フランス政府関係の発言・ニュース

フランス国旗

 フランス政府の関係者による発言や、相場に影響を与えると考えられるフランス政府関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においてのHDP・RHDPは、複数のフランス政府関係者による発言やニュースを元に構成されているため数値は目安範囲となります。

 また、フランスは欧州連合(EU)内で第2位の経済大国なので、フランス政府関係者の発言はEU諸国または世界全体へと波及する事もあります。

HDP

中間派

 HDP   -1.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-09-18][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランス中銀は、四半期ごとの経済見通しを発表し、力強い雇用創出と家計の購買力が今年の国内経済を支援し、他のユーロ圏諸国の景気減速に耐え得るとの見方を示した。そのうえで今年と来年の成長率はともに1.3%と予想。来年については6月発表の1.4%から小幅に下方修正している。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のフランス政府関係の発言・ニュース

[2019-09-18][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランス中銀は、四半期ごとの経済見通しを発表し、力強い雇用創出と家計の購買力が今年の国内経済を支援し、他のユーロ圏諸国の景気減速に耐え得るとの見方を示した。そのうえで今年と来年の成長率はともに1.3%と予想。来年については6月発表の1.4%から小幅に下方修正している。

[2019-09-16][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランス政府が公的部門の2020年財政赤字の対GDP比予想を6月予想からさらに引き上げて2.2%にすると、財務省関係者が明らかにしたと報じている。今月末に20年予算案を提出するという。
・ローマ法王庁は、フランシスコ・ローマ法王が11月23-26日に日本を訪問すると発表した。東京のほか、被爆地の広島市と長崎市を訪れ、原爆犠牲者を追悼するという。

[2019-09-13][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランス政府は、米フェイスブックが計画している仮想通貨(暗号資産)「リブラ」について、各国政府の「通貨主権」を脅かすとして、欧州における開発を阻止する方針を表明した。
・ルメール仏財務相「欧州圏の成長不足は取り組まなくてはいけない重要課題だ」

[2019-09-10][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスのルドリアン外相は、ウクライナ東部紛争の和平に関するロシア、ウクライナ、仏独の4ヵ国首脳会談が「近日中にパリで開かれることを望む」と表明した。ロシアとウクライナは緊張緩和に向け、7日に拘束者を交換。4ヵ国首脳会談に向けた環境整備が進められている。

[2019-09-09][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスの民放ラジオは、ルドリアン外相が、英議会がEU離脱を3ヵ月再延期する法案を可決したことに関し、離脱に関する英国の方針が分からず「離脱延期への答えは現状ではノンだ」と述べ、今後の道筋を示すよう求めたと報じている。

[2019-09-06][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランス外務省は、イランがウラン濃縮加速を目的に遠心分離機の研究開発を進めると表明したことを受け、核合意で定められた義務に反する措置を取らないようイランに求めた。

[2019-09-04][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・ビルロワドガロー仏中銀総裁「ECBには債券購入再開の選択肢が常にあるが、今すぐ再開する必要があるかどうかは疑問」
・フランスが、イランによる2015年の核合意に完全復帰することなどへの見返りとして、石油収入を担保とした信用供与枠の設定を同国に提案したと報じている。金額としては150億ドル相当が検討されているようだという。
・フランスのルドリアン外相が、イランの原油を担保にした融資実行を交渉していると報じている。提案の実現は米国の了承にかかっていると指摘したという。

[2019-09-02][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランス紙ルモンドは、仏原子力当局が、日仏が共同研究する高速炉実証炉「ASTRID」の建設計画を停止する方針だ、と報じている。25人で構成した計画の調整担当局は今春、閉鎖されたという。
・仏大統領府は、同国のマクロン大統領が、イランのロウハニ大統領と電話会談したと発表した。核問題などをめぐり対立する米イラン両国の首脳会談実現に向け、調整を続けたとみられる。また、両首脳は緊密に連絡を取り続けることで一致したという。

[2019-08-26][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスを訪問している安倍首相は、G7サミットの議長を務めるフランスのマクロン大統領と会談したほか、ドイツ、カナダとも首脳会談を実施した。それぞれの首脳と、核合意維持の重要性を確認したほか、北朝鮮情勢、英国のEU離脱などに関して意見交換したもよう。
・仏LCIテレビは、フランスのマクロン大統領がG7サミットで、自身がイラン情勢の緊張緩和へ向けてイランと対話し、G7のメッセージを伝達することで各国首脳が一致したと明らかにした、と報じている。
・フランスで開催中のG7サミット=主要7か国首脳会議で、1975年の第1回のサミット以来、発出されてきた包括的な首脳宣言の採択が見送られることが決まった。世界経済の成長や戦後の国際秩序の維持などを主導してきたG7各国の影響力の低下も懸念される事態となっている。
・マクロン仏大統領「イランのロウハニ大統領がトランプ米大統領と会談すればイラン合意は可能」
・マクロン仏大統領「中国貿易問題は不透明性を生んだ」「中国貿易協議、合意が最も重要」
・マクロン仏大統領「米中情勢は動いている」

[2019-08-22][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・仏大統領府当局者が、英国が条件などで合意しないままEUを離脱する公算が大きいとの確信を仏政府が強めていると明らかにした、と報じている。
・フランスのマクロン大統領は21日、今週末に仏ビアリッツで開幕する主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)を前にイランの当局者と会談し、同国と米国の緊張緩和に向けた提案を行う方針を明らかにした。
・マクロン仏大統領「合意なき英・欧州連合(EU)離脱はEUの選択ではないが、それに備える義務がある」
・マクロン仏大統領「30日以内に何らかの賢明な策を見い出せると自信」
・マクロン仏大統領「ジョンソン英首相との協議は建設的だった」「英仏は英・EU間でBrexit合意のため9月末まで協議継続することで合意」

(最終更新日時 2019-09-19 12:36)

フランス政府関係の発言・ニュース バックナンバー

フランス政府関係 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース