イギリス政府関係の発言・ニュース

イギリス国旗

 イギリス政府関係者による発言や為替・株式・商品相場などに影響を与えると考えられるイギリス政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においては、複数のイギリス政府関係者によるコメントやニュースなどを掲載しているため、HDP・RHDPは目安範囲となります。

 また、イギリスは地理的にも経済的にも欧州連合(EU)と非常に繋がり強い国で、イギリス政府関連のニュースが欧州の通貨であるユーロに影響を与える事もあります。

HDP

中間派

 HDP   -1.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-12-03][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英政府は、米ファイザーが独ビオンテックと共同開発した新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を承認した。ファイザーの新型コロナワクチンの承認は世界初で、最速での認可。来週から接種が始まる見通しだ。
・ウィリアムソン英教育相「(欧州連合離脱後の協定)我々は常に交渉を望んでいる」「交渉進展を確信している」「英国にとって正当で利用可能なら合意、我々にとって好ましくなければ署名できない」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のイギリス政府関係の発言・ニュース

[2020-12-03][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英政府は、米ファイザーが独ビオンテックと共同開発した新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を承認した。ファイザーの新型コロナワクチンの承認は世界初で、最速での認可。来週から接種が始まる見通しだ。
・ウィリアムソン英教育相「(欧州連合離脱後の協定)我々は常に交渉を望んでいる」「交渉進展を確信している」「英国にとって正当で利用可能なら合意、我々にとって好ましくなければ署名できない」

[2020-12-02][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ハンコック英保健相「英国が最初のコロナワクチン使用認可国になることは誇らしい」
・タイムズ・ラジオは2日、英国と欧州連合(EU)通商協議について、水面下での最終決着に持ち込もうとする試みは不調に終わったもようだと報じた。主任政治コメンテーターが述べた。これより先、EUの交渉担当者は、協議は瀬戸際にあるとしていた。

[2020-12-01][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ゴーブ英内閣府担当相「政府の最優先課題は、国民に出来るだけ早くワクチンを供給すること」
・ゴーブ英内閣府担当相「英国の漁業を過剰に保護しているわけではない」「英国の海に自由にアクセスできない理由はない」
・英首相報道官「英国はEUとの貿易交渉を今週を通して継続する」

[2020-11-30][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ラーブ英外相は29日、英国と欧州連合(EU)の通商交渉について、EUが現実的になって善意と誠実さを示せば、「週内に合意する可能性はある」との見解を示した。なお、依然として漁業権が大きな問題であるとも述べている。
・英国の規制当局が数日中に、米製薬大手ファイザーなどが開発した新型コロナウイルスのワクチンを承認する方針であることが分かり、早ければ12月7日にも英国内で接種が始まる可能性があると英フィナンシャルタイムズ紙が報じた。西側諸国で新型コロナのワクチンが承認される最初のケース。
・ラーブ英外相が、同国とEUの離脱交渉担当者のあいだではこのところ現実的かつ「誠実」な協議が進展しており、週内に「合意が成立する」可能性があると語ったと報じている。
・ゴーブ英内閣府担当相(国務相)が、病院の機能不全を回避するには現在のロックダウン(都市封鎖)措置終了後に厳しい規制が必要との認識を示したと報じている。
・ユースティス英環境相「もし、今週の英・欧州連合(EU)通商交渉で重要な進展があれば、交渉期限の延長もありえる」
・英国のユースティス環境相は30日、英国と欧州連合(EU)の貿易協定を巡る交渉について、今週進展があれば延長される可能性があるとの見解を明らかにした。ユースティス氏はスカイの番組で「時間が本当になくなっており、今週は重要な1週間になる。事態の打開が必要だ」と語った。
・英国のEU離脱に伴う英EUの貿易協定協議に関し、英国とEUは11月28日から交渉を再開させている。その中で英国のラーブ外相は29日、「このところ現実的かつ誠実な協議が進展しており、週内に合意が成立する可能性がある」と語った。
・スコットランド自治政府のスタージョン首相は30日、独立を巡る新たな住民投票について、来年にも実施する可能性を排除しない構えを示した。また、英政府が住民投票の実施を阻止する場合は法的措置も辞さない姿勢を示唆した。

[2020-11-27][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のスナク財務相は、過去最大規模の公的債務が持続可能な水準を維持できるほどすぐに縮小すると予想していないと述べた。また、新型コロナウイルス危機が終息すれば、増税が必要になるという考えも示している。
・英国とEUの通商協議が今週末、交渉担当者の新型コロナウイルス感染を受けて中断となっていた対面での交渉を再開する見通しだ、と報じている。
・英政府は、オックスフォード大学と英製薬大手アストラゼネカが共同開発中の新型コロナウイルスのワクチン候補を一時的に供給するため、英国医薬品庁に評価するよう要請した。年内の供給開始に一歩近づくことになる。
・スタージョン・スコットランド国民党党首(スコットランド行政府首相)「スコットランドの独立を問う2回目の住民投票を来年できるだけ早く実施したい」
・ジョンソン英首相「欧州連合(EU)との交渉、合意はEU次第」「英国は合意のあり、なしにかかわらず繁栄できる」
・ジョンソン英首相「合意の可能性についてはノーコメント」「実質的であり重要な相違は埋まっていない」
・ジョンソン英首相「英EU合意の可能性はEUの決断次第である」
・フロスト英首席交渉官「EUと合意するには、英国の主権が完全に尊重されなければならない」
・大衆紙「ザ・サン」によると「英国は欧州連合(EU)が提案する漁業権の案を受け入れない」と報じている。
・英国水域での漁獲量の6割弱は英国船籍ではないEU船籍が獲得したものであることで、漁業権は英国サイドからすれば一番交渉に強気になれる取引材料と言える。

[2020-11-26][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英政府は25日の新型コロナウィルスの感染者数は1万8213人(24日は1万1299人)、死者数は696人(24日は608人)となったと発表した。
・スナク英財務相が、2020年のGDPがマイナス11.3%減になるとの見通しを示したと報じている。新型コロナウイルス流行にともなう経済活動の低迷が響くもようで、大寒波に見舞われた1709年以来約310年ぶりの落ち込みとなるという。
・スナク英財務相「現在のような債務拡大を継続させることはできない」「税金については何かを決定すべき時ではない」「欧州連合(EU)との交渉、合意に至ることができる」
・スナク英財務相「英予算責任局(OBR)が示した最新の予測は持続可能なものではない」「欧州連合(EU)との交渉は進展しているはず」
・英政府は25日、8月に実施した飲食店支援策「イートアウト・トゥ・ヘルプアウト」の利用状況を公表した。日本政府が進める「Go To イート」の英国版と言えるが、大きな経済効果をもたらした一方、専門家からは新型コロナウイルスの感染再拡大を助長したとの批判が出ている。
・ジョンソン英首相報道官「英国は対面の交渉を再開したいが、それはEU次第」「英国に来て交渉をするかはEU次第」
・ジョンソン英首相報道官「英国から北アイルランドへの食肉の取引が禁止されていないことを確認」「溝を埋めるために本日も話し合いを続けている」
・ジョンソン英首相は参謀長にダン・ローゼンフィールド氏を指名したと報じている。上級顧問であるドミニク・カミングス氏、広報責任者のリー・ケイン氏の早期辞任の間はエドワード・リスター氏が参謀代理を務めていた。

[2020-11-25][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ゴーブ英内閣府担当相「交渉チームは日を跨いで働いている」「我々には明確なレッドラインがあり、それを超えることはない」「全員が交渉をまとめたいと思っている」
・英政府は国内の情報技術関連企業に対し、中国への進出のほか、中国企業による投資受け入れをめぐる倫理、法律、商業上のリスクに留意するよう呼び掛けた。
・ジョンソン英首相「漁業権に対する立場は変わらず、欧州連合(EU)が受け入れなければ交渉進展はない」
・ジョンソン英首相「移行期間は延長しない」「北アイルランド国境のビジネスを支援するため、現実的な取り決めを望んでいる」
・スナク英財務相「英国経済はこの300年で最も縮小」「2020年のGDP予測は-11.3%(7月予測-12.4%)」「2021年のGDP予測は+5.5%(7月予測+8.7%)」「2022年のGDP予測は+6.6%(7月予測+4.5%)」「2023年のGDP予測は+2.3%(7月予測+2.1%)」

[2020-11-24][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相「条件付きで12月2日に封鎖解消へ」
・ジョンソン英首相は23日、下院で声明を出し、新型コロナウイルス対策のためイングランド全土で11月5日から実施しているロックダウン(都市封鎖)を予定通り12月2日に解除し、地域ごとの警戒制度に戻す計画を明らかにした。

[2020-11-23][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相顧問が、パテル内相に部下へのパワハラ行為があったと認定し、政府の定める大臣規範に違反したとする調査結果を公表したと報じている。

[2020-11-20][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英政府は19日、欧州連合(EU)との交渉をビデオ形式で継続すると発表した。安全になった際は対面での交渉を再開するという。
・英国は「英国とEUはビデオ形式で交渉継続へ」「安全になった際に対面での交渉再開へ」などと声明を発表。
・ハンコック英保健相「都市封鎖(ロックダウン)のおかげで、感染者の増加ペースが鈍化しつつある」
・英欧通商交渉担当者「英国と欧州連合(EU)との通商交渉は合意に近づいているが、依然として3つの主要課題が残されている」

(最終更新日時 2020-12-04 13:29)

イギリス政府関係の発言・ニュース バックナンバー

イギリス政府関係 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース