フランス政府関係の発言・ニュース

フランス国旗

 フランス政府の関係者による発言や、相場に影響を与えると考えられるフランス政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においてのHDP・RHDPは、複数のフランス政府関係者による発言やニュースを元に構成されているため数値は目安範囲となります。

 また、フランスは欧州連合(EU)内で第2位の経済大国なので、フランス政府関係者の発言はEU諸国または世界全体へと波及する事もあります。

HDP

中間派

 HDP   -1.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-02-11][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスでマクロン政権に抗議する黄色いベスト運動のデモが9日、13週連続で行われた。メディアによると、内務省は全国の参加者が約5万1400人だったとの集計を明らかにしたという。前週2日は約5万8600人で、3週連続の減少となったが、根強い参加が続いている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のフランス政府関係の発言・ニュース

[2019-02-11][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスでマクロン政権に抗議する黄色いベスト運動のデモが9日、13週連続で行われた。メディアによると、内務省は全国の参加者が約5万1400人だったとの集計を明らかにしたという。前週2日は約5万8600人で、3週連続の減少となったが、根強い参加が続いている。

[2019-02-08][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・仏ルノーの日産自動車への出資比率引き下げも含め両社の資本構成の見直しもありうると、仏政府が日本政府に対して意向を伝えたと報じている。
・フランス経財省は、同国政府が日本政府に対し、仏ルノーの日産自動車への出資比率引き下げを含め両社の資本構成の見直しもあり得るとの意向を伝えたとの日本経済新聞の報道について、「全面否定する」とした声明を発表している。
・フランス外務省は、イタリアの政権による自国への度重なる非難や挑発的言動に抗議し、駐イタリア大使の召還を決めたと発表した。EU加盟国間で極めて異例の対応になる。
・フランス政府は7日、イタリアの政権指導者がフランスに対し「度重なる根拠なき」非難を向けているとして、駐イタリア大使を呼び戻したことを明らかにした。
・仏政府報道官「駐イタリア大使の召還は永久的なものではないが、我々の主張である」

[2019-02-07][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランス経済誌シャランジュは、仏政府が仏自動車大手ルノーの株式保有比率を段階的に引き下げ、近く撤退する方針だと報じている。ルノーとの連合における仏政府の影響力を警戒する日産自動車の不満を抑え、両社の関係強化を促進させるのが目的だという。

[2019-02-04][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスでマクロン政権に抗議する黄色いベスト運動のデモが2日、12週連続で行われた。同国メディアによると、内務省は全国の参加者が、前週1月26日の約6万9000人から減り、約5万8600人だったとの集計を明らかにしている。

[2019-02-01][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・仏独英の3カ国は31日、ドルを介さずにイランとの貿易を行うための特別目的事業体(SPV)を正式に発足したと明らかにした。米国の対イラン制裁再開後もドルを介さずにイランとの貿易を継続する。

[2019-01-30][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・マクロン仏大統領「英国とEUが合意した離脱案が最善である」

[2019-01-29][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスのロワゾー欧州問題担当相は参加した討論会で、中国の通信機器大手ファーウェイに絡む中国のセキュリティー問題について、欧州は一丸となって対応すべきとの考えを示した。

[2019-01-28][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランス内務省は、マクロン政権に抗議する黄色いベスト運動のデモが26日、11週連続で行われたと発表した。全国の参加者は推計で約6万9000人としており、前週19日の約8万4000人から減少したという。
・フランスのロワゾー欧州問題担当相は、英国から離脱延期の要請があった場合は考慮も可能との見解を示した。しかし、英議会で否定された離脱協定案については、「メイ首相とのあいだで合意に至っており、再交渉の余地はない」と断じている。
・フランスのマクロン大統領は27日、日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告の勾留状況について安倍晋三首相に懸念を伝えたと明らかにした。マクロン氏は訪問先のエジプトで記者団に対し「勾留期間は非常に長く、勾留の状況は非常に厳しいと考えてきた。それを数回にわたり安倍首相に伝えた」と述べた。ただ、ゴーン氏を巡る厳しい状況は仏ルノーと日産との連合の均衡を脅かすものではないと語った。

[2019-01-25][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・ルメール仏財務相「合意なき離脱は英国にとって破滅であり、合意できることを望む」「合意への道筋を見つけるのは英国」「最悪な事態への準備もしている」

[2019-01-23][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・ルメール仏経財相は、フランスが今年議長国を務めるG7会合に関する演説で、世界的な格差が今後も拡大すれば、資本主義は崩壊する可能性があると警告した。

(最終更新日時 2019-02-12 16:38)

フランス政府関係の発言・ニュース バックナンバー

フランス政府関係 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース