の行動で減少するだろう」「生命と経済を守るために必要なことをすべて行う用意がある」
・トランプ米大統領は29日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため3月末まで外食などの自粛を求めた行動指針について、4月末まで延長すると表明した。4月中旬までの緩和に意欲を示していたが方針転換した。
・トランプ米大統領「原油価格を巡りロシアのプーチン大統領と電話協議」
・トランプ米大統領「本日、プーチン露大統領と電話で原油について議論する予定」

[2020-03-28][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -2.5 CRHDP +0.0]
・トランプ米大統領は27日、国防生産法に基づきゼネラル・モーターズ(GM)に人工呼吸器の生産を命じた。
・トランプ米大統領は27日、新型コロナウイルス対策として2兆ドル(約220兆円)規模の景気刺激策に署名し、同法が成立した。
・トランプ大統領、新型ウイルスに対処する2兆ドルの経済支援策に署名。

[2020-03-27][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -2.5 CRHDP +0.0]
・トランプ米大統領は日本時間6時にG20に関して記者会見を行う模様。
・トランプ米大統領「米下院は経済対策をすぐに可決するべき」「G20会合では新型コロナウイルスの情報、データ共有の重要性を協議」
・トランプ米大統領「中国とさらなる通商合意は可能だが、米大統領選を待つ必要も」
・トランプ米大統領と一部高官が、新型コロナウイルス感染拡大への対応をめぐり、中国を繰り返し非難する一方、政権内や専門家からは中国の助けが必要な時期に敵対すべきではないと懸念する声も上がっている。
・トランプ米大統領と習中国国家主席が電話会談を行うと報じている。日本時間10時からで、新型コロナウイルスについて協議するという。
・トランプ米政権は、戦略石油備蓄を最大限に増やすことを目的とした原油購入の提示を取り下げた。直近の大型景気対策法案に財源措置が盛り込まれなかったためことが背景で、エネルギー省は、米国産原油を7700万バレル購入するとした3月19日の提示を撤回すると発表している。
・トランプ米大統領「新型コロナウイルスのために8月にノースカロライナ州シャーロットで予定されている共和党全国大会を中止するつもりはまったくない」
・トランプ米大統領「習・中国国家主席とコロナウイルスについて協議し、中国は強い理解」「中国国家主席に敬意を表する(Much respect!)」

[2020-03-26][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -2.5 CRHDP +0.0]
・トランプ米大統領「世界保健機関(WHO)は非常に中国寄りだ」
・トランプ米大統領は、経済活動再開の是非について、イースターの4月12日までに提言を得る、という見解を示した。
・トランプ米大統領が低迷する原油相場の安定に向けて、日米欧と中国など新興国で構成する20カ国・地域(G20)の首脳が26日に開催するテレビ会議で、今年の議長国サウジアラビアに原油の増産を自粛するよう求める可能性がある。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが関係者の見方を報じた。
・米トランプ政権が戦略石油備蓄向けの石油購入にエネルギー省の予算を充てることを検討していると、関係筋3人が明らかにしたと報じている。金額は不明だという。
・トランプ米大統領は、2兆ドル規模の新型コロナウイルス対策法案が議会で可決されれば直ちに署名すると表明し、議会に早期の可決を促した。同法案は25日中に上院で採決され、その後下院に送付される見通しだ。
・トランプ米大統領は記者会見で、世界保健機関(WHO)による新型コロナウイルスへの対応について、「とても不公平だという声が多い。中国に肩入れし過ぎており、それを不満に思っている人も多い」と批判した。
・トランプ米大統領の支持率が上昇基調に転じている。世論調査の平均値は25日、46.5%(不支持率は49.7%)となり、1カ月前の水準を取り戻した。新型コロナウイルスへの初動対応で批判を浴びたが、「戦時大統領」を自称して危機対応をアピールしていることが奏功しているもようだ。

[2020-03-25][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -2.5 CRHDP +0.0]
・トランプ大統領「復活祭までに米経済の制限を解除したい」
・トランプ米大統領は、新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、マスクや人口呼吸器といった医療用品の確保が困難になっていると認める一方、「国防生産法」の権限を行使し、民間企業を買収して増産を促すことについては改めて否定的な考えを示した。
・トランプ米大統領が4月中旬までの経済活動再開に意欲を示すなか、一部の州知事らは新型コロナウイルスの感染拡大抑制に向けた自粛措置が米経済の打撃になっているとしても、解除するのは時期尚早であると警告したと報じている。たとえば、NY州のクオモ知事は国民の移動や職場復帰などを認めるのは時期尚早として強く反対する意向を表明。また、メリーランド州のホーガン知事も、15日間の自粛措置が終わったとしても事態が収束するとは思えないとの見方を示していた。
・トランプ米大統領は、参加したブリーフィングで、景気対策法案について、上院で近く採決を期待すると発言した。
・米国のトランプ大統領とペンス副大統領は24日、ウォール街の投資家と電話会議を行い、米経済や連邦準備理事会(FRB)の政策、金融市場などについて協議した。政権当局者が明らかにした。

[2020-03-24][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -2.5 CRHDP +0.0]
・トランプ米大統領は、東京オリンピックに関しツイッターで、「安倍首相の意向に従うつもりだ。安倍氏は米国の親友であり、五輪開催に向け素晴らしい仕事をしている。彼は適切な判断を下すだろう」と指摘した。
・トランプ米大統領「議会は景気刺激策の合意に近づいている」「3-4カ月先より前に米国はビジネスを再開する予定」「15日間の期限後に活動再開の是非を決定」
・トランプ米大統領は、FRBの措置を巡りパウエルFRB議長に満足と発言した。
・トランプ米大統領「ドル高は多くの点で良いが、貿易を困難にする面も」「FRBに満足、正しい措置を取った」
・トランプ米大統領は、共和党はペロシ下院議長の景気対策に同意すべきでない、という見解を示した。
・トランプ米政権が、ブルイエット・エネルギー長官の上級顧問コーツ氏を駐サウジアラビアのエネルギー担当特別代表に任命すると報じている。エネルギー省の当局者が明らかにしたという。

[2020-03-23][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -2.5 CRHDP +0.0]
・トランプ米大統領は記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた東京五輪開催の可否について「わたしは安倍首相に『あなたが決めることだ』と伝えた。彼が近く決断を下す」と述べ、米政府が影響力を及ぼすべきではないという考えを示した。
・トランプ米大統領は、ホワイトハウスでの記者会見で、新型コロナウイルスを改めて「中国ウイルス」と呼び、撤回を拒否した。また、会見に同席したポンペオ国務長官も「中国ウイルス」と呼んだうえで、中国で感染者が初めて確認されたのちの情報共有が不十分だったと批判している。
・トランプ米政権が原油価格の安定化に向けサウジアラビアにエネルギー省高官を派遣することが、当局者の話で明らかになったと報じている。
・トランプ米大統領は、中国や習国家主席を大いに尊敬しているものの、新型コロナウイルスが中国で発生し、制御不能な状況になったことは遺憾だと表明した。
・トランプ米大統領は、新型コロナウイルス感染拡大を受けた景気対策について、議会と政権の交渉担当者の合意は「非常に近い」と述べた。
・トランプ米大統領は、景気対策法案を通過させるため、ペロシ下院議長と協力する意向を示した。
・トランプ米大統領はコロナ対策について、15日間の期間終了時点で方向性を判断する、という見解を示した。

[2020-03-21][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -2.5 CRHDP +0.0]
・トランプ米大統領「メキシコから不要不急の入国を停止」
・トランプ米大統領「ウィルスの援助を自社株買いには使ってほしくはない」

[2020-03-21][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -2.5 CRHDP +0.0]
・トランプ米大統領「メキシコから不要不急の入国を停止」
・トランプ米大統領「ウィルスの援助を自社株買いには使ってほしくはない」

(最終更新日時 2020-04-01 17:31)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース