ドイツ政府関係

ドイツ政府関係のイメージ画像

 2019年6月の期間中のドイツ政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2019年6月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2019年6月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-06-07][NP-4.0 HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ブンデスバンク(ドイツ連邦銀行)「独の成長予測を1.6%から0.6%に変更」「2020年のGDP予測を1.6%から1.2%に、2021年を1.5%から1.3%に」「2019年のインフレ予測は1.4%に据え置き」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

ドイツ政府関係による2019年6月 発言・ニュース

[2019-06-03][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.4 CRHDP +0.0]
・ドイツの連立与党の一角、社会民主党(SPD)のナーレス党首は、党首と連邦議会議員団長をともに辞める意向を示した。5月下旬の欧州議会選で大きく議席を減らし、責任を問う声が強まっていた。辞任によって連立解消に向けた動きが加速する可能性がある。

[2019-06-04][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.4 CRHDP +0.0]
・ドイツ連立政権の一角を担う社会民主党(SPD)は、ナーレス党首の辞任を受けて暫定的に党を率いる3人を指名し、当面は連立政権にとどまると言明した。

[2019-06-04][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.4 CRHDP +0.0]
・ドイツ最大の経済団体であるドイツ産業連盟(BDI)のケンプ会長は、ドイツ連立政権を担う中道左派・社会民主党(SPD)が党首辞任で危機に陥っていることを受け、連立与党が結束して行動し速やかに信頼回復を図らなければならないと述べた。

[2019-06-05][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.4 CRHDP +0.0]
・ドイツ当局者が、同国政府が週末に福岡で開かれるG20財務相・中銀総裁会議で、最低法人税の世界的な導入案を提唱することを明らかにした、と報じている。

[2019-06-07][NP-4.0 HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ブンデスバンク(ドイツ連邦銀行)「独の成長予測を1.6%から0.6%に変更」「2020年のGDP予測を1.6%から1.2%に、2021年を1.5%から1.3%に」「2019年のインフレ予測は1.4%に据え置き」

[2019-06-07][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ブンデスバンク(ドイツ連邦銀行)「2020年のインフレ予測を1.8%から1.5%に、2021年を1.8%から1.7%に」「GDPは第2四半期に若干弱まるものの、第3四半期に持ち直すと予測」

[2019-06-07][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ブンデスバンク(ドイツ連邦銀行)「個人消費と投資は2019年以降は弱まると予測」「独の輸出は2019年下半期から上昇しはじめると予測」

[2019-06-07][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツ連邦銀行のバイトマン総裁は日本経済新聞のインタビューで「貿易摩擦が激しくなる恐れ」を経済の先行きリスクにあげた。景気は「足踏み状態」にすぎないと判断。金融緩和に転じるのは時期尚早だとの考えをにじませ、緩和を求める金融市場をけん制した。欧州中央銀行(ECB)の次期総裁については「専門知識と経験が大切」と語り、自分も有資格者だとの認識を示した。

[2019-06-11][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツのマース外相は、訪問先のイランでロウハニ大統領やザリフ外相と会談した。米国との緊張緩和や核合意維持を呼び掛けたが、原油禁輸などの制裁で苦境にあえぐイランは欧州に経済的見返りを要求したという。安倍首相とイラン側との会談でも説得は難航しそうだ。

[2019-06-11][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・独経済紙ハンデルスブラットは、オランダ金融大手INGグループがドイツ同業コメルツ銀行との経営統合を目指さない方針を決めた、と報じている。

[2019-06-11][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ロート・ドイツ欧州担当相「誰が英国の次期首相になろうとも、EUは離脱合意の再交渉はしない」

[2019-06-13][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・独経済省「第2四半期のドイツ経済は、依然として低迷したままと予想」

[2019-06-13][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・独政府報道官「トランプ米大統領によるノルド・ストリーム2(ロシアからバルト海経由で天然ガスを直接ドイツに送るパイプライン)に対する警告には、注意を払う」「ドイツ政府のノルド・ストリーム2に対するスタンスは変更ない」

[2019-06-17][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツ銀行が米国の投資銀行部門を大幅に縮小する検討に入った。過去に投資したリスクが高く十分な収益を得られない資産を切り離し、経営再建に道筋を付ける狙いがある。対象となる資産は、デリバティブ関連の資産を中心に最大500億ユーロ(約6兆円)規模に達する可能性がある。受け皿となる資産管理会社(バッドバンク)の設立や資産売却が選択肢となる。

[2019-06-17][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ブンデスバンク(ドイツ連邦銀行)「独経済は第2四半期に若干縮小するだろう」

[2019-06-18][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツのアルトマイヤー経済相が、中国は市場を開放し、独企業に対し公平な競争の場を提供する必要があるとの考えを示した、と報じている。また、今週の中国訪問中に知的財産権の保護や鉄鋼業界の過剰生産能力などについて協議することを明らかにしたという。

[2019-06-18][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・Ifo経済研究所が独の2020年の成長率予測を引き下げた。2019年のGDP予測は0.6%に据え置いたものの、2020年を前回の1.8%から1.7%に引き下げると発表した。工業部門の弱さが労働市場や国内経済に影響を与えるとしている。

[2019-06-18][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツのロート欧州担当相は、英国のEU離脱(ブレグジット)をめぐり、条件を変更しようとする英国のいかなる試みも受け入れないと表明した。

ドイツ政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース