イギリス政府関係の発言・ニュース

イギリス国旗

 イギリス政府関係者による発言や為替・株式・商品相場などに影響を与えると考えられるイギリス政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においては、複数のイギリス政府関係者によるコメントやニュースなどを掲載しているため、HDP・RHDPは目安範囲となります。

 また、イギリスは地理的にも経済的にも欧州連合(EU)と非常に繋がり強い国で、イギリス政府関連のニュースが欧州の通貨であるユーロに影響を与える事もあります。

HDP

中間派

 HDP   -1.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-09-16][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相は15日内閣改造を発表。スナック財務相は残留、ラーブ外相を降格、トラス国際貿易相が次期外相へ。
・ジョンソン英首相は、内閣改造を発表した。ラーブ外相を副首相兼司法相に指名し、後任にトラス国際貿易相を充てた。内閣改造は昨年2月以来約1年半ぶりで、体制刷新を図る狙いがある。また、スナク財務相は留任した。
・読売新聞は、英最新鋭空母「クイーン・エリザベス」を中心とする空母打撃群の指揮官、ムーアハウス英海軍准将が電話インタビューに応じ、北朝鮮がミサイル発射など軍事挑発を活発化させていることについて「明確な懸念材料だ」と批判し、北朝鮮船舶の「瀬取り」による密輸取引の監視活動で各国軍に協力を呼びかけたと報じている。
・ブルームバーグによると、英国では8月にインフレが予想以上に加速し、約9年ぶりの物価上昇率となった。イングランド銀行(中央銀行)の利上げの予想が強まった。英政府統計局(ONS)の15日の発表によると、8月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比3.2%上昇。中銀目標の2%まで鈍化した前月から再び上向き、2012年3月来の高水準を記録した。ブルームバーグがまとめた調査で最も高い予想も上回った。予想以上のインフレ加速を受けて短期市場は、中銀が22年末までに恐らく2回の利上げで政策金利を0.5%とするとの見通しを織り込んだ。
・日本経済新聞によると、英海軍トップのトニー・ラダキン第1海軍卿は日本経済新聞とのインタビューで、アジアでの中国軍への対応を念頭に、日英間の安全保障面での協力に強い意欲を示した。一方でアジアにおける軍事的な関与の拡大には戦力面での余裕が乏しいことから否定的な考えを示し、自由貿易に基づいた経済活動の支援を重視する考えを強調した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のイギリス政府関係の発言・ニュース

[2021-09-16][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相は15日内閣改造を発表。スナック財務相は残留、ラーブ外相を降格、トラス国際貿易相が次期外相へ。
・ジョンソン英首相は、内閣改造を発表した。ラーブ外相を副首相兼司法相に指名し、後任にトラス国際貿易相を充てた。内閣改造は昨年2月以来約1年半ぶりで、体制刷新を図る狙いがある。また、スナク財務相は留任した。
・読売新聞は、英最新鋭空母「クイーン・エリザベス」を中心とする空母打撃群の指揮官、ムーアハウス英海軍准将が電話インタビューに応じ、北朝鮮がミサイル発射など軍事挑発を活発化させていることについて「明確な懸念材料だ」と批判し、北朝鮮船舶の「瀬取り」による密輸取引の監視活動で各国軍に協力を呼びかけたと報じている。
・ブルームバーグによると、英国では8月にインフレが予想以上に加速し、約9年ぶりの物価上昇率となった。イングランド銀行(中央銀行)の利上げの予想が強まった。英政府統計局(ONS)の15日の発表によると、8月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比3.2%上昇。中銀目標の2%まで鈍化した前月から再び上向き、2012年3月来の高水準を記録した。ブルームバーグがまとめた調査で最も高い予想も上回った。予想以上のインフレ加速を受けて短期市場は、中銀が22年末までに恐らく2回の利上げで政策金利を0.5%とするとの見通しを織り込んだ。
・日本経済新聞によると、英海軍トップのトニー・ラダキン第1海軍卿は日本経済新聞とのインタビューで、アジアでの中国軍への対応を念頭に、日英間の安全保障面での協力に強い意欲を示した。一方でアジアにおける軍事的な関与の拡大には戦力面での余裕が乏しいことから否定的な考えを示し、自由貿易に基づいた経済活動の支援を重視する考えを強調した。

[2021-09-15][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英政府は、来週から50歳以上の国民に対し、新型コロナワクチンの3回目の接種を始めると発表した。3回目のワクチン接種の対象とするのは、「50歳以上」の人や「持病がある」人など新型コロナの重症化リスクが高い人たち、また医療従事者などになるという。
・英上下両院は、中国の鄭駐英大使の議会への出入りを禁止した。新疆ウイグル自治区の人権問題をめぐり、批判的な英議員に中国が制裁を科したことへの対抗措置。香港やウイグルなどの問題で緊張する英中関係はさらに冷え込みそうだ。
・ジャビド英保険相「インフレの上昇は一時的なものだと考えている」
・英紙『フィナンシャル・タイムズ』(電子版)は15日、米国のバイデン大統領が10日に中国の習近平国家主席と電話協議した際、対面での首脳会談を提案したものの、習氏は取り合わなかったと報じた。協議の参加者によればバイデン氏の狙いは米中関係の行き詰まりを打開することだったが、習氏は提案に返答せず、バイデン政権が対中姿勢を軟化させるよう求めたという。
・ブルームバーグによると、英国では8月にインフレが予想以上に加速し、約9年ぶりの物価上昇率となった。イングランド銀行(中央銀行)の利上げの予想が強まった。英政府統計局(ONS)の15日の発表によると、8月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比3.2%上昇。中銀目標の2%まで鈍化した前月から再び上向き、2012年3月来の高水準を記録した。ブルームバーグがまとめた調査で最も高い予想も上回った。予想以上のインフレ加速を受けて短期市場は、中銀が22年末までに恐らく2回の利上げで政策金利を0.5%とするとの見通しを織り込んだ。
・英BBCがジョンソン政権の内閣改造で、ラーブ現外相が副首相兼司法長官に就任すると報じている。
・英大衆紙「サン」によると、スナク英財務相が内閣改造後も同職に留まると報道。政府もこの報道を認めたと報じられている。

[2021-09-14][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・トラス英国際貿易相「米国が準備できているのならば通商交渉を始める用意がある」「中国に戦略的に依存することは避けたい」
・英国のトラス国際貿易相は参加したイベントで、英国は米国との貿易協定の交渉を開始する用意ができていると述べた。ただ交渉期限などについては言及しなかった。

[2021-09-13][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のジャビド保健相は、ジョンソン首相が、今後数ヵ月の冬季に向けた新型コロナウイルス対策を14日に発表する予定で、ワクチン接種が完了した人への接種証明書(ワクチンパスポート)の導入中止の考えを明らかにした。
・英紙タイムズは、ジョンソン英首相が今月、バイデン米大統領とホワイトハウスで会談し、両国関係の修復に取り組みたい意向だと報じている。ジョンソン氏はNYで21日に開幕する国連総会に出席するため、4日間の日程で米国を訪れる予定。このあいだにバイデン氏と会談するとみられるという。
・ハウザー英中銀・市場担当理事「量的緩和(QE)の巻き戻しは今後の引き締め戦略に不可欠な要素」「QEが解除された後も、将来的にはバランスシートは構造的に大きくなる」

[2021-09-10][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ラーブ英外相は、自身のSNSで、同国海軍の空母クイーン・エリザベスによる日本訪問は両国の緊密な防衛関係を示すものであるとの考えを示した。さらにラーブ氏は、同空母の日本訪問と、「CPTPP(環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定))への英国の加盟について、茂木外相と協議したことを明らかにしている。

[2021-09-08][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・スナク英財務相「我々が財政に責任を持つ政党であることを人々が認識してくれることを望む」
・ジョンソン英首相「現政権下、さらなる増税は望まない」
・ジョンソン英首相※さらなる増税を否定するように求められ「コロナによって状況が大きく変わった」「今議会でこれ以上の増税は望まない」
・ジョンソン英首相は、医療・社会福祉分野での財源不足に対応するため、労働者、雇用主、一部の投資家に対する増税計画を発表した。ただ、一部から選挙公約違反と非難する声が上がっている。英国では新型コロナウイルスのパンデミックへの対応で巨額の資金が投じられたほか、高齢化にともない社会福祉にかかる費用が今後20年間で倍加すると見込まれている。
・ロイター通信によると、ジョンソン英首相は7日、医療・社会福祉分野での財源不足に対応するため、労働者、雇用主、一部の投資家に対する増税計画を発表した。ただ、一部から選挙公約違反と非難する声が上がっている。

[2021-09-07][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・フロスト英国務相「英政府は、現在の基準で北アイルランド議定書を継続する」「継続内容には、現在有効な猶予期間や地役権も含まれる」

[2021-09-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英海軍の最新鋭空母「クイーン・エリザベス」が、米海軍横須賀基地に入港した。同艦の日本寄港は初めて。英国は空母派遣を、日英関係を「新たな段階」(ロングボトム駐日大使)に引き上げる機会と位置付けている。日米欧は西太平洋への進出を図る中国軍への警戒を強めており、英国として、日米とともに「自由で開かれたインド太平洋」の秩序維持に努めていく姿勢を誇示した形だ。
・ロイター通信によると、英金融行動監視機構(FCA)は6日、暗号資産の監督体制確立には慎重な検討を要すると指摘した。英財務省はすでに、一部暗号資産の販売促進に規制が必要か、意見を公募している。FCAのランデル長官は講演で「投機的なデジタルトークンには価格の裏付けとなる資産や実際のキャッシュフローが存在しない」と述べた。ランデル長官は、当局が対応権限を持つべき根拠が2つあるようだとして、暗号資産の販促に起因する害を減らすことと、認可業者でのデジタルトークンを巡る監督対象でない行為の波及するのを防ぐことを挙げた。

[2021-09-03][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英紙テレグラフは、英政府が個人の負担する社会保障費に上限を設け、国民保健サービス向け財源を増やすため、約2500万人を対象にした増税を発表する見通しだ、と報じている。ジョンソン首相が来週、政府の給付プログラムを賄うために支払われる税金の一種である国民保険料の値上げを明らかにするという。

[2021-09-01][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイターは、英国が、アフガニスタンからの自国民や英国に協力したアフガン人の安全な出国を確実にするため、アフガンを掌握したイスラム主義組織タリバンと直接交渉していると報じている。政府報道官が明らかにしたという。

(最終更新日時 2021-09-18 18:23)

イギリス政府関係の発言・ニュース バックナンバー

イギリス政府関係 カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース