欧州中央銀行(ECB)関係の発言・ニュース

欧州中央銀行(ECB)ロゴ

 欧州中央銀行(ECB 英語:European Central Bank)の関係者による発言・コメントや、関連したニュースなどを掲載しています。

 このカテゴリ内においては、複数のECB関係による発言者やニュースとなるため、HDP・RHDPの値は目安となります。

 また、相場を動かす可能性が高いと考えられる要人は、ECB関係者であっても個別カテゴリに収められており、政策金利については世界の政策金利のカテゴリを参照してください。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -2.5(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-01-16][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.2]
・欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨(12月11日-12日分)「政策は不必要な副作用を軽減するために調整されるだろう」「指標は弱いが、成長の勢いは安定している」
・欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨(12月11日-12日分)「コアインフレが緩やかに上昇する兆しがある」「銀行収益に関する政策の効果はポジティブ」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の欧州中央銀行(ECB)関係の発言・ニュース

[2020-01-16][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.2]
・欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨(12月11日-12日分)「政策は不必要な副作用を軽減するために調整されるだろう」「指標は弱いが、成長の勢いは安定している」
・欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨(12月11日-12日分)「コアインフレが緩やかに上昇する兆しがある」「銀行収益に関する政策の効果はポジティブ」

[2020-01-15][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.2]
・ホルツマン・オーストリア中銀総裁「低金利やマイナス金利は長期的な影響を与える可能性もある」「マイナス金利は生産性、銀行、金融の安定に影響する」

[2020-01-14][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.2]
・欧州中央銀行(ECB)のメルシュ専務理事は14日、ユーロ圏の成長とインフレについて「安定化する良い兆し」がみられると指摘した。メルシュ氏は会合で、家計と企業の債務は依然「かなり高水準」との認識を示した。

[2019-12-31][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.2]
・来年からECBの専務理事を務めるシュナーベル氏がインタビューで、数兆ユーロに上る資産買い入れプログラムにおいて、気候変動など環境対策に特化した、いわゆる「グリーン」資産を優遇すべきでないという考えを示したと報じている。

[2019-12-27][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.2]
・欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのホルツマン・オーストリア中銀総裁は27日、ECBの政策金利が2020年にプラスに引き上げられることはないとの見方を示した。20年末には英国の欧州連合(EU)離脱問題が再び懸念要因になるとみている。

[2019-12-24][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.2]
・ECB理事会メンバーでもあるクノット蘭中銀総裁がインタビューで、ユーロ圏の金利は何年にもわたって歴史的低水準にとどまる可能性があるが、ECBの超緩和政策は逆効果となるリスクをはらんでいると警告した、と報じている。

[2019-12-20][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.2]
・ECBの政策金利は既にかなりのマイナス圏にあるが、まだ経済に副作用をもたらさずに相当深掘りできる余地がある--。公表されたECBスタッフが記した論文で、こうした見方が示されたと報じている。論文はECBの公式見解ではないが、取りまとめ役はロスタグノ金融政策局長で、理事会の決定をお膳立てする重要幹部の1人であり、過去の金融緩和措置の立案に関わったことでも知られる人物だという。

[2019-12-18][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.2]
・ECB理事会メンバーであるミュラー・エストニア中銀総裁が、インフレ目標に柔軟性を持たせる必要があるとしたうえで、目標の上限に幅を持たせるバンドの設定を検討することもあり得るとの認識を示したと報じている。

[2019-12-17][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.2]
・欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は、ユーロ圏諸国は経済の支援で果たすべき責務をほとんど顧みず、ECBに対応を要請するばかりだと指摘した。ECBは、債務危機などにさまざまな政策対応を講じてきた。その処置は概ね成功したが、非伝統的措置には財政ファイナンスとの指摘もつきまとう。
・ミュラー・エストニア中銀総裁「欧州中央銀行(ECB)は、インフレ目標に関して、バンドにするなどの柔軟性が必要」

[2019-12-16][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.2]
・ECB理事会メンバーでもあるホルツマン・オーストリー中銀総裁は、2%未満だがその近辺に設定している中銀の物価目標について、引き下げが必要かもしれないが、議論の余地は大きいという考えを示した。

(最終更新日時 2020-01-17 13:13)

欧州中央銀行(ECB)関係の発言・ニュース バックナンバー

欧州中央銀行(ECB)関係 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース