ドイツ政府関係の発言・ニュース

ドイツ国旗

 ドイツ政府関係者による発言、またはドイツ政府に関連したニュースなどを掲載しています。

 このカテゴリ内にもHDP・RHDPが表示されていますが、数値は複数の発言者によるデータとなっているため目安となっています。

 また、ドイツの政策金利についてはEUの政策金利となりますが、世界の政策金利のカテゴリ内にて他国の政策金利と合わせて掲載しています。

HDP

中間派

 HDP   +0.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-09-24][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ナーゲル独連銀総裁「インフレとの闘いは成長を一時的に圧迫する可能性」「さらなる金融引き締めのステップが必要になるだろう」「追加利上げが必要」
・ナーゲル独連銀総裁「ECBはバランスシートの縮小を開始する必要がある」「ECBの中立金利について議論するには時期尚早」「将来の ECBの利上げはデータ次第」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドイツ政府関係の発言・ニュース

[2022-09-24][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ナーゲル独連銀総裁「インフレとの闘いは成長を一時的に圧迫する可能性」「さらなる金融引き締めのステップが必要になるだろう」「追加利上げが必要」
・ナーゲル独連銀総裁「ECBはバランスシートの縮小を開始する必要がある」「ECBの中立金利について議論するには時期尚早」「将来の ECBの利上げはデータ次第」

[2022-09-22][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツ紙ビルトは、ウクライナのゼレンスキー大統領がインタビューで、ロシアのプーチン大統領が部分的動員令に署名し、領土防衛に「あらゆる手段」を講じると言及したことについて、「彼が核兵器を使用するとは思わない。世界が許さないだろう」と述べたと報じている。
・ドイツのARDテレビは、同国ショルツ首相がインタビューで、ウクライナ戦争のエスカレート防止に尽力するとともに、引き続きウクライナを支援する方針を表明したと報じている。

[2022-09-20][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツ連銀は、ドイツ経済はすでに縮小しており、ガス消費量の削減や配給制の実施で冬季に一段と悪化する可能性があるとの見通しを示した。ただし、6月に示した2023年に3.2%のマイナス成長に陥るという厳しいシナリオが実現する公算は小さいとの見方を示している。
・ドイツ環境省は、欧州電力大手エーオン傘下の原子力会社プロイセン・エレクトラが南部バイエルン州の原子力発電所「イザール2」で漏電があったことを報告したと発表した。この漏電は安全性を損なうものではないが、ドイツ政府による冬季のエネルギー計画に影響を与える可能性があるという。

[2022-09-19][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ロイターは、ドイツのランブレヒト国防相が、中国による軍事力増強およびロシアとの軍事演習実施について懸念を持って監視していると述べたと報じている。また、インド太平洋地域におけるプレゼンスを高め、規則に基づく秩序へのコミットメントを表明したという。
・ロイターは、ドイツのランブレヒト国防相が、ロシアはウクライナで兵力と装備に大幅な損失を被っており、ロシアの軍事備蓄が想定より少ないことが明らかになるかもしれないと述べたと報じている。
・独連邦銀「ドイツ経済はすでに縮小」

[2022-09-16][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツのランブレヒト国防相は、ウクライナに対し多連装ロケットシステム「MARSII」2基とロケット弾200発を追加的に提供すると明らかにした。このほか「ディンゴ」装甲車50台も提供するという。
・ドイツのリントナー財務相は、食料とエネルギー価格の高騰により約8%の物価上昇率に見舞われるなか、インフレが制御不能になる恐れがあると警告した。そのうえで、物価上昇を抑制するための政府の選択肢は限られていると指摘。「我々は衝撃吸収措置を約束することしかできない」と述べている。

[2022-09-15][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ロイターは、ドイツのランブレヒト国防相が、ウクライナ軍がロシア軍に対する反転攻勢で領土を奪還していることについて、「目覚ましい成功」としながらも、戦争の転機になるか判断するのは時期尚早との考えを示したと報じている。
・ドイツのショルツ首相は、ロシアのプーチン大統領はウクライナ侵攻という判断が誤りであることを「残念ながら」まだ認識していないようだと述べた。また、ロシアがウクライナから撤退しなければならないことをプーチン大統領に力説することが引き続き重要だとしている。

[2022-09-14][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツの政府報道官は、ショルツ首相が、ロシアのプーチン大統領と電話会談し、ウクライナ戦争について、停戦とロシア軍の完全撤退に基づく外交的解決策を可能な限り早く模索するよう求めたことを明らかにした。
・ロイターは、ドイツのハーベック経済相がインタビューに応じ、中国産の原材料、バッテリー、半導体への依存度を減らすために新たな対中通商政策に取り組んでいると述べたと報じている。対中強硬路線を政策措置に反映させることを明らかにしたのは初めて。
・ブルームバーグによると、ドイツ政府はガス輸入で国内最大手ユニパーへの出資比率を50%超に引き上げる可能性があり、必要なら完全国有化も検討する。事情に詳しい関係者が明らかにした。自国のエネルギー制度崩壊を阻止する狙い。すでに政府から最大200億ユーロ(約2兆8600億円)規模の救済パッケージを受けているユニパーだが、関係者はさらなる公的支援が必要だと説明した。

[2022-09-13][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツは防衛力強化に向け、イスラエルから弾道ミサイル迎撃システム「アロー3」を購入する協議を進めている。訪独中のイスラエルのラピド首相が明らかにした。ドイツは2月のロシアによるウクライナ侵攻開始以降、自国の国防費を増強すると同時に、国際的な対応の一環としてウクライナに兵器を提供している。
・ドイツのランブレヒト国防相は、北大西洋条約機構(NATO)が提示しているGDP比2%の国防費目標を、ドイツは1000億ユーロの特別基金を使い切った後も維持する必要があると表明した。また、これまで避けてきた軍事面での指導的役割も受け入れなければならないと訴えている。
・ドイツは、2015年のイラン核合意再建に向けた欧州の提案に対し、イラン側が積極的に応じなかったことに遺憾の意を示したうえで、核合意が近く再建される見込みは低いと強調した。欧州の合意当事国である英仏独は10日、イラン核合意再建に向けたイラン側の意思に「重大な懸念」があるとの認識を表明している。
・ロイター通信によると、独経済省は13日に公表した報告書で、景気見通しは「劇的に悪化」しており、今年後半は経済が停滞するかマイナス成長に陥る可能性があるとの見方を示した。企業の経営破綻は増えているが、「破綻の波」は起きていないと指摘した。労働市場は今のところ世界的な不透明感の影響を受けておらず、需要は依然として強いとしている。

[2022-09-08][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツ連立政権が打ち出した物価高騰にともなう家計と企業向け支援策について、今年分の総額は130億ユーロに達し、このうち120億ユーロを連邦政府が拠出する。同国財務省が、支援策の詳しい内訳を明らかにした。
・ロイター通信によると、ドイツのリントナー財務相は8日、政府が10年以上前の救済措置で取得したコメルツ銀行の株式について、すぐさま決定を下す必要はないと述べ、売却を巡る憶測の沈静化を図った。フランクフルトで開かれた会議で「コメルツ銀行の発展に非常に満足している」と述べた。同行は従業員の3分の1を削減する再編の真っただ中にあり、黒字に転換。政府は同行の株式15%以上を保有している。

[2022-09-07][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツのラウターバッハ保健相は、商用機内でのマスク着用義務を近く撤廃すると表明した。この規則は新型コロナウイルス流行にともない導入されたが、航空大手ルフトハンザがもはや実施不可能と訴えるなどしていた。
・ブルームバーグによると、ドイツ経済はエネルギー価格の高騰でリセッション(景気後退)に陥るだろうと、ドイツ銀行のクリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)が述べた。ガス危機が欧州経済に及ぼすリスクが浮き彫りになる。同CEOは7日フランクフルトでのスピーチで、エネルギー価格は「しばらくの間」高止まりし「ドイツ経済への脅威」となるだろうと警告。物価の高騰と供給ボトルネックは「ドイツが景気後退をもはや回避できない」ことを意味すると述べた。ゼービング氏は「インフレの高止まりが長引くほど緊張は大きくなり、社会的な対立が発生する可能性は高まる」と語った。

(最終更新日時 2022-09-25 10:53)

ドイツ政府関係の発言・ニュース バックナンバー

ドイツ政府 カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース