ドイツ政府関係

ドイツ政府関係のイメージ画像

 2018年6月の期間中のドイツ政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年6月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年6月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-06-01][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +0.0 CRHDP +0.2]
・ショルツ独財務相「米国の関税発動は間違っており違法」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

ドイツ政府関係による2018年6月 発言・ニュース

[2018-06-01][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +0.0 CRHDP +0.2]
・ショルツ独財務相「米国の関税発動は間違っており違法」

[2018-06-01][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +0.0 CRHDP +0.2]
・ザイベルト独政府報道官は1日「メルケル独首相が4日にドラギECB総裁と会談する」「ドイツはイタリア政府との密接な協力関係を目指す」「ドイツはスペインの安定的な政権を期待する」などの見解を示したと伝えられた。

[2018-06-05][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +0.0 CRHDP +0.2]
・独政府当局者「G7は声明を公表することで合意しない可能性」

[2018-06-05][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +0.0 CRHDP +0.2]
・独政府当局者「欧州各国、G7で通商巡り団結へ」「G7でコミュニケ発表を目指すが、可能かどうか分からない」「トランプ米大統領のG7首脳会議出席巡る質問に、全員の出席見込んでいる」

[2018-06-12][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +0.0 CRHDP +0.2]
・ドイツ商工会議所(DIHK)は、米国との貿易摩擦によって、ドイツの輸出企業が直面する不透明性が一段と高まっているとの認識を示した。

[2018-06-13][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +0.0 CRHDP +0.2]
・ドイツ経済省は13日に発表した月次報告で、同国の景気回復は一部勢いを失っているとし、米国との貿易を巡る対立やイタリア新政権に関連したリスクが、ドイツ経済の成長見通しを不透明にしているとの見解を示した。 民間消費と輸出は引き続き堅調だと指摘した。

[2018-06-15][NP     HDP +0.5 CHDP +0.0 RHDP +0.0 CRHDP +0.2]
・ドイツ連銀は15日、ドイツの2018年の国内総生産(GDP)見通しを2.5%から2.0%へ下方修正した。また、2018年のインフレ見通しも1.8%から1.6%へ引き下げた。

ドイツ政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース