イギリス政府関係

イギリス政府関係のイメージ画像

 2021年6月の期間中のイギリス政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2021年6月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2021年6月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-06-02][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英政府の医療諮問グループのメンバーであるケンブリッジ大学のラビンドラ・グプタ教授は5月31日、公共放送BBCのラジオ番組で、英国は既に新型コロナウイルスの感染第3波の初期段階にある、という見方を示した。NNAが引用して伝えた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

イギリス政府関係による2021年6月 発言・ニュース

[2021-06-02][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英政府の医療諮問グループのメンバーであるケンブリッジ大学のラビンドラ・グプタ教授は5月31日、公共放送BBCのラジオ番組で、英国は既に新型コロナウイルスの感染第3波の初期段階にある、という見方を示した。NNAが引用して伝えた。

[2021-06-02][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・トラス英国際貿易相「数週間以内に環太平洋経済連携協定(TPP)への加入計画を議会に提出する方針」

[2021-06-02][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相「海外旅行には依然として慎重になるべき」「6月21日の規制緩和を遅らせるデータは何も出ていない」

[2021-06-02][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相「ロックダウンの緩和は非常に慎重にならなければならない」「海外旅行への規制強化は躊躇しない」

[2021-06-03][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のジョンソン首相は、新型コロナウイルス変異株の急速な拡大を受け、抑制措置の完全解除に慎重に対応する姿勢を示した。

[2021-06-04][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国は、エジプトとスリランカを含む7ヵ国を新型コロナウイルスの水際対策の「レッドリスト」に追加した。これらの国から帰国する際、宿泊施設で一定期間の自主隔離が求められる。レッドリストに追加したのはほかに、アフガニスタン、バーレーン、コスタリカ、スーダン、トリニダード・トバゴ。

[2021-06-04][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英イングランド公衆衛生局は、インドで見つかった新型コロナウイルス変異株(デルタ株)は、英国で見つかった変異株(アルファ株)よりも、感染した場合に重症化し入院が必要になるリスクが高い可能性があるとの見方を示した。

[2021-06-04][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、ジェンリック英住宅相は4日、主要7カ国(G7)会合を対面方式で開催するのは正しいことだとした上で、新型コロナウイルスの感染対策はしっかりと講じると強調した。タイムズ・ラジオで述べた。「参加者が定期的に検査を受けるなど、適切な予防措置が取られる。各国の指導者が集まって、課題を議論することは重要」とした。

[2021-06-04][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ドナフー・アイルランド財務相「国内の経済回復は第2四半期に始まった、下半期はさらに加速するだろう」

[2021-06-07][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のハンコック保健相は、新型コロナウイルスワクチンについて他国に提供するよりも英国内の子どもたちへのワクチン接種を優先すべきとの認識を示した。そのうえで「英国内でワクチンが余ったうえ必要がなくなれば、他国にも提供するが、現時点で余りはない」としている。

[2021-06-07][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英首相官邸は、G7議長国を務める同国のジョンソン首相が11日開幕の首脳会議で、来年末までに新型コロナウイルスのワクチンを全世界で接種可能にするとの目標を提案することを明らかにした。

[2021-06-07][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英ロンドンで開かれていたG7財務相会合は、共同声明を採択して閉幕した。各国共通の最低法人税率について少なくとも15%とする方針で合意。また、米国の巨大ITなど多国籍企業に対する国際課税ルールを強化する方針を示している。さらに、企業の物理的な拠点がない国でもサービスの利用者がいれば適切に課税できる「デジタル課税」の導入でも一致した。

[2021-06-07][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英ロンドンで開かれていたG7財務相会合は、共同声明を採択して閉幕した。各国共通の最低法人税率について少なくとも15%とする方針で合意。また、米国の巨大ITなど多国籍企業に対する国際課税ルールを強化する方針を示している。さらに、企業の物理的な拠点がない国でもサービスの利用者がいれば適切に課税できる「デジタル課税」の導入でも一致した。

[2021-06-08][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、ジョンソン英首相は途上国の脱炭素経済への移行を支援する気候版「マーシャルプラン」について、主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)で合意したい考えだ。英紙タイムズが8日報じた。報道によると、ジョンソン氏はアフリカと一部アジアでの大規模な再生可能エネルギー計画について、米国による戦後の欧州復興援助計画であるマーシャルプランのような形でG7が支援することを望んでいる。しかし英財務省は秋季財政報告の前に新たな資金拠出を行うことに抵抗しているという。

[2021-06-08][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・日本経済新聞によると、英国と欧州連合(EU)が周辺海域での漁獲量について大筋合意した。英国のEU離脱に伴って互いの漁業に関する取り決めが変わり、英国とEU加盟国のフランス間で対立が先鋭化していた。ただ双方の漁業関係者には不満がくすぶっており、対立が再燃するおそれがある。

[2021-06-09][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英紙フィナンシャルタイムズ(FT)は、英国のスナク財務相が、各国共通の最低法人税率を15%以上とするG7案について、ロンドンの金融街シティーを適用除外とするよう求めていると報じている。スナク氏はロンドンで開かれたG7財務相会合でこの問題を提起したという。

[2021-06-10][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国とEUは、英領北アイルランドの通商問題で解決策を見いだせず、双方が強硬策を示唆するなど応酬を繰り広げた。英国が昨年にEUを離脱して以降、英EU関係はさらに悪化。離脱協定の一部である北アイルランド議定書の履行に不誠実だと批判し合っている。

[2021-06-10][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英政府は、バイデン米大統領とジョンソン英首相が「可能な限り早期に」両国間の渡航を解禁するために取り組むことで合意する見通しだと声明で明らかにした。

[2021-06-11][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国政府は、11日に始まるG7サミットの詳しいスケジュールを明らかにした。それによると、全体は6つのセッションにわかれており、初日の11日に「パンデミックからの復興」が集中的に議論されるという。2日目の午後、4つの目セッションからゲストである豪州や南アフリカなどが参加。以降も参加国で会議を重ね、13日の日本時間午後10時5分にジョンソン英首相が議長国会見を行い、サミットの成果を発表する予定となっている。

[2021-06-11][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・スナク英財務相「GDPの数値は経済が回復に向かっている有望なサインだ」

[2021-06-11][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、英国で新型コロナウイルス変異株「デルタ」の感染件数が急増し、ジョンソン英首相が目指す6月21日のイングランドのロックダウン(都市封鎖)の全面解除が実現するかどうかに不透明感が出ている。

[2021-06-14][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英大衆紙ザ・サンは、ジョンソン首相が、インドで初めて確認された新型コロナウイルス変異株「デルタ」の感染が国内で拡大していることを受け、ロックダウン(都市封鎖)解除を7月19日に先延ばしする見通しだと報じている。14日に発表される見込みだという。

[2021-06-14][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・スカイニュースは、英国のジョンソン首相が、英領北アイルランドの貿易をめぐるEUとの対立について、英国は領土保全のためには「何でもする」と述べ、セーフガードの発動も辞さない考えを示したと報じている。

[2021-06-14][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英医学雑誌ランセットは、東京五輪・パラリンピック開催の是非について、世界保健機関(WHO)などが沈黙していることは「責任逃れ」だとする論説を発表した。新型コロナウイルス感染症の流行が続くなか、開催のリスクや、リスクを管理する方法は、広く精査して承認を得る必要があるとしている。

[2021-06-14][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相「北アイルランド議定書の停止も辞さない」「欧州連合(EU)は、英国が単一の国であり、単一の領域であることが分かっていない」

[2021-06-14][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・時事通信によると、英政府は21日に予定されていたイングランドでの新型コロナウイルス規制の事実上の全面解除について、1カ月遅らせる方針を固めた。BBC放送などが14日報じた。国内で感染力の強い変異株の流行が続いているためで、ジョンソン首相が同日中にも記者会見を行い、発表する。

[2021-06-14][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、ジョンソン英首相は欧州連合(EU)に対し、離脱協定の重要部分であり、アイルランド国境へのハードボーダー(物理的壁)設置回避を目指す英領北アイルランドのプロトコル(手続き)に関し、停止の用意があるとあらためて警告した。

[2021-06-15][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相「ロックダウンの最終解除を7月19日に延期」「7月19日以後解除が伸びないことに自信」

[2021-06-15][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグは、ジョンソン英首相とのモリソン豪首相が、両国間の自由貿易協定(FTA)締結で大筋合意し、15日に概要を発表する見通しだと報じている。事情に詳しい関係者1人が匿名を条件に語ったところでは、ジョンソン首相とモリソン首相が14日夜に夕食を交えて協議し、合意が成立したという。

[2021-06-15][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相「ロックダウンの最終解除を7月19日に延期」「7月19日以後解除が伸びないことに自信」

[2021-06-15][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグは、ジョンソン英首相とのモリソン豪首相が、両国間の自由貿易協定(FTA)締結で大筋合意し、15日に概要を発表する見通しだと報じている。事情に詳しい関係者1人が匿名を条件に語ったところでは、ジョンソン首相とモリソン首相が14日夜に夕食を交えて協議し、合意が成立したという。

[2021-06-16][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英中銀のベイリー総裁は、金融関連業界団体の会合で講演し、暗号資産(仮想通貨)などの分野におけるイノベーションが、金融の安定など、より大きな目標の達成を損ねるべきでないとの考えを示した。さらに、金融イノベーションは多くの人々の利益に貢献すべきだと指摘している。

[2021-06-16][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・フロスト英国務相「北アイルランド議定書に関しては、あらゆる選択肢がある」

[2021-06-17][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英GBニュースは、スナク財務相がインタビューで、英国のインフレ期待は英中銀が目標に設定する2%近辺にしっかりと抑制されているとの考えを示した、と報じている。英国立統計局(ONS)が16日発表した5月の消費者物価指数(CPI)は前年比2.1%上昇し、中銀が目標とする2.0%を上回っている。

[2021-06-17][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、英国のスナク財務相は16日、英国のインフレ期待はイングランド銀行(英中央銀行)が目標に設定する2%近辺にしっかりと抑制されているとの考えを示した。

[2021-06-17][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、英米両政府は17日、航空機メーカー大手の米ボーイングと欧州エアバスを巡る貿易紛争を5年以内に解決することで合意した。報復関税を停止する。

[2021-06-18][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英紙デイリー・テレグラフは、英政府がEUの渡航制限緩和での合意に続き、ワクチン接種完了者に対して7月から新型コロナ検査や隔離措置を免除することを検討していると報じている。実際、政府報道官は「英国内への渡航において、検査など様々な公衆衛生上の対策を設定するうえで、ワクチン接種を考慮する取り組みを開始した」と述べていた。

[2021-06-18][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相「7月19日に都市封鎖(ロックダウン)を解除できると確信している」

[2021-06-18][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、英ロンドン郊外のチェシャム・アマーシャム選挙区で行われた議会補欠選挙の開票結果が18日午前に発表され、地盤としていた与党・保守党が敗北するという波乱があった。

イギリス政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース