イングランド銀行(BOE)

イングランド銀行(BOE)のイメージ画像

 2021年1月の期間中のイングランド銀行(BOE)による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2021年1月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2021年1月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-01-07][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀のベイリー総裁は、英国がEUから完全に離脱した後の金融サービスについて、EUの立場には問題があるという認識を示した。またEU離脱の結果、金融サービス業界では5000-7000人の雇用が失われたものの、一部の予想ほどは膨らんでいないとしている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

イングランド銀行(BOE)による2021年1月 発言・ニュース

[2021-01-07][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀のベイリー総裁は、英国がEUから完全に離脱した後の金融サービスについて、EUの立場には問題があるという認識を示した。またEU離脱の結果、金融サービス業界では5000-7000人の雇用が失われたものの、一部の予想ほどは膨らんでいないとしている。

[2021-01-08][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀の市場担当エグゼクティブディレクターであるハウザー氏は講演で、新型コロナウイルス危機にともなう「現金への逃避」がノンバンク業界の金融安定性リスクに対する警鐘になったとし、中銀には同業界の問題に対処する新たな措置が必要と述べた。

[2021-01-11][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・テンレイロ英金融政策委員会(MPC)委員「マイナス金利の実現可能性に関する作業は依然として進行中」

[2021-01-11][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・テンレイロ英金融政策委員会(MPC)委員「マイナス金利検討は遅すぎではない」

[2021-01-12][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀金融政策委員会のテンレイロ委員は、マイナス金利政策の導入で英経済が押し上げられるとの考えを示した。英中銀は現在、マイナス金利政策導入の是非を検討中。来月の金融政策委員会後に見解を表明すると予想されている。

[2021-01-12][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀の監督部門は、英国が昨年末にEUから完全離脱したあとも、EUに本拠を置く銀行のロンドンの拠点に対する監督方法を大きく変えることはないと述べた。

[2021-01-13][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀のブロードベント副総裁は、新型コロナウイルス感染拡大によるインフレへの中期的な影響は限定される可能性があると述べた。

イングランド銀行(BOE)の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース