フランス政府関係

フランス政府関係のイメージ画像

 2021年4月の期間中のフランス政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2021年4月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2021年4月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-04-01][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・マクロン仏大統領「土曜日から4週間にわたるロックダウンを開始する」「学校は3週間閉校する」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

フランス政府関係による2021年4月 発言・ニュース

[2021-04-01][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・マクロン仏大統領「土曜日から4週間にわたるロックダウンを開始する」「学校は3週間閉校する」

[2021-04-01][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・マクロン仏大統領「来週から学校はリモート授業に移る」「ロックダウン延長の可能性もある」「家からの仕事ができず、子供の世話をしなくてはならない労働者は休業手当の対象になる」

[2021-04-01][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・フランスのマクロン大統領は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、パリなどに適用していたロックダウン(都市封鎖)措置を全国に拡大すると発表した。ロックダウンの全国的な発動は昨年11月に続き3度目。4月3日から最低1ヵ月間継続するほか、学校も今週末以降3週間閉鎖するという。

[2021-04-01][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・NHKニュースによると、フランスでは変異した新型コロナウイルスの感染拡大が続いているため、マクロン大統領は住民の外出や小売店の営業を制限する措置を全国に広げるほか、これまで対面での授業を続けてきた学校の閉鎖にも踏み切ると発表した。

[2021-04-02][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・フランスのルメール経財相は、欧州は米国と並ぶ規模の景気刺激策を策定する必要があるとの考えを示した。米国では1兆9000億ドル規模の新たな景気支援策の運用がすでに始まっているほか、バイデン大統領は3月31日22兆ドル強のインフラ投資計画を発表している。

[2021-04-02][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・ロイター通信によると、フランスのルメール財務相は2日、新型コロナウイルス感染再拡大を受けた3回目となる全国的なロックダウン(都市封鎖)について、今年の経済成長に影響を及ぼすが、どの程度か判断するのはまだ早いとの考えを示した。

[2021-04-02][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・ロイター通信によると、フランスのルメール財務相は2日、新型コロナウイルス感染再拡大を受けた3回目となる全国的なロックダウン(都市封鎖)について、今年の経済成長に影響を及ぼすが、どの程度か判断するのはまだ早いとの考えを示した。

[2021-04-06][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・共同通信によると、フランスのルメール経済・財務相は6日、新型コロナウイルス流行で苦境の続く航空大手エールフランスへの追加支援策として、最大40億ユーロ(約5200億円)規模の資本注入を行うと明らかにした。公共ラジオのインタビューで語った。フランス政府は、昨年行った政府融資30億ユーロを資本参加に転換するほか、最大10億ユーロを新たに注入する。ルメール氏によると、政府の出資比率はこれまでの約14%から約30%に増加し、筆頭株主となる。

[2021-04-06][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・ルメール仏財務相「国際的な税制合意は達成できる」「米国が最低法人税率を支持していることを歓迎」

[2021-04-07][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・ルメール仏財務相「欧州の復興計画が遅れることを深く懸念」「2021年に強い反発を期待し、2022年には2019年と同レベルまで回復するはず」

[2021-04-09][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・フランスのルメール財務相は、多国籍企業の課税をめぐる国際交渉を進展させるための米国の新たな提案は「興味深い」出発点だとの見解を示した。

[2021-04-13][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・ビルロワドガロー仏中銀総裁「インフレ上昇の原因は一時的なもの」「大幅な緩みが中期的にインフレを圧迫する」「2%インフレは上限ではない」

[2021-04-14][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・フランスのカステックス首相は、新型コロナウイルスのブラジル型変異株を阻止するため、仏・ブラジル間の全航空便の運航を停止すると発表した。ベラン保健相は先月、フランスにおけるコロナ感染者の約6%がより感染力の強いブラジル型と南ア型だったと明らかにしている。

[2021-04-14][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・ロイター通信によると、ルメール仏経済・財務相は14日、テレビ番組で、フランス経済は2021年に5%成長するとの見通しを再表明した。新型コロナウイルス対策としての金融支援策は、パンデミック(世界的な大流行)が終息するまで継続すべきと述べた。フランスは今月、2021年の成長率見通しを前回の6%目標から5%に下方修正した。3度目のロックダウン(都市封鎖)を導入したことが背景にある。

フランス政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース