欧州中央銀行(ECB)関係

欧州中央銀行(ECB)関係のイメージ画像

 2020年2月の期間中の欧州中央銀行(ECB)関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2020年2月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2020年2月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-02-03][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.2]
・欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は3日、世界経済に安定化への初期兆候が見られるほか、ユーロ圏の物価は今後1年、現在の水準にとどまるとの見方を示した。同時に新型コロナウイルスの感染拡大は不確実性をもたらすと警告した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

欧州中央銀行(ECB)関係による2020年2月 発言・ニュース

[2020-02-03][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.2]
・欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は3日、世界経済に安定化への初期兆候が見られるほか、ユーロ圏の物価は今後1年、現在の水準にとどまるとの見方を示した。同時に新型コロナウイルスの感染拡大は不確実性をもたらすと警告した。

[2020-02-04][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.2]
・ECBのチーフエコノミストを務めるレーン理事がインタビューで、人件費上昇がいずれはユーロ圏にインフレ回復をもたらすだろうとして、ECBは目標に向けて順調に進んでいるとの考えを示したと報じている。

[2020-02-06][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.2]
・欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は6日、ユーロ圏の成長は依然緩やかだが、暫定的な安定化の兆しがみられると述べた。欧州議会の経済金融委員会で、ユーロ圏経済の認識について過去の発言をほぼ繰り返した。「世界経済を取り巻く環境は依然不透明だが、米中の貿易摩擦を巡る不透明感は後退している。ただその他のリスクは依然消えておらず、新型コロナウイルスのような新たな懸念材料もみられる」と指摘した。

[2020-02-12][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.2]
・ECBが着手した物価目標を含む政策戦略の検証では、物価指標の住宅価格をめぐる問題は解決されないとみられると報じている。

[2020-02-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.2]
・ECB理事会メンバーでもあるマクルーフ・アイルランド中銀総裁は、英国のEU離脱によってアイルランド経済が大きく変化するため、アイルランドの消費者や企業、規制当局は英国との貿易摩擦拡大を想定し、備える必要があると述べた。

[2020-02-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.2]
・ECBのチーフエコノミストを務めるレーン理事は、中国の新型コロナウイルスについて、投資計画が中止されたり延期されたりするため「短期的に極めて深刻な打撃」を経済に及ぼす恐れがあるとの見解を示した。

[2020-02-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.2]
・欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのデコス・スペイン中銀総裁「非常に緩和的な金融政策を維持すると予想」「ECBはあらゆる手段で政策を調整する用意があることを継続」「コロナウイルスはリスクバランスを下方向にし続けている」

欧州中央銀行(ECB)関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース