イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース

イングランド銀行(BOE)

 イングランド銀行(英: Bank of England、正式名称:the Governor and Company of the Bank of England)は連合王国(イギリス)の中央銀行で、一般に正式名称から頭文字を取って「BOE」と呼ばれている。

 産業革命を他国に先駆けて行ったイギリスの経済状態が世界経済に与える影響は小さく無く、過去にもポンド危機などを世界に大きな影響を与えた過去を持っている。

 この項目はイギリス銀行関係者など複数人による発言やニュースを元にしたHDP・RHDPとなるため悪魔で目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -0.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-11-06][NP-5.0 HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラムスデンBOE(イングランド銀行)副総裁「英失業はすでにかなり高まっている」「労働市場の状況は将来の政策決定の重要な決定要因」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

イングランド銀行(BOE)関係 最近の発言・ニュース

[2020-11-19][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀のチーフエコノミストであるハルデーン理事は、新型コロナウイルス感染拡大抑制に向けた措置がイングランドで新たに導入されたにもかかわらず、2021年の景気見通しは数週間前に比べ「大幅に改善」したと述べた。

[2020-11-18][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・ラムスデンBOE副総裁「インフレ目標達成のために必要な追加措置を講じる準備ができている」「コロナワクチンは回復力を強化し、長期的なリスクの一部を軽減する可能性」「ワクチンニュースには勇気づけられるが、予測を上方修正できるかは明確ではない」
・英中銀のベイリー総裁は、新型コロナウイルスのパンデミックにより、英経済は永続的な変化を遂げつつあり、金融サービス業は今後必要な投資を支援するために「広範なコミットメント」を行わなければならないと述べた。
・英中銀のラムスデン副総裁は、新型コロナウイルス感染症ワクチン開発をめぐる前向きな動きは英経済が直面するリスクの軽減につながるとしながらも、英中銀が景気見通しを上方修正する公算は小さいと述べた。
・ホールデン英MPC委員「英国の経済成長は、第3四半期時点の予想を上回っている」
・ホールデン英MPC委員「マイナス金利には、重要な恩恵がある」

[2020-11-16][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP +0.0]
・英中銀のカンリフ副総裁は、デジタル通貨の影響から銀行を守るのが中銀の仕事ではないという考えを示した。デジタル通貨が普及した場合、従来の銀行口座でお金を保有しようとする考えが大幅に低下する可能性がある。

[2020-11-11][NP-4.6 HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP +0.0]
・テンレイロ英中銀金融政策委員会(MPC)委員「低金利の世界が長く続くことになる」「欧州はマイナス金利政策の肯定的な証拠を反映」

[2020-11-09][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・英中銀は、半期に一度の金融安定報告書の公表を12月11日日本時間午後4時に延期すると発表した。従来は日本時間11日午前2時の公表が予定されていた。

[2020-11-07][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・イングランド銀行(英中銀)のブロードベント副総裁は6日、銀行のバランスシートに圧力がかかっている中で、マイナス金利が逆効果になる可能性を考慮する必要があると述べた。

[2020-11-06][NP-5.0 HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラムスデンBOE(イングランド銀行)副総裁「英失業はすでにかなり高まっている」「労働市場の状況は将来の政策決定の重要な決定要因」

[2020-11-05][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・英中銀は本日の会合でマイナス金利を検討しているようだという。
・英中銀は約1500億ポンドの量的緩和(QE)拡大を発表する見通しという。なお、現時点での市場予想は1000億ポンドの拡大。
・ラムスデンBOE副総裁「2021年の資産購入プログラムの詳細は12月に発表」「英MPCは金融や財政引き締めで経済鈍化が進むことを避けたい」
・英中銀総裁「英国の生産高は2022年第1四半期まで19年の水準を回復出来ない公算が大きい」

[2020-11-04][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・英中銀(BOE)は4日、英中銀金融政策委員会(MPC)の公表時間を明日5日の午前7時(日本時間16時)に前倒しすると発表した。

[2020-10-22][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・英中銀のラムスデン副総裁は、マイナス金利政策について、銀行の融資能力を損なうリスクがあるとし、現時点では正しい景気刺激策ではないとの考えを示した。
・ホールデン英中銀金融政策委員会(MPC)委員「BOEはマイナス金利を検討しているが、導入の準備を意味していない」「マイナス金利に関する新たな情報はない」

(最終更新日時 2020-11-20 19:01)

イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース バックナンバー

イングランド銀行(BOE)関係 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース