イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース

イングランド銀行(BOE)

 イングランド銀行(英: Bank of England、正式名称:the Governor and Company of the Bank of England)は連合王国(イギリス)の中央銀行で、一般に正式名称から頭文字を取って「BOE」と呼ばれている。

 産業革命を他国に先駆けて行ったイギリスの経済状態が世界経済に与える影響は小さく無く、過去にもポンド危機などを世界に大きな影響を与えた過去を持っている。

 この項目はイギリス銀行関係者など複数人による発言やニュースを元にしたHDP・RHDPとなるため悪魔で目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-06-03][NP+2.0 HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.3]
・スコットランド紙「プレス・アンド・ジャーナル」は、英中銀のラムスデン副総裁がインタビューで、英国経済は今年の半ばにかけて成長が減速した後、年末に向けて上向くとの見方を示した、と報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

イングランド銀行(BOE)関係 最近の発言・ニュース

[2019-07-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.3]
・英中銀金融政策委員会のテンレイロ委員は、英国が条件などで合意しないままEUを離脱した場合は、英中銀は利下げに動く公算が大きいとしながらも、利上げが必要になるリスクも若干存在しているとの見方を示した。

[2019-06-26][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.3]
・テンレイロ英MPC(金融政策委員会)委員「経済がBOEの見通し通りなら、金利は限定的なペースで上昇するだろう」「5月のインフレリポートからの見通しに合意」
・サンダースMPC委員「英経済はBOEの見通しよりも若干良好」「市場とBOEの見解の違いはBOEの信頼性を損なうものにはならない」

[2019-06-20][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.3]
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「0.75%の政策金利の据え置きを9対0で決定。資産買い入れプログラムの規模の維持を9対0で決定した」
・英中銀金融政策委員会(MPC)は政策金利を市場予想通りに0.75%で据え置き、資産買取プログラムも4350億ポンドを維持した。指標発表直後、小幅ながらポンドドルは本日の高値を更新し1.2727ドルまで上がったが、その後は1.2690ドル近辺まで下落。ポンド円も137.10円前後から136.80円付近まで下がっている。
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「4-6月期のGDP見通しを±0.0%に引き下げ(前回は+0.2%)」「CPIは今年の遅くにインフレ目標の2%以下に低下するだろう」「インフレ期待は依然として抑制されている」

[2019-06-19][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.3]
・イングランド銀行(英中央銀行、BOE)金融行政委員会(FPC)のメンバーであるアニルカシャップ氏は18日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)が決まった国民投票以降に英国が海外マネーへの依存度を強めていると指摘、こうした海外マネーが突如として英国から流出するリスクに懸念を示した。議員に向けたリポートで述べた。

[2019-06-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.3]
・サンダース英中銀金融政策委員会(MPC)委員「英国の中立金利は2%程度」
・英中銀金融政策委員会(MPC)のソーンダーズ委員は講演で、中銀が金融市場の予想に先んじて利上げを実施する必要があるとし、EU離脱をめぐる先行き不透明性がすべて払拭されるまで利上げを待つ必要はないとの考えを示した。
・サンダースMPC委員「BOE(イングランド銀行)が早期に利上げする可能性はある」
・ブリハ英中銀政策委員「5月以降のデータに落胆」「経済の下方リスクが強まっている」
・英中銀のブロードベント副総裁は11日、「無秩序なEU離脱が生じた場合、英金利の動きは予想出来ない」などの見解を示した。
・英中銀のブロードベント副総裁は、英国のEU離脱が円滑に進み、経済が予想通りに成長すれば、英国の金利は市場の予想よりもやや速いペースで上昇する必要があるとの考えを示した。

[2019-06-03][NP+2.0 HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.3]
・スコットランド紙「プレス・アンド・ジャーナル」は、英中銀のラムスデン副総裁がインタビューで、英国経済は今年の半ばにかけて成長が減速した後、年末に向けて上向くとの見方を示した、と報じている。

[2019-05-30][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.9 CRHDP +0.1]
・ラムスデンBOE副総裁「直近のBOE予測よりも英経済成長に対してやや悲観的」「EU離脱がスムースに実施されれば、景気は底打ちするだろう」「景気底打ちとなれば、より引き締め策が望ましい」

[2019-05-21][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.9 CRHDP +0.1]
・英中銀のブロードベント副総裁は、英国が合意ないままEUから離脱した場合、英企業はその影響緩和に向け保留中の投資計画を中止する可能性があると述べた。

[2019-05-17][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.9 CRHDP +0.1]
・英中銀のウッズ副総裁は、EU離脱後に銀行規制を弱めないよう警告した。

[2019-05-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.9 CRHDP +0.1]
・イングランド銀行(英中銀)金融政策委員会のソーンダーズ委員は、欧州連合(EU)離脱が順調に実施されて景気が上向いても、金利が大幅あるいは急速に引き上げられる公算は小さいと述べた。9日付のノーザン・エコー紙が報じた。

(最終更新日時 2019-07-12 21:17)

イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース バックナンバー

イングランド銀行(BOE)関係 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース