イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース

イングランド銀行(BOE)

 イングランド銀行(英: Bank of England、正式名称:the Governor and Company of the Bank of England)は連合王国(イギリス)の中央銀行で、一般に正式名称から頭文字を取って「BOE」と呼ばれている。

 産業革命を他国に先駆けて行ったイギリスの経済状態が世界経済に与える影響は小さく無く、過去にもポンド危機などを世界に大きな影響を与えた過去を持っている。

 この項目はイギリス銀行関係者など複数人による発言やニュースを元にしたHDP・RHDPとなるため悪魔で目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-11-07][NP-2.0 HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.3]
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「0.75%の政策金利の据え置きを7対2で決定。2人が利下げを主張した」「EU離脱や世界経済のリスクが高まれば、利下げの必要もある」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「2020年央から22年第4四半期までインフレ率は目標を上回る」との見方を示した。また20年第4四半期の成長予測を従来の+1.5%から+1.6%に引き上げる一方、21年第4四半期の成長予測は+2.2%から+1.8%に引き下げた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

イングランド銀行(BOE)関係 最近の発言・ニュース

[2020-01-15][NP-4.6 HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP -0.2]
・サンダースMPC委員「中立金利はBOEの見通しよりも低くなる可能性」「英労働市場が弱くなるリスクがある」
・サンダースMPC委員「ブレグジットの不確実性は引き続き経済の重し」「BOEの政策余地はほとんどないにも関わらず、積極的な行動が必要」

[2020-01-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.8 CRHDP -0.1]
・テンレイロ英中銀金融政策委員会(MPC)委員「労働市場は一段と引き締まる動きにはなっていない」「成長が回復しなければ、一段の刺激策が必要である可能性」
・テンレイロ英中銀金融政策委員会(MPC)委員「今後数カ月の間に刺激策を議論する予定」
・テンレイロ英中銀委員「今後数ヶ月の間、我々は刺激策を議論するであろう」

[2020-01-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.3]
・イングランド銀行(英中央銀行)が2日発表した月次調査によると、英企業は英国の欧州連合(EU)離脱に伴う不確実性が持続すると見込んでいるものの、離脱に伴う売上高への影響を巡る懸念は緩和していることが示された。

[2019-12-23][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.3]
・英中銀金融政策委員会のハスケル委員は実施した講演で、英中銀はただちに利下げを実施し、中銀が対応不能になるまで経済が減速するリスクを冒すべきではないとの考えを示した。

[2019-12-20][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.3]
・イングランド銀行(英中央銀行)は18日、同中銀の記者会見の音声データが悪用され、一部のヘッジファンドが他の市場参加者よりも数秒早く、会見内容を把握できる状態となっていたことを認めた。

[2019-12-19][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.3]
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「0.75%の政策金利の据え置きを7対2で決定。2人が利下げを主張した。」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「第4四半期GDP見通しを前回の+0.2%から+0.1%に下方修正」「リスクが具体化せず、経済が全体的に予想通り回復すれば、緩やかに政策を引き締め、段階的な利上げが必要となる可能性」
・イングランド中銀(BOE)の政策金利の公表を控え、ポンドは一瞬売りが先行し、ポンドドルは1.3054ドル、ポンド円は142.92円まで下押したが、すぐに買い戻しが入り、ポンドドルは1.3133ドルまで一転高値を更新し、ポンド円は143.80円近辺まで切り返した。BOEは7対2で政策金利の据え置きを決定した。前回同様にサンダースMPC委員とハスケルMPC委員が0.25%の利下げを主張した。

[2019-12-18][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.3]
・英中銀のカーニー総裁は、世界的な金融緩和が続く現状について、通商および財政政策との協調がなければ、中銀が持つ政策手段が効果を失うリスクがあると警告した。

[2019-12-17][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.3]
・BOE「7つの銀行すべてが2019年ストレステストに合格」「英国最大の銀行はストレステストに合格」「ストレスシナリオには世界経済の2.6%の収縮が含まれる」
・英中銀は公表した金融安定報告において、香港の社会不安を受けて、4月以降、最大50億ドルの投資資金が香港から流出したと発表した。

[2019-11-07][NP-2.0 HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.3]
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「0.75%の政策金利の据え置きを7対2で決定。2人が利下げを主張した」「EU離脱や世界経済のリスクが高まれば、利下げの必要もある」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「2020年央から22年第4四半期までインフレ率は目標を上回る」との見方を示した。また20年第4四半期の成長予測を従来の+1.5%から+1.6%に引き上げる一方、21年第4四半期の成長予測は+2.2%から+1.8%に引き下げた。

[2019-11-04][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.2 CRHDP -0.3]
・英中銀の次期総裁候補として、英政府がシャフィク同中銀元副総裁を支持していると報じている。

(最終更新日時 2020-01-16 13:22)

イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース バックナンバー

イングランド銀行(BOE)関係 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース