フランス政府関係

フランス政府関係のイメージ画像

 2019年7月の期間中のフランス政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2019年7月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2019年7月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-07-03][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・マクロン仏大統領「ラガルドIMF専務理事はECB総裁になる全ての素質を持っている」「ラガルド理事は、IMFでの経験と金融危機時の対応で市場からの信頼を得ている」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

フランス政府関係による2019年7月 発言・ニュース

[2019-07-03][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・マクロン仏大統領「ラガルドIMF専務理事はECB総裁になる全ての素質を持っている」「ラガルド理事は、IMFでの経験と金融危機時の対応で市場からの信頼を得ている」

[2019-07-05][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスのルメール経済財務相は、イランとの貿易向けに新設された特別目的事業体(SPV)「貿易取引支援機関(INSTEX)」について、最初の取引が数日内に完了することに期待を示した。

[2019-07-08][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランス大統領府は、マクロン大統領が、イランのロウハニ大統領と電話会談し、イラン核合意をめぐり、全当事者による対話再開に向けた条件を15日までに探ることで合意したと発表した。

[2019-07-09][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランスのマクロン大統領は9~10日、仏外交顧問エマニュエル・ボヌ氏をイランに派遣する。核合意を逸脱して欧米に揺さぶりをかけるイランに対し、マクロン氏は交渉の席につくよう求める。何らかの政治・経済的な見返りをイランに提示し、15日の欧州連合(EU)外相理事会で調整するとの観測もある。

[2019-07-12][NP     HDP -1.7 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・フランス議会は、主要経済国で初めて大手テクノロジー企業へ課税する法案を可決した。トランプ米大統領は同法に反発し、報復関税につながる可能性がある調査の実施を指示していた。

フランス政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース