欧州中央銀行(ECB)関係

欧州中央銀行(ECB)関係のイメージ画像

 2020年11月の期間中の欧州中央銀行(ECB)関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2020年11月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2020年11月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-11-20][NP-3.0 HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.3]
・デコス・スペイン中銀総裁「利下げを除外しないが金利は下限に近い」「PEPPとTLTROは危機の際に効果的」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

欧州中央銀行(ECB)関係による2020年11月 発言・ニュース

[2020-11-02][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・ECBの政策担当者が、欧州各国は新型コロナウイルスのパンデミックを受けた経済活動の停止は選択的に行う必要があるとし、企業や家計の支援に支出を継続すべきだと述べたと報じている。

[2020-11-02][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・ECB理事会メンバーでもあるビスコ伊中銀総裁は、銀行関係者向けのスピーチで、新型コロナウイルスの感染再拡大を受けて、イタリアとユーロ圏全体の景気回復が続くという見通しが危ぶまれていると述べた。

[2020-11-04][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・シュナーベル欧州中央銀行(ECB)専務理事「コロナ危機終了後、我々は再び通常の政策手段を使わなければならない」

[2020-11-04][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・ECB当局者らがパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)や通常の資産買い入れプログラム(APP)の拡大をめぐって議論を進めており、双方の配分が焦点となっているが、PEPPがなお本筋と捉えられていると報じている。

[2020-11-04][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・ECB理事会メンバーでもあるクノット・オランダ中銀総裁は、コロナ禍からの経済再生に向けた7500億ユーロのEU復興基金について、一時的な措置とすると同時に、市場を通したリスク共有の仕組みで補完する必要があるとの考えを示した。

[2020-11-04][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・ECB理事会メンバーでもあるデコス・スペイン中銀総裁は、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するために新たに導入された行動制限について、スペインとその他欧州諸国の第4四半期の景気回復を遅らせる可能性があり、経済の収縮につながるかもしれないとの見方を示した。

[2020-11-04][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・デコス・スペイン中銀総裁「欧州中央銀行(ECB)が12月に新たな刺激策を実施する可能性は高い」

[2020-11-04][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・ECB理事会メンバーであるデコス・スペイン中銀総裁は、ECBが12月に欧州経済を支援する新たな措置を実施するとの見方を示した。

[2020-11-05][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・シュナーベル欧州中央銀行(ECB)専務理事「成長見通しの悪化に直面するなか、好ましい金融の状態を守るためや経済活動の下支えのために、金融政策によるさらなる支援が必要」

[2020-11-05][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・ECBのシュナーベル専務理事は散会したイベントで、新型コロナウイルスの感染再拡大で域内の経済状況が悪化するなか、債券市場の平静を当たり前のこととして受け止めるべきではないという考えを示した。

[2020-11-05][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「12月発表のECB経済見通しは、欧州委員会による見通しと大きく違わないだろう」

[2020-11-06][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・ECB理事会メンバーでもあるセンテノ・ポルトガル中銀総裁は、ECBが12月の理事会で資産買い入れ策の拡充を決定する可能性があると述べた。

[2020-11-06][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は6日、米経済が良好な状態で、米国が国際機関で主導力を維持することが重要との見解を示した。

[2020-11-09][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・ECB専務理事候補のエルダーソン氏は、欧州議会に対し、ECBは新型コロナウイルス感染拡大に適切に対応しているとの見解を示した。

[2020-11-11][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・ECB理事会メンバーでもあるクノット・オランダ中銀総裁は、新型コロナウイルスの感染第2波のなかで中銀政策の影響が限定的で、ユーロ圏経済への財政支援を強化する必要があるかもしれないと述べた。

[2020-11-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・仏BFMビジネステレビは、ECB理事会メンバーでもあるビルロワドガロー仏中銀総裁が、低インフレと経済活動の低迷を踏まえて、来月、金融緩和を再調整すると述べたと報じている。

[2020-11-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・シュナーベル欧州中央銀行(ECB)専務理事「資産買い入れの強度やペースを議論しなければいけない」「金融政策だけではできない、財政政策も必要」

[2020-11-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・シュナーベル欧州中央銀行(ECB)専務理事「あらゆる措置を検討している」「過去に金利を下げなかったのには理由があるが、その理由をもう一度見直さなければならない」

[2020-11-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのレーン・フィンランド中銀総裁は13日、ECBが来週のセミナーでインフレ目標修正の可能性について話すとの見通しを示した。同目標が2021年半ばの戦略見直し終了前に決定する可能性を示唆した。レーン氏は記者団に「秋の間に戦略的作業は加速した。来週は金融政策の根幹である物価安定目標に集中することになる」と述べた。

[2020-11-17][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「新型コロナワクチンのニュースはマーケットにとって希望の光」「第3四半期の経済は予想より弱い可能性」「12月にあらゆる必要とされる措置の見直しを行う」

[2020-11-18][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・ECBのラガルド総裁は、効果的な新型コロナウイルス感染症ワクチンが実用化されたとしても、すでに織り込んでいるため、ECBの景気見通しに大きな変更はないとの見方を示した。

[2020-11-19][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は19日、ECBは買い入れた債券に万一損失が生じても「破綻したり資金が尽きたりすることはない」と言明した。欧州議会で質問に答え「ユーロシステムは通貨ユーロの唯一の発行体として、必要に応じて追加の流動性を生み出すことができる」と説明した。

[2020-11-20][NP-3.0 HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.3]
・デコス・スペイン中銀総裁「利下げを除外しないが金利は下限に近い」「PEPPとTLTROは危機の際に効果的」

[2020-11-20][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.3]
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「欧州の金融機関の収益性の低迷が問題」

欧州中央銀行(ECB)関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース