フランス政府関係の発言・ニュース

フランス国旗

 フランス政府の関係者による発言や、相場に影響を与えると考えられるフランス政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においてのHDP・RHDPは、複数のフランス政府関係者による発言やニュースを元に構成されているため数値は目安範囲となります。

 また、フランスは欧州連合(EU)内で第2位の経済大国なので、フランス政府関係者の発言はEU諸国または世界全体へと波及する事もあります。

HDP

中間派

 HDP   -1.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-01-17][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・ルメール仏財務相「米国が制裁を課せば、EUは速やかに報復する」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のフランス政府関係の発言・ニュース

[2020-01-17][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・ルメール仏財務相「米国が制裁を課せば、EUは速やかに報復する」

[2020-01-17][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・ルメール仏財務相「米国が制裁を課せば、EUは速やかに報復する」

[2020-01-16][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスのマクロン大統領は、レバノンへ逃亡した前日産自動車会長ゴーン被告に関し、容疑者や被告としての権利保護の観点から「日本の拘束や取り調べの状況は、わたしには満足いくものと思われないと何度も安倍首相に伝えていた」と述べ、改善を要請していたと明らかにした。

[2020-01-07][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスのルドリアン外相がインタビューとして、前日産自動車会長ゴーン被告がフランスのパスポートで逃亡先のレバノンに入国したと伝えられたことをめぐり「わたしが知る限り、フランスのパスポートは使われていない」と述べたと報じている。
・ゴーン被告のフランス広報担当者が取材に対し、ゴーン被告が日本時間8日午後10時から、ベイルート市内で記者会見を開くと明らかにしたと報じている。
・フランスのルメール経財相は、同国のデジタル課税に米国が反発している問題について、15日間で問題の解決を目指す方針でムニューシン米財務長官と一致したことを明らかにした。

[2020-01-06][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランス紙ジュルナル・デュ・ディマンシュは、同国のルメール経財相が、レバノンに逃亡した前日産自動車会長ゴーン被告について、フランス自動車大手ルノーと日産の企業連合統括会社(本社オランダ)をめぐっても捜査の対象となる可能性があると述べた、と報じている。
・仏大統領府は、マクロン大統領がトランプ米大統領とイラン情勢をめぐり、電話で会談したと発表した。声明によると、マクロン氏は中東地域の緊張が高まるなか、同盟国である米国との連帯を表明したという。そのうえで、イランに対し、不安定な状況をさらに悪化させる軍事的な行動を控える必要があるとの考えを示している。

[2020-01-03][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・仏テレビ局BFMは、パニエリュナシェ経財副大臣が、「ゴーン被告は日本の司法から逃げるべきではなかった」との見解を示す一方、「もしゴーン被告がフランスに到着すれば、我々は同氏を送還しない。フランスは決して自国民を外国に引き渡さないからだ」と述べたと報じている。

[2019-12-31][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスのリュナシェ経済財務副大臣は、日産前会長のゴーン被告が日本を出国したことについて、「もしフランスの司法手続きから外国人が逃げたら非常に憤るだろう」などと述べ、強く非難した。

[2019-12-23][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランス政府が目指す年金制度改革に反対する労組のストライキが続く中、マクロン大統領(42)は、退任後直ちに支給される税引き前で月6220ユーロ(約75万円)に上る大統領の特別年金を受け取らない意向を明らかにした。22日付の地元紙パリジャンなどが伝えた。特別年金を受け取らないのは歴代大統領でマクロン氏が初めてとなる。
・フランスの年金改革に反対する国鉄労組などによる大規模ストライキは、クリスマスも継続される見通しだ。マクロン大統領は、退任後から支給される大統領特別年金を歴代大統領で初めて受け取らない意向を明らかにし、ストの一時休止を求めたが、事態が収まる気配はない。

[2019-12-19][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスの左派系労働組合は、年金制度改革に反対するストライキをクリスマスも継続する考えを示した。また、ストを主導している左派系労組は共同声明で、ここ最近の全国規模のデモ行進はマクロン大統領が掲げる年金制度改革の「徹底的な拒絶」を意味しているとして、撤回を求めている。

[2019-12-17][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランス中銀は、2020年の成長率見通しを9月時点の1.3%増から1.1%増へ下方改定した。貿易摩擦が続くなかで世界経済が軟調であることを指摘している。

(最終更新日時 2020-01-18 12:00)

フランス政府関係の発言・ニュース バックナンバー

フランス政府関係 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース