フランス政府関係の発言・ニュース

フランス国旗

 フランス政府の関係者による発言や、相場に影響を与えると考えられるフランス政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においてのHDP・RHDPは、複数のフランス政府関係者による発言やニュースを元に構成されているため数値は目安範囲となります。

 また、フランスは欧州連合(EU)内で第2位の経済大国なので、フランス政府関係者の発言はEU諸国または世界全体へと波及する事もあります。

HDP

中間派

 HDP   -1.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-09-27][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・フランス外務省は、同国のコロナ外相が、ウクライナの首都キーウ(キエフ)を予告なしに訪問したと発表した。コロナ氏がキーウを訪問するのは3度目になる。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のフランス政府関係の発言・ニュース

[2022-09-27][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・フランス外務省は、同国のコロナ外相が、ウクライナの首都キーウ(キエフ)を予告なしに訪問したと発表した。コロナ氏がキーウを訪問するのは3度目になる。

[2022-09-22][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・マクロン仏大統領「プーチン露大統領による部分的な動員令署名、ロシアをより孤立させるものとなる」
・フランスのマクロン大統領は、ロシアのプーチン大統領によるウクライナ戦争に絡む軍動員令署名は「誤り」で、「ロシアの孤立を深める」という認識を示した。

[2022-09-21][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・フランスのマクロン大統領は、米NYで開かれている国連総会で一般討論演説を行い、ロシアによるウクライナ侵攻について、帝国主義時代に回帰するものだと批判した。
・国連総会出席のためNYを訪問中のフランスのマクロン大統領とイランのライシ大統領は、暗礁に乗り上げているイラン核合意の再建交渉をめぐり会談した。イラン政府の発表によれば、ライシ師は国際原子力機関(IAEA)による査察を改めて拒否。議論は平行線をたどったもようだ。

[2022-09-16][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・フランス中銀は、欧州がエネルギー危機に直面するなか、仏経済は来年急激に減速し、最悪の場合は「限定的かつ一時的」なリセッションに陥るリスクがあると見方を示した。

[2022-09-14][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・ルメール仏財務相「フランス、欧州では2023年を通じてインフレが緩和すると見込む」

[2022-09-12][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・フランスのメディアは、マクロン大統領が19日に行われるエリザベス英女王の国葬に参列する見通しだと報じている。フランス大統領府によるとマクロン氏は10日、トラス英首相と電話会談し、女王死去への弔意と6日に首相に就任したトラス氏への祝意を伝えたという。またロシアに侵攻されたウクライナへの支援など共通の課題について緊密に協力したいと述べたようだ。
・フランス外務省は、北朝鮮が先制核攻撃も辞さないとする「核武力政策に関する法令」を採択したことについて、「国際社会と地域の平和と安全への脅威だ」と非難した。外務省報道官が声明を出している。

[2022-09-06][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・フランスのマクロン大統領は、ドイツのショルツ首相と電話協議したのち、同国はドイツが必要な時にガスを供給し、ドイツもフランスに電力を提供する用意があると述べた。こうした相互協力はウクライナの戦争に起因するエネルギー危機に直面している欧州の団結力を示すものだと強調している。

[2022-09-05][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・マクロン仏大統領「フランスは冬の電力について、最悪のケースシナリオの準備」

[2022-08-31][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・フランスは、ロシア国営ガス会社ガスプロムが仏顧客への供給を削減し、欧州に天然ガスを送る主要パイプライン「ノルドストリーム1」を31日から3日間停止すると発表したことを受け、ロシア政府がエネルギー供給を「戦争の武器」として利用していると非難した。
・ロイター通信によると、フランスのパニエリュナシェ・エネルギー移行相は31日、ロシア国営ガス会社ガスプロムが仏電力会社エンジーへの供給を停止する理由は単なる「口実」だと指摘し、供給減を予期していたと述べた。

[2022-08-30][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・フランスのボルヌ首相は、同国がガス・電力供給を制限せざるを得なくなった場合、最初に打撃を受けるのは企業だとし、9月中に省エネ計画を策定するよう全企業に求めた。

(最終更新日時 2022-09-28 15:58)

フランス政府関係の発言・ニュース バックナンバー

フランス政府関係 カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース