欧州中央銀行(ECB)関係の発言・ニュース

欧州中央銀行(ECB)ロゴ

 欧州中央銀行(ECB 英語:European Central Bank)の関係者による発言・コメントや、関連したニュースなどを掲載しています。

 このカテゴリ内においては、複数のECB関係による発言者やニュースとなるため、HDP・RHDPの値は目安となります。

 また、相場を動かす可能性が高いと考えられる要人は、ECB関係者であっても個別カテゴリに収められており、政策金利については世界の政策金利のカテゴリを参照してください。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -2.5(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-04-11][NP-3.0 HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・ECBが公表した専門家調査によると、ユーロ圏のインフレ率見通しは2019年が+1.4%となった。前回は+1.5%。2020年は+1.5%(前回+1.6%)となっている。
・ECBが公表した専門家調査によると、ユーロ圏の成長率予測は2019年が+1.2%となった、前回は+1.5%。2020年は+1.4%(前回は+1.5%)となっている。また、インフレ率見通しは2019年が+1.4%(同+1.5%)、2020年は+1.5%(同+1.6%)。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の欧州中央銀行(ECB)関係の発言・ニュース

[2019-05-21][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・ECB理事会メンバーでもあるデコス・スペイン中銀総裁は、域内金融システムはなお脆弱で、統一がとれていないと指摘した。各国政府と金融機関の密接な関係を要因に挙げている。

[2019-05-17][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・ECBのクーレ専務理事は、ユーロ圏でインフレ加速ペースが想定外に鈍い理由として、サービス部門のシェア拡大も考えられるとの認識を示した。

[2019-05-10][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーのハンソン・エストニア中央銀行総裁は、ユーロ圏経済には低迷終息の「新芽」が吹き始めているとして、金融緩和を急いで追加する必要性はないとの認識を示した。ハンソン氏はエストニア中銀総裁としての任期満了が近づいており、ECB政策委員会への出席は6月が最後となる。

[2019-05-03][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのバイトマン独連銀総裁は3日、マイナス金利が銀行に及ぼす悪影響を軽減するため中銀預金金利を階層化する案について、メリットより副作用が大きい可能性があると述べて否定的な見方を示した。

[2019-05-01][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)専務理事兼首席エコノミストに就任するアイルランド中銀総裁のフィリップ・レーン氏は30日、ECBの政策手段は枯渇していないとの認識を示した。
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「米国とともに低金利の環境は予想し得る未来」「ブレグジット合意については楽観的」

[2019-04-26][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのレーン・フィンランド中銀総裁は26日、ECBのインフレ押し上げを目指す金融政策の効果を投資家が疑問視している可能性があるとの認識を示した。レーン総裁は、インフレ期待が低いままなのは、何年も物価上昇率が低いことのほかに、投資家がECBの政策に疑念を抱いていることを反映しているとみている。

[2019-04-16][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)の複数の政策当局者は、中国の経済成長鈍化や貿易摩擦が続いていることから、ECBの経済見通しは楽観的すぎるとみている。ECB内の討議を直接知る4人の関係筋が明らかにした。関係筋よると、前週のECB理事会では、少数の理事が、今年後半に成長が回復するという以前からの予想に疑問を呈し、下方修正を繰り返しているECBの予測モデルの正確性を疑問視する声も一部からあがったという。

[2019-04-15][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)内部の短期予測モデルによれば、1-3月(第1四半期)のユーロ圏の経済成長率は0.2%を若干上回るペースとなり、4-6月(第2四半期)はそれより若干弱くなる可能性があるとロイター通信が伝えた。匿名の複数の関係者からの情報を引用した。10日のECB政策委員会で政策担当者らに内部モデルが提示されたとロイター。ブルームバーグが引用して伝えたもの。

[2019-04-12][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・ECBの理事会メンバーであるスロベニア中銀のバスレ総裁は、インフレ率を持続的に目標に近づけるために、ECBは「あらゆる手段を調整する準備ができている」と述べた。

[2019-04-11][NP-3.0 HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・ECBが公表した専門家調査によると、ユーロ圏のインフレ率見通しは2019年が+1.4%となった。前回は+1.5%。2020年は+1.5%(前回+1.6%)となっている。
・ECBが公表した専門家調査によると、ユーロ圏の成長率予測は2019年が+1.2%となった、前回は+1.5%。2020年は+1.4%(前回は+1.5%)となっている。また、インフレ率見通しは2019年が+1.4%(同+1.5%)、2020年は+1.5%(同+1.6%)。

(最終更新日時 2019-05-22 19:08)

欧州中央銀行(ECB)関係の発言・ニュース バックナンバー

欧州中央銀行(ECB)関係 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース