ドイツ政府関係の発言・ニュース

ドイツ国旗

 ドイツ政府関係者による発言、またはドイツ政府に関連したニュースなどを掲載しています。

 このカテゴリ内にもHDP・RHDPが表示されていますが、数値は複数の発言者によるデータとなっているため目安となっています。

 また、ドイツの政策金利についてはEUの政策金利となりますが、世界の政策金利のカテゴリ内にて他国の政策金利と合わせて掲載しています。

HDP

中間派

 HDP   +0.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-09-18][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツのショルツ財務相は、米フェイスブックが導入を目指す「リブラ」に類する通貨の台頭を許容してはならないとし、ドイツ政府はこうした通貨の計画を拒否するとの立場を示した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドイツ政府関係の発言・ニュース

[2019-09-18][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツのショルツ財務相は、米フェイスブックが導入を目指す「リブラ」に類する通貨の台頭を許容してはならないとし、ドイツ政府はこうした通貨の計画を拒否するとの立場を示した。

[2019-09-13][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツのIFO経済研究所は、2019年のドイツのGDP伸び率見通しを下方修正したほか、ドイツ経済は第3四半期にリセッションに陥るとの見方を示した。
・独経済省「輸出は横ばいになっているが、個人消費と自治体の支出が経済の下支えとなっている」「貿易紛争とブレグジットの不確実性が残っているが、世界経済は徐々に改善している」「第3四半期の弱いスタートから、工業部門の回復は視野に入ってこない」

[2019-09-12][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ショルツ独財務相「(独がリセッションに直面するかの質問に)独経済は頑強で、いくつかの部門は全開状態だ」
・ドイツのショルツ財務相は12日、国内の預金者に対し、預金金利がマイナスになる可能性を想定する必要はないと呼びかけた。12日の欧州中央銀行(ECB)理事会を控え、預金者の不安払拭に努めた。ECBはこの日の理事会で金融緩和を発表する見通し。

[2019-09-10][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツ政府は、連邦予算には含まれない新たな債務を引き受ける独立した公共団体の設立を検討している。厳格な財政ルールに抵触しない「影の予算」創設で、低迷する国内経済への投資を行う。計画に詳しい3人の関係筋がロイターに明かした。
・シュルツ独財務相「2020年予算に新たな債務は含まない」
・ドイツのショルツ財務相は議会下院の予算審議で、ドイツが経済危機に見舞われた場合でも、経済に「数十億ユーロ」を注入することによって対処可能と強調し、独経済がリセッションに陥った場合に大規模な刺激策を講じる用意があることを示唆した。

[2019-09-02][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツの公共放送ARDは、ザクセン州、ブランデンブルク州で1日実施された州議会選挙についての最終得票予想として、極右政党「ドイツのための選択肢」が大幅に議席を増やして第2党に躍進する見通しとなったと報じている。
・ドイツ政府報道官は、メルケル首相が9月6-7日に中国を訪問し、習国家主席、李首相と会談すると発表した。企業団も同行し、経済協力などを協議するという。

[2019-08-30][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツのマース外相は、米国がイラン核合意に関する協議により前向きな姿勢になっている兆しを歓迎するとしたうえで、イランを含むすべての国が事態打開に取り組むべきと指摘した。

[2019-08-29][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツの財務省報道官は、公的債務の対GDP比率について、EUが設定している上限(60%)目標を断念することはないが、足もとの経済動向を見る限り、目標達成が難しくなっているという見方を示した。

[2019-08-26][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツ有力誌シュピーゲルは、ドイツ経済が2019年7-9月期に2四半期連続のマイナス成長を記録し、景気後退入りする可能性があるとの政府内の予測を報じている。欧州最大の経済国で、景気後退が現実になれば、各国にも大きな影響が及ぶことになりそうだ。
・独ifoエコノミスト「最新の指標結果には直近の貿易戦争の進行は反映されていない」「自動車部門の企業景況感は改善、機械・化学や電器部門は悪化」

[2019-08-22][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツのロート欧州担当相は、自身のツイッターで、北アイルランドの平和とEUの統一市場の完全性については交渉の余地がないとの考えを示した。
・ドイツのショルツ財務相は、イタリアの政局の混乱について、ユーロ圏がイタリア発の危機に陥る兆候はみられないとの認識を示した。
・ドイツ財務省は22日公表の月報で、独経済に対する海外からの逆風が強まっており、これが企業部門の不透明感につながっているとの見解を示した。また、これまで堅調だった労働市場が鈍化の兆候を示し始めているとした。
・独連銀「現時点では財政出動は必要ないと考える」

[2019-08-21][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ショルツ独財務相「新たなユーロ危機の兆候は見られていない」
・シュタインマイヤー独大統領「無秩序な英国の欧州連合離脱(ブレグジット)は英国だけでなく、すべての欧州にとって打撃」
・シュタインマイヤー独大統領「バックストップに関して協議されるとは思わない」「バックストップのシナリオは十分に話し合われた」
・ショルツ独財務相「離脱案が変更されるとは考えていない」「英政府は変ったが、ブレグジットを巡る状況に変化はない」

(最終更新日時 2019-09-19 12:36)

ドイツ政府関係の発言・ニュース バックナンバー

ドイツ政府 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース