欧州中央銀行(ECB)関係

欧州中央銀行(ECB)関係のイメージ画像

 2019年11月の期間中の欧州中央銀行(ECB)関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2019年11月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2019年11月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-11-18][NP-2.0 HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・バスレ・スロベニア中銀総裁「状況が変化すれば、さらなる利下げの余地はある」「鉱業は弱いが、サービス・労働市場は一段とポジティブ」「最近の利回り上昇を懸念していない。金融状況は好ましい」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

欧州中央銀行(ECB)関係による2019年11月 発言・ニュース

[2019-11-01][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)の新総裁に1日、国際通貨基金(IMF)専務理事だったラガルド氏が就任した。景気減速と物価低迷が続くなか、金融政策は限界に近づき、理事会も分裂含みという逆境からのスタートとなる。追加緩和のハードルは上がっており、域内最大の経済規模を持つドイツに財政出動を求める声は産業界からもあがる。財政規律を重視する同国から協力を引き出せるかどうかも課題の一つとなる。

[2019-11-07][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.1]
・ECBのデギンドス副総裁は、ユーロ圏の規制当局が信用収縮につながりかねない大規模な景気低迷に備え、銀行の資本バッファー強化を検討すべきだと述べた。

[2019-11-08][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.1]
・ECBは公表した経済報告で、今年下期のユーロ圏経済について、緩やかながらプラス成長が続くとの見通しを示した。民間消費に加え、雇用の小幅な増加が支援要因になるとしている。

[2019-11-08][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.1]
・バスレ・スロベニア中銀総裁「欧州中央銀行(ECB)は、現状の金融政策を続けていく」

[2019-11-11][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.1]
・ECB理事会メンバーでもあるバスレ・スロベニア中銀総裁は、ECBは状況が改善するまで現行の金融政策を継続する決意だと述べた。

[2019-11-11][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.1]
・ECBが発行する公的デジタル通貨について、向こう数ヵ月間で討議が進展する可能性があると報じている。ただ、課題はあり、長期的な計画だという。

[2019-11-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)で総裁の独断専行を抑えるための歯止め論が浮上していることが分かった。理事会での金融政策決定でこれまであまり実施していなかった採決の義務付けや、総裁が講演などで政策決定を先取りして話すことを禁じる措置などが俎上(そじょう)にある。背景にあるのが、ドラギ前総裁が9月に強引に金融緩和を決めたことへの反発だ。

[2019-11-18][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は18日、収益性の弱さはユーロ圏の銀行セクターの主な脆弱(ぜいじゃく)性の一つだとし、ECBの低金利は銀行の業績見通しを悪化させるだけだとの見解を示した。

[2019-11-18][NP-2.0 HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・バスレ・スロベニア中銀総裁「状況が変化すれば、さらなる利下げの余地はある」「鉱業は弱いが、サービス・労働市場は一段とポジティブ」「最近の利回り上昇を懸念していない。金融状況は好ましい」

[2019-11-19][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・ECB理事会メンバーでもあるデコス・スペイン中銀総裁は、世界経済が低迷し、多くの国々で低金利の長期化が見込まれるなか、銀行の収益性低下はリスクテークの拡大を招く恐れがあるという考えを示した。

[2019-11-20][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「金融政策の副作用がさらに明白になっている」「我々はリバーサルレートに近づいているとは思っていない」

[2019-11-21][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・ECB専務理事就任が確実視されているドイツのエコノミスト、シュナーベル氏は、ドイツのエコノミストに対し、ECBの政策に対する批判は単一通貨ユーロに対する脅威になるとし、批判を和らげるよう呼び掛けた。

[2019-11-21][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・ECB理事会メンバーでもあるマクルーフ・アイルランド中銀総裁は、下半期の一連の経済指標を踏まえると、ユーロ圏の経済成長が緩やかな状態にとどまる状況は継続するとの見方を示した。

[2019-11-21][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨(10月23日-24日分)「インフレ見通しや緩和策の効果を再評価するにはさらなる情報が必要ということで広く合意」「経済の弱さが予想よりも長く続くかどうかの疑問があがった」「金融政策の副作用の可能性について評価することを促す」

欧州中央銀行(ECB)関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース