ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプの発言・ニュース

ドナルド・トランプはアメリカの事業家であり著名人で、2016年、両者が人気度がマイナスまで落ちた前代未聞の大統領選挙の末、民主党候補のヒラリー・クリントンに勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領当選者になりました。

トランプは、アメリカでメディア進出も早い段階から行われているため知らぬ者のいないほどの有名人だが、その強気の発言は物議を呼ぶことも少なくない。

彼の発言は、、日米安保条約等を含む世界各国とアメリカとの関係が注目を集めることになるため、今後、過去の米大統領以上に相場の材料になることも考えておく必要があります。

HDP

中間派

 HDP   -1.5(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-10-14][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「米財務省はトルコへの強力な制裁を課す準備をしている」
・トランプ米大統領のウクライナ疑惑をめぐる下院の弾劾調査で、今年5月に突如解任されたヨバノビッチ前駐ウクライナ米大使が非公開の宣誓証言に立った、と報じている。そのうえで、陳述書のなかで前大使は、解任がトランプ氏の意向だったと明らかにしたという。
・トランプ米大統領がウクライナ政府にバイデン前米副大統領の調査を働きかけた問題に関連し、NY連邦検察がトランプ氏の顧問弁護士であるジュリアーニ元NY市長の捜査に乗り出した、と報じている。仮にジュリアーニ氏が訴追される事態に発展すればトランプ氏の不正疑惑が強まるのは確実だ。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、弁護士で側近のジュリアーニ元NY市長が連邦地検の捜査対象になっていることについて「一方的な魔女狩りだ。恥ずべきだ」などと捜査を批判した。また、ジュリアーニ氏については「犯罪取り締まりで伝説的な結果を出したNY市の歴史でもっとも偉大な市長」と擁護する姿勢を強調している。
・トランプ米大統領は、中国と貿易協議の「第1段階」で合意したことに関連し、「今回の合意に関係なくFRBは利下げすべきだ」と述べ、改めてパウエルFRB議長に利下げを迫った。「米国の金利は他の国よりも高い」と主張している。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、中国と貿易問題で結んだ部分合意に関し「中国はとても大量の米農産品をすぐに買い始める。今後3-4週間かかる署名まで待たない」と主張、正式合意の前に実行するよう中国に要求した。中国側は農産品の大量購入について公式に認めておらず、実施されなければ対立が再燃する恐れがある。
・トランプ米大統領「まもなくトルコに対して大きな制裁が課される」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・トランプの発言・ニュース

[2019-10-14][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「米財務省はトルコへの強力な制裁を課す準備をしている」
・トランプ米大統領のウクライナ疑惑をめぐる下院の弾劾調査で、今年5月に突如解任されたヨバノビッチ前駐ウクライナ米大使が非公開の宣誓証言に立った、と報じている。そのうえで、陳述書のなかで前大使は、解任がトランプ氏の意向だったと明らかにしたという。
・トランプ米大統領がウクライナ政府にバイデン前米副大統領の調査を働きかけた問題に関連し、NY連邦検察がトランプ氏の顧問弁護士であるジュリアーニ元NY市長の捜査に乗り出した、と報じている。仮にジュリアーニ氏が訴追される事態に発展すればトランプ氏の不正疑惑が強まるのは確実だ。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、弁護士で側近のジュリアーニ元NY市長が連邦地検の捜査対象になっていることについて「一方的な魔女狩りだ。恥ずべきだ」などと捜査を批判した。また、ジュリアーニ氏については「犯罪取り締まりで伝説的な結果を出したNY市の歴史でもっとも偉大な市長」と擁護する姿勢を強調している。
・トランプ米大統領は、中国と貿易協議の「第1段階」で合意したことに関連し、「今回の合意に関係なくFRBは利下げすべきだ」と述べ、改めてパウエルFRB議長に利下げを迫った。「米国の金利は他の国よりも高い」と主張している。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、中国と貿易問題で結んだ部分合意に関し「中国はとても大量の米農産品をすぐに買い始める。今後3-4週間かかる署名まで待たない」と主張、正式合意の前に実行するよう中国に要求した。中国側は農産品の大量購入について公式に認めておらず、実施されなければ対立が再燃する恐れがある。
・トランプ米大統領「まもなくトルコに対して大きな制裁が課される」

[2019-10-12][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「米中は重大な第1段階の合意に達した」
・トランプ米大統領「合意に知財や金融サービス、農産品購入が含まれる」
・トランプ米大統領「合意には知財や金融サービス、農産物購入が含まれる」「第1段階の合意に署名したあと第2段階の交渉を開始。第3段階になる可能性もある」
・トランプ米大統領「第1段階協定は、11月のチリで開催されるAPECで署名へ」
・トランプ米大統領「FRBは利下げするべき」

[2019-10-11][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「中国との貿易協議はとてもうまくいった」「中国との貿易協議は明日も継続」
・トランプ米大統領「米中協議はうまく進んでいる」「協議は明日も継続」
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、シリア北部でのクルド人勢力排除を狙ったトルコ軍の作戦について、「規範に従わなければ、トルコに制裁を科し、経済的に強烈な打撃を与える。わたしは注視している」と指摘、人道面に相当の配慮を払うよう求めた。
・トランプ米大統領は、トルコがシリア北部のクルド人勢力を標的に軍事作戦を展開していることを受け、ツイッターで、仲介に乗り出す可能性に言及した。
・トランプ米大統領「中国と合意できるかどうかを目にすることになる」「中国は非常に素晴らしい」
・トランプ米大統領は、中国との貿易交渉で、良いことが起きているとツイートした。
・トランプ米大統領「中国との貿易交渉で良いことが起きている」

[2019-10-10][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「米国はトルコのシリア侵攻を了承していない」
・トランプ米大統領「(トルコのシリア侵攻)クルド人勢力が一掃されれば、トルコ経済を標的とする」「(トルコのシリア侵攻)トルコが非人道的に行動すれば制裁上回る措置」
・トランプ米大統領は、トルコ軍がシリア北部で開始した軍事作戦について、声明で「米国はこの攻撃を支持しない。悪い考えだとトルコに伝えてきた」と強調した。
・トランプ米大統領がウクライナ政府にバイデン前副大統領の調査を働きかけた疑惑に関連し、これまで基本的に沈黙を守っていたバイデン氏は9日、トランプ氏は就任の宣誓に背き国を欺いたとし、弾劾の必要性を訴えた。
・トランプ米大統領は、米中が通商合意に至る公算は大きいとの見方を示した。トランプ大統領は記者団に対し「取引を行えるなら行う。その公算は大きい」とし、「自分自身の考えでは、中国は我々りも取引をしたがっている」と述べた。
・トランプ米大統領は、ウクライナ大統領に対する政治目的での圧力疑惑を受けた下院の弾劾調査に関し、ホワイトハウスが協力する条件として、政権側に「権利を与える」よう要求した。議会審議の過程を大幅に修正させ、下院多数派を握る野党民主党のペースで調査が進まないようにする狙いがあるとみられている。
・トランプ米大統領は、10日から始まる米中閣僚級貿易協議で有利な取引を結ぶため、「厳しい姿勢で臨む」と記者団に述べた。米農産品の購入拡大で「暫定合意」を狙う中国をけん制し、産業補助金の見直しといった構造改革などで一段の歩み寄りを求めている。
・トランプ米政権は一部米企業にファーウェイへの供給を許可するという。
・トランプ米大統領が11日に中国の劉副首相と会うとの発言を受けて、米中通商協議への期待感が高まり、ドル円は107.86円まで上昇した。全般リスク選好の円売りが優勢で、ユーロ円は118.86円、ポンド円は131.85円、豪ドル円は72.91円、NZドル円は68.14円、加ドル円は81.06円まで高値を更新した。

[2019-10-09][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、トルコを「重要な貿易相手国」と称賛し、改めてトルコ寄りの姿勢を鮮明にした。そのうえで、同国のエルドアン大統領が11月13日にワシントンを訪れると指摘している。
・トランプ米政権は、大統領弾劾調査の一環として予定されていたソンドランドEU大使の下院委員会での証言を拒否した。
・アメリカのトランプ大統領がウクライナに圧力をかけたとされる疑惑で、議会が聞き取りを予定していたヨーロッパ駐在の大使が聞き取りに応じなかった。民主党は「政権による調査の妨害だ」と反発しており、大統領との対立は一層激しくなっている。
・米トランプ政権は米国から中国への資本流入を制限することについて協議しており、特に政府年金基金の投資に重点を置いていると、事情に詳しい関係者が明らかにした。

[2019-10-08][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「日米貿易協定は農家にとって形勢を一変させる」「中国との貿易の合意は可能性が高まっている」
・トランプ米大統領「中国との貿易協定の合意の可能性ある」「米中貿易合意、かなりの確率」
・トランプ米大統領「中国は米国に取引をするためにやってくる」「香港に関して人道的な解決策を求める」
・トランプ米大統領「中国との部分的な貿易合意は私たちが望むものではない」
・トランプ米大統領は、今週に実施される米中通商協議について「何か極めて大きなことができる可能性がある」と述べ、楽観的な見方を示した。ただ、部分的な合意には満足しないとの立場も示した。
・トランプ米大統領の対ウクライナ圧力疑惑をめぐり、下院外交委員会のエンゲル委員長が、ポンペオ国務長官が弾劾調査のための文書提出を求める召喚状に応じていないと明らかにしたと報じている。
・トランプ米大統領の弾劾調査を主導する下院の3委員会は、トランプ大統領が対ウクライナ軍事支援を保留した決定をめぐり、米国防総省と米行政管理予算局(OMB)に関連文書を15日までに提出するよう求めた。
・トランプ米大統領がシリア北部の要衝地域からの米軍の撤退を決めたことを受け、トランプ氏を強く擁護してきた議員らを含む共和党の重鎮らが怒りをあらわに大統領批判し、同盟勢力であるクルド人を見捨てる決定だと警告した。
・トランプ米大統領は、インフレが低水準で推移していることを踏まえ、FRBが「大幅な」利下げを実施することを望んでいると述べた。
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、シリア北部でトルコが予定する新たな軍事作戦をめぐり「わたしが許容できない一線をトルコが越えたら、トルコ経済を完全に崩壊、消滅させる」とけん制した。国防総省も声明で、トルコの軍事作戦を承認しないと強調し自制を求めている。
・トランプ米大統領は7日、ホワイトハウスで記者団に、抗議活動が続く香港情勢を巡り「人道的な解決を見たいだけだ」と語り、中国の習近平国家主席に対して平和的な対応を促した。
・トランプ政権が米国から中国への資本流入を制限することについて協議しており、とくに政府年金基金の投資に重点を置いていると、事情に詳しい関係者が明らかにしたと報じている。

[2019-10-07][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ大統領が北朝鮮のミサイル発射の前に行われた会議で、政府高官が北朝鮮による潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)開発の現状を説明したところ、興味を示さなかったと報じている。そのうえで、北朝鮮との協議継続を決めたという。
・トランプ米大統領は、ホワイトハウスで記者団に対し、「中国は合意締結を試みている国で、合意締結に向けた絶好の機会がある」と指摘した。続けて「合意締結の可能性という観点ではいまが非常に重要な段階。合意に至れば、過去最大の通商合意になるだろう」と述べている。
・トランプ米大統領は、中国との通商合意と政敵である野党民主党のバイデン前副大統領をめぐる調査を結び付けることは一切ないと言明した。
・トランプ米大統領が民主党のバイデン前副大統領に打撃を与える情報を得るためウクライナのゼレンスキー大統領に圧力をかけた疑惑で、問題を告発した当局者の代理人が、疑惑に関して2人目の内部告発者が告発の準備を進めていると明かしたと報じている。
・トランプ米大統領が国家安全保障会議(NSC)職員の大幅削減を命じたと報じている。この計画に詳しい関係者5人が明らかにしたという。ホワイトハウスはNSCの職務に関連した内部告発をきっかけとする弾劾調査に直面している。
・トランプ米政権はトルコによるシリア作戦を妨げずと報じた。

[2019-10-04][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は、自身のツイッターで、世界貿易機関(WTO)がEUによる航空機大手エアバスへの補助金をめぐり、米国がEUに対し報復関税を課す方針を承認したことは「素晴らしい勝利」と称賛した。
・トランプ米政権が、EUによる大手航空機メーカーへの補助金に対抗し、報復関税の発動方針を決めた、と報じている。世界貿易機関(WTO)の仲裁決定を受けた措置だが、米政権はEUからの輸入車への追加関税も検討しており、早期妥結に向けて圧力を一段と強める可能性もあるようだ。
・トランプ米大統領は、ホワイトハウスで記者団に、北朝鮮は対話を望んでいると指摘し、「我々は彼らと間もなく話すことになるだろう」と述べた。また、ミサイル発射については「様子を見よう」と静観する姿勢を示している。
・トランプ米大統領は、記者団に対し「中国側の交渉団が来週やって来る。我々は協議する見通しだ。順調に進んでいる」と述べた。 そのうえで、「わたしは中国に対し多くの選択肢を提示できるが、中国が米国の要望に応じないのであれば、我々には多大な力ある」とけん制している。
・トランプ米大統領は、中国に対し、来年の米大統領選で対抗馬になると目される野党民主党のバイデン前副大統領と息子を調査するよう呼び掛けた。公の場で外国政府の米大統領選への関与を促した格好となる。
・米トランプ政権きっての対中強硬派とされるナバロ大統領補佐官は、「中国と重要な合意を得るか合意なしかだろう」などと発言した。
・トランプ米大統領が6月18日に中国の習国家主席と電話で会談した際、バイデン前副大統領とウォーレン上院議員に言及していたことが分かった、と報じている。事情に詳しい情報筋2人が明らかにしたという。また、それとは別に、電話会談ではトランプ氏が習主席に対し、貿易協議中は香港デモに関する言及を控えるとの考えを伝える場面もあったと指摘していた。
・トランプ米大統領「中国と良い取引ができるだろう」

[2019-10-03][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領「大統領弾劾はナンセンスで、株価を動かしている」「あなた方の確定拠出年金(401K)を下落させている、しかしこれがまさに民主党がやりたいことなんだ」
・トランプ米大統領「中国が米国が望んでいることを行わないのならば、米国には様々な選択肢がある」「ウクライナにはバイデン前副大統領を調査してほしい」

[2019-10-02][NP     HDP -1.5 CHDP -0.1 RHDP -1.6 CRHDP -0.1]
・トランプ米大統領は、FRBが決める政策金利が「高すぎる」と主張し、改めて利下げを要求した。自身のツイッターで、「パウエル議長とFRBは、ドルが他国通貨に比べて極めて強くなることを容認しており、製造業は打撃を受けている」と指摘している。
・トランプ米大統領は1日のツイッター投稿で、自身に対する弾劾調査について、「何が起きているかについて私が出している結論は、これは弾劾ではなく、人々の力や投票権、自由、憲法修正第2条、宗教、軍、国境の壁、米国民として神から与えられた権利を奪うことを意図したクーデターだ」と主張した。米国憲法修正第2条は国民に武器保有の権利を認めている。

(最終更新日時 2019-10-15 11:39)

ドナルド・トランプの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・トランプ カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース