欧州中央銀行(ECB)関係

欧州中央銀行(ECB)関係のイメージ画像

 2022年11月の期間中の欧州中央銀行(ECB)関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2022年11月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2022年11月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-11-24][NP+4.0 HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP +0.3]
・センテノ・ポルトガル中銀総裁「75bpの利上げが常態化することはない」「12月の利上げ幅は小さくなると見込む」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

欧州中央銀行(ECB)関係による2022年11月 発言・ニュース

[2022-11-01][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ECB理事会メンバーでもあるビスコ・イタリア中銀総裁は、高インフレが続くリスクを軽減するためにユーロ圏の金利は一段と上昇する必要があると述べた。

[2022-11-01][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ロイター通信によると、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は、ユーロ圏でリセッション(景気後退)の可能性が高まっているものの、インフレ高進を抑制するために利上げを続ける必要があるとの見解を明らかにした。ラトビアのメディア、デルファイのインタビューの内容が1日公表された。

[2022-11-02][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・独紙フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥングは、ECB理事会メンバーでもあるナーゲル独連銀総裁がインタビューに応じ、ECBは「例えば既存の国債を市場に適した方法で償還させることにより、来年初めに債券ポートフォリオの縮小に着手すべき」と述べたと報じている。一方で今後の利上げについては「まだ長い道のりがある」と回答したという。

[2022-11-03][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ECB理事会メンバーでもあるマクルーフ・アイルランド中銀総裁は、12月の次回会合での利上げ幅を判断するのは時期尚早だと述べた。ECBは、量的緩和措置によって保有する資産の縮小方法を12月から検討開始する方針を示している。

[2022-11-03][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ECB理事会メンバーでもあるデコス・スペイン中銀総裁は、ユーロ圏がリセッション入りする可能性が高まっていることを考慮しても、ECBはインフレ抑制に向け「追加利上げが必要」と述べた。

[2022-11-03][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・パネッタ欧州中央銀行(ECB)専務理事「インフレ率はできるだけ早く目標の2%に戻す必要がある」

[2022-11-03][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・カザークス・ラトビア中銀総裁「(ECB)中期的にインフレ目標2%へインフレを引き下げるため、さらなる金利引き上が必要なことは明白」「年内に利上げを休止する必要ない」

[2022-11-04][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・センテノ・ポルトガル中銀総裁「リセッションの主な要因は金利ではなく戦争」

[2022-11-07][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ポリティコは、ECBの政策委員会メンバーでもあるギリシャ中銀のストゥルナラス総裁がインタビューで、2会合連続で0.75%の利上げを決定した10月の政策委で、0.5%の利上げ幅を主張したことを明らかにしたと報じている。

[2022-11-08][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ナーゲル独連銀総裁「インフレ抑制のために追加利上げが必要」「利上げの規模は、データと見通し次第」

[2022-11-08][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、欧州中央銀行(ECB)は経済生産を圧迫するとしても利上げを続ける必要があると、ドイツ連邦銀行のナーゲル総裁が述べた。

[2022-11-09][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、欧州中央銀行(ECB)は経済生産を圧迫するとしても利上げを続ける必要があると、ドイツ連邦銀行のナーゲル総裁が述べた。

[2022-11-09][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバー、ベルギー国立銀行(中銀)のウンシュ総裁は8日、ユーロ圏が直面する景気下降が軽度にとどまれば、ECBは投資家の予想以上に政策金利を引き上げる必要があるかもしれないと語った。

[2022-11-10][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・シュナーベル欧州中央銀行(ECB)専務理事「金融政策を停止する余裕はない」「金利を抑制的な領域に引き上げる必要」

[2022-11-10][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・バスレ・スロベニア中銀総裁「来年から量的引き締め(QT)を始めるのが適切」「更なる利上げが必要、中立金利を超える必要も」

[2022-11-10][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・バスレ・スロベニア中銀総裁「インフレはピークに達していない」「インフレは更にもっと広範囲に進んでいる」

[2022-11-10][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・シュナーベル欧州中央銀行(ECB)専務理事「リセッションのリスクが上昇している」「リセッションが起きても深く、長期的にはならない」

[2022-11-11][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ナーゲル独連銀総裁「ドイツの2023年のインフレ率はおそらく7%を超える」「ECBはインフレと戦うために断固として行動しなければならない」「さらなる金利上昇の見通し」

[2022-11-11][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ECB理事会メンバーでもあるカジミール・スロバキア中銀総裁は、エネルギー価格の高騰に苦しむ家計への支援に向けた政府の財政支出が過度に多く、すでに過剰なインフレ圧力に拍車をかけていると述べた。そのうえで、インフレはまだピークに達していないとし、ECBは中立金利を超える水準まで一段の利上げを実施する必要があるとの考えを示している。

[2022-11-14][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・パネッタ欧州中央銀行(ECB)専務理事「金融引き締めはインフレが定着しないようにするため」「決定的な根拠がない前提で積極的な引き締めを行うのは見当違い」

[2022-11-14][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ロイター通信によると、欧州中央銀行(ECB)のパネッタ専務理事は14日、ECBは利上げを継続しなければならないが、過度な引き締めは生産能力を破壊しリセッションを深刻化させる可能性があり、避ける必要があると述べた。

[2022-11-15][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ギリシャの国内紙ナフテンポリキは、ECB理事会メンバーでもあるヘロドトゥ・キプロス中銀総裁は、利上げペースを鈍化させる時期は近いと述べたと報じている。

[2022-11-15][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ECBのデギンドス副総裁は、ユーロ圏の賃金の伸びはようやく上向いてきたかも知れないが、長期的なインフレ期待はまだECB目標の2%程度に固定されていると述べた。そのうえで、ECBはインフレ率を目標値に回帰させる過程が「長期化」したとしても、「慎重さ」とともに利上げを継続するとしている。

[2022-11-15][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビルロワドガロー仏中銀総裁は、12月会合より後は利上げペース減速も、大幅利上げはECBの新たな傾向ではない、コアインフレ好転なら利上げ中断も、といった見解を示した。

[2022-11-16][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ホルツマン・オーストリア中銀総裁「金利はさらに引き上げられる」

[2022-11-16][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「消極的に量的引き締め(QT)を開始することを支持」「物価安定なしに金融安定は困難」

[2022-11-16][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ミュラー・エストニア中銀総裁「12月会合での大幅利上げを支持」「大幅とは0.50%と0.75%両方含む」

[2022-11-16][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・デコス・スペイン中銀総裁「インフレの急上昇と拡大は非常に持続的であることが証明されている」「利上げにはまだ道のりがあるが、具体的な水準は依然として不明」「利回りはすでにバランスシート縮小の実施に対する期待をある程度反映」

[2022-11-16][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・デコス・スペイン中銀総裁「QTは非常に段階的、予測可能であるべき」

[2022-11-17][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・「欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーらは来月の理事会で0.50%の利上げを支持する」ようだ。

[2022-11-17][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ECB理事会メンバーでもあるデコス・スペイン中銀総裁は、暗号資産(仮想通貨)交換業者FTXの破綻について、暗号資産に絡むリスクに対する注意喚起となるべきという認識を示した。

[2022-11-17][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグは、ECB政策委員会メンバーが、12月の利上げ幅を0.5ポイントに減速させる可能性があると報じている。事情に詳しい関係者が明らかにしたという。政策委員会の協議内容は部外秘だとして匿名で関係者によると、現時点の議論では再度の0.75ポイント利上げを実施する勢いはないことが示唆されているようだ。

[2022-11-17][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーは、12月の利上げ幅を0.5ポイントに減速させる可能性がある。事情に詳しい関係者が明らかにした。

[2022-11-21][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ECB理事会メンバーでもあるナーゲル独連銀総裁は、ECBは今後も断固として利上げを実施しなければならないと述べた。同時に、量的引き締めを2023年初頭に開始する必要があるとの考えを示した。

[2022-11-21][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ECB理事会メンバーでもあるクノット・オランダ中銀総裁は、ECBは利上げペースを鈍化させるかもしれないが、追加利上げの必要性を緩和するために巨額の保有国債の縮小に近く着手すべきと述べた。

[2022-11-21][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーのバスレ・スロベニア中銀総裁は、ECBが経済成長を抑制する水準にまで利上げをする必要があるかもしれないとの考えを示した。

[2022-11-22][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・センテノ・ポルトガル中銀総裁「12月会合で利上げペースを減速する条件が整っている」

[2022-11-22][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ECB理事会メンバーでもあるセンテノ・ポルトガル中銀総裁は、12月の次回理事会での利上げ幅について、過去2回の会合で決定した0.75%から縮小する可能性があるとの考えを示した。また「欧州の金利水準は引き続き米国の半分程度になっている」と指摘。欧米の経済ファンダメンタルズの違いが良く反映されているとの考えを示している。

[2022-11-22][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・英紙フィナンシャルタイムズ(FT)は、ECB理事会メンバーでもあるホルツマン・オーストリー中銀総裁がインタビューで、12月の理事会で3会合連続となる0.75%の預金金利引き上げを支持する考えを明らかにしたと報じている。

[2022-11-22][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・シムカス・リトアニア中銀総裁「12月理事会では50BP、75BP利上げどちらの可能性もある」

[2022-11-22][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・シムカス・リトアニア中銀総裁「必要とあれば3月以降、利上げを継続する」「新たな見通しなく利上げの幅に言及するのは時期尚早」

[2022-11-23][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ナーゲル独連銀総裁「12月の利上げ規模を事前に公約するには時期尚早」

[2022-11-23][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ナーゲル独連銀総裁「量的引き締め(QT)軌道は段階的で、市場により査定できる必要」「ドイツにハードランディングの兆候なし」

[2022-11-23][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・シムカス・リトアニア中銀総裁「12月会合では0.50%もしくは0.75%の利上げの可能性がいずれもある」「QTの開始は早ければ早いほどよい」「リセッションだけではインフレの状況は解決しない」「利上げは必要に応じて3月以降も継続」

[2022-11-23][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「ヘッドラインのインフレは第1四半期から緩和し始める」「コアインフレは数カ月高いまま」

[2022-11-23][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「高いインフレは投資を弱める」「QTは慎重に要人深く実施すべき」「受動的なQTを支持」

[2022-11-24][NP+4.0 HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP +0.3]
・センテノ・ポルトガル中銀総裁「75bpの利上げが常態化することはない」「12月の利上げ幅は小さくなると見込む」

[2022-11-24][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP +0.3]
・欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨(10月27日分)「きわめて多くの委員が0.75%の利上げを支持」「インフレ見通しが引き続き悪化しているとの見方が広く共有」

[2022-11-24][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP +0.3]
・欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨(10月27日分)「金融政策の正常化と引き締めを続けるべきであるが、一方で、長引く深い不況があれば、一旦停止することもある」「インフレが定着するリスクの増大を示唆」

[2022-11-24][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP +0.3]
・シュナーベル欧州中央銀行(ECB)専務理事「データは利上げ減速余地が限定的であることを示唆」「金利は恐らく景気抑制的な水準に達する必要」

[2022-11-25][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP +0.3]
・ブルームバーグによると、欧州中央銀行(ECB)の10月の政策決定会合では、「少数の」政策委員会メンバーが0.5ポイント利上げを主張した。ECBが24日、議事要旨を公表した。

[2022-11-25][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP +0.3]
・欧州中央銀行(ECB)は来年、バランスシートを大幅に削減する現実的なシナリオはないという。

[2022-11-28][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP +0.3]
・ブルームバーグによると、欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーのミュラー・エストニア中銀総裁は、記録的な高インフレとの闘いにおける主なリスクは早過ぎる利上げ停止だと警戒感を示した。

[2022-11-28][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP +0.3]
・アイルランド紙サンデー・インディペンデントは、ECB理事会メンバーであるマクルーフ・アイルランド中銀総裁のインタビューで、来年に利上げが必要となればECBは従来より小幅に政策金利を引き上げることになるとの見方を示したと報じている。

[2022-11-29][NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP +0.3]
・ECB理事会メンバーでもあるナーゲル独連銀総裁は、ドイツのインフレ率は来年も7%を超える可能性が高く、ユーロ圏全体の物価上昇率がいつECB目標の2%に戻るかは分からないと述べた。ナーゲル総裁はドイツの保守派のイベントで「金融政策は高インフレをできるだけ早く解消するものでなくてはならない」と指摘している。

欧州中央銀行(ECB)関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース