イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース

イングランド銀行(BOE)

 イングランド銀行(英: Bank of England、正式名称:the Governor and Company of the Bank of England)は連合王国(イギリス)の中央銀行で、一般に正式名称から頭文字を取って「BOE」と呼ばれている。

 産業革命を他国に先駆けて行ったイギリスの経済状態が世界経済に与える影響は小さく無く、過去にもポンド危機などを世界に大きな影響を与えた過去を持っている。

 この項目はイギリス銀行関係者など複数人による発言やニュースを元にしたHDP・RHDPとなるため悪魔で目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-10-18][NP+3.0 HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.0]
・英中銀のカンリフ副総裁は、英国の賃金の伸びは2.5-3.0%で安定しているが、3%を超えるのは困難になっているため、政策担当者はこのところの改善に過度に反応するべきではないとの見解を示した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2018-11-29][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP -0.3]
・イングランド銀行(BOE)「無秩序なEU離脱はGDPを8%押し下げ、ポンドを25%下落させる」「資本増強が必要な銀行はない」
・イングランド銀行(BOE)「合意なき離脱の場合、5年後の英GDPは予想比で最大7.75%の下振れ」「合意なき離脱の場合、失業率は最大7.5%に上昇」「合意なき離脱の場合、インフレは最大6.5%に急伸」
・英中銀は、国内主要7行を対象に行った年次のストレステスト(健全性審査)の結果を公表し、全行が合格したと明らかにした。また、英国がEU離脱(ブレグジット)を合意のないまま迎えることになっても、融資を抑制せずに対処できるとしている。

イングランド銀行(BOE)関係 最近の発言・ニュース

[2018-11-29][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP -0.3]
・イングランド銀行(BOE)「無秩序なEU離脱はGDPを8%押し下げ、ポンドを25%下落させる」「資本増強が必要な銀行はない」
・イングランド銀行(BOE)「合意なき離脱の場合、5年後の英GDPは予想比で最大7.75%の下振れ」「合意なき離脱の場合、失業率は最大7.5%に上昇」「合意なき離脱の場合、インフレは最大6.5%に急伸」
・英中銀は、国内主要7行を対象に行った年次のストレステスト(健全性審査)の結果を公表し、全行が合格したと明らかにした。また、英国がEU離脱(ブレグジット)を合意のないまま迎えることになっても、融資を抑制せずに対処できるとしている。

[2018-11-23][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP -0.3]
・サンダースBOE委員「BREXITの不透明感の終焉は経済に反映されるだろう」

[2018-11-21][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP -0.3]
・英中銀が、EU離脱が金融システムや広範な経済に及ぼすと想定される影響について、分析結果をまとめて今月末に報告すると報じている。報告書はメイ英首相が提案したEU離脱合意に対する英中銀の評価が記載されており、11月29日に英下院の財務特別委員会に提出されるという。

[2018-11-20][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP -0.3]
・ホールデン英MPC(金融政策委員会)委員「ブレグジットの不透明性は第4四半期の減速につながる可能性」「合意なきブレグジットリスクの兆候が設備投資に早くも見られている」
・サンダース英MPC委員「第4四半期と、2019年の第1四半期の経済成長は今年の第3四半期が強かったため弱まるだろう」「ブレグジットにより幅広い金利の見通しになる」「政策金利はこれ以上引き締めるのか緩めるのか分からない」

[2018-11-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP -0.3]
・英中銀のハルデーン理事は、英国のEU離脱問題で、生産性と生活水準の向上に対する政府、および企業の注意がそがれているとの認識を示した。

[2018-11-01][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP -0.3]
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「0.75%の政策金利の据え置きを9対0で決定。資産買い入れプログラムの規模の維持を9対0で決定した」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「生産ギャップは解消し景気は2019年終盤から過熱へ」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「2018年成長率予測を前回から0.1ポイント引き下げ1.3%」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「いかなる利上げも緩やかなペースで、限られた範囲となる可能性が高い」「景気が予想通りに進展すれば継続的な引き締めが必要」
・イングランド銀行(BOE、英中銀)四半期の物価報告(インフレリポート)「2018年のGDP見通しは+1.3%に下方修正」「2019年のGDP見通しは+1.7%に下方修正」「2020年のGDP見通しを+1.7%に据え置き」「2021年のGDP見通しは+1.7%」
・イングランド銀行(BOE、英中銀)四半期の物価報告(インフレリポート)「1年後のインフレ率は2.10%(前回2.15%)」「2年後のインフレ率は2.12%(前回2.09%)」「3年後のインフレ率は2.03%(前回2.03%)」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「生産ギャップは解消しており、景気は2019年遅くに過熱する見込み」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「出力ギャップが縮小、2019年末には景気は過熱へ」「金利の上昇は段階的に」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「労働市場はひっ迫し、国内コストは上昇」

[2018-10-18][NP+3.0 HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.0]
・英中銀のカンリフ副総裁は、英国の賃金の伸びは2.5-3.0%で安定しているが、3%を超えるのは困難になっているため、政策担当者はこのところの改善に過度に反応するべきではないとの見解を示した。

[2018-10-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.2]
・ラムスデン・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁「英企業は欧州連合(EU)離脱=ブレグジットに関する不透明感が晴れることを望んでいる」

[2018-10-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.2]
・ホールデン英MPC(金融政策委員会)委員「英国の賃金上昇は限界があり、緩やか」「賃金上昇の新たな夜明けの兆候は見えるが、光は緩やかにしか見えない」

[2018-10-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.2]
・イングランド銀行(英中央銀行)は欧州連合(EU)に対し、「クリフエッジブレグジット(英国の無秩序なEU離脱)」リスクからクロスボーダーの金融サービスを守るため一段の行動を求めた。 英国のEU離脱まで6カ月を切り、英仏海峡間で事業を行う企業にとって新たな障壁が生まれる可能性が意識される中、英中銀は保険やデリバティブ、データ移転にリスクがあると指摘した。

(最終更新日時 2018-11-30 16:38)

イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース バックナンバー

イングランド銀行(BOE)関係 カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース