フランス政府関係の発言・ニュース

フランス国旗

 フランス政府の関係者による発言や、相場に影響を与えると考えられるフランス政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においてのHDP・RHDPは、複数のフランス政府関係者による発言やニュースを元に構成されているため数値は目安範囲となります。

 また、フランスは欧州連合(EU)内で第2位の経済大国なので、フランス政府関係者の発言はEU諸国または世界全体へと波及する事もあります。

HDP

中間派

 HDP   -1.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-11-18][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスのメディアは、仏、ドイツ、ウクライナ、ロシアの4ヵ国首脳会議が12月9日、パリで開かれると報じている。ウクライナ東部では10月末から敵対する政府軍と親ロシア派武装勢力の兵力の引き離しが始まり、欧州安保協力機構(OSCE)が12日、撤収完了を確認していた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のフランス政府関係の発言・ニュース

[2019-11-18][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスのメディアは、仏、ドイツ、ウクライナ、ロシアの4ヵ国首脳会議が12月9日、パリで開かれると報じている。ウクライナ東部では10月末から敵対する政府軍と親ロシア派武装勢力の兵力の引き離しが始まり、欧州安保協力機構(OSCE)が12日、撤収完了を確認していた。

[2019-11-08][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・マクロン仏大統領がインタビューで、「投資拡大に向け、一段の拡張政策が必要だ」とし、財政赤字をGDPの3%以下にするよう求めているEUの財政規則などに関する議論は別世紀の話と指摘したと報じている。
・フランスのマクロン大統領は、米欧の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)について、加盟するトルコによるシリア侵攻を巡り、組織として加盟国の行動を規制していないことなどから「脳死」状態にあると指摘、存在目的を問い直す必要があると主張した。英誌エコノミスト電子版が7日インタビューを報じた。
・ルメール仏経済・財務相「ユーロ圏の低調な経済成長見通しが懸念材料」

[2019-11-05][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・仏大統領府当局者が、マクロン大統領と中国の習国家主席が、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」の「不可逆性」に関する文言を盛り込んだ合意文書に署名する見通しだと明らかにした、と報じている。

[2019-11-04][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスのパルリ国防相は、自身のツイッターで、仏軍用機がイラク北部で過激派組織ISの隠れ家やトンネルを爆撃したと明らかにした。フランスは、IS掃討を進める米軍主導の有志連合に参加している。

[2019-10-28][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・マクロン仏大統領に近い筋の発言として、英国はEU加盟各国が英国のブレグジット延期に同意できるよう納得のいく根拠を示すべきだと述べたと報じている。そのうえで、英国のEU離脱期限の延期は、英国がその正当性を加盟各国に示すことができた場合に限るべきとの見方を示したという。

[2019-10-21][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスのマクロン大統領は、トルコによるシリア北部への侵攻を「狂気の沙汰だ」と強く非難し、ジョンソン英首相、ドイツのメルケル首相とともにトルコのエルドアン大統領と会談する考えを明らかにした。なお、4者会談は12月3-4日にロンドンで開かれる米欧の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に合わせて行われる見通しだという。
・モンシャラン仏・欧州担当相「正当な理由がない限り、離脱の延期は認められない」「最悪なのは合意なき離脱ではなく、今後の先行きが不透明なこと」「英議会が離脱案を否決すれば、再び協議しなければならない」

[2019-10-18][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・ルメール仏経済相は、米が報復関税発動なら欧州も対抗する用意と発言した。
・マクロン仏大統領「ブレグジット合意はEUのガイドラインに沿った良い取引」
・マクロン仏大統領「英国は、議会否決でも新たな離脱延期を認められるべきでない」
・マクロン仏大統領「英議会が離脱案を否決した場合、離脱延期を認めるべきではない」

[2019-10-17][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・マクロン仏大統領「ブレグジット合意は間近」
・フランスのマクロン大統領とドイツのメルケル首相は揃って記者会見し、英国とEUの交渉団が近く合意に至ることに期待を示した。

[2019-10-16][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・ルメール仏財務相「英・欧州連合(EU)離脱交渉に関する望みは乏しい」「どのような譲歩が成されるか注視」

[2019-10-14][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスのドモンシャラン欧州問題担当相は、来週17日からのEU首脳会議でトルコに対する制裁について協議すると述べた。また、ルクセンブルクで14日に開催される外相会合でも、トルコが議題になるとしている。

(最終更新日時 2019-11-19 11:52)

フランス政府関係の発言・ニュース バックナンバー

フランス政府関係 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース