イギリス政府関係の発言・ニュース

イギリス国旗

 イギリス政府関係者による発言や為替・株式・商品相場などに影響を与えると考えられるイギリス政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においては、複数のイギリス政府関係者によるコメントやニュースなどを掲載しているため、HDP・RHDPは目安範囲となります。

 また、イギリスは地理的にも経済的にも欧州連合(EU)と非常に繋がり強い国で、イギリス政府関連のニュースが欧州の通貨であるユーロに影響を与える事もあります。

HDP

中間派

 HDP   -1.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2024-02-29][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英財務省はクレア・ロンバルデリ氏(現OECDチーフエコノミスト)を英中銀の副総裁に指名した。ブロードベント副総裁の後任で任期は7月1日からの5年間。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のイギリス政府関係の発言・ニュース

[2024-02-29][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英財務省はクレア・ロンバルデリ氏(現OECDチーフエコノミスト)を英中銀の副総裁に指名した。ブロードベント副総裁の後任で任期は7月1日からの5年間。

[2024-02-23][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英政府は、ロシアによるウクライナ侵攻が開始して丸2年となるのを前に、計50以上の追加制裁を発表した。対象は侵攻を支えるロシアの軍需企業や資源関連企業と個人。外務省は「あらゆる角度からプーチンの違法な戦争の資金源を断つ」と強調した。

[2024-02-22][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国の調査機関「紛争兵器研究所(CAR)」は報告書を公表し、ウクライナ北東部ハリコフで1月に回収された北朝鮮製弾道ミサイルの残骸から、米国や欧州に本拠を置く企業で製造されたことを示す部品が見つかったと発表した。北朝鮮が厳しい制裁下でも西側の兵器用部品を入手でき、そうした兵器がロシアによるウクライナ侵攻で使われていることが示された格好になる。
・英国防省は、ウクライナ東部の激戦地アウディーイウカを掌握したと発表したロシア軍の出方について、今後数週間かけて掌握する地域を拡大しようとするという見方を示した。「休息をとって準備を固める期間が必要だ。アウディーイウカから今後数週間かけて段階的に掌握する地域を拡大しようとするだろう」と分析している。

[2024-02-19][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英外務省は、キャメロン外相が、ドイツで開催されているミュンヘン安全保障会議に合わせて中国の王外相と会談したと発表した。発表した声明によると、キャメロン氏は、中国がイランへの影響力を行使して、イエメンの親イラン武装組織フーシ派による紅海での行動に圧力をかけるべきだと述べたという。
・ブルームバーグによると、英国経済はリセッション(景気後退)に落ち込んだものの、ポンドは上昇を再開し今年最も好調な通貨の一つになると、バンク・オブ・アメリカ(BofA)やクレディ・アグリコルの市場担当者はみている。

[2024-02-16][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、英国立統計局(ONS)が16日発表した1月の小売売上高(数量ベース)は前月比3.4%の増加に転じ、予想を上回った。

[2024-02-15][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、英国立統計局(ONS)が15日発表した2023年第4・四半期の国内総生産(GDP)は前期比0.3%減と予想を下回った。第3・四半期のGDPも0.1%減少しており、23年下期に景気後退入りしたことになる。

[2024-02-14][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、英国のインフレ率は先月、予想を下回る水準にとどまった。基本的な物価上昇圧力は市場やイングランド銀行(英中央銀行)が懸念したほど強まらなかった。
・ブルームバーグによると、英国のインフレ率は先月、予想を下回る水準にとどまった。食品や家庭用品の価格が下落傾向を示し、インフレ率がイングランド銀行(英中央銀行)の目標値に近く戻るとの期待を高めた。

[2024-02-13][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、英国の昨年10-12月(第4四半期)の賃金上昇率は予想を上回り、イングランド銀行(英中央銀行)が利下げに踏み切ることに慎重になるべき根拠が浮き彫りになった。
・英国の有力紙フィナンシャルタイムズ(FT)は、岸田首相が北朝鮮の金総書記との首脳会談実現を模索し、取り組みを強化していると報じている。会談実現に向けて取り組みを強化した理由については、金総書記が岸田首相に送った能登半島地震の見舞いの電報がきっかけだったという。
・英国際戦略研究所(IISS)は、過去1年間の世界の軍事力を分析した報告書「ミリタリー・バランス2024年版」を発表した。ウクライナ侵略の長期化にともない、ロシア・ウクライナ両軍で損失が拡大しているが、ウクライナは米欧などの支援で損失分を穴埋めし、戦力を維持していると指摘した。
・共同通信は、英国のロングボトム駐日大使がインタビューに応じ、日英伊が共同開発する次期戦闘機の第三国輸出をめぐり「日本が防衛装備品の輸出ルールの変更を近く実現することが重要だ」と述べ、早期の輸出解禁に向けた取り組みを求めた。

[2024-02-12][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・日本経済新聞によると、英国でサイバーセキュリティー政策を統括する国家サイバーセキュリティーセンター(NCSC)のリンディ・キャメロン長官は日本の官民にサイバー防衛への投資を強化するよう求めた。投資によって「安全保障だけでなく(関連産業の)繁栄につながる」と主張した。

[2024-02-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のシャップス国防相は、米英軍によるイエメンの親イラン武装組織フーシ派に対する攻撃によって、フーシ派の戦闘能力に影響が出たものの、「紅海の混乱を狙う意欲は完全に衰えていない」という認識を示した。

(最終更新日時 2024-03-01 11:35)

イギリス政府関係の発言・ニュース バックナンバー

イギリス政府関係 カレンダー

2024年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース