ドイツ政府関係

ドイツ政府関係のイメージ画像

 2022年1月の期間中のドイツ政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2022年1月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2022年1月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-01-03][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・リントナー独財務相「2023年から軽減税率を実施する」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

ドイツ政府関係による2022年1月 発言・ニュース

[2022-01-03][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・リントナー独財務相「2023年から軽減税率を実施する」

[2022-01-03][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・時事通信によると、ドイツ政府は気候変動対策の一環として、水素を燃料に使う発電施設の整備に向けた取り組みを進める。川崎重工業や三菱重工業などの日系企業が水素発電の研究開発に力を入れており、商機へ期待が膨らみそうだ。

[2022-01-05][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ロイター通信によると、ドイツのリントナー財務相は5日、新型コロナウイルスのオミクロン株が流行しているが、ロックダウン(都市封鎖)の再導入は避けたいとの認識を示した。ドイツは他の西欧諸国と比べると、ワクチン接種率が相対的に低く、接種を完了した人は国民の71.3%、追加接種を受けた人は39.3%となっている。ロベルト・コッホ研究所によると、5日に報告された新規感染者は5万8912人で、1週間前から47%増加。新たな死者は346人で、累計では11万2925人となった。

[2022-01-06][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツのラウターバッハ保健相は、新型コロナウイルスのオミクロン変異株が流行するなか、社会的な接触をさらに制限することを検討する必要があると指摘したほか、ブースター接種(追加接種)を受けた人の数を増やさなければならないと述べた。

[2022-01-10][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・独週刊誌デア・シュピーゲルは、ハベック副首相兼経済相(気候政策担当)がドイツの年次経済報告の形式を変更し、経済成長だけでなく持続可能性や気候変動への対応にも焦点を当てる方針だと報じている。ドイツ連邦政府は毎年1月末までに経済や金融政策、予想される経済動向に関する報告書を発表しており、これまではGDPに焦点を当ててきた。

[2022-01-10][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・リントナー独財務相「ドイツはインフレ高進の度合いを注視している」

[2022-01-11][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ロイター通信によると、ドイツのパイプライン管理会社ガスケードのデータによると、ロシア産天然ガスを欧州に輸出するパイプライン「ヤマル・ヨーロッパ」の流れが11日も東向きに「逆流」している。同パイプラインは12月21日以降ドイツからポーランドに向けて流れており、逆流は22日連続。欧州のガス価格を上昇させる圧力となっている。

[2022-01-11][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ナーゲル独連銀総裁「インフレの高進は、一概には一時的とは言えない」

[2022-01-12][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツのハベック副首相兼経済相(気候政策担当)は、ドイツが設定した気候保護目標の達成には非常に大きな課題に直面しており、今後8年間でエネルギー使用量を最大25%削減する必要があるとの報告書を発表した。報告書によると、今後10年間で二酸化炭素(CO2)の排出量を1990年の65%に削減するという目標を達成するには、エネルギー消費量の20-25%を削減することが必要となる。

[2022-01-12][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、ドイツ連邦銀行(中央銀行)のヨアヒム・ナーゲル新総裁は就任後の初スピーチで、高インフレが現在の想定よりも長期化する可能性を警告し、欧州中央銀行(ECB)政策委員らに注視するよう促した。ナーゲル氏は前任のイェンス・バイトマン氏の後を引き継ぎ、ECBの中でも保守派の政策委員となる見込みだ。

[2022-01-12][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ロイター通信によると、ドイツのパイプライン管理会社ガスケードのデータでは、ロシア産天然ガスを欧州に輸送するパイプライン「ヤマル・ヨーロッパ」の流れが12日も東向きに「逆流」している。逆流は23日連続。同パイプラインは12月21日以降ドイツからポーランドに向けて流れており、欧州のガス価格を上昇させる圧力となっている。このパイプラインはロシアの欧州・トルコ向け通常年間ガス輸出の約6分の1を占める。ガスの流れがいつドイツ方面へ転換するかは不明だが、ロシアのガスプロム関係者は月内のどこかの時点と予想した。

[2022-01-12][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ロイター通信によると、ドイツで12日に報告された新型コロナウイルスの新規感染者数が8万0430人に達し、過去最多を更新した。ワクチン接種率が比較的低い地域でオミクロン変異株が流行している。これまでの過去最多は11月26日の7万6000人強だった。累計の感染者数は766万1811人。また、死者も12日に384人増加し、累計で11万4735人となった。

[2022-01-13][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツのショルツ首相は、新型コロナウイルス感染拡大の継続が予想されるなか、一段の措置が必要とし、すべての成人に対するワクチン接種義務化を提案した。ワクチン接種義務化はドイツでは長らくタブー視されてきた。ショルツ氏の提案に対し、野党議員から義務化は社会的な分断につながるとして反対の声が上がっている。

[2022-01-14][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツ統計局「ドイツ経済は、10-12月期は縮小した公算大」

[2022-01-14][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、ドイツの昨年の経済成長率は2.7%だったと、経済省が14日発表した。同省は昨年10ー12月(第4四半期)の景気に「弱さ」が見られたとし、統計局は同四半期がマイナス成長に陥った公算が大きいとの認識を示した。

[2022-01-17][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・南ドイツ新聞は、ECBのシュナーベル専務理事がインタビューに応じ、ユーロ圏で利上げしたとしても急上昇しているエネルギー価格を押し下げることはできないと述べたと報じている。

[2022-01-17][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ベアボック独外相「ロシアと真剣に対話する用意がある」「ウクライナの主権と領土保全のため、欧州の連帯が重要なメッセージとなる」「ウクライナへのいかなる攻撃も高い代償を支払うことになるだろう」「ウクライナ東部ドンバスの人道的状況は非常に憂慮すべきもの」

[2022-01-17][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・リントナー独財務相「債務削減に賛成」「6月に始まるEUの財政規則についての適切な議論に期待」「財政面でのバッファーを再構築する時」

ドイツ政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース