イギリス政府関係の発言・ニュース

イギリス国旗

 イギリス政府関係者による発言や為替・株式・商品相場などに影響を与えると考えられるイギリス政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においては、複数のイギリス政府関係者によるコメントやニュースなどを掲載しているため、HDP・RHDPは目安範囲となります。

 また、イギリスは地理的にも経済的にも欧州連合(EU)と非常に繋がり強い国で、イギリス政府関連のニュースが欧州の通貨であるユーロに影響を与える事もあります。

HDP

中間派

 HDP   -1.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2024-06-17][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のスナク首相は、スイスで開催されている「平和サミット」で、ロシアの首脳プーチンは公正な平和に関心がないのであり、だからこそ「平和の公式」に対する外交的な攻勢を始めたのだと述べた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のイギリス政府関係の発言・ニュース

[2024-06-17][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のスナク首相は、スイスで開催されている「平和サミット」で、ロシアの首脳プーチンは公正な平和に関心がないのであり、だからこそ「平和の公式」に対する外交的な攻勢を始めたのだと述べた。

[2024-06-14][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国の最大野党・労働党は13日、7月4日に投開票される総選挙の公約を発表した。離脱した欧州連合(EU)との貿易を円滑にするため、新たな協定の締結をめざす。離脱を悔やむ人が増えるなか、主導した与党・保守党との違いを明確にする。

[2024-06-13][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国の最大野党労働党は13日、総選挙に向けマニフェスト(政権公約)を発表した。英メディアによると、経済安定化や電力公社創設などのクリーンエネルギー政策を軸に「英国再建」を訴える。労働党は世論調査で与党保守党を大きくリードしており、14年ぶりの政権交代が濃厚となっている。

[2024-06-11][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国の失業率は予想外に上昇し、過去2年半余りで最高となった。一方、民間部門では賃上げ圧力が弱まり、インフレ圧力が和らいでいることが示された。

[2024-06-10][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・7月4日に投開票が行われる英総選挙(下院選)で最大野党・労働党が勝利すれば、ポンドにとって良いニュースになるだろうが、英国の欧州連合(EU)離脱のダメージは解消できそうにない。最新のブルームバーグ・「マーケッツ・ライブ(MLIV)パルス」の調査結果でそうした見方が示された。

[2024-05-23][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・スナク英首相「7月4日に総選挙を実施する」
・英国のシャップス国防相は、ウクライナへの侵攻を続けるロシアに対し、中国がすでに軍事支援をしているか、これからするつもりでいると指摘した。英米の情報機関が収集した証拠で明らかになったという。
・英国防省は、英が管理する国際基金を通じて、ウクライナに対する日本円で1億5000万ポンドの追加支援を行うことを発表した。
・スナク英首相は22日、議会下院(定数650)を近く解散し7月4日に総選挙を実施すると表明した。秋まで選挙を先送りして支持率の回復を待つとの見方が大勢だったが早期解散の賭けに出た。

[2024-05-22][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のインフレ率は、レストランやパブでの持続的な価格上昇圧力などを背景に、4月は予想されたほど下がらず、イングランド銀行(英中央銀行)による利下げが遅れる可能性がある。
・英統計局が22日発表した4月の消費者物価指数は前年同月比で2.3%上昇した。2021年7月以来2年9カ月ぶりの低水準となった。

[2024-05-21][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英中銀金融行政委員会のクロズナー委員は、人工知能(AI)は基本的に破壊的だが、英経済の生産性を高める可能性があると指摘、規制作りでは新しいアプローチを受け入れる必要があると述べた。金融の安定維持という目標と、イノベーションの実現などを通じた経済成長の支援という目標をどのように両立させるべきかという課題に言及している。
・英国防省は、ロシアはウクライナ北東部ハルキウ州にて攻勢を活発化させているが、ウクライナ東部のロシア軍攻勢烈度も高いままだと報告した。

[2024-05-20][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英BBCは、台湾の蔡総統が、2期8年の任期を終え頼清徳新政権が20日発足するのを前にインタビューに応じたと報じている。中国との軍事的衝突や台湾侵攻を含めた「あらゆる可能性」が排除できないと述べる一方、民主主義国家の団結による抑止力が高まっており、平和を維持できる可能性は大きいとの見方を示したという。

[2024-05-16][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英与党の保守党で次期総選挙への不出馬を表明する議員が続出している。すでに2割近い65人が表明した。2日の統一地方選で大勝した野党に移籍する議員もいる。インフレや経済の低成長で同党の支持率は低迷し、14年ぶりの下野が現実味を帯びる。

(最終更新日時 2024-06-18 10:39)

イギリス政府関係の発言・ニュース バックナンバー

イギリス政府関係 カレンダー

2024年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース