ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

中間派

 HDP   -1.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-02-14][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領がFRB理事候補に指名したシェルトン氏は、指名承認公聴会で民主・共和の両党からその適性に問題があるとの指摘を受けた。しかし、ホワイトハウスは指名を取り下げない、としている。
・トランプ米政権は、中国の通信機器大手ファーウェイとの一部の取引を国内企業に認める例外措置を45日間延長した。現行の例外措置は16日に期限切れとなる予定だった。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2020-02-14][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領がFRB理事候補に指名したシェルトン氏は、指名承認公聴会で民主・共和の両党からその適性に問題があるとの指摘を受けた。しかし、ホワイトハウスは指名を取り下げない、としている。
・トランプ米政権は、中国の通信機器大手ファーウェイとの一部の取引を国内企業に認める例外措置を45日間延長した。現行の例外措置は16日に期限切れとなる予定だった。

[2020-02-14][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領がFRB理事候補に指名したシェルトン氏は、指名承認公聴会で民主・共和の両党からその適性に問題があるとの指摘を受けた。しかし、ホワイトハウスは指名を取り下げない、としている。
・トランプ米政権は、中国の通信機器大手ファーウェイとの一部の取引を国内企業に認める例外措置を45日間延長した。現行の例外措置は16日に期限切れとなる予定だった。

[2020-02-13][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は、フィリピン政府が同国内の米兵の法的地位を定めた訪問軍地位協定の破棄を通知したことに関し「わたしは構わない。多くのお金が節約できる」と述べた。フィリピンで活動する米軍の削減を示唆する発言とも受け取れ、波紋を呼びそうだ。
・トランプ米政権は14日、2019年9月に発動した中国製品に対する制裁関税を従来の15%から7.5%に引き下げる。中国も同時に報復措置を一部縮小する。1月に署名した貿易交渉を巡る「第1段階の合意」が発効するのに合わせた措置だ。18年夏に貿易戦争がエスカレートしてから初めての制裁緩和となる。

[2020-02-12][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.2]
・トランプ米政権が10日議会に提出した2021会計年度(20年10月~21年9月)の予算教書は、今後の財政赤字が毎年ほぼ一貫して減る楽観的なシナリオを示した。今秋に迫る大統領選を意識した予算配分も目立ち、財政規律の緩みが深刻化する恐れがある。

[2020-02-11][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.2]
・トランプ米政権は、2021会計年度(20年10月-21年9月)の予算教書を公表した。社会保障費などの圧縮で、年1兆ドルの財政赤字を5年で半減するよう提案している。一方で国防費を増額してインフラにも1兆ドルを投じるなど、選挙を前に支持基盤の保守層に強く配慮した。もっとも、経済成長率を3%と見込むなど試算は極めて楽観的だ。
・トランプ米大統領「FRBの利上げペースは速すぎで、利下げは遅すぎる」「すぐにFRBの金利を引き下げる必要がある」
・トランプ大統領が11月の大統領選前には米朝首脳会談の開催を望まない考えを外交政策担当の高官らに伝えた、と報じている。トランプ氏は大統領選に集中しており、北朝鮮問題に取り組む意欲が減退しているようだ。
・トランプ米大統領は、中国武漢で深刻化している新型コロナウイルスによる肺炎について、記者団に「一般的に言って、あの種のウイルスは暖かさで死滅する」と指摘。そのうえで、「4月にはなくなると思う」と述べた。習中国国家主席との先の電話会談で、その思いを強くしたという。
・トランプ大統領がメラニア夫人とともに2月24-25日の日程でインドを訪問すると発表した。インド訪問は、大統領就任後、初めて。モディ首相と会談する予定だという。
・トランプ米大統領「史上最高の米国経済」

[2020-02-10][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は弾劾裁判の無罪評決を受けた演説で、国民に謝罪や反省の意を一切示さなかった。約1時間に及ぶ演説において、ロシア疑惑やウクライナ疑惑を追及したペロシ下院議長(民主党)らを「ひどい人間」、「腐敗している」、「悪意に満ちている」と罵り続け、自分は「被害者」との主張を繰り返した。
・トランプ米大統領が2021年の米航空宇宙局(NASA)予算について、12%の引き上げを提案する予定だと報じている。増額分の大半は、24年までに米国の宇宙飛行士を月面に再び着陸させる目標の実現に振り向けるという。
・トランプ米大統領は、マルバニー大統領首席補佐官代行は職務を継続すると言明した。大統領の弾劾裁判では無罪評決が下され、ホワイトハウスは関係者の追放に向けて動いており、米CNNは「マルバニー氏の今後は未定」と報じていたが、トランプ氏は、これを「誤報」だと述べている。
・トランプ米大統領は、一般教書演説の原稿を民主党のペロシ下院議長が議場で破ったことについて、「公式文書を破損させた。彼女がしたことは違法行為だ」と非難した。
・米ニュースのNowThisは、ツイッター上で動画を配信し、トランプ米大統領が一般教書演説において2分30秒ごとに嘘の発言をしていたことを明らかにした。トランプ大統領の嘘には石油生産、雇用創出、米国経済に関することなどがあったという。
・ドナルド・トランプ米大統領は4.8兆ドル(約526兆円)の2021年度予算案を10日に提示する見通しであることが分かった。社会保障給付や外国支援向けの支出を大幅に削減する一方、防衛や退役軍人向けの予算を手厚くする内容。

[2020-02-07][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領は、新型ウイルスに関して中国の強さへの信頼感を表明した。
・トランプ米政権による中東和平案の公表を受け、パレスチナ側とイスラエル軍の衝突が相次いでいる。カタールの衛星テレビ局アルジャジーラは6日、事態の悪化を受けてイスラエル軍が占領地ヨルダン川西岸地区に千人規模の兵力を増員する見通しだと伝えた。パレスチナ側は和平案に強く反発しており、衝突が収まるかは見通せない。
・トランプ米大統領「習・中国国家主席と電話会談し、コロナウイルスを撃退するため主席は強いリーダーシップをもって取り組んでいることが分かった」「習主席のウイルスへの取り組みは成功するだろう」「米国は支援のために中国と緊密に動いている」

[2020-02-06][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領のウクライナ疑惑を巡る「権力乱用」と「議会妨害」に問われている弾劾裁判で、米上院は無罪評決を下した。
・トランプ米大統領は、連邦議会の上下両院合同会議で、今後1年間の施政方針を示す一般教書演説を行った。演説のテーマは「偉大な米国の復活」で、トランプ氏は大統領に就任して3回目の一般教書演説となる。11月の大統領選をにらみ、再選のカギを握る経済の実績をアピールした反面、北朝鮮の核問題などへの言及は見送られた。
・アメリカのトランプ政権の高官は、北朝鮮が非核化交渉に戻ることに改めて期待を示したうえで、中国に対し北朝鮮への制裁を着実に履行するよう求めた。

[2020-02-04][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領が4日の一般教書演説前に開催するニュースキャスターらとの昼食会から、CNNを締め出す方針を示していることが分かった、と報じている。関係者3人が語ったという。昼食会での会話はオフレコとされるが、演説に臨む大統領の心境をメディアが把握する機会とも位置付けられている。
・トランプ米大統領「昨日のアイオワ州党員集会で勝利宣言出来るのは自分だけ」

[2020-01-31][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・トランプ米大統領はコロナウイルス流行を巡り。「中国と緊密に連携」「とてもうまくコントロールできている」という見解を示した。

(最終更新日時 2020-02-15 12:42)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース