イギリス政府関係

イギリス政府関係のイメージ画像

 2022年1月の期間中のイギリス政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2022年1月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2022年1月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-01-03][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英外務省は、米英と豪州、カナダ、が12月31日、ロシア最高裁がロシアの人権団体「メモリアル」に解散を命じる決定を出したことについて「不当な決定」としてロシアを非難する共同声明を出したことを明らかにした。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

イギリス政府関係による2022年1月 発言・ニュース

[2022-01-03][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英外務省は、米英と豪州、カナダ、が12月31日、ロシア最高裁がロシアの人権団体「メモリアル」に解散を命じる決定を出したことについて「不当な決定」としてロシアを非難する共同声明を出したことを明らかにした。

[2022-01-03][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・共同通信によると、英国で医師や看護師らの新型コロナウイルスへの感染が急増し、医療現場に支障が出始めた。2日付サンデー・タイムズ紙によると、病欠などによる欠勤者が一時、全体の1割に上り、救急患者が40時間待たされる事態も発生。政府は病院や学校などの公共機関に、欠勤者が全体の25%に上る「最悪のシナリオ」に備え、緊急時の対応策を求めた。

[2022-01-04][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・報道によると、ジョンソン英首相は1月3日、「新型コロナウイルスのオミクロン変異株の病原性はこれまでの変異株よりも明らかに穏やか」との理由で、英国で新たな抑制策を導入する必要はないと伝えた。

[2022-01-04][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のジョンソン首相は、新型コロナウイルスのオミクロン変異株の病原性はこれまでの変異株よりも「明らかに穏やか」との考えを示し、英国で新たな抑制策を導入する必要はないと述べた。

[2022-01-04][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、スループ英ワクチン担当相は4日、新型コロナウイルスに感染して入院している患者は「総じてこれまでより症状が軽い」と述べ、現時点では新たな制限を導入する必要はないとの見解を示した。スループ氏はスカイ・ニュースに対し、ジョンソン首相が12月に導入した感染対策「プランB」が奏功したと述べた。「入院している人の数は1年前の約半分だ。これはワクチンの力を示している」と語った。

[2022-01-04][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・新型コロナ巡り、英国のジョンソン首相は規制強化することが必要なデータは見られないと言及。

[2022-01-05][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相「ロックダウンなしにオミクロンを乗り越えるチャンスがある」「必要不可欠な職に従事している労働者に対しコロナ検査キットを配布」

[2022-01-05][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のジョンソン首相は、新型コロナウイルスのオミクロン変異株による感染の急拡大が続くなかでも、首都ロンドンがあるイングランドで抑制に向けた追加策を導入しなくても乗り切れるとの認識を示した。ただ、ジョンソン首相は感染が急拡大していることで、向こう数週間は病院がかなりの圧力にさらされる恐れがあるとの警戒感は示している。

[2022-01-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相「経済封鎖する必要なし」

[2022-01-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・報道によると、ジョンソン英首相は1月5日、議会で「インフレに対し常に注意を払う必要がある」との見方を伝えた。

[2022-01-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相は議会で、新型コロナ流行にともなう渡航規制を緩和する方針も表明した。イングランド到着前に検査を受ける必要はなくなるほか、到着後はPCR検査と検査結果を待つ間の自主隔離義務を解除し、簡易検査を義務付ける方針とする。7日午前4時から施行されるという。

[2022-01-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相は議会で、「インフレに対し常に注意を払う必要がある」としたうえで、「この非常に厳しい時期に国民を支援するため、我々が確実にバランスの取れたアプローチを講じることがもっとも重要」と言明した。

[2022-01-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、ジョンソン英首相は5日、議会で「インフレに対し常に注意を払う必要がある」とした上で、「この非常に厳しい時期に国民を支援するため、われわれが確実にバランスの取れたアプローチを講じることが最も重要」と言明した。

[2022-01-07][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相は記者団に対し、ワクチン接種をためらっている人々を説得したいが、誤った情報を広める人々によって、説得が難しくなっていると指摘。しかし、新型コロナウイルスワクチン接種を義務化することはないと述べた。

[2022-01-11][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のジョンソン首相は、政府が新型コロナウイルス検査で陽性となった場合の自主隔離期間を7日間から5日間に短縮することを検討していると明らかにした。イングランドでは新規感染者と入院者が減少し始めている「初期兆候」が見られると指摘している。

[2022-01-11][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英ITVテレビは、英国で新型コロナウイルス対策のため厳しいロックダウンが実施されていた2020年5月、首相官邸の庭で「飲み物持ち寄り」の集まりが開かれ、100人近くが招待されていたことが明らかになったと報じている。ジョンソン首相と婚約者のキャリーさん(現夫人)も集まりに参加していたという証言もあるが、首相は明言を避けているという。

[2022-01-12][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグは、ジョンソン英首相が野党からの辞任要求に直面していると報じている。新型コロナウイルス禍で行動制限措置が導入されていた2020年に、首相官邸でパーティーを開いていたとされる問題をめぐり、当局者らが警察と話をしていることを官邸側が確認したためだという。たとえば、野党労働党のレイナー議員はテレビで放映された代表取材で、「ジョンソン氏は辞任するべきだと考える」と発言。「ウソや偽り、自身の規則を自ら破ることによって英国民の信頼を失った」とも述べている。

[2022-01-13][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のジョンソン首相は、新型コロナウイルス対策として実施された2020年のロックダウン中に首相官邸で開かれたパーティーに参加したことを認め、「心から謝罪する」と表明した。これに対し、最大野党・労働党のスターマー党首は、国民はジョンソン首相がウソをついていると感じているとし、「パーティーは終わった」と述べ、ジョンソン首相は辞任すべきと主張している。

[2022-01-13][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・日本経済新聞によると、英国で新型コロナウイルスのまん延に伴う最初のロックダウン(都市封鎖)の最中だった2020年5月、首相官邸の庭でパーティーが開かれていたことが判明した問題で、野党がジョンソン首相への辞任要求を強めている。ジョンソン氏はパーティーを「業務上の会合」と認識していたと釈明するが、与党の一部も辞任を求め始めた。

[2022-01-14][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国、コロナ隔離期間を従来の7日から5日に削減

[2022-01-14][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英政府は、インドとの自由貿易協定(FTA)締結に向けた交渉を開始したと発表した。関税の撤廃や削減を通じ、自動車やスコッチウイスキーなどの輸出を拡大したい考えで、年内の交渉妥結を目指している。

[2022-01-17][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英紙デーリー・テレグラフ版は、新型コロナウイルスの流行で厳しい行動規制下にあった2021年4月、英首相官邸の職員らが飲酒やダンスを伴うパーティーを官邸で開いていたとする新たな疑惑を報じた。ジョンソン首相は参加していなかったという。

[2022-01-17][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英紙テレグラフは、英政府が新型コロナウイルス感染者に自己隔離を義務付ける規制を解除する計画だと報じている。ジョンソン首相はコロナ新規感染者が減少傾向にあることを受け、コロナ対応緊急措置に関する法律の恒久的な撤廃を望んでいるという。公式な指針は残すが、守らなくても罰金などの罰則を科されることはない。

[2022-01-17][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・共同通信によると、英国で新型コロナウイルスの感染が頭打ちの様相となった。政府は新変異株のオミクロン株流行に伴う年末年始の感染急増時も規制強化を避け、ウイルスとの共生路線を貫いた。1日当たりの感染者は1月上旬の20万人前後を境に、最近は10万人以下の日が続く。入院者数が減少に転じるのも間近との見方が出ている。英統計局は、感染やワクチン接種で成人の95%強が既に抗体を得たと推計。ロンドン大衛生熱帯医学大学院のヘイマン教授(感染症学)は講演で、英国は「パンデミックからの脱却」に最も近い国の一つと予測した。

イギリス政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース