イギリス政府関係

イギリス政府関係のイメージ画像

 2022年6月の期間中のイギリス政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2022年6月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2022年6月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-06-01][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、英国とEUがロシア産石油を輸送する船舶に対する保険の提供を禁止することで合意した、と報じている。世界最大級の英ロンドンの保険市場から締め出されれば、ロシア産石油の海上輸送は困難になるとみられている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

イギリス政府関係による2022年6月 発言・ニュース

[2022-06-01][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、英国とEUがロシア産石油を輸送する船舶に対する保険の提供を禁止することで合意した、と報じている。世界最大級の英ロンドンの保険市場から締め出されれば、ロシア産石油の海上輸送は困難になるとみられている。

[2022-06-02][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、英経済にリセッション(景気後退)の暗雲が垂れ込める中、イングランド銀行(英中央銀行)は積極的過ぎる政策行動が景気を追い込む恐れを懸念している。しかし短期金融市場は、急速な引き締めへの見方を崩していない。

[2022-06-02][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・日本経済新聞によると、英国のエリザベス女王(96)の在位70年を祝う記念行事「プラチナ・ジュビリー」が2日、4日間の日程で始まった。英国の戦後史を体現してきた女王はなお人気が高く、新型コロナウイルスの打撃を受けた国民の一体感の象徴になっている。18世紀以来の「王は君臨すれども統治せず」の伝統を守り、民主主義国家における王室のあり方を世界に示してきた。

[2022-06-02][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国防省は2日、ウクライナ東部ルガンスク州の要衝セベロドネツクについて、「ロシア軍がほとんどを占拠している」との見方を明らかにした。ロシアがウクライナ侵攻を始めてから3日で100日、東部にロシア軍が戦力を集中し南部ではウクライナ軍が攻勢を強める展開となっている。

[2022-06-03][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国防省は、ロシアによるウクライナ侵攻で、激戦が続く東部ルガンスク州の中心都市セベロドネツクの大半を露軍が制圧したとの分析を発表した。

[2022-06-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英紙サンデー・タイムズは、英与党保守党の幹部らが8日にも党内でジョンソン首相の不信任投票が実施される可能性に身構えていると報じている。

[2022-06-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ブレイディ英保守党議員委員会委員長「コロナ下でのパーティを巡り本日夜にジョンソン首相の与党信任投票を行う」

[2022-06-07][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相を賛成211、反対148で信任=英保守党。ジョンソン首相が新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)中に首相官邸のパーティーに参加した「パーティーゲート」問題に関する報告書を受けて、与党内で首相退陣論が再燃。首相に忠誠を誓っていたジェシー・ノーマン議員らから退陣を求める声が出ていた。

[2022-06-07][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・日本経済新聞によると、英国の与党・保守党が6日に実施した信任投票で、党の下院議員の4割超がジョンソン党首(首相)に「不信任票」を投じた。新型コロナウイルス対策での外出規制下でパーティーを開いた問題に足元の物価高が加わり、政権に対する有権者の不満は高まっている。首相続投は決まったものの、6月下旬の下院補選の結果次第では「ジョンソン降ろし」の機運が再び高まりかねない。

[2022-06-07][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・信任投票で続投が決定したジョンソン英首相は、閣僚と会合を開いた。首相は「仕事をこなしていく」と表明、数週間以内に発表する新たな政策について説明した。

[2022-06-08][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・時事通信によると、ジョンソン英首相は6日、与党・保守党が実施した信任投票で過半数の信任票を得て、党内から突き付けられた辞任要求をかわすことができた。しかし、不信任票は党所属下院議員の4割超に上った。今月下旬に予定される補欠選挙は与党の苦戦が予想され、ジョンソン氏の「レームダック(死に体)化」の加速は避けられそうにない。

[2022-06-10][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国、フランス、ドイツの各政府は、イランの核開発を非難する共同声明を発表した。「核開発をやめ、現在の核合意再建交渉を緊急にまとめる」よう要求した。

[2022-06-13][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のエリザベス女王は12日、2016年に死去したタイのプミポン前国王と並び、世界史上2番目に在位期間が長い君主となった。女王とプミポン前国王の在位期間は「70年と126日」で、17-18世紀に約72年にわたって君臨したフランスのルイ14世に次ぐ長さだという。

[2022-06-13][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・トラス英外相「シェフチョビッチ欧州連合(EU)副委員長と北アイルランド議定書について話し合ったが、英国は交渉での解決を望んでいる」「EUが議定書そのものを変更しなくてはならない」

[2022-06-13][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、英国立統計局(ONS)が13日発表した4月の国内総生産(GDP)は前月比0.3%減と、予想外の減少となった。景気減速懸念が強まった。ロイターがまとめた市場予想は0.1%増だった。主要経済部門の寄与率が月間ベースで2021年1月以来初めて全てマイナスとなった。ただ、政府の新型コロナウイルス検査・追跡対策とワクチン対策の縮小の影響を除けば0.1%増となっていた。

[2022-06-13][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、英国経済は4月に、過去1年余りで最も急激なペースで縮小した。政府は新型コロナ対策を緩和したものの、広範な景気縮小が進行しているリスクが浮き彫りになった。

[2022-06-14][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国は、EUと調印した離脱合意の一部に優先する法案を公表した。EUと貿易戦争に発展するリスクをはらむほか、ジョンソン首相と与党・保守党内の反対派の対立が先鋭化する可能性がある。

[2022-06-14][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国の5月失業者数(失業保険申請件数)は1万9700人減少となった。4月は5万6900人減少。

[2022-06-14][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国の4月ILO失業率(国際労働機関失業率)は3.8%となった。予想は3.6%、3月は3.7%。

[2022-06-14][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国防省は、ロシア軍がウクライナ東部ハリコフ州で数週間ぶりに占領地域をやや拡大したとの戦況分析を発表した。ただロシア軍の作戦の中心は依然、東部ルガンスク州の要衝セベロドネツク市だと指摘。同州当局は、通信アプリに「状況はさらに悪化している」と投稿している。

[2022-06-15][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・スコットランド自治政府のスタージョン首相は、英政府の同意なしに独立の是非を問う新たな住民投票を進める方法について、詳細を説明する準備がほぼ整ったと明らかにした。

[2022-06-15][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英首相報道官「北アイルランドを巡り、EUが英国への法的措置を再開したことに失望」「EUの発表は以前と何ら変わらず、状況を後退させる」

[2022-06-17][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国は、バルト諸国のエストニアに部隊を追加派遣できると表明した。北大西洋条約機構(NATO)首脳会議を前にドイツもリトアニアに追加で部隊や兵器を送る計画を表明している。

[2022-06-17][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英軍制服組トップのラダキン参謀長は、ウクライナ戦争について「ロシアは既に戦略的に敗北した」と述べた。「これはロシアが犯したひどい間違いだ。決してウクライナを支配できないし、ロシアは弱体化する」と断言している。

[2022-06-17][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、英国防省は17日、移民申請を基にロシアで1万5000人の百万長者が出国を目指していると指摘、新興財閥など実業家の国外脱出が続いており、ウクライナ戦争がロシア経済に及ぼす長期的なダメージが拡大するとの見方を示した。

[2022-06-20][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のジョンソン首相は、ウクライナを電撃訪問し、ゼレンスキー大統領と会談した。同首相のウクライナ訪問はロシアの侵攻以来2度目。会談でジョンソン首相は、ウクライナ軍に対する軍事訓練プログラムの提供を申し出たという。

[2022-06-20][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のジョンソン首相は、ウクライナの首都キーウを訪問するなか、ウクライナ軍に「戦争の方程式を変える」ような訓練プログラムを提供すると発表した。120日ごとに最大1万人のウクライナ兵を訓練する支援策を提案したという。

[2022-06-20][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国防省は戦況分析で、ロシア軍部隊内で命令拒否や対立が続いていると指摘した。ウクライナ侵攻を「特別軍事作戦」とする公式な立場に阻まれ、ロシア当局が反対する兵士らに法的圧力をかけるのに苦労しているとの見方を示している。

[2022-06-22][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・スナク英財務相「英中銀(BOE)は力強く行動するだろう」「現在の経済に対し、適切な支援をしていると確信」

[2022-06-24][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイターは、ジョンソン英首相がインタビューで、ロシアによる黒海封鎖でウクライナの穀物輸出が滞留している問題をめぐり、黒海沿岸の地雷除去作業の支援と穀物運搬船への保険提供を検討する意向を示したと報じている。

[2022-06-24][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・時事通信によると、英下院2選挙区での補欠選挙は、24日までの投開票の結果、与党・保守党の候補がいずれも大差で敗北した。求心力低下が指摘されるジョンソン首相にとってさらなる打撃で、政権運営は一段と厳しさを増しそうだ。

[2022-06-27][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英政府は、日本と英国、米国、カナダの各政府はロシア産の金の輸入停止を決めたと発表した。ロシアのウクライナ侵攻に対する追加制裁の一環で、軍事作戦継続に向けた資金調達に打撃を与える狙いがある。金輸入停止にEU加盟国は加わっていないものの、英政府によるとドイツ南部エルマウでのG7サミットで、ジョンソン英首相が他の首脳にも「参加を促す」という。

[2022-06-29][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のスコットランド自治政府のスタージョン首相は、独立の是非を問う住民投票を来年10月19日に実施する計画を明らかにした。近く関連法案を公表し、ジョンソン首相に承認を求める書簡を送るという。

イギリス政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース