ドイツ政府関係

ドイツ政府関係のイメージ画像

 2022年11月の期間中のドイツ政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2022年11月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2022年11月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-11-01][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・独政府は、ショルツ首相が、ウクライナのゼレンスキー大統領と電話会談し、政治、金融、人道、軍事面での支援継続を確約したと発表した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

ドイツ政府関係による2022年11月 発言・ニュース

[2022-11-01][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・独政府は、ショルツ首相が、ウクライナのゼレンスキー大統領と電話会談し、政治、金融、人道、軍事面での支援継続を確約したと発表した。

[2022-11-02][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ロイターは、ドイツがエネルギー危機を乗り切る対策の一環として、家計および企業が支払う電気料金に上限を設定する方針だと報じている。ロイターが草案文書を入手したという。

[2022-11-03][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・独紙ハンデルスブラットは、独連銀のブーフ副総裁がインタビューで、金融システムに対するリスクの高まりを警告したと報じている。「現在、多くのリスクが同時に存在している。個々のリスクは管理可能なように見えるが、同時に複数のリスクが発生すれば危険な状況になる」と指摘。「政府はパンデミック発生時ほど危機の影響を緩和することはできない。民間部門の一段の弾力性が必要になる」と述べたという。

[2022-11-04][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・NHKニュースによると、ドイツで人権問題や南シナ海の海洋進出などをめぐり中国への警戒感が高まる中、ショルツ首相が中国との経済的な利益を優先させているという批判が出ている。

[2022-11-08][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツのリントナー財務相は、米国のインフレ抑制法によって引き起こされた貿易摩擦を和らげるために報復措置ではなく米政府との対話を望んでいると述べた。

[2022-11-08][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ブルームバーグは、ドイツの連立与党が来年の連邦政府の純借入額を2倍以上に増やす計画だと報じている。エネルギー危機の影響緩和に充てるという。部外秘の情報だとして匿名を条件に語った関係者によると、来年の純借入額について政府は450億ユーロを目標としている。7月の発表では172億ユーロとされていた。

[2022-11-09][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・リントナー独財務相「政府は増税を考えていない」「これまでの欧州連合(EU)のルールは現実的でない」「通貨同盟間では同じルールが必要」「財政政策を通してインフレを高めてはならない」

[2022-11-10][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツ政府は、中国企業による独半導体メーカー、エルモス・セミコンダクターのウエハー工場買収を拒否する閣議決定を下した。「ドイツの秩序と安全を脅かす」恐れがあるためとしている。

[2022-11-15][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツ連邦金融監督庁のブランソン長官は、銀行に対して収益が好調なうちにリスク引当金を積み増すように求めた。一方、暗号資産(仮想通貨)市場の最近の問題によるドイツの金融安定性への波及はみられないと指摘している。

[2022-11-17][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツ国防省報道官は、ポーランドにミサイルが着弾したことを受け、同国領空の警戒活動に自国の戦闘機を派遣する用意があると表明した。「ポーランドが希望するなら、明日からでも実現可能だ」と述べている。

[2022-11-22][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツのランブレヒト国防相は、ポーランドに地上配備型迎撃ミサイルシステム「パトリオット」を配備するとともに、戦闘機ユーロファイターで防空強化を支援することで合意したと発表した。

[2022-11-22][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ナーゲル独連銀総裁「12月会合での利上げ幅を事前に言うことは時期尚早」「QTの道筋は段階的であり、市場次第」「来年早期にQT開始を12月会合で決定するよう主張する」

[2022-11-22][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・独連銀のナーゲル総裁は、0.5%の利上げでも「強力」だと述べ、2会合連続で0.75%利上げしたECBが利上げ幅を縮小する道を開いた。ただし金利はまだ経済を刺激するほど低水準で、経済を抑制する状況には「比較的遠い」との認識も示している。

[2022-11-23][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツのショルツ首相は、ウクライナ情勢がエスカレートする可能性に備える必要があるという認識を示した。「戦争の進展状況や目に見えて拡大しているロシアの失敗を踏まえると、我々は情勢のエスカレーションに備えなければならない」とし、インフラの破壊も含まれる可能性があると述べている。

[2022-11-23][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ロイター通信によると、独IFO経済研究所のクレメンス・フュースト所長は22日、ドイツ経済は特にガス供給の改善により、やや明るくなっていると述べた。

[2022-11-24][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツのショルツ首相は、ロシア産石油の価格上限水準を決定するEU加盟国間の協議について、間もなく合意に達すると「確信している」と述べた。EU外交筋によると、G7はロシア産石油の価格上限について1バレル当たり65-70ドルで設定することを検討している。

[2022-11-24][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・独IFO研究所のエコノミストは、「価格上昇圧力は沈静化」「輸出期待はわずかながらもプラスの領域に回復」「小売業界とホスピタリティー業界には少し希望の兆しが見えている」などの見解を示した。

[2022-11-28][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ロイター通信は、ドイツのIFO経済研究所によると、国内輸出産業の業況が11月に改善したと報じた。世界的な景気後退が懸念されているが、自動車産業で外需が回復している。11月の輸出見通し指数は0.4と、前月のマイナス4.6から改善。2カ月連続の上昇で6月以来の高水準となった。調査は2300社を対象に実施した。

ドイツ政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース