イギリス政府関係

イギリス政府関係のイメージ画像

 2021年7月の期間中のイギリス政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2021年7月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2021年7月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-07-01][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、暗号資産(仮想通貨)交換所バイナンスは30日、英国の即時決済システム「ファスター・ペイメント」を通じたポンドの引き出しが29日から再開されたと発表した。デビットカードやクレジットカードでのデジタル通貨の購入も可能になったという。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

イギリス政府関係による2021年7月 発言・ニュース

[2021-07-01][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、暗号資産(仮想通貨)交換所バイナンスは30日、英国の即時決済システム「ファスター・ペイメント」を通じたポンドの引き出しが29日から再開されたと発表した。デビットカードやクレジットカードでのデジタル通貨の購入も可能になったという。

[2021-07-02][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・スナック英財務相「世界規模の税制改革の詳細、10月までに仕上げ」

[2021-07-02][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のスナク財務相は講演で、金融サービスについて独自規則を設定できる自由を最大限活用すると表明した。これまではEUと「同等性」で合意することを目指してきたが、断念したもようだ。

[2021-07-05][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英政府は、イングランド地方における新型コロナウイルス対策のロックダウンが予定通り19日に解除される方向だと発表した。ジョンソン英首相は「ウイルスとの共生を学びはじめると同時に、コロナのリスクを慎重に管理しなければならない」と述べた。5日に首相が記者会見して解除に向けた詳細な内容を発表するという。

[2021-07-05][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・日本経済新聞によると、英国が、新型コロナウイルスとの共生にかじを切る。感染者は増えているものの、ワクチン接種が順調に進んだことで死者や重症者が抑えられているためだ。同じく接種が進むシンガポール政府もコロナとの共生を視野に入れようとしている。インドネシアなどは感染拡大で医療体制が逼迫しており、接種率で明暗が分かれる形となっている。

[2021-07-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相「ワクチン展開を早めるため、40歳以下の投与間隔は12週間から8週間に短縮される」

[2021-07-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相は、マスク着用義務などの一連の新型コロナウイルス制限措置を19日にほぼ撤廃する計画を発表した。首都ロンドンなどイングランド地域が対象。正式決定は来週行われる。

[2021-07-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英予算責任局(OBR)「英国が悲惨な財政状況に直面する可能性がある脅威」「新型コロナウイルスの結果として、資金難に直面」

[2021-07-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、英予算責任局(OBR)のヒューズ局長は、同国の2兆ポンド(2兆8000億ドル)に上る巨額の公的債務について、インフレ面と金利面のショック要因に見舞われやすくなっており、ショック要因自体も発生しやすくなっているとの認識を示した。

[2021-07-07][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のジャビド保健相は、新型コロナウイルス検査で陽性反応を示した人と接触した場合でも、ワクチン接種が完了していれば、8月16日から自主隔離の義務を解除すると発表した。子どもの隔離義務も解除するという。

[2021-07-08][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相は、中国・北京で来年開催される冬季五輪をめぐり人権侵害問題を理由にしたボイコットの是非を問われ、スポーツでのボイコットには「本能的に反対だ」と語った。

[2021-07-08][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・スナク英財務相「失業率は以前よりはるかに低い」「私とジョンソン首相は国に対する同じ野望を抱いている」「雇用と賃金を通して国民を支援することがベスト」

[2021-07-09][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のシャップス運輸相は、中リスクの「アンバー(黄信号)リスト」に分類された国・地域から帰国する英国人がワクチン接種を完了していた場合、隔離措置を免除すると発表した。19日から適用されるという。

[2021-07-09][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・スナク英財務相は、世界130ヵ国が今月合意した15%の最低法人税率や税収の分配方法について、週末のG20財務相・中銀総裁会議で協議を進展させるよう呼び掛けた。

[2021-07-09][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、ジョンソン英首相は、ロンドンを含めたイングランド地域で新型コロナウイルス感染対策として実施しているロックダウン(都市封鎖)を19日に全面解除し、経済活動を再開させる方針だ。しかし、実行に移せば、これまで首相が従っていた助言を提供してきた科学者の一部から、不安視する声が出てくるのは間違いない。

[2021-07-12][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のジャビド保健相「新型コロナの長期にわたる影響を監視していく」

[2021-07-13][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のジャビド保健相は、イングランドでまだ実施されている新型コロナウイルス感染拡大抑制措置の大部分を、計画通りに19日に解除すると述べた。しかし、ワクチン接種の進展で新規感染者数と死亡者数との連動は「大幅に低下」したものの、完全に断ち切られたわけではないとし、国民に対し責任をもって行動するよう呼び掛けている。

[2021-07-13][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国のジョンソン首相は、イングランドでまだ実施されている新型コロナウイルス感染拡大抑制措置の大部分を計画通りに19日に解除するにあたり、国民に警戒を促すとともに、感染者数は増加しており、パンデミックは終息していないと強調した。

[2021-07-13][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・共同通信によると、英国のジャビド保健相は12日、新型コロナウイルスの感染対策を巡り、首都ロンドンを含む南部イングランドでの行動規制を19日に原則撤廃すると下院で表明した。

[2021-07-13][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・日本経済新聞によると、英国が、19日にイングランド地方のロックダウン(都市封鎖)を解除することを決めた。英国では、成人の66%がワクチンの2回目の接種を受け、死者や重症者はこれまでの流行時のように増えていない。そのため政府は「巨大な免疫の壁」(ジョンソン首相)ができつつあるとしてウイルスとの共生路線を進む。

[2021-07-15][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英公共放送BBCは、インド太平洋に向けて航行中で日本にも寄港する予定の英海軍の最新鋭空母「クイーン・エリザベス」を中心とする空母打撃群のなかで、新型コロナウイルスの感染者が相次いでいることがわかったと報じている。感染者は100人ほどにのぼるという。ただ、英海軍は対策を講じており今後の航行に影響はないもようだ。

[2021-07-16][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国議会下院は、2022年の北京冬季五輪への「英政府の代表者」の不参加を呼びかける動議を可決した。閣僚など政府高官に招待辞退を呼びかけるもので、いわゆる「外交ボイコット」を英政府に求める。決議に法的拘束力はないが、中国の人権問題への批判の高まりを象徴している。

[2021-07-19][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英国は、19日に発効する予定だったフランスからの渡航者に対する新型コロナウイルス規制の緩和を取りやめると発表した。南アフリカで最初に見つかった新型コロナウイルスの変異株「ベータ」型への感染が引き続き確認されていることを理由に挙げている。

[2021-07-19][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジャビド英保健相は、新型コロナウイルス検査で陽性と判定されたと公表した。ツイッターの動画で、16日夜に軽い倦怠感があり、17日に簡易テストで陽性。PCR検査で感染が確認されたという。一方、ジョンソン政権は、イングランドでの新型コロナにともなう行動制限について、残っていた措置を19日に解除する予定だ。

[2021-07-19][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・ジョンソン英首相は新型コロナウイルスの感染者と接触したことを踏まえ、自主隔離に同意した。当初、英首相府は声明で、「ジョンソン首相とスナク財務相が感染者と接触したが自主隔離はせず、毎日検査を受けることにより官邸での執務を続けられる」と発表していたが、労働党や世論の猛反発を招き、翻意を余儀なくされたことになる。

[2021-07-19][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・時事通信によると、ジョンソン英首相は18日、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者に該当するとして、自主隔離すると発表した。これに先立ち、ジャビド保健相は17日、検査で陽性反応を示したと明らかにしていた。ジャビド氏は2回のワクチン接種を終えており、症状は軽いという。

[2021-07-19][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英紙ガーディアンは、スナク財務相が、9月末の給与支援策終了による経済への影響を見極める時間を確保するため、次年度予算案の発表を来年に先送りする可能性を検討していると報じている。

[2021-07-19][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・NHKニュースによると、イギリスのイングランドでは19日、新型コロナウイルスの感染対策として続けられてきた規制が、ほぼすべて撤廃された。

[2021-07-20][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
・英イングランドで、新型コロナウイルス対策の規制がほぼ全面的に解除された。屋内でのマスク着用義務、バーやレストランの人数制限、集会の人数制限などが撤廃されている。ジョンソン首相は「フリーダム・デイ(自由の日)」と位置付け、ワクチン普及を背景に経済再生を目指すが、国内では感染者数が再び急増しており、パンデミック脱却に向けた道のりはなお不透明だ。

イギリス政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース