欧州中央銀行(ECB)関係の発言・ニュース

欧州中央銀行(ECB)ロゴ

 欧州中央銀行(ECB 英語:European Central Bank)の関係者による発言・コメントや、関連したニュースなどを掲載しています。

 このカテゴリ内においては、複数のECB関係による発言者やニュースとなるため、HDP・RHDPの値は目安となります。

 また、相場を動かす可能性が高いと考えられる要人は、ECB関係者であっても個別カテゴリに収められており、政策金利については世界の政策金利のカテゴリを参照してください。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -2.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-05-14][NP+6.0 HDP -2.4 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・ナーゲル独連銀総裁「ECBは7月利上げが可能性」「利上げ時は金融安定を考慮する必要」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の欧州中央銀行(ECB)関係の発言・ニュース

[2022-05-18][NP     HDP -2.4 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・ECB理事会メンバーでもあるセンテノ・ポルトガル中銀総裁は、長らく続いた超低金利の後で進めようとしている金融政策正常化が、持続可能な形で実施する必要があるとの見方を示した。
・ミュラー・エストニア中銀総裁「7月会合での25bp利上げを支持」「今年中に金利がゼロ%を超えて上昇したとしても驚きではない」

[2022-05-17][NP     HDP -2.4 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・オランダのテレビ番組「カレッジ・ツアー」は、ECB理事会メンバーでもあるクノット・オランダ中銀総裁が、ECBは7月に0.25%の利上げを実施すべきだが、大幅利上げの可能性も現時点で排除すべきではないと述べたと報じている。

[2022-05-16][NP     HDP -2.4 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・ECBの政策委員会メンバー、フランス中銀のビルロワドガロー総裁は、政策正常化のコンセンサスが、今見られる、といった見解を示した。

[2022-05-14][NP+6.0 HDP -2.4 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・ナーゲル独連銀総裁「ECBは7月利上げが可能性」「利上げ時は金融安定を考慮する必要」

[2022-05-13][NP     HDP -2.4 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP +0.1]
・ECB理事会メンバーでもあるカジミール・スロバキア中銀総裁は、「7月の利上げに準備ができている」とツイッターに投稿した。ECB当局者のあいだで7月の利上げを支持する動きがこのところ増えている。
・ECB理事会メンバーであるマクルーフ・アイルランド中銀総裁は、FRBと同じペースとは限らないが、ECBはインフレ対応に向け行動すべきとの見方を示した。
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「ユーロ圏でリセッションの兆候は見えない」「コモディティ価格の上昇が経済成長に打撃を与えた面が大きい」「7月の利上げは今後の状況次第、自分の意見は言わない」

[2022-05-12][NP     HDP -2.4 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP +0.1]
・シュナーベルECB専務理事「物価安定のため政策行動が必要」「高インフレリスクが定着しつつある」
・年内に政策金利をプラス圏に引き上げるとの見方を強める=ECB当局者。
・ブルームバーグによると、ECBの当局者は、年内に政策金利をプラス圏に引き上げる事になるとの見方を強めている。ECB政策委員会メンバーは7月の0.25%利上げですでに意見が一致しつつある。さらに年内に同規模での少なくとも2回の追加利上げが、政策当局者全体にとって打倒になりつつあると述べている。
・ブルームバーグによると、欧州中央銀行(ECB)の当局者は、年内に政策金利をプラス圏に引き上げることになるとの見方を強めている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。
・ヴィラーグ・ハンガリー中銀副総裁「金融引き締めは継続される」「我々は継続されるインフレ問題に直面している」「世界経済の成長は鈍化し、インフレは上昇している」

[2022-05-11][NP     HDP -2.4 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP +0.1]
・エルダーソン欧州中央銀行(ECB)専務理事「政策金正常化の検討を7月に開始可能」「リセッションを予想していない」
・シュナーベル欧州中央銀行(ECB)専務理事「インフレ抑制策が終了する時」「物価安定のために政策的措置が必要、高インフレが定着する危険性」

[2022-05-10][NP+5.0 HDP -2.4 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP +0.1]
・ナーゲル独連銀総裁「ECBの7月利上げ開始を支持する」
・ナーゲル独連銀総裁「ECBは6月末に資産購入プログラム(APP)を終了する必要」「遅すぎる行動のリスクは著しく増加」
・ナーゲル独連銀総裁「物価上昇が勢いを増しているとの不穏な証拠がある」「より高いインフレが優勢になる可能性が高く、物価上昇期待は抑制されなくなる可能性がある」

[2022-05-09][NP     HDP -2.4 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP -0.1]
・ECBのエルダーソン専務理事は、ユーロ圏のインフレ率について「非常に高い」とし、ECBは高インフレがインフレ期待に定着しないようにする必要があると述べた。
・オーストリー紙ザルツブルガー・ナッハリヒテンは、ECB理事会メンバーでもあるホルツマン・オーストリー中銀総裁がインタビューで、ECBは今年最大で3回の利上げを実施すべきと述べたと報じている。

[2022-05-07][NP     HDP -2.4 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP -0.1]
・エルダーソン欧州中央銀行(ECB)専務理事「純資産購入を第3四半期にも終了を計画」
・エルダーソン欧州中央銀行(ECB)専務理事「インフレは低下すると予想」「6月に次の金融正常化へのステップを決定する」

(最終更新日時 2022-05-19 16:49)

欧州中央銀行(ECB)関係の発言・ニュース バックナンバー

欧州中央銀行(ECB)関係 カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース