フランス政府関係

フランス政府関係のイメージ画像

 2022年11月の期間中のフランス政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2022年11月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2022年11月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-11-02][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・フランスのマクロン大統領は、ウクライナのゼレンスキー大統領との電話会談後、フランスはウクライナの越冬を支援し、ロシアの攻撃で損傷した水およびエネルギー関連のインフラ修復に協力すると述べた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

フランス政府関係による2022年11月 発言・ニュース

[2022-11-02][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・フランスのマクロン大統領は、ウクライナのゼレンスキー大統領との電話会談後、フランスはウクライナの越冬を支援し、ロシアの攻撃で損傷した水およびエネルギー関連のインフラ修復に協力すると述べた。

[2022-11-07][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・フランスの極右政党「国民連合」は5日に開いた党大会でルペン氏に代わってバルデラ氏が党首に就くことを発表した。バルデラ氏は27歳の若手であり、2027年の次期大統領選に向け若手党首で清新さをアピールする目的だという。

[2022-11-07][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・ビルロワドガロー仏中銀総裁「インフレが明らかにピークに達していない限り、利上げを停止すべきではない」「インフレ率は23年前期にピークに達する可能性があり、目標値に戻るには2~3年かかる」

[2022-11-08][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・フランスのマクロン大統領と英国のスナク首相は、訪問先のエジプトで初めての会談を行い、ロシアによるウクライナ侵攻を受けたエネルギー供給への影響に対応するために、原子力エネルギー分野で協力することで合意した。

[2022-11-10][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・フランス政府は、今後の国防方針を示す、新たな国家戦略概観を発表した。ロシアと中国を対抗勢力とし、「中国は、国際秩序における西側の指導力が低下したとみなし、一層弱められると信じている」と強い警戒感を打ち出している。

[2022-11-15][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・仏大統領府高官は、マクロン大統領が、インドネシア・バリ島で開催されるG20サミットのあと、ロシアのプーチン大統領と電話会談する意向だと明らかにした。マクロン氏は、ロシアによるウクライナ侵攻開始後もプーチン氏との意思疎通の手段を維持しており、高官は「今後も対話を続ける」と述べている。

[2022-11-15][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・フランスのマクロン大統領とイタリアのマッタレッラ大統領は電話会談し、2国間およびEU内で両国が良好な関係を保つことの重要性を確認した。両国は移民受け入れをめぐって対立し、先週から激しい言葉の応酬を繰り広げている。

[2022-11-16][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・フランス大統領府は、ロシア軍のミサイルがポーランド東部に着弾したとの報道に関し、マクロン大統領がインドネシア・バリ島で出席しているG20サミットで16日に問題提起すると明らかにした。

[2022-11-21][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・日経新聞は、フランスのマクロン大統領が、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に参加するために訪れたバンコクでインタビューに応じ、ロシアによるウクライナ侵攻について「平和と戦争終結を求めなければならない」として、停戦協議を呼び掛ける考えを表明したと報じている。

[2022-11-23][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・フランスのルメール経財相とドイツのハベック経済相はパリで会談し、米国のインフレ抑制法(IRA)に対し欧州レベルでの強力な対応が必要との見解で一致した。

[2022-11-25][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・フランスのルメール経財相は、フランスとドイツ両国がエネルギー政策や防衛関連の調達などをめぐり冷え込んでいた関係を修復し、「前進」する意向だと表明した。ボルヌ仏首相は25日、ベルリンでショルツ独首相と会談する。また、先月予定されていたマクロン仏大統領とショルツ独首相は年明け1月に行われる見通しだ。

[2022-11-25][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・フランスの検察当局は、2017年と今年のフランス大統領選の選挙活動費をめぐり、コンサルタント会社の不正がなかったかどうかなどを捜査していると発表した。パリジャン紙は、米マッキンゼー・アンド・カンパニーなどがマクロン大統領の政党に不正に資金を提供しなかったかどうかを調べていると報じている。

フランス政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース