フランス政府関係の発言・ニュース

フランス国旗

 フランス政府の関係者による発言や、相場に影響を与えると考えられるフランス政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においてのHDP・RHDPは、複数のフランス政府関係者による発言やニュースを元に構成されているため数値は目安範囲となります。

 また、フランスは欧州連合(EU)内で第2位の経済大国なので、フランス政府関係者の発言はEU諸国または世界全体へと波及する事もあります。

HDP

中間派

 HDP   -1.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-04-22][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランス政府に抗議する黄色いベスト運動のデモが20日、23週連続で行われたとしたうえで、経済格差に不満を募らす低中所得層が中心とされるデモ隊の一部は、火災に見舞われたノートルダム寺院(大聖堂)の修復に巨額の寄付が集まる一方で、自分たちは後回しにされたままだとして反発したと報じている。
・フランスのエネルギー会社エンジーが米国での事業拡大を目指し、建設や設備サービスを手掛ける米エムコア・グループの買収を検討している、と報じている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたという。しかし、最終決定はまだ下されておらず、エンジーは買収提案を示さないとの決定に至る可能性もあるようだ。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のフランス政府関係の発言・ニュース

[2019-04-22][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランス政府に抗議する黄色いベスト運動のデモが20日、23週連続で行われたとしたうえで、経済格差に不満を募らす低中所得層が中心とされるデモ隊の一部は、火災に見舞われたノートルダム寺院(大聖堂)の修復に巨額の寄付が集まる一方で、自分たちは後回しにされたままだとして反発したと報じている。
・フランスのエネルギー会社エンジーが米国での事業拡大を目指し、建設や設備サービスを手掛ける米エムコア・グループの買収を検討している、と報じている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたという。しかし、最終決定はまだ下されておらず、エンジーは買収提案を示さないとの決定に至る可能性もあるようだ。

[2019-04-19][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・マクロン・フランス大統領「ローマ法王フランシスコと電話で対話し、フランスに招請した。適切な時期に訪問があるだろう」

[2019-04-17][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスのマクロン大統領は、パリのノートルダム大聖堂の大火災を受けてテレビ演説し「5年以内に再建する」と宣言した。2024年にパリで予定されている五輪開催に間に合わせたい考えだが、専門家からは「再建には何十年もかかる」と長期化を懸念する声が上がっている。

[2019-04-16][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・ビルロワドガロー仏中銀総裁「上半期の成長は予想よりもかなり弱かった」「2019年の下落からインフレは徐々に回復している」
・フランス・パリのノートルダム大聖堂で大きな火災が発生している、と報道されている。火災の原因は大聖堂で行われた工事が原因で、テロではないと報じられている。
・フランスのマクロン大統領は、火災により一部損壊したパリのノートルダム寺院について、「我々の生活の中心であり、信仰の有無にかかわらず、すべてのフランス国民のもの」と指摘したうえで、「ノートルダムを再建する。それがフランス国民の望みだからだ」と述べた。

[2019-04-15][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスの地元メディアは、マクロン政権に抗議する黄色いベスト運動のデモが13日、22週連続で行われたと報じている。内務省は全国の参加者が約3万1000人だったとの集計を明らかにしており、前週6日は昨年11月に始まったデモで最少の約2万2300人だったが、再び増加したもようだ。

[2019-04-11][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・マクロン仏大統領「EUは英国民のブレグジット選択を尊重しなければならない」「メイ英首相の言い分を我慢強く聞く」
・マクロン仏大統領「英国の合意なきEU離脱は、10月に選択肢として残る」
・ビルロワドガロー仏中銀総裁「必要な限り緩和政策を行うことを我々が決定したことは明らか」「ユーロ圏の経済は減速しているが、リセッションではない」

[2019-04-10][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスのマクロン大統領が、パリを訪問したメイ英首相と会談し、EU離脱延期について協議したと報じている。会談内容の詳細は明らかにされていないが、マクロン氏は「犠牲が生じない限り『合意なき離脱』回避のための代替案には耳を傾ける」と指摘した一方で、「明確なコミットメントと、それを監視する仕組みが必要だ」とも強調し、英国が打開策のないまま離脱の延期を繰り返すことに否定的な見方を示したという。

[2019-04-09][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスのマクロン政権はおよそ5か月続く抗議デモを受けて、格差の解消などに向けた新たな対策を打ち出すことを明らかにしたがデモの収束につながるのかは不透明となっている。
・ロワゾ仏欧州問題担当相「英国がブレグジット期限の延長を求める理由を理解する必要がある」
・仏政府高官「マクロン仏大統領は、英国のEU離脱が来年以降に延期されることを望んでいない」
・フランス大統領府「どのような英・EU離脱延期でもEUの機能はしっかりと維持しなければならない」「離脱延期となっても、英はEU統治、予算協議には参加しないと考える」

[2019-04-08][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスでマクロン政権に抗議する黄色いベスト運動のデモが6日、21週連続で行われた。地元メディアは、内務省が全国の参加者について、約2万2300人だったとの集計を明らかにしたと報じている。昨年11月に始まったデモで最小の規模。前週3月30日は約3万3700人だった。
・フランス大統領府「マクロン仏大統領とメイ首相が9日夜にパリでEU離脱を巡り会談する」

[2019-04-07][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスでマクロン政権に抗議する黄色いベスト運動のデモが6日、21週連続で行われた。地元メディアは、内務省が全国の参加者について、約2万2300人だったとの集計を明らかにしたと報じている。昨年11月に始まったデモで最小の規模。前週3月30日は約3万3700人だった。

(最終更新日時 2019-04-23 20:57)

フランス政府関係の発言・ニュース バックナンバー

フランス政府関係 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース