イギリス政府関係

イギリス政府関係のイメージ画像

 2020年9月の期間中のイギリス政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2020年9月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2020年9月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-09-01][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英政府による8月の外食割引キャンペーンが一定の成果を上げた。新型コロナウイルス感染症の影響で打撃を受けた飲食店の支援策として導入され、対象日の客数は前年比で大きく増加。英国の実績は、類似の政策「Go To イート」を実施する予定の日本にとって参考になりそうだ。ただ英政府の施策は8月で終了したため、9月からは再び客足が遠のく恐れもある。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

イギリス政府関係による2020年9月 発言・ニュース

[2020-09-01][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英政府による8月の外食割引キャンペーンが一定の成果を上げた。新型コロナウイルス感染症の影響で打撃を受けた飲食店の支援策として導入され、対象日の客数は前年比で大きく増加。英国の実績は、類似の政策「Go To イート」を実施する予定の日本にとって参考になりそうだ。ただ英政府の施策は8月で終了したため、9月からは再び客足が遠のく恐れもある。

[2020-09-02][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・コッフィー英労働・年金相「この時期にスコットランド独立投票の法案が出されたことは驚き」「英全体で人々は仕事に戻りつつある」

[2020-09-02][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・ラーブ英外相「外国への援助費用を防衛や諜報予算に流用するという報道内容は噂話だ」

[2020-09-02][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・ラーブ英外相「外国への援助費用を防衛や諜報予算に流用するという報道内容は噂話だ」

[2020-09-03][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・スナク英財務相「増税のレポートは憶測にすぎない」「新型コロナウィルスは我々の経済に深刻な打撃を受けた」「短期的な優先事項は雇用の創出」

[2020-09-03][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英国のラーブ外相は、対外援助予算の一部を国防や情報活動の支出にまわすことが政府内で検討されているとの報道について、「つまらないうわさ話」と一蹴した。

[2020-09-03][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英国とEUの通商協議でEU側の代表を務めるバルニエ首席交渉官は、参加したイベントで、英国は建設的な姿勢で臨んでいないと批判した。

[2020-09-03][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英国のジョンソン首相は、辞任を表明した安倍晋三首相と電話で会談し、両国が自由貿易協定(FTA)で合意すれば、企業や消費者に確実性をもたらすとの考えを伝えた。英首相官邸が2日、明らかにした。

[2020-09-03][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・スナク英財務相は、自身の優先課題は雇用と回復を支援することだとしたうえで、長期的には英国政府の財政を持続可能にしていく必要があるとの認識を示した。「我々が今年実施した措置を永遠に続けることができないのは、誰もが承知しているだろう」と述べている。

[2020-09-04][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英首相報道官「欧州連合(EU)との貿易協議、EU側はより現実主義となる必要がある」※EUとの合意の可能性は30%から40%という報道についてのコメントはせず

[2020-09-05][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・フロスト英・欧州連合(EU)担当交渉官「我々はEUとは建設的に交渉するが、現実的にEUのスタンスは来週達成できる進捗を制限する可能性がある」「我々は当初から、国の援助や漁業の分野で何を受け入れることができるかを明確にしてきた」

[2020-09-07][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・ラーブ英外相「国庫補助に関して英国の基準をEUに管理させるこわけにはいかない」「漁業におけるEUの立場を受け入れることはできない」「今週のEUとの協議は瀬戸際となるだろう」

[2020-09-07][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・世界の各社が英国と欧州連合(EU)との交渉において、最新記事を発表している。まず、フィナンシャルタイムズ紙は「英国がEUとの通商交渉を破綻させる恐れのある新たな法案を計画している」と報じた。次に、サンデー・タイムズ紙は「英国が通商協議から手を引くことを恐れてはおらず、合意の確率は20%以下」と伝えた。

[2020-09-07][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・ジョンソン英首相「欧州連合(EU)との自由貿易交渉は10月15日までに結論を出す必要がある」「10月15日まで合意に至らない場合、英とEUはそれを受け入れ、前進する必要」

[2020-09-07][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英首相官邸が、EUと通商協定を締結できる可能性が30-40%しかないとの見方を示していると報じている。国家補助金をめぐる交渉が行き詰まっているという。

[2020-09-07][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・ジョンソン首相がEUとの通商交渉のデッドラインを10月15日と定め、それまでに大きな進展がなければ、ハードブレグジットを選択する姿勢を示したと報じている。

[2020-09-07][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・ハンコック英保健相(5月以来の感染者数が最大になったことについて)「政府が新型コロナウィルス危機を制御不能になったわけではない」「(感染者が)上昇しているのは多くは若者」「欧州連合(EU)とはカナダ方式で合意するのが好ましい」

[2020-09-07][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英政府報道官「我々は常に北アイルランドと英国内で最良な行動をする権利を保持する」「我々は退却する選択を考察している」

[2020-09-07][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・ジョンソン英政権が昨年10月に欧州連合(EU)と合意し、今年1月末に発効した国際条約「離脱協定」の主要部分をほごにする法案の提出を検討していることが明らかになった。EUに揺さぶりを掛け、大詰めを迎えた自由貿易協定(FTA)交渉で譲歩を引き出す狙いとみられるが、EUが態度を硬化させる可能性もある。

[2020-09-07][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・ジョンソン英首相「EUとは10月15日までの合意が必要」「EUとの協議では依然として合意が必要が事項がある」

[2020-09-07][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英首相官邸は6日、EUとの自由貿易協定(FTA)など新たな将来関係の構築に向けた交渉について、ジョンソン首相が10月15日のEU首脳会議までの合意を求めると発表した。ジョンソン氏は「同日までに合意できなければFTAを結ばないこと(とする方針)を受け入れ、前に進むべき」とEU側に訴える考えという。

[2020-09-08][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・ジョンソン首相とスナク財務相が、次期総選挙前に個人課税を減税することで合意したと報じている。同紙によると、スナク氏は議員や有権者に対し、新型コロナウイルス対応の景気支援策の財源確保のために、先ずは資金を調達する必要があると訴える見通しだという。

[2020-09-08][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英国政府の法務部長を務めるジョナサン・ジョーンズ氏が辞任をしたと報じている。同紙によるとジョンソン英首相の北アイルランドの対応に対する不満から辞任をしたとしている。

[2020-09-08][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・メイ英前首相「もし英国が国際的な合意を変更したら、他のパートナー国はどうして英国を信用することができるのか」

[2020-09-09][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英国のルイス北アイルランド相は、英政府がEUと結んだ離脱協定の主要部分を無効にする新たな法案を準備しているとの報道について、国際法に違反する可能性はあるが、それは「限定的な条件」でのみとの認識を示した。

[2020-09-09][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・ジョンソン英政権は8日、昨年10月に欧州連合(EU)と合意し、今年1月末に発効した国際条約「離脱協定」の主要部分をほごにしようとする法案について、国際法違反に当たる内容が含まれていると正式に認めた。協定の順守を求めるEUの反発は必至で、大詰めを迎えた英EUの自由貿易協定(FTA)交渉の行方にも影響しそうだ。

[2020-09-09][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英スコットランドとウェールズの選出議員が、英政府が準備している「国内市場法案」について、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドから権限を奪い、英国を弱体化させると批判したと報じている。

[2020-09-09][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・ブラックフォード・スコットランド国民党(SNP)国会代表「(英議会提案の国内市場法案、地方分権に対する)過去数十年で最大の脅威に」「英議会が、スコットランド議会の民主的意思を覆すこと可能にする」

[2020-09-09][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・「英国の『国内市場法案』を受けて欧州連合(EU)は英EU離脱に関する交渉の一時停止を求めない」ようだ。

[2020-09-10][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英政府は、EU離脱協定の一部の無効化につながる法案を提出した。EUは英国が離脱協定の修正を試みれば英国との自由貿易協定(FTA)は実現しないと警告しており、交渉をめぐる混迷が一段と深まった。

[2020-09-10][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英政府は、TPPへの加盟をめぐり、自国の貿易担当幹部が、日本など参加11ヵ国の首席交渉官と初めて協議したと発表した。「加盟に向けた過程における重要な一歩」と表明。準備協議との位置付けで、英国がTPPへの参加を決断すれば、加盟に向けた正式な交渉に入るとしている。

[2020-09-10][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・イギリスのジョンソン政権は、EU=ヨーロッパ連合との間ですでに合意している離脱協定の一部をほごにする内容を含む法案を提出し、EUは国際法違反にあたるなどとして強く反発している。

[2020-09-10][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・ジョンソン英政権が提出した「国内市場法案(U.K. internal-market bill)」への警戒感から、ポンドドルは1.2983ドル、ポンド円は137.88円までじり安に推移。

[2020-09-10][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英首相報道官「我々はEUと引き続き解決の道を探ることを模索している」「英国がなぜセーフティーネットを導入しようとしているか、他国にも理解してもらうことを期待している」「(国内市場法案)法案は可決すると思っている」

[2020-09-10][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英首相報道官が「(国内市場)法案は可決すると思っている」との発言が伝わったこともあり、英EU間の交渉が決裂する可能性が徐々に高まるとの予測もありポンドが売られている。

[2020-09-10][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英国と欧州連合(EU)の将来関係を巡る交渉で「EUは英国内市場法案に関しての問題を解決できなかった」ようだ。

[2020-09-11][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英・EUの通商協議への不透明感で、ポンドの軟調な動きが継続。ポンドドルは1.2836ドルまで7月27日以来の安値を更新し、ポンド円は7月以来の安値となる136.28円まで下押した。また、ユーロポンドは3月25日以来のポンド安水準となる0.9254ポンドまで上昇している。

[2020-09-11][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英国がEU離脱合意で定められた条件に違反した場合、EUは英国に対して貿易戦争を開始する恐れがある、と報じている。この文書は加盟国の指導部にすでに回覧されているという。

[2020-09-11][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英国立統計局(ONS)が発表した7月の国内総生産(GDP)は前月比6.6%増加した。新型コロナウイルス関連の規制がさらに緩和され、パブやバー、レストランの営業が再開したことが寄与した。ロイターがまとめたエコノミストの予想は6.7%増だった。

[2020-09-11][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英国のジョンソン政権が欧州連合(EU)との間で発効済みのEU離脱協定の一部を修正する国内法案を英議会に提出したことに、国内外から批判が殺到している。国際約束である協定を書き換える動きに、当事者のEUは法的措置も辞さない姿勢を強調する。米民主党首脳は米英自由貿易協定(FTA)の締結を拒否する意向も示した。

[2020-09-11][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英首相報道官「我々は北アイルランドが英国の関税領域だということを明らかにした」」「欧州連合(EU)とは引き続き誠実に交渉を続ける。合意に達することを信じている」

[2020-09-11][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英首相報道官「産業界は合意してもしなくても、EUの単一市場と関税同盟から離脱することに準備するべきだ」

[2020-09-11][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英政府が今週、欧州連合(EU)離脱協定を骨抜きにする法案を発表したことを受け、モルガン・スタンレーは、英国とEUの移行期間後の通商関係が、特別な協定を結ばず世界貿易機関(WTO)ルールに則ったものになる「WTO型」になる確率を25%から40%に引き上げた。

[2020-09-14][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・ジョンソン英首相は自身のツイッターで、日英貿易交渉の大筋合意について、「我々は通商政策の主権を取り戻した。EUの外で貿易立国として繁栄し続けるだろう」と歓迎した。

[2020-09-14][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英国がEU離脱協定の一部修正に固執するなか、EU内では「合意なし」も辞さないとして対英強硬論が強まっていると報じている。

[2020-09-14][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・ジョンソン英首相の寄稿文を掲載、そのなかでEUが英国のEU離脱に絡み「英国の経済・領土の一体性を破壊すると脅している」と主張したと報じている。また、「英国を惨事から守る必要がある」とも強調し、1月末に発効した国際条約「離脱協定」の主要部分をほごにしようとする法案を議会提出したことを正当化したという。

[2020-09-14][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・バックランド英司法相が、英国のEU離脱にともなって1月末に発効した国際条約「離脱協定」の主要部分をほごにしようとする英政府の法案について、国際法に違反する事態となるのは「まだ先の話だ」とし、それまでにEUとの対話を通じて「問題点を解決する」ことを期待していると述べた、と報じている。

[2020-09-15][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・トラス英国際貿易相「来年にはTPP11に正式な申請をしたいと考えている」

[2020-09-15][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・ジョンソン英首相「EUとの合意を望むが、EUは英国に対して並外れた脅威をもたらした」「幾つかのEUの要求は不合理」

[2020-09-15][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・ジョンソン英首相「国境が外国勢力によって支配されるのは受け入れられない」「我々は代替案を考える必要がある」

[2020-09-15][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英下院は、今年1月末のEU離脱にともなって発効した国際条約「離脱協定」の一部ほごに向けて政府が提出した法案の審議を開始した。法案の基本方針への賛否を問う第一関門の採決が14日中に行われる予定だ。

[2020-09-15][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英議会では、労働党が提出したジョンソン英首相がかかげる「国内市場法案」を修正する法案が、349対213で否決された。これで「国内市場法案」が議会で採決されるようになり、ジョンソン首相にとって可決に向けて最初の一歩が進んだことになった。

[2020-09-15][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英下院は、今年1月末のEU離脱にともなって発効した国際条約「離脱協定」の一部ほごに向けて政府が提出した法案の審議を開始した。法案の基本方針への賛否を問う第一関門の採決が14日中に行われる予定だ。

[2020-09-15][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英下院は14日、欧州連合(EU)離脱協定の一部を無効化する「国内市場法案」の基本方針を巡り採決を行い、賛成340、反対263の賛成多数で支持した。

[2020-09-15][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英政府による「国内市場法案」で混迷を深める欧州連合(EU)離脱後の自由貿易協定(FTA)交渉の行方や、同法案をめぐる英政府・政権や連邦内の混乱を懸念したポンドや、ユーロクロスの動向を注視する展開となるだろう。

[2020-09-15][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英国の8月失業率は7.6%となった。7月は7.5%。

[2020-09-15][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英国の8月失業者数(失業保険申請件数)は7万3700人増加となった。7月は9万4400人増加。

[2020-09-15][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英国の7月ILO失業率(国際労働機関失業率)は4.1%となった。予想は4.1%。

[2020-09-15][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英国とEUの自由貿易協定(FTA)交渉が決裂するリスクに、欧州の産業界が警戒を強めている。合意できなければ通商の混乱は避けられず、新型コロナウイルスの影響が大きかった欧州経済に追い打ちとなる。金融市場も波乱リスクに身構え始めた。欧州の労働人口の15人に1人が携わる自動車産業も警告を発した。

[2020-09-16][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・スナク英財務相「とても厳しい交渉だが、EUとの通商合意を望む」「国内市場法案はEUと合意に至らなかった場合の必要な政策」

[2020-09-16][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英政府「商業テナントの立ち退きリスクを20年末まで保護する」

[2020-09-17][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・ジョンソン英首相「EUは北アイルランドについて誠実に交渉していない」「国内市場法案はEUの不誠実から守るものである」「合意なしなら、EUに対して恐ろしい関税をかけると警告するだろう」

[2020-09-17][NP     HDP -1.1 CHDP -0.2 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・英国のラーブ外相は訪問先のワシントンで、ロシアの反体制指導者ナワリヌイ氏に対する襲撃について、ロシアの情報機関が旧ソ連時代に開発された神経剤「ノビチョク」を使用したことにほぼ疑いがないため、ロシアに説明責任があるとの見解を示した。

イギリス政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース