ドイツ政府関係

ドイツ政府関係のイメージ画像

 2021年9月の期間中のドイツ政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2021年9月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2021年9月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-09-03][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツのマース外相は、イスラム主義組織タリバンが一定の条件を満たせばカブールでの外交活動を再開する用意があると述べた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

ドイツ政府関係による2021年9月 発言・ニュース

[2021-09-03][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツのマース外相は、イスラム主義組織タリバンが一定の条件を満たせばカブールでの外交活動を再開する用意があると述べた。

[2021-09-03][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツ政府は、アフガニスタンからの大混乱の撤収を教訓にし、EUに対して危機に対処するため、有志連合軍を素早く派遣できるよう、運用整備を呼び掛けた。

[2021-09-06][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・産経新聞は、ドイツの首都ベルリン市ミッテ区で韓国系市民団体が昨年9月に設置した慰安婦像が最大1年間延長して設置されることが決まり、日本政府が抗議したことが分かったと報じている。像の設置当初、区は日本側の働きかけを受けていったん撤去命令を出したが、韓国側の巻き返しで命令を撤回。今年9月までの設置が決まっていた。日本政府は引き続き早期の撤去を求める構えだが厳しい状況だ。

[2021-09-07][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・独連邦議会選挙(総選挙)でドイツ社会民主党の首相候補となっているショルツ財務相は、マクロン仏大統領とパリ大統領官邸で会談した。同党は直近の世論調査の支持率で首位を走る。ショルツ氏は新型コロナウイルスや気候変動問題などでの協力を確認し、自らの外交力をアピールした形だ。

[2021-09-07][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・日本経済新聞によると、ドイツの政治家へのサイバー攻撃を繰り返しているとして、独政府がロシアに抗議していたことが6日、分かった。英紙フィナンシャル・タイムズが報じた。ドイツでは26日に連邦議会選挙(総選挙)を控えており、サイバー攻撃を通じた選挙妨害への警戒が強まっている。

[2021-09-07][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ロイター通信によると、ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)は、保険大手アリアンツの米投資ファンドで巨額損失問題が昨年発生したことを受けて、同社の調査を開始した。事情を直接知る複数の関係者がロイターに明らかにした。アリアンツは、「ストラクチャード・アルファ・ファンド」を巡り、投資家から訴訟を起こされているほか、米司法省や米証券取引委員会(SEC)が調査に乗り出している。

[2021-09-13][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・アルトマイヤー独経済相「第3四半期のGDP成長率は、第2四半期の前期比1.6%増から大幅回復を予想」「第4四半期にはGDP成長率が正常化する見込み」

[2021-09-16][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツ外務省の報道官は、同国政府が中国に打診していた独海軍のフリゲート艦「バイエルン」の上海への寄港について、中国側が拒否したことを明らかにした。中国側が「寄港は望まない」との決定を下し、ドイツ側も了解したという。

ドイツ政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース