欧州中央銀行(ECB)関係

欧州中央銀行(ECB)関係のイメージ画像

 2018年1月の期間中の欧州中央銀行(ECB)関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年1月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年1月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-01-04][NP+3.0 HDP -2.5 CHDP +0.1 RHDP -0.5 CRHDP +0.2]
・欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのスメッツ・ベルギー中銀総裁「ユーロ圏のCPIは2020年に1.7%まで上昇するだろう」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

欧州中央銀行(ECB)関係による2018年1月 発言・ニュース

[2018-01-04][NP+3.0 HDP -2.5 CHDP +0.1 RHDP -0.5 CRHDP +0.2]
・欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのスメッツ・ベルギー中銀総裁「ユーロ圏のCPIは2020年に1.7%まで上昇するだろう」

[2018-01-11][NP     HDP -2.5 CHDP +0.1 RHDP -0.5 CRHDP +0.2]
・欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨「2018年初旬からガイダンスの段階的な変更を検討する可能性」

[2018-01-11][NP     HDP -2.5 CHDP +0.1 RHDP -0.5 CRHDP +0.2]
・欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨「コアインフレの短期的な下サイドのリスクは一時的要因」

[2018-01-11][NP     HDP -2.5 CHDP +0.1 RHDP -0.5 CRHDP +0.2]
・欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨「リフレ続けば言い回し変更が必要との点で合意」

[2018-01-17][NP     HDP -2.5 CHDP +0.1 RHDP -0.5 CRHDP +0.2]
・欧州中央銀行(ECB)は来週の理事会で資産買い入れを続けるとのガイダンスを取り下げる可能性は低い。域内経済とユーロの見通しを見極めるには時間が必要と判断しているため。3人の関係筋が明らかにした。これらの関係筋によると、ガイダンス見直しは先送りされ、最新の経済見通しが明らかになる3月となる可能性が高い。

[2018-01-22][NP     HDP -2.5 CHDP +0.1 RHDP -0.5 CRHDP +0.2]
・欧州中銀(ECB)は25日に理事会を開催する。年明けからはECBの景気判断引き上げが量的緩和縮小の前倒し観測につながり、ユーロ高が加速されている。

[2018-01-23][NP     HDP -2.5 CHDP +0.1 RHDP -0.5 CRHDP +0.2]
・欧州中央銀行(ECB)が23日に公表した四半期調査で、ユーロ圏の銀行が第1・四半期に法人向け融資や個人向け融資、住宅ローンの需要拡大を見込んでいることが明らかになった。調査によると、2017年第4・四半期はあらゆる種類の融資に対する需要が増加。企業向けと個人向けの融資基準に変化はなかったものの、住宅ローンについては基準が緩和された。

欧州中央銀行(ECB)関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース