イギリス政府関係

イギリス政府関係のイメージ画像

 2021年10月の期間中のイギリス政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2021年10月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2021年10月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-10-01][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、英国でトラック運転手の不足に伴う混乱が続いている。30日時点で2000カ所を超えるガソリンスタンドはなお手持ちの在庫がなく、薬局への医薬品配送も滞るありさまだ。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

イギリス政府関係による2021年10月 発言・ニュース

[2021-10-01][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、英国でトラック運転手の不足に伴う混乱が続いている。30日時点で2000カ所を超えるガソリンスタンドはなお手持ちの在庫がなく、薬局への医薬品配送も滞るありさまだ。

[2021-10-01][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、英国では1日から多くの世帯で電気・ガス料金が引き上げられる。多くの世帯が利用するプランの上限価格が約12-13%引き上げられることが理由。背景には天然ガスの国際価格急騰がある。ガス電力市場監督局(Ofgem)は、今回の上限引き上げについて、今年のエネルギー価格上昇を反映したものだと説明。ここ数週間の「前例のない」天然ガス国際価格の上昇で供給業者の財務が圧迫されていると指摘した。英国では記録的な価格上昇を受けて、多くの中小供給業者が破綻している。

[2021-10-01][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、英国では1日から多くの世帯で電気・ガス料金が引き上げられる。多くの世帯が利用するプランの上限価格が約12-13%引き上げられることが理由。背景には天然ガスの国際価格急騰がある。

[2021-10-02][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相「北アイルランド議定書は基本的には有効」「議定書の将来については、修正するか、または捨てるか」

[2021-10-04][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・日経新聞は、英政府が温暖化ガスの削減に向けた施策として、ガス料金に上乗せする環境課税の強化を検討していることが明らかになった、と報じている。代わりに電気料金への賦課金の水準を下げ、再生可能エネルギーでつくられる電力への消費者の移行を促すねらいがあるという。天然ガス価格の高騰をきっかけにエネルギー全般が値上がりに直面するなか、物議を醸す可能性がある。

[2021-10-04][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・トラス英外相は、米国との貿易協定について、あらゆる通商合意の中で「もっとも重要」というわけではないとの認識を示した。「英国との取引を望んでいる国は多い。交渉中の貿易協定も数多くある」と述べている。

[2021-10-04][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・フロスト英・欧州連合(EU)担当交渉官「北アイルランド議定書に置き換わる提案を作成」「北アイルランド議定書についいて、永遠に待つことはできない」

[2021-10-04][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・スナク英財務相「労働市場は信じられないほど強い」「国民が仕事を見つけることをサポートするあらゆるものを投入する」「高賃金経済への移行が目標」「サプライチェーン問題を修正しようと業界と協力」

[2021-10-04][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・スナク英財務相「インフレ高は賃金に浸透していない」

[2021-10-04][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・フロスト英・欧州連合(EU)担当交渉官「北アイルランド議定書は機能しておらず、変更が必要」「協定は我々が懸念していたよりも早く崩壊し始めているが、問題はまだ解決できる」

[2021-10-04][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・フロスト英・欧州連合(EU)担当交渉官「EUに新たな提案をするつもりだが、必要な回答が得られるか不透明」「合意された解決策がなければ、議定書第16条を使って行動する必要がある」

[2021-10-04][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・香港政府の陳茂波・財政司司長(財務長官)はこのほど、香港の銀行が抱える中国恒大集団(03333)に対するリスク・エクスポージャーは非常に小さく、銀行の連結資産の0.05%である約140億HKドル程度にすぎず、財政の安定に影響を与えないとの見解を示した。『AAストックス』が香港英字紙『サウスチャイナ・モーニング・ポスト』の報道を引用して4日伝えた。

[2021-10-05][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相「(供給危機について)需要が要因で、供給危機ではない」「労働ひっ迫は、経済の強まりの兆候」

[2021-10-05][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、ジョンソン英首相は5日、国内経済が1970年代のようなインフレスパイラルに向かっているとの見方を否定したほか、企業は数十年にわたる安価な労働力の輸入に対する依存を払拭すべきだと述べた。欧州連合(EU)離脱に伴う労働力不足が世界的な新型コロナウイルス危機によって悪化する中、燃料などあらゆるモノを巡ってサプライチェーンが混乱しており、成長が阻害されるとの懸念が強まっている。首相はBBCラジオとのインタビューで、英国は危機に陥っているかと問われ、「ノー」と回答。国内外で幅広く起きているのはサプライチェーンの制約だとした。

[2021-10-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のスナク財務相は、インフレ率を押し上げる圧力のほとんどは一過性のものである可能性が高いと述べた。イベントで「現在見られている圧力のほとんどが実際は一過性であるというのが作業仮説だ」と指摘している。

[2021-10-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相は、国内経済が1970年代のようなインフレスパイラルに向かっているとの見方を否定したほか、企業は数十年にわたる安価な労働力の輸入に対する依存を払拭すべきだと述べた。

[2021-10-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、英国の物価上昇見通しが金融市場で一段と強まり、今後10年で英インフレ率が4%を超えるとの見方が取引に織り込まれた。いわゆる10年物のブレークイーブンレートは6日の取引で一時5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し4.03%と、2008年以来の高水準を記録した。消費者物価高を加速させる恐れのあるエネルギーコスト上昇が、ブレークイーブンレートを押し上げた。

[2021-10-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相「英国経済の長期的な構造的弱点に対処する」「英国は高賃金、高い技術力、低税率の経済になる」「地域間の不平等がこの国を後退させている」

[2021-10-07][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相は保守党大会で演説し、米国、豪州との安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」を創設した理由について「誰かを脅したり、敵対したりしたいわけではなく、航行の自由と自由貿易に欠かせない法の支配を守りたいからだ」と説明した。オーカスに対しては中国やフランスが反発しているほか、英最大野党・労働党からも批判が上がっている。

[2021-10-11][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ソーンダーズ英金融政策委員会(MPC)委員は英テレグラフ紙とのインタビューで「市場が従来想定よりも早期利上げを織り込んだことは適切」と述べた。同委員は前回の金融政策決定会合で債券買い入れ額の据え置きに反対した一人。

[2021-10-11][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ローマ教皇フランシスコは、英国で今月末から開かれる国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)への対面での出席を見送ることを決めた。教皇は7月に結腸の手術を受け約10日間入院しており、健康面に配慮したとみられている。

[2021-10-11][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・コベニー・アイルランド外相(北アイルランド議定書の変更について)「欧州連合(EU)は妥協案を提出しているが、これ以上妥協できないというポイントに非常に近い」「EUによる妥協案を提出しているので、却下された場合は非常に深刻」

[2021-10-12][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英BBCは、北朝鮮の偵察総局を含む情報機関の幹部として長年働き、2014年に韓国に亡命した脱北者がインタビューに応じ、過去に北朝鮮から派遣された工作員が韓国大統領府で勤務するなど韓国社会に浸透し「活躍」していると証言したと報じている。

[2021-10-12][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、英国の9月の被雇用者数は、政府の賃金補助終了を目前に控え、前月から20万7000人増加し、過去最大となった。英国立統計局(ONS)が発表した6-8月の失業率は4.5%。ロイターがまとめた市場予想も4.5%、5-7月は4.6%だった。政府の賃金補助措置は9月末で終了。イングランド銀行(英中銀)は、補助措置終了後の失業者数に注目している。

[2021-10-12][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英下院の保健社会福祉委員会と科学技術委員会は、政府の新型コロナウイルス対応を検証した報告書を発表した。昨年の春頃に感染が広がり始めた際にロックダウンを迅速に導入せず、対処が遅れたことが欧州最悪水準の死者を出すことにつながったと厳しく批判している。

[2021-10-13][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のスナク財務相は、サプライチェーン(供給網)混乱への対応に向けてG7による一段と緊密な連携を呼び掛けた。

[2021-10-13][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、英国のスナク財務相は13日、サプライチェーン(供給網)混乱への対応に向けて主要7カ国(G7)による一段と緊密な連携を呼び掛けた。

[2021-10-18][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・フロスト英首席交渉官「先週の欧州連合(EU)との協議は建設的だった」

[2021-10-18][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国の短期金融市場が、英中銀利上げ予測引き上げの流れとなっており、12月に金利0.5%を織り込む動きとなっている。

[2021-10-19][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、英国で新型コロナウイルス感染が再拡大している。1日当たりの新規感染者数は18日に4万9156人と、コロナ規制が全面的に解除される数日前に当たる7月17日以来の最多を記録した。

[2021-10-19][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグは、ジョンソン英首相が、国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)の開幕に先立ちインタビューに応じ、COP26での協議が「非常に厳しい」ものになるとの見通しを明らかにしたと報じている。

[2021-10-20][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英政府は、2050年までに温室効果ガス排出量の実質ゼロの実現に向けた新戦略を発表した。35年までに電力供給システムの脱炭素化を目指す計画で、従来の目標から15年前倒しした。再生可能エネルギーへの移行などに関連して30年までに最大900億ポンドの民間投資を促し、雇用創出を狙う。

[2021-10-20][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、ジョンソン英首相は、新型コロナウイルスの感染拡大と国家医療制度(NHS)への負荷で今年は厳しい冬になると警戒している。政府は新型コロナ関連のデータ内容が悪化していることを認めた。

[2021-10-20][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、英国立統計局(ONS)が20日発表した9月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比3.1%上昇と、8月の3.2%上昇から伸びが鈍化した。ロイターがまとめた市場予想は3.2%だった。ただ、鈍化は一時的とみられ、イングランド銀行(英中央銀行)は早ければ来月にも利上げを実施する可能性がある。

[2021-10-20][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、ブルームバーグ・エコノミクスはイングランド銀行(英中央銀行)が12月に利上げを開始すると予想している。これは従来の想定よりも5カ月早い。ただ、利上げ決定が全会一致となる可能性は低そうだ。ベイリー総裁はインフレ警鐘で早期利上げを示唆したが、金融政策委員会(MPC)のマン、テンレイロ両委員は利上げを急がない姿勢を示している。

[2021-10-21][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のクワーテング民間企業相は、新型コロナウイルス感染が再拡大し、ジョンソン首相も厳しい冬になると警戒する姿勢を示しているなかでも、ロックダウン(都市封鎖)措置の再導入はないと言明した。新規感染者数は高止まりしているが、ワクチン接種計画が成功しているおかげで入院患者数や死者数は年初と比べてずっと少ないと指摘している。

[2021-10-21][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英政府は、交渉中だったNZとの自由貿易協定(FTA)で合意に至ったと発表した。英国にとっては6月に合意した豪州に続き、EU離脱前にFTAを結んでいなかった国との新しい協定となる。NZはTPP加盟国で、英国が進めるTPP交渉にも追い風になりそうだ。

[2021-10-21][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英政府は、同国のグラスゴーで開催する第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)の日程を発表し、11月1-2日に各国首脳らが参加する「ワールド・リーダーズ・サミット」を開くと明らかにした。英政府によると、現段階で120人以上の各国の指導者が参加するという。

[2021-10-22][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・時事通信によると、英国で新型コロナウイルスの感染が再び拡大している。21日の新規感染者は7月半ば以降で初めて5万人を超え、死者や入院患者も増加傾向が続く。最近特定された新たな変異株が感染を押し上げているとの見方もあり、警戒が強まっている。ジャビド保健相は20日の記者会見で、感染拡大の事態に強い懸念を示し、1日当たりの新規感染者が近く10万人に達する恐れがあると警告。

[2021-10-25][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のジョンソン首相は、新型コロナウイルス感染が英国で再拡大し、政府諮問委員会が早期の対応を呼び掛けるなか、抑制に向けたロックダウン措置の実施は検討しない姿勢を示した。

[2021-10-25][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、英国政府が英領北アイルランドを巡る取り決めを守らない場合、欧州連合(EU)は同国との通商協定の破棄を検討する可能性がある。事情に詳しい関係者が明らかにした。

[2021-10-25][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・イングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会のテンレイロ委員「サプライチェーンの混乱は一時的」

[2021-10-26][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、イングランド銀行(英中央銀行)は利上げを待つべきだと、金融政策委員会(MPC)のテンレイロ委員が主張した。インフレ圧力は後退する公算が大きいとの見方からだ。

[2021-10-26][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・時事通信によると、英政府は25日、全国の最低賃金を従来の時給8.91ポンド(約1394円)から9.5ポンド(約1487円)に引き上げると発表した。上げ幅は6.6%となる。来年4月から実施する。スナク財務相は声明で「この政権は働く人々の味方だ。今回の賃上げで仕事に見合った報酬が得られるようになる」と述べた。27日の議会演説で正式に表明する。最低賃金は23歳以上の労働者が対象。

[2021-10-26][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相は、今月末に英北部グラスゴーで開幕する国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)について「うまくいかないかもしれない」と述べ、期待された成果に届かない可能性を示唆した。英国はCOP26の議長国を務める。

[2021-10-26][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英首相府は、ジョンソン首相がロシアのプーチン大統領と電話会談し、ロシアが温室効果ガスの排出量を実質ゼロ(ネットゼロ)にする目標期限を10年前倒しして2050年にするよう求めたことを明らかにした。

イギリス政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース