欧州中央銀行(ECB)関係の発言・ニュース

欧州中央銀行(ECB)ロゴ

 欧州中央銀行(ECB 英語:European Central Bank)の関係者による発言・コメントや、関連したニュースなどを掲載しています。

 このカテゴリ内においては、複数のECB関係による発言者やニュースとなるため、HDP・RHDPの値は目安となります。

 また、相場を動かす可能性が高いと考えられる要人は、ECB関係者であっても個別カテゴリに収められており、政策金利については世界の政策金利のカテゴリを参照してください。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -2.5(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-09-17][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.1]
・ECB政策委員会メンバーでもあるストゥルナラス・ギリシャ中銀総裁がインタビューで、ラガルド次期ECB総裁は11月の就任後、超緩和的な現行政策の維持を支持するだろうと述べた、と報じている。
・ECBのレーン専務理事兼主任エコノミストは、物価上昇に向けたECBの決意は揺るぎないとしたうえで、追加緩和をさらに打ち出すことも可能という認識を示した。
・欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビルロワドガロー・フランス銀行(中央銀行)総裁は17日、足元の原油高が一時的でなく持続的なものなら、成長が阻害され、インフレが上昇する可能性があると指摘した。ロンドンの会合で述べた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の欧州中央銀行(ECB)関係の発言・ニュース

[2019-09-17][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.1]
・ECB政策委員会メンバーでもあるストゥルナラス・ギリシャ中銀総裁がインタビューで、ラガルド次期ECB総裁は11月の就任後、超緩和的な現行政策の維持を支持するだろうと述べた、と報じている。
・ECBのレーン専務理事兼主任エコノミストは、物価上昇に向けたECBの決意は揺るぎないとしたうえで、追加緩和をさらに打ち出すことも可能という認識を示した。
・欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビルロワドガロー・フランス銀行(中央銀行)総裁は17日、足元の原油高が一時的でなく持続的なものなら、成長が阻害され、インフレが上昇する可能性があると指摘した。ロンドンの会合で述べた。

[2019-09-16][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.1]
・今年1月に任期満了となるクーレECB専務理事の後任候補の選定手続きを開始した。ポルトガル財務相でもあるセンテノ議長が明らかにした。10月に候補を選定する予定という。
・レーンECBチーフ・エコノミスト「目標としているインフレの収束は、最近は緩やかで一部では戻っている」

[2019-09-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)のホルツマン・オーストリア中銀総裁は「(昨日の)政策決定は間違いだったと頭をよぎった」と発言している。また「(次期ECB総裁になる)ラガルデ氏は現在の政策に固執するわけではない」とも述べている。昨日からECBの決定に対して否定する発言も多く、ユーロは底堅く推移し、ユーロドルは1.1090ドルまで上昇している。
・欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのホルツマン新オーストリア中銀総裁は、現行の金融政策が何十年も続くとは思わないと発言、理事会では今回の決定に「抵抗」する動きが出たと述べた。13日放映されたブルームバーグTVのインタビューで語った。
・欧州中央銀行(ECB)理事会から一夜明けた序盤のユーロ圏政府債市場では、利回りが6週間ぶりの高水準に上昇(価格は下落)。マイナス金利の深掘りや量的緩和の再開などの「緩和パッケージ」を好感したムードから一転、ECBの政策対応の限界懸念が広がる。ドラギ総裁が理事会後の会見で景気とインフレの押し上げで財政出動の必要性を強調したことが懸念の背景。

[2019-09-12][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.1]
・「欧州中央銀行(ECB)は明日の定例理事会で2019年と20年のユーロ圏GDP成長率見通しを引き下げる」ようだ。
・オランダ議会は11日、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁宛てに書簡を送り、ECBが検討しているとされる金利の階層化に反対する姿勢を示した。
・ECB(欧州中央銀行)は12日、QEの再開を決定した。11月1日から月額200億ユーロの買い入れを実施する。
・欧州中央銀行(ECB)は12日、フォワードガイダンスを変更した。また、量的緩和(QE)の11月1日からの再開も発表(月額200億ユーロの買い入れ)し、金利階層化の導入も決めた。
・欧州中央銀行(ECB)がフォワードガイダンス変更したことや、量的緩和の再開も発表したことでユーロは下げ幅を更に拡大。今月3日以来の1.0961ドルまで下落。ユーロ円も118.14円まで下がっている。
・欧州中央銀行(ECB)が今年と2020年の経済成長見通しを下方修正したこともあり、ユーロが軒並み軟調に推移している。ユーロドルは1.0931ドルまで下落、ユーロに連れてポンドドルは1.2293ドルまで弱含んでいる。
・欧州中央銀行(ECB)の金融政策イベントを受けたユーロ売りは一服し、ユーロドルは1.0927ドルを安値に1.0980ドル近辺、ユーロ円は117.56円から118.30円近辺に持ち直した。また、1.2284ドルまでつれ安となったポンドドルも1.2320ドル近辺まで切り返した。
・欧州中央銀行(ECB)はほぼ市場予想通りに緩和姿勢を強め、ユーロは売りで反応したが、政策イベントを通過したこともあり、足もとではユーロの買い戻しが急速に進んでいる。ユーロドルは1.1040ドル近辺まで切り返し、ユーロ円は119円近辺まで戻している。

[2019-09-11][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)定例理事会を明日に控えて、ユーロは主要通貨に対して弱含みに推移。ユーロドルは1.1023ドル、ユーロポンドが0.8920ポンドまで日通しのユーロ安を記録している。ユーロ円も118.80円付近まで売り戻された。明日のECB理事会では、現行マイナス0.4%の預金ファシリティー金利の引き下げが見込まれているが、下げ幅に関しては0.1%か0.2%で意見が分かれているもよう。また、資産購入プログラムが再開されるか、されない場合はどのように言及されるかも注目される。
・明日に欧州中央銀行(ECB)理事会を控え、ユーロは売りが優勢。ユーロドルは1.0989ドルまで弱含み、ユーロ円は118.38円まで下押しした。明日のECB理事会では利下げやフォワードガイダンスの強化などの思惑がくすぶっている。

[2019-09-05][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.1]
・ECB銀行監督委員会トップのエンリア氏は、ユーロ圏の銀行について、不良債権の圧縮や、英国の強硬なEU離脱に向けた計画の策定が優先課題だとの認識を示した。
・ECB専務理事兼首席エコノミストのレーン氏は、各種経済指標からユーロ圏のインフレ率はECBの目標を大きく下回っていることが示されていると述べた。
・ECBの次期総裁候補に指名されたラガルド氏は、ECBは金融緩和を長期間維持する必要があり、気候変動など世界が直面する問題も考慮すべきという認識を示した。

[2019-09-04][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.1]
・ミュラー・エストニア欧州中央銀行(ECB)理事会「債券買い入れ再開の強い論拠ない」「行動が必要な場合、利下げは最初の選択肢」
・ECBが9月12日に開く次回理事会で、利下げのほか、マイナス金利が銀行に及ぼす影響を軽減するための金利の階層化、および低金利政策の長期的な継続を確約するフォワードガイダンスの強化を含む包括的な刺激策を決定する方向に傾いていることが複数の関係筋の話で明らかになった、と報じている。
・ECB政策委員会メンバーでもあるエストニア中銀のミュラー総裁が、ECBが現段階で債券買い入れを再開するのは経済状況に対して不釣り合いとなるとの認識を示した、と報じている。

[2019-09-03][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.1]
・米フェイスブックが来年発行を予定している仮想通貨(暗号資産)「リブラ」が広範囲にわたって採用された場合、ユーロ圏経済に対するECBの管理能力が侵害され、ユーロ自体の価値が脅かされる恐れがあるとECB幹部が警鐘を鳴らした、と報じている。

[2019-09-02][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.1]
・ECBのラウテンシュレーガー専務理事がインタビューで、ECBがユーロ圏の経済的不確実性に対応した刺激策の「大規模なパッケージ」を検討するのは時期尚早との認識を示した、と報じている。
・ホルツマン・オーストリア中銀総裁「欧州中央銀行(ECB)の追加緩和には懐疑的」

[2019-08-22][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.2]
・欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨(7月24日-25日分)「景気減速は予想よりも長引いている」「製造業の弱さがサービス産業へ波及することを懸念」「長期インフレ予測の低下が大きな懸念」
・欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨(7月24日-25日分)「緩和スタンスを長期間維持することで一致」「利下げや新たな債券購入を含めた刺激策が必要な可能性」

(最終更新日時 2019-09-18 19:41)

欧州中央銀行(ECB)関係の発言・ニュース バックナンバー

欧州中央銀行(ECB)関係 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース