欧州中央銀行(ECB)関係

欧州中央銀行(ECB)関係のイメージ画像

 2019年3月の期間中の欧州中央銀行(ECB)関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2019年3月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2019年3月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-03-05][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・欧州中央銀行(ECB)とイングランド銀行(英中銀)は5日、通貨危機の際に自国通貨を融通し合う通貨スワップ協定を始動させたと発表した。今月末に予定する英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)への準備を強化する。 協定に基づき、英中銀は週単位で国内銀行にユーロを融通し、ECBはユーロと引き換えにポンドを英中銀から受け取る。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

欧州中央銀行(ECB)関係による2019年3月 発言・ニュース

[2019-03-05][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・欧州中央銀行(ECB)とイングランド銀行(英中銀)は5日、通貨危機の際に自国通貨を融通し合う通貨スワップ協定を始動させたと発表した。今月末に予定する英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)への準備を強化する。 協定に基づき、英中銀は週単位で国内銀行にユーロを融通し、ECBはユーロと引き換えにポンドを英中銀から受け取る。

[2019-03-07][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・欧州中央銀行(ECB)が7日の理事会でユーロ圏の経済成長見通しを下方修正すると同時に、予想外の減速が景気低迷に移行しないよう、低金利融資の形で新たな刺激策を準備していることをこれまでになく明確に示す公算が大きい。

[2019-03-07][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・イングベス・リクスバンク(スウェーデン中銀)総裁「2020年から金融政策決定会合の回数を減らす可能性」「インフレは目標に近づく強い動きを示している」

[2019-03-07][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・イングベス・リクスバンク(スウェーデン中銀)総裁「強力な金融緩和の必要性は減っている」「我々の金利の道筋は見通しであり、約束するものではない」

[2019-03-07][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・バルト3国のエストニアで欧州連合(EU)懐疑派の極右政党が存在感を強めている。3日に実施された議会選で移民の受け入れ反対などを掲げた保守人民党が議席数を大幅に増やし、第3党に躍進した。欧州各地のポピュリズム(大衆迎合主義)政党の勢いが波及し、既存政党に対する不満の受け皿になったとみられる。

[2019-03-07][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・欧州中央銀行(ECB)声明「少なくとも2019年末までは金利を据え置く予定(前回は2019年夏まで)」「貸出条件付きの長期資金供給オペ(TLTRO)についてこの後発表する」

[2019-03-07][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・ECBは7日、ガイダンスを変更した。金利は少なくとも2019年末まで据え置きとなっている。

[2019-03-07][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・ECBは7日、期間2年のTLTROを9月に開始する意向を明らかにした。

[2019-03-07][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・ECB(欧州中銀)は7日の理事会で、利上げ開始後も長期にわたり保有債券償還金の再投資を継続する旨を決めた。

[2019-03-07][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・欧州中央銀行(ECB)は政策金利を市場予想通り据え置くも、その声明では「少なくとも2019年末までは金利を据え置く予定(前回は2019年夏まで)」、「貸出条件付きの長期資金供給オペ(TLTRO)についてこの後発表する」とした。ハト派な声明を受けて、ユーロドルは1.13ドル前半から一時1.1275ドルまで下落し、ユーロ円も一時126.05円まで下値を広げた。21時50分時点では、ユーロドルが1.1290ドル前後、ユーロ円は126.18円付近で推移。

[2019-03-07][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・欧州中央銀行(ECB)声明「利上げ開始後も保有債券償還金の再投資を長期に渡り継続」「期間2年のTLTRO、9月に開始」

[2019-03-07][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・欧州中央銀行(ECB)のハト派声明をうけて、ユーロドルは1.1268ドルまで弱含んでいる。この後ドラギECB総裁の会見が開かれるが、2月15日につけた年初来安値1.1234ドルが支えられるかが注目される。

[2019-03-07][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・ECB、2019年の成長見通し1.1%へ引き下げ(従来1.7%)

[2019-03-07][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・ECBは7日、2019年成長率見通しを従来の1.7%から1.1%に引き下げた。

[2019-03-07][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・ECBは7日、2021年のインフレ予測を従来の1.8%から1.6%に引き下げた。2019年、2020年と全てのインフレ予測が引き下げられている。

[2019-03-08][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・「ECB最新刺激策、景気より銀行の追い風に」と報じた。

[2019-03-11][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・スロベニア紙デロは、ECBの理事会メンバーであるスロベニア中銀のバスレ総裁がインタビューで、「世界の大国間で貿易を制限する傾向がある。これは第二次世界大戦以降使用されてこなかったものだ。それがスロベニアやユーロ圏にとって最大のリスクだ」と述べたと報じている。

[2019-03-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・アンジェローニ欧州中央銀行(ECB)監督委員会委員「イタリアのリセッションは自らが招いたもの」「イタリアのリセッションはユーロ圏経済の新たな重しとなる」

[2019-03-14][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・ECBのクーレ専務理事は、イタリアは欧州にとり脅威とはなっていないが、定義上のリセッションに直面しており、長期的な成長が課題となっているとの見解を示した。また、英国のEU離脱をめぐるリスクについて、金融部門の対応は清算手続き関連以外は済んでいるとの認識を示している。

欧州中央銀行(ECB)関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース