欧州中央銀行(ECB)関係の発言・ニュース

欧州中央銀行(ECB)ロゴ

 欧州中央銀行(ECB 英語:European Central Bank)の関係者による発言・コメントや、関連したニュースなどを掲載しています。

 このカテゴリ内においては、複数のECB関係による発言者やニュースとなるため、HDP・RHDPの値は目安となります。

 また、相場を動かす可能性が高いと考えられる要人は、ECB関係者であっても個別カテゴリに収められており、政策金利については世界の政策金利のカテゴリを参照してください。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -2.5(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-10-25][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP -0.1]
・今週の欧州市場では、28日にECBが理事会を開催する。ブルームバーグでは22日、複数エコノミストへの調査をもとに、「ECBはパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を来年3月に終了させる前に、通常の債券購入プログラム(APP)を強化する」という見通しを伝えた。PEPPは12月に縮小を開始すると見込まれ、エコノミストの4人に1人は新たなプログラムが導入される可能性があるとみているという。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の欧州中央銀行(ECB)関係の発言・ニュース

[2021-10-25][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP -0.1]
・今週の欧州市場では、28日にECBが理事会を開催する。ブルームバーグでは22日、複数エコノミストへの調査をもとに、「ECBはパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を来年3月に終了させる前に、通常の債券購入プログラム(APP)を強化する」という見通しを伝えた。PEPPは12月に縮小を開始すると見込まれ、エコノミストの4人に1人は新たなプログラムが導入される可能性があるとみているという。

[2021-10-21][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP -0.1]
・ECB理事会メンバーでもあるホルツマン・オーストリー中銀総裁は、消費者物価が現在急速に上昇しているものの、ECBはインフレ目標の達成に自信があると述べた。

[2021-10-18][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP -0.1]
・ブルームバーグによると、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は16日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)のユーロ圏経済への影響が長引く中、景気支援を続けるとした上で、現在のインフレ高進が持続する可能性は低いとの見解を示した。
・ブルームバーグによると、欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーのビスコ・イタリア中銀総裁は、新型コロナウイルス危機後もパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の柔軟性の一部を政策手段の中に残すべきだとの考えを示した。

[2021-10-15][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP -0.1]
・ブルームバーグによると、欧州中央銀行(ECB)は金融政策手段の柔軟な運用については実績があり、新型コロナウイルス危機後もそのアプローチを継続する。ECB政策委員会メンバー、ウンシュ・ベルギー国立銀行(中銀)総裁が見解を示した。

[2021-10-14][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP -0.1]
・ECB政策委員会メンバーでもあるカジミール・スロバキア中銀総裁が収賄の疑いで訴追されたのを受け、同国議員のあいだでは総裁解任を求める声が強まっている。その一方、カジミール氏は嫌疑を否定しており、弁護人によれば不服を申し立てる意向だという。
・ECB銀行監督委員会のエンリア委員長は、ユーロ圏の銀行の資産が劣化していると指摘、一部の国で住宅バブルが発生する恐れがあるとの見方を示した。また、銀行の不良債権予測が楽観的すぎる可能性があるとし、引当金の戻し入れには慎重になるべきだと述べている。
・ECB理事会メンバーでもあるクノット・オランダ中銀総裁は、ユーロ圏のインフレ率は短・中期的に予想を上回る可能性があり、このような物価上昇見通しはECBによる来年3月のパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)終了を正当化すると述べた。

[2021-10-12][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP -0.1]
・ユーロ圏の銀行監督を担うECB銀行監督委員会のエンリア委員長は、域内企業の倒産件数が増加し始めており、すでに銀行ローンの質に影響を及ぼしていると述べた。

[2021-10-11][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP -0.1]
・ロイターは、ECB理事会メンバー3人が、ECBがパンデミックへの対応として導入した措置について、加盟国政府との軋轢が高まったとしても、解消を検討する必要があるとの考えを示したと報じている。ちなみに、こうした考えを示したのは、ベルギー中銀のウンシュ総裁、スロバキア中銀のカジミール総裁とスロベニア中銀のバスレ総裁だという。

[2021-10-08][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP -0.1]
・欧州中央銀行(ECB)専務理事兼首席エコノミストのフィリップ・レーン氏「著しい賃金圧力は見られない」「インフレ高進が一過性であることを信じる確固とした理由」
・ECBのシュナーベル専務理事は、ユーロ圏の物価上昇圧力が時間とともに和らぐ公算が大きいとしても、インフレが来年も高止まりする可能性があるという認識を示した。さらに「新型コロナウイルスのパンデミックが構造上のトレンドを変化させ、もしくは助長し、今後数年間のインフレ動向に影響する可能性もある」としている。

[2021-10-07][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP -0.1]
・欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨(9月9日分)「緩和的な政策スタンスは引き続き必要」「インフレ見通しの評価については、年内に大幅な改善」「目先のインフレ上昇は一時的な要因によるところが大きく、中期的にインフレは和らいでいくため、政策の引き締めは必要ない」
・欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨(9月9日分)「PEPPがなくても、全体的な金融政策スタンスは非常に緩和的であると指摘」「PEPP、買い入れペースの再調整について様々な意見がでた」
・シュナーベルECB専務理事「高インフレは中期的に低下する可能性が強い」「高インフレは中期的に低下する可能性が強い」「高インフレは主に一過性の要因によるもの」

[2021-10-04][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP -0.1]
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「第3四半期の経済は堅調であることが見込まれる」「最新の見通しでは成長が減速することを示唆している」「デルタ株は予想した影響を与えなかった」

(最終更新日時 2021-10-27 20:44)

欧州中央銀行(ECB)関係の発言・ニュース バックナンバー

欧州中央銀行(ECB)関係 カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース