ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

中間派

 HDP   -1.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-01-20][NP     HDP -1.6 CHDP -0.1 RHDP -1.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、「それほど『最高』ではないイランの『最高指導者』は、米国と欧州について不愉快なことを言った」と指摘したうえで、「ハメネイ師は言葉に十分気を付けるべきだ」と警告している。
・イルナー通信は、トランプ米大統領が「米軍がイラク撤退を迫られる場合、イラク政府は同国にある米国の資本金を払い戻すか、もしくは米軍のイラク残留を認めるべきだ」と述べたと報じている。撤退にともない350億ドルを差し出すよう、イラク政府に要求したという。
・トランプ米大統領のウクライナ疑惑に関する上院での弾劾裁判で、ホワイトハウスの弁護団は、下院による弾劾訴追を「憲法違反」と批判し、無罪を訴える内容の準備書面を上院に提出した。トランプ氏が「権力乱用」と「議会妨害」を理由に弾劾訴追されてから初めての公的な反論となる。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2020-01-20][NP     HDP -1.6 CHDP -0.1 RHDP -1.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、「それほど『最高』ではないイランの『最高指導者』は、米国と欧州について不愉快なことを言った」と指摘したうえで、「ハメネイ師は言葉に十分気を付けるべきだ」と警告している。
・イルナー通信は、トランプ米大統領が「米軍がイラク撤退を迫られる場合、イラク政府は同国にある米国の資本金を払い戻すか、もしくは米軍のイラク残留を認めるべきだ」と述べたと報じている。撤退にともない350億ドルを差し出すよう、イラク政府に要求したという。
・トランプ米大統領のウクライナ疑惑に関する上院での弾劾裁判で、ホワイトハウスの弁護団は、下院による弾劾訴追を「憲法違反」と批判し、無罪を訴える内容の準備書面を上院に提出した。トランプ氏が「権力乱用」と「議会妨害」を理由に弾劾訴追されてから初めての公的な反論となる。

[2020-01-17][NP     HDP -1.6 CHDP -0.1 RHDP -1.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は、クリストファー・ウォラー氏とジュディ・シェルトン氏の2人を連邦準備制度理事会(FRB)の理事に指名する意向とされる。ウォラー氏はセントルイス連銀のエグゼクティブ・バイスプレジデントで調査局長。一方、シェルトン氏は欧州復興開発銀行(EBRD)の米国代表でトランプ大統領の非公式アドバイザー。
・トランプ米大統領は16日、米連邦準備制度理事会(FRB)の理事に、欧州復興開発銀行のジュディ・シェルトン前米国代表と、セントルイス連邦準備銀行のクリストファー・ウォラー副総裁を指名すると発表した。就任には議会上院の承認が必要となる。両氏はトランプ氏の主張に近い金融緩和推進派とされ、トランプ氏は両氏を理事に送り込んで自身の意向をFRBの金融政策に反映させたい考え。

[2020-01-17][NP     HDP -1.6 CHDP -0.1 RHDP -1.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は、クリストファー・ウォラー氏とジュディ・シェルトン氏の2人を連邦準備制度理事会(FRB)の理事に指名する意向とされる。ウォラー氏はセントルイス連銀のエグゼクティブ・バイスプレジデントで調査局長。一方、シェルトン氏は欧州復興開発銀行(EBRD)の米国代表でトランプ大統領の非公式アドバイザー。

[2020-01-16][NP     HDP -1.6 CHDP -0.1 RHDP -1.8 CRHDP -0.2]
・トランプ大統領「第1段階合意、中国との公正な貿易にとり重要なステップ」
・トランプ大統領「中国は北朝鮮との問題で米国を助けている」「中国は知的財産について著しく執行可能なコミット」「包括的かつ完全な執行能力ある通貨の合意が成立」「合意が発効し次第、第2段階の交渉を開始へ」
・トランプ大統領「すべての関税、第2段階の合意まとめた時点で引き下げ」「中国との第3段階交渉は不要と考える」
・トランプ米大統領「貿易、防衛に関して、米中関係は良好」
・欧州関係者の話として、トランプ米政権が、英独仏がイランに対し核合意違反の責任を正式に問わない場合、欧州自動車の輸入に関税を課す恐れがあると報じている。
・トランプ米大統領が弾劾訴追されたウクライナ疑惑を追及する下院民主党が、トランプ氏の顧問弁護士ジュリアーニ氏らによるウクライナへの働き掛けを具体的に示した新たな証拠を上院に送付したと報じている。

[2020-01-15][NP     HDP -1.6 CHDP -0.1 RHDP -1.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領はアップルに対し、テロ事件容疑者のロック解除を要請した。

[2020-01-14][NP     HDP -1.6 CHDP -0.1 RHDP -1.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は、イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を無人機攻撃で殺害したことについて、米国にとって差し迫った脅威があったと強調する一方、同司令官の過去の行いからすると、脅威があったか否かはさほど重要な問題ではないと述べた。
・トランプ米大統領は来月、就任後初めてインドを訪問することを検討している。事情に詳しい関係筋が14日、明らかにした。関係筋によると、米国とインドは具体的な日程を調整中だという。

[2020-01-13][NP     HDP -1.6 CHDP -0.1 RHDP -1.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領が、米国はロシアとの貿易関係を確立する必要があると述べたと報じている。
・トランプ米大統領は、ウクライナ機撃墜をめぐりイランで起きた抗議デモについて、「平和的なデモ参加者虐殺やインターネットの遮断があってはならない。世界が見ている」とツイートし、イラン政府が弾圧しないよう牽制した。

[2020-01-10][NP     HDP -1.6 CHDP -0.1 RHDP -1.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領「中国との第2段階貿易合意は選挙後まで待つ可能性」「中国との第2段階貿易交渉は直ちに開始」
・トランプ米大統領「中国との第2段階の貿易協定に関する交渉を開始へ」
・トランプ米大統領「イランは米国大使館爆破を企てていた」
・トランプ米大統領「対イラン制裁は速やかに拡大へ」「イランが交渉する意向かどうかを見ていく」
・トランプ米大統領「財務省が対イラン制裁について発表する」
・トランプ米大統領は記者団に、イランでのウクライナ国際航空の旅客機墜落に関し「誰かが間違いを犯した可能性がある」と述べ、撃墜の可能性を示唆した。
・トランプ米大統領が、訪米中の北村国家安全保障局長と韓国の鄭国家安保室長と短時間会談したと発表した。トランプ氏は日韓両国がインド太平洋地域での最大の同盟国であるとし、両国の米国への貢献に謝意を表したという。
・トランプ米大統領「前政権は世界を戦争に導いていた」「現在は平和への道にある」

[2020-01-09][NP     HDP -1.6 CHDP -0.1 RHDP -1.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領「イランは攻撃後、行動を抑制しているようだ」「イランの攻撃で米国人に死傷者はなかった」
・トランプ米大統領「イランは攻撃後、一時停戦しているもよう」「イランに対して追加制裁を発動」
・トランプ米大統領「イランに核兵器を持たせない」
・トランプ米大統領のイラン関連の声明を受けて、ドル円は一時108.93円まで上昇。トランプ大統領は「イランは攻撃後、行動を抑制しているようだ」と述べた。その後イランへの追加制裁発動も明らかにし、108.72円付近まで押し戻されるも底堅さは継続している。1時35分時点では108.80円前後での値動き。
・トランプ大統領「米国はイランへの追加制裁を発動へ」「イランが前進、繁栄できるようなディールが必要」「イランは攻撃後、行動を抑制しているもよう」
・トランプ米大統領「NATO、中東にもっと関与すべき」
・トランプ米大統領「イランが前進し繁栄できるようなディールが必要」「イランに経済制裁を課す」
・トランプ米大統領「NATOには中東にもっと深く関わってもらう」「中東産原油は必要ない」
・トランプ米大統領「我々はミサイルを所有しているが、使用しない」「米国はそれを求めるすべての人との平和を受け入れる用意がある」
・トランプ米大統領「米国は求める人々と平和を受け入れる用意がある」
・トランプ米大統領は、実施した演説で、イランによるミサイル攻撃で米国人に負傷者がいなかったことを明らかにした。
・トランプ米大統領は8日午前(日本時間9日未明)、イランによるイラク駐留米軍攻撃に関し、ホワイトハウスで演説を始めた。「イラン指導部に強力な制裁を科し、イランが態度を改めるまで継続する」と表明した。
・トランプ米大統領は8日、イランによる駐留米軍基地に対する弾道ミサイル攻撃を受けてホワイトハウスで国民向けに演説し、「軍事力を行使したくはない」とイランへの報復攻撃に否定的な考えを示した。一方で「即座に新たな経済制裁を科す」と表明した。

[2020-01-08][NP     HDP -1.6 CHDP -0.1 RHDP -1.8 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領「米国はイランからの報復に備えており、報復されればやり返す」「ある時点ではイラクから米軍を撤退させたい」
・トランプ米大統領「米国はどのようなイランの報復行動にも報復する準備がある」
・トランプ米大統領「イランからイラクにある2つの基地にミサイルが発射された」「犠牲者やダメージは現在調べている」
・トランプ米大統領「我々は最も強力で備えがある軍が世界中にある」「明日の朝に声明を発表する」
・トランプ米大統領は7日、イラクにある駐留米軍基地2カ所に対するイランの攻撃後、「全て問題ない。犠牲者と被害の状況を現在調査しているところだ」とツイートした。

(最終更新日時 2020-01-21 20:39)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース