イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース

イングランド銀行(BOE)

 イングランド銀行(英: Bank of England、正式名称:the Governor and Company of the Bank of England)は連合王国(イギリス)の中央銀行で、一般に正式名称から頭文字を取って「BOE」と呼ばれている。

 産業革命を他国に先駆けて行ったイギリスの経済状態が世界経済に与える影響は小さく無く、過去にもポンド危機などを世界に大きな影響を与えた過去を持っている。

 この項目はイギリス銀行関係者など複数人による発言やニュースを元にしたHDP・RHDPとなるため悪魔で目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -0.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-12-03][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.7 CRHDP -0.1]
・サンダース英MPC委員「12月の政策判断では、オミクロン株の感染状況が重要な材料」「オミクロン株のデータを待つことに利点がある」「インフレ率が予想通りに上昇した場合、利上げが適切」「利上げを先送りすることは、犠牲を伴う」
・サンダース英MPC委員「利上げを先送りしなければ、利上げ幅は限られる」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

イングランド銀行(BOE)関係 最近の発言・ニュース

[2021-12-03][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.7 CRHDP -0.1]
・サンダース英MPC委員「12月の政策判断では、オミクロン株の感染状況が重要な材料」「オミクロン株のデータを待つことに利点がある」「インフレ率が予想通りに上昇した場合、利上げが適切」「利上げを先送りすることは、犠牲を伴う」
・サンダース英MPC委員「利上げを先送りしなければ、利上げ幅は限られる」

[2021-12-02][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀のベイリー総裁は、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の出現をめぐり、新型コロナによる経済への影響はパンデミック開始時と比べると薄れているものの、影響はなお強いとの認識を示した。

[2021-12-01][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀金融政策委員会のマン委員は参加したイベントで、新たに検出された新型コロナウイルス変異株「オミクロン」が消費者信頼感の打撃となり、英経済の回復が弱まる可能性があると述べた。一方で、オミクロン株がインフレを押し上げる可能性もあるとしている。

[2021-11-30][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英BBCは、同国の対外情報機関、秘密情報部(MI6)のムーア長官が、中国が機微情報の収集を世界規模で強化し、他国への影響力増大を図っていると明らかにしたと報じている。「データの罠」と表現し、「自国の社会に関する死活的なデータへのアクセスを他国に許せば、やがて主権が損なわれるだろう」と警告したという。
・マンMPC英中銀委員「オミクロン変異株、英国の需要や信頼感を損なう可能性もある」
・キャサリン・マン英中銀金融政策委員会(MPC)委員「利上げについて議論するのは時期尚早」

[2021-11-29][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀の新チーフエコノミストのピル氏は英産業連盟での講演で、新型コロナウイルスのパンデミック後で初めてとなる政策金利の引き上げの計画を実行に移す道は明らかだと述べた。「わたしの考えでは、いまや政策を実行に移す準備が整った」と表明している。
・ブルームバーグによると、イングランド銀行(英中央銀行)のチーフエコノミストを務めるヒュー・ピル氏は、新型コロナウイルスの新たな変異株やロックダウン(都市封鎖)の再導入リスクが景気回復に対する政策当局者の見方を一変させる可能性があると述べた。

[2021-11-27][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・CNBCが報じたところによると、「米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)はアフリカ南部で新たに確認された新型コロナ変異株に対応するワクチンを試験中」のようだ。

[2021-11-26][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀のベイリー総裁は、経済状況に関する発言と英中銀の政策金利をめぐる見解との違いを定義するのは難しいと述べた。
・ピル英中銀金融政策委員会(MPC)委員兼チーフエコノミスト「雇用市場は引き続き堅調」「雇用市場が引き続き堅調なら、金利は今後数カ月で徐々に上昇する必要」「インフレが引き続き目標を上回っていると予測される場合、利上げを継続できる」「一方、インフレが目標を下回ると予測される場合、維持するか利下げすることができる」「 政策行動のための準備が整った」

[2021-11-25][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・テンレイロ英中銀金融政策委員会(MPC)委員「緩やかな金融引き締めを予想。タイミングはデータ次第」「利上げ時期について12月か2月になるかは言いたくない」

[2021-11-24][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀のベイリー総裁は議会上院で、ステーブルコイン(法定通貨を裏付け資産とする仮想通貨)が規制された安全な通貨として発展する可能性はないと確信しており、将来的な電子決済の手段としては中央銀行デジタル通貨(CBDC)の方が可能性は高いと述べた。また、ステーブルコインが規制の必要な通貨としての機能を持つかどうかについては「懐疑的」だと指摘。とくに金融の安定性に貢献するためには、CBDCの方が代替として適していると述べている。
・英中銀金融政策委員会のハスケル委員は講演で、労働市場の引き締まりを受け賃金が生産性より速く上昇し、インフレに上昇圧力がかかる恐れがあるとし、英中銀は労働コストの上昇を注視する必要があるとの見方を示した。
・ブルームバーグによると、イングランド銀行(英中央銀行)のベイリー総裁は23日、コロナ禍の景気を刺激する目的で実施した総額8950億ポンド(約138兆円)の債券購入について、いずれは巻き戻す必要があるとの認識を示した。ベイリー総裁は上院経済問題委員会で、「これだけ大規模なバランスシートを恒久的に維持していくことはできない」と証言。「縮小させる必要があり、そのための政策を用意しなければならない」と語った。

[2021-11-22][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中央銀行のベイリー総裁は、英紙「サンデー・タイムズ」との会見で、「インフレ率の高止まりを懸念しているが、懸念されているほど長期化しない可能性もある」との見方を伝えた。
・英中銀のチーフエコノミストのピル氏は、12月に利上げが決定される可能性が高まっているが、自身が最終的な判断を下したわけではないと述べた。また、市場はより長期的な視点を重視したほうが良いと主張している。
・英紙サンデー・タイムズは、ベイリー英中銀総裁がインタビューで、インフレ率が高止まりすることを懸念しているが、懸念されているほど長期化しない可能性もあると述べたと報じている。総裁は「双方のリスクがある。二次的な影響が出れば、高止まりする可能性があるというのが、我々の懸念だ」と指摘。とくに賃金交渉と労働市場の動向を懸念していると述べていた。

(最終更新日時 2021-12-04 12:27)

イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース バックナンバー

イングランド銀行(BOE)関係 カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース