イギリス政府関係

イギリス政府関係のイメージ画像

 2022年8月の期間中のイギリス政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2022年8月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2022年8月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-08-02][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英紙ガーディアンは、英下院外交委員会の代表団が、おそらく今年11月か12月初旬に台湾を訪問する計画だと報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

イギリス政府関係による2022年8月 発言・ニュース

[2022-08-02][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英紙ガーディアンは、英下院外交委員会の代表団が、おそらく今年11月か12月初旬に台湾を訪問する計画だと報じている。

[2022-08-02][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、英石油大手BPが発表した第2・四半期決算は過去14年間で最高の84億5000万ドルの利益を計上した。精製マージンと石油取引が好調だった。同社は増配と自社株買いの拡大を発表した。1株配当は10%引き上げ6.006セントとする。従来のガイダンスは年4%の増配だった。第3・四半期の自社株買いは35億ドルに引き上げる。上期の自社株買いは41億ドル。

[2022-08-03][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英紙テレグラフは、ジョンソン英首相の後任を決める与党保守党の党首選で、情報当局の政府通信本部(GCHQ)がサイバー攻撃によって投票内容が改ざんされる恐れがあると警告したことを受け、決選投票の日程に遅れが生じたと報じている。保守党は警告を受けて、党員が投票期間中に投票内容を変更することを認めるという当初方針を撤回せざるを得なくなったという。

[2022-08-04][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・時事通信によると、ジョンソン英首相の後継を決める与党保守党党首選の決選投票で、トラス外相が党員の間で対立候補のスナク前財務相を大幅に上回る人気を集めていることが、最近の二つの調査で明らかになった。トラス氏が次期首相の座に向けてリードを固めつつあるもようだ。

[2022-08-08][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・AFP通信は、英国とフランス、ドイツの欧州3ヵ国が、ウィーンで行われているイランと米国などによる核合意再建交渉をめぐって声明を出し、イランに対し「可能なうちに交渉を妥結するか決断しなければならない」と迫ったと報じている。

[2022-08-09][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英BBCは、ウクライナ原子力発電公社エネルゴアトムのトップ、コティン氏が、ロシア軍がウクライナの陣地に攻撃を仕掛けるために欧州最大のザポリッジャ原発を軍事基地に転用していると述べたと報じている。

[2022-08-10][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英紙フィナンシャル・タイムズは、英国でサル痘予防向けワクチンが2-3週間以内に底を尽く見通しだと報じている。現時点で残っているワクチンは8300回分強程度。英保健安全保障庁の内部書簡によると、10万回分のワクチンの新規入荷は9月終盤まで行われないという。

[2022-08-11][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・共同通信によると、英保健当局は10日、ポリオウイルスが首都ロンドンの一部市民の間で拡散している可能性が高いとして、ロンドン在住の1~9歳の全ての子どもを対象にワクチン接種を緊急に進めると発表した。ロンドン各地で2月以降、下水からウイルスが複数回検出されていた。ポリオ(小児まひ)の発症は確認されていない。

[2022-08-12][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・日本経済新聞によると、英統計局が12日発表した2022年4~6月期の英国の実質国内総生産(GDP)速報値は前期比0.1%減、年率換算で0.3%減だった。マイナス成長は新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)で経済活動が停滞した21年1~3月期以来、5四半期ぶり。物価高が個人消費を冷やして年後半にも景気後退に入る懸念が強まっている。

[2022-08-12][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・共同通信によると、ウォレス英国防相は11日、ウクライナ侵攻を続けるロシアについて、(全土の)占領は困難で侵攻は南部と東部に絞られてきたと指摘し、攻勢は頓挫して「負け始めている」と強調した。英メディアが報じた。

[2022-08-12][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・共同通信によると、英政府は12日、熱波と少雨に伴う水不足からイングランドの一部地域に「干ばつ」を宣言した。英気象庁によると、イングランドでは7月の降水量が1935年以来最も少なく、河川の水位が低下。英メディアによると、76年以降で最も乾燥した上半期となった地域もあった。

[2022-08-15][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英軍情報当局は、ウクライナの戦況について、ロシアが過去1週間に南部の作戦を強化するため部隊の再編成を優先したとの見方を示した。

[2022-08-16][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国の7月失業率は3.9%となった。6月は3.9%。英国の7月失業者数(失業保険申請件数)は1万600人減少となった。6月は-2万人減少。英国の6月ILO失業率(国際労働機関失業率)は3.8%となった。予想は3.8%。

イギリス政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース