イギリス政府関係

イギリス政府関係のイメージ画像

 2018年1月の期間中のイギリス政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年1月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年1月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-01-03][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)によると、英国は欧州連合(EU)離脱後に環太平洋連携協定(TPP)に参加することに関心を示している、と報じた。FTによれば、英国はEU離脱後の輸出押し上げを目指し、TPPへの参加について非公式の協議を開始したもようだ。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

イギリス政府関係による2018年1月 発言・ニュース

[2018-01-03][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)によると、英国は欧州連合(EU)離脱後に環太平洋連携協定(TPP)に参加することに関心を示している、と報じた。FTによれば、英国はEU離脱後の輸出押し上げを目指し、TPPへの参加について非公式の協議を開始したもようだ。

[2018-01-08][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英首相府報道官「メイ英首相が8日に内閣改造を実施する」

[2018-01-09][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相が発表した内閣改造によると、ジョンソン外相とデービス離脱担当相、ラッド内相、ハモンド財務相といった主要閣僚はいずれも留任となった。

[2018-01-09][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相は8日、内閣改造を実施するとともに与党・保守党幹部の刷新に踏み切った。昨年6月の総選挙以降に後退しつつある党勢を再び拡大し、欧州連合(EU)離脱をはじめとする重要政策課題を乗り切る新たな態勢を構築する狙いだ。

[2018-01-12][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英国の独立党(UKIP)元党首で2016年の国民投票ではEU離脱を声高に唱えたファラージュ氏が、国民投票を再度行うべきだとの考えを表明した。

[2018-01-12][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相の報道官は、首相がEU加盟について2度目の国民投票を実施することはないと述べた。欧州議会のファラージ議員がテレビ番組で、2度目の国民投票を行えば「離脱派」が再び勝利し、この問題に関する論争に決着がつくと主張したことを明確に否定したことになる。

[2018-01-16][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・テンレイロ英中銀金融政策委員会(MPC)委員「今後3年で2回の利上げが必要になるだろう」

[2018-01-16][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英中銀のテンレイロ金融政策委員は、昨年11月の利上げ以降、追加利上げを検討するまでに「十分な時間」があるとの見解を示した。英中銀は、昨年11月の金融政策決定会合で10年ぶりとなる利上げを実施、12月の会合では金利据え置きを決定している。

[2018-01-18][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英下院は、英国のEU離脱に向けた主要法案を賛成324反対295で可決した。法案は、今後上院での審議に移る。

[2018-01-19][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英国のメイ首相は、訪英したフランスのマクロン大統領と会談した。仏がイスラム過激派対策としてアフリカ・サハラ砂漠サヘルで進める対テロ作戦に英国が戦闘ヘリを投入する一方、仏側は英国がロシア対策としてエストニアなどバルト諸国で主導する北大西洋条約機構(NATO)軍の合同駐留への関与を深めるなど安全保障協力拡大で一致したという。

[2018-01-19][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英銀HSBCホールディングスが、米司法省による為替レート操作をめぐる捜査を決着させる条件として、1億ドルの罰金支払いに同意したと報じている。

[2018-01-22][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英日曜紙は、反移民を掲げる英国の右派政党、英独立党の幹部会議が、ボルトン党首に対する不信任案を可決したと報じている。事実上の辞任要求で、近く解任の是非を問う党員投票を行う見込みだという。ボルトン氏をめぐっては、交際していた党員の女性がヘンリー英王子の婚約者メーガン・マークルさんについて人種差別的なメッセージを知人に送っていたことが発覚し、党内外から辞任を求める声が上がっていた。

イギリス政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース