ドイツ政府関係

ドイツ政府関係のイメージ画像

 2020年9月の期間中のドイツ政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2020年9月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2020年9月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-09-01][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツ政府が、新型コロナウイルス感染拡大が今年の国内経済に及ぼす影響について、当初想定していたほど深刻にはならないと見込んでいるものの、来年の経済成長率は下方修正する計画だと報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

ドイツ政府関係による2020年9月 発言・ニュース

[2020-09-01][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツ政府が、新型コロナウイルス感染拡大が今年の国内経済に及ぼす影響について、当初想定していたほど深刻にはならないと見込んでいるものの、来年の経済成長率は下方修正する計画だと報じている。

[2020-09-02][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツのマース外相は、訪欧した中国の王国務委員兼外相との会談後の記者会見で、「チェコに対する脅しは適切でない」と述べ、チェコを支持する考えを示した。

[2020-09-03][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツ政府のザイベルト報道官は、同国で治療中のロシア反体制派ナワリヌイ氏について、同氏に対し神経剤「ノビチョク」が使用された「疑いのない証拠」が得られたと明らかにした。

[2020-09-03][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツ政府が、ロシア反体制派ナワリヌイ氏が猛毒の神経剤ノビチョクと同じグループに属する物質で襲撃されたと発表したことを受け、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長やフランスのルドリアン外相、米国家安全保障会議(NSC)報道官などが相次ぎ非難声明を発表している。たとえばNSC報道官は、「米国は同盟国や国際社会と連携し、ロシアの関与者に責任を取らせる」と強調していた。

[2020-09-04][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツのシュパーン保健相は、新型コロナウイルス感染が再拡大しているが、今冬に感染拡大抑制のために再度全土でロックダウン(封鎖)を行なう必要はないとの見解を示した。

[2020-09-04][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツ政府が2021年度の予算編成で、少なくとも800億ユーロの財政赤字を見込んでいることが関係者の話で分かった、と報じている。新型コロナウイルス対策費が膨らむという。

[2020-09-07][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツのマース外相は6日の独紙とのインタビューで、ロシアが反体制派リーダーの毒殺未遂疑惑で適切な行動を取らない場合、建設中の独ロのパイプライン計画の見直しもあり得るとの考えを示唆した。計画見直しはドイツにとっても大きな痛手だが、疑惑を否定するロシア側への圧力を強める狙いがある。独政府は、8月に意識不明の重体となってベルリンの病院に移送されたロシアの反体制派指導者、ナワリヌイ氏について、殺傷力の極めて高いノビチョク系の神経剤が使用されたと断定しロシア側に説明を求めている。

[2020-09-08][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ショルツ独財務相「経済の回復に一段の借り入れ増が必要」「来年は追加的な大規模な借り入れが必要」「コロナ禍前の経済状態に戻るのは遅くとも2022年初旬と予想」

[2020-09-08][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツのショルツ財務相がインタビューに応じ、独経済は新型コロナウイルス感染拡大の影響から回復しつつあり、遅くとも2022年初旬にはコロナ禍前の状態に戻るとの見通しを示したと報じている。ただこれまでに得られた進展を持続させるために、政府借り入れの増加が必要になるとの考えを示したという。

[2020-09-08][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ショルツ独財務相「ロンドンからの最新のシグナルは、ブレグジット合意へ期待ができない」「ただし(最新のシグナルは)戦略なのかもしれない」「1つ明確なことは、無秩序なブレグジットは欧州には良くないが、英国と英国市民にとっては災害になるだろう」

[2020-09-08][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ショルツ独財務相が「ブレグジット合意へ期待が持てない」と発言したこともあり、ポンドは欧州連合(EU)との合意なき離脱の可能性が高まっていることで下げ幅を拡大している。

[2020-09-08][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツのショルツ財務相は8日、英国の無秩序な欧州連合(EU)からの離脱は、英国と国民にとって大惨事になるとの見方を示した。また通商交渉について、最近の英国のシグナルは「過度の期待を高めるものではない」と述べた。

[2020-09-09][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツの公共放送ARDは、同国のアルトマイヤー経済相が、ロシア反体制派リーダーであるナワリヌイ氏毒殺未遂について、「卑劣な暗殺未遂だ」と指摘したうえで、状況を明らかにしなければならないと述べた。

[2020-09-09][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツのショルツ財務相が参加したイベントで、新型コロナウイルスの感染拡大による経済への打撃に対処するため、来年に多額の借り入れを見込んでいると報じている。2022年に債務は再び、同国の憲法で定められている上限内に戻るだろうと述べたという。

[2020-09-10][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツ経済研究所(DIW)は10日、2020年独GDP成長予測を6月時点のー9.4%からー6.0%に上方修正した。

[2020-09-14][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・独仏を含む欧州5ヵ国の財務相は、「ステーブルコイン」などの暗号資産(仮想通貨)をめぐる厳格な規制を策定するよう、EUの執行機関である欧州委員会に要請する共同声明を発表した。消費者を保護すると同時に、金融政策の主権を保全する必要があるとしている。

[2020-09-14][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツ連邦情報局(BND)のカール長官が、ロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏に使用された神経剤「ノビチョク」は従来型より毒性が強かったと指摘したと報じている。

[2020-09-14][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツ政府は14日、ロシアの反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏に旧ソ連の軍用神経剤「ノビチョク」系毒物が投与されたと判断したドイツの検査結果について、フランス、スウェーデン両国の研究所も、同様の結論を下したと発表した。

[2020-09-15][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツ経済省は公表した月報で、年内の国内経済は新型コロナウイルス危機からの回復が続く見込みで、第3四半期には力強く成長する公算が大きいとする一方、危機前の水準には2022年までおそらく戻らないだろうとする見方を示した。

[2020-09-15][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・ドイツ経済省は公表した月報で、年内の国内経済は新型コロナウイルス危機からの回復が続く見込みで、第3四半期には力強く成長する公算が大きいとする一方、危機前の水準には2022年までおそらく戻らないだろうとする見方を示した。

ドイツ政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース