イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース

イングランド銀行(BOE)

 イングランド銀行(英: Bank of England、正式名称:the Governor and Company of the Bank of England)は連合王国(イギリス)の中央銀行で、一般に正式名称から頭文字を取って「BOE」と呼ばれている。

 産業革命を他国に先駆けて行ったイギリスの経済状態が世界経済に与える影響は小さく無く、過去にもポンド危機などを世界に大きな影響を与えた過去を持っている。

 この項目はイギリス銀行関係者など複数人による発言やニュースを元にしたHDP・RHDPとなるため悪魔で目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-11-07][NP-2.0 HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.3]
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「0.75%の政策金利の据え置きを7対2で決定。2人が利下げを主張した」「EU離脱や世界経済のリスクが高まれば、利下げの必要もある」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「2020年央から22年第4四半期までインフレ率は目標を上回る」との見方を示した。また20年第4四半期の成長予測を従来の+1.5%から+1.6%に引き上げる一方、21年第4四半期の成長予測は+2.2%から+1.8%に引き下げた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

イングランド銀行(BOE)関係 最近の発言・ニュース

[2019-11-07][NP-2.0 HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.3]
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「0.75%の政策金利の据え置きを7対2で決定。2人が利下げを主張した」「EU離脱や世界経済のリスクが高まれば、利下げの必要もある」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「2020年央から22年第4四半期までインフレ率は目標を上回る」との見方を示した。また20年第4四半期の成長予測を従来の+1.5%から+1.6%に引き上げる一方、21年第4四半期の成長予測は+2.2%から+1.8%に引き下げた。

[2019-11-04][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.2 CRHDP -0.3]
・英中銀の次期総裁候補として、英政府がシャフィク同中銀元副総裁を支持していると報じている。

[2019-10-21][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.2 CRHDP -0.3]
・英中銀は、年一回実施している銀行ストレステスト(健全性審査)の結果を日本時間12月11日午前2時に公表することを明らかにした。

[2019-10-18][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.2 CRHDP -0.3]
・英中銀副総裁「円滑なEU離脱なら利上げが検討の対象になる」
・ラムスデンBOE副総裁「円滑なブレグジットは利上げを協議する話し合いの対象になる」「ポンドの乱高下は物事を複雑にする」

[2019-10-17][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.2 CRHDP -0.3]
・英中銀総裁は、マイナス金利が英中銀のツールキットに含まれると考えず、と発言した。

[2019-10-15][NP-4.6 HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.2 CRHDP -0.3]
・ブリハ英金融政策委員会(MPC)委員「合意なき離脱となれば、刺激策が必要となる場合も」「離脱が遅れれば、金利引き下げも」

[2019-09-27][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP -0.1]
・イングランド銀行(英中銀)金融政策委員会のソーンダーズ委員は27日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る高度の不確実性が根強いという可能性が高いシナリオにおいて、英中銀は利下げを迫られるとの見方を示した。ソーンダース氏は北部イングランドの地元財界との会合で「英国が合意なき離脱を回避すれば、金融政策はどちらの方向にも動く可能性がある。私は政策金利の次の動きは引き上げでなく、引き下げとみるのが妥当と考えている」と述べた。
・ニューヨーク連銀は27日、14日物レポで490億ドルの資金供給を実施した。

[2019-09-19][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP -0.1]
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「0.75%の政策金利の据え置きを9対0で決定。資産買い入れプログラムの規模の維持を9対0で決定した」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「第3四半期GDP見通しを0.3%から0.2%へ下方修正」「今年のインフレは2%を下回る水準を維持するだろう」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「根本的な英成長は減速しているが、わずかにポジティブ」「ブレグジットの不確実性は製造業の成長を弱めている」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「円滑なブレグジットおよび世界経済が回復すれば、利上げは限定的で段階的ながらも必要だろう」

[2019-09-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP -0.1]
・ブレイザーBOE高官「BOEは貸し手のブレグジットショックに対して十分に準備している」「差し迫った総裁交代がBOEの方針を後退させることはない」
・ブリハ英中銀金融政策委員会(MPC)委員「金利は何年間かは低くとどまるだろう」「リセッションが通り過ぎたとは思わない」

[2019-09-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP +0.0]
・イングランド銀行(英中銀)が発表した調査で、英国民の向こう1年のインフレ期待は、約6年ぶりの高水準となった。ただ、長期的なインフレ期待は低下した。向こう1年のインフレ期待は3.3%。5月の3.1%から上昇し、2013年11月以来の高水準となった。英国の合意なき欧州連合(EU)離脱の可能性が高まり、輸入物価を押し上げるポンド安が進行したことが背景にある。

(最終更新日時 2019-11-08 18:10)

イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース バックナンバー

イングランド銀行(BOE)関係 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース