フランス政府関係

フランス政府関係のイメージ画像

 2018年1月の期間中のフランス政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年1月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年1月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-01-02][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのマクロン大統領は、新年に向けたテレビ演説を行い、「民主的で団結した欧州を取り戻す必要がある」「欧州は経済や環境、それに科学などの分野で、中国や米国と対抗できる力を持てると信じている」と述べ、米中など大国と互角に渡り合うためには、EUの結束が必要だという考えを強調した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

フランス政府関係による2018年1月 発言・ニュース

[2018-01-02][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのマクロン大統領は、新年に向けたテレビ演説を行い、「民主的で団結した欧州を取り戻す必要がある」「欧州は経済や環境、それに科学などの分野で、中国や米国と対抗できる力を持てると信じている」と述べ、米中など大国と互角に渡り合うためには、EUの結束が必要だという考えを強調した。

[2018-01-05][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのマクロン大統領は、外交政策に関して演説し、北朝鮮の核ミサイル問題の解決に向けて中国が「特別な役割を担っている」と述べ、さらなる協力を求めた。大統領は8日から中国を訪れ、習国家主席らと北朝鮮問題について話し合う予定となっている。

[2018-01-05][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのマクロン大統領は核ミサイル開発を続ける北朝鮮について、「緊張を緩和するうえで中国が特別な役割を担っている」などと述べ、来週予定している中国の習近平国家主席との首脳会談を通じて、北朝鮮の後ろ盾となっている中国への働きかけを強める考えを示した。

[2018-01-08][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのマクロン大統領は8日、国賓として3日間の中国訪問を開始した。2017年5月の就任以来、訪中は初めて。北京で習近平国家主席らと会談し、国連安保理常任理事国同士の立場で北朝鮮問題などを議論するほか、友好の証しとして馬1頭を習主席に寄贈する予定だ。

[2018-01-09][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・訪中しているフランスのマクロン大統領は現地で演説し、トランプ米政権が脱退を表明した地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」について、「中国が協定にとどまる決断をしたことが協定を救った。今後、フランスと中国が協力して温暖化対策を主導していくことが重要」と訴えた。

[2018-01-12][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのマクロン大統領は、イタリアのジェンティローニ首相と会談し、EUの改革に向けた両国の協力を深めるため、年内を目標に新たな条約を締結することで合意した。会談後の記者会見では、マクロン大統領が「今年は欧州を再構築する1年になる」、ジェンティローニ首相も「欧州の存在感をさらに高める必要がある」と述べている。

[2018-01-16][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのルメール経済財務相は、参加した新年の講演で、今年の経済成長率が政府予想1.7を上回ると見通しだと明らかにした。また、100億ユーロ規模のイノベーション基金を新設し、成長押し上げを図るとしている。

[2018-01-16][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランス中央銀行は15日、外貨準備の一部として既に人民元を保有していると明らかにした。ドイツ連邦銀行(中銀)は先に、外貨準備に人民元を組み入れる方針を発表している。

[2018-01-19][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのルメール財務相は、ドイツのアルトマイヤー官房長官兼財務相代行と会談を行った。会談後、仏独が共通の立場を表明すれば他のユーロ加盟国も賛同する公算があると指摘、銀行同盟、資本市場統合、ドイツとの税制統合の3点について「3-6月に最終的な共通認識をとりまとめたい」と述べている。

[2018-01-22][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランス日曜紙ジュルナル・デュ・ディマンシュは、フィリップ仏首相が2025年国際博覧会(万博)誘致への立候補を取り下げる意向を固めた、と報じている。政府の万博誘致活動を率いるラミー氏に対し、決定を書簡で伝えたという。

フランス政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース