イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース

イングランド銀行(BOE)

 イングランド銀行(英: Bank of England、正式名称:the Governor and Company of the Bank of England)は連合王国(イギリス)の中央銀行で、一般に正式名称から頭文字を取って「BOE」と呼ばれている。

 産業革命を他国に先駆けて行ったイギリスの経済状態が世界経済に与える影響は小さく無く、過去にもポンド危機などを世界に大きな影響を与えた過去を持っている。

 この項目はイギリス銀行関係者など複数人による発言やニュースを元にしたHDP・RHDPとなるため悪魔で目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -0.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-12-05][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・英国市場では来週15日、英国中銀の政策会合が予定されている。英中銀については政策委員会メンバー、スワティ・ディングラ氏が12月3日、「追加利上げで、より深刻かつ長期の景気後退(リセッション)につながる可能性がある」という見通しを示した。今週から15日にかけては当座の大幅利上げ観測がポンドの押し目買いを支援する一方、会合前のポジション調整や先行きの景気悪化リスクなどがポンドの戻り売り要因として注視される。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

イングランド銀行(BOE)関係 最近の発言・ニュース

[2022-12-05][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・英国市場では来週15日、英国中銀の政策会合が予定されている。英中銀については政策委員会メンバー、スワティ・ディングラ氏が12月3日、「追加利上げで、より深刻かつ長期の景気後退(リセッション)につながる可能性がある」という見通しを示した。今週から15日にかけては当座の大幅利上げ観測がポンドの押し目買いを支援する一方、会合前のポジション調整や先行きの景気悪化リスクなどがポンドの戻り売り要因として注視される。

[2022-12-01][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ブルームバーグによると、イングランド銀行(英中央銀行)のチーフエコノミスト、ヒュー・ピル氏は、英国のインフレ率が来年に低下を始めるとの見通しを示した。天然ガス価格が安定し、その後に下がり始めることが前提だという。

[2022-11-30][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ペロシ下院議長「鉄道スト回避することを目指し法案を明日発表へ」
・ブルームバーグによると、イングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会(MPC)のマン委員は、企業が設定する価格にインフレ期待が「ますます定着」しつつあり、目標とする2%の2倍の水準に向かっていると主張した。

[2022-11-29][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ブルームバーグによると、イングランド銀行(英中央銀行)は、最近の市場混乱の沈静化を図るために購入した国債の売却を開始する。
・マン英MPC(金融政策委員会)委員「インフレは、英国企業に定着しつつある」「基調的なインフレに劇的な変化の兆し」
・英下院の外交委員会は、同委員会議員が29日から12月2日の日程で台湾を訪問すると発表した。蔡総統と会談するほか、台湾で国家安全局を管轄する総統諮問機関、国家安全会議の顧立雄秘書長とも面会するという。

[2022-11-25][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ブルームバーグによると、イングランド銀行(英中央銀行)は、インフレ率を2%に戻すため、たとえ家計をより圧迫することになっても利上げを続けなければならない。タカ派で知られるラムズデン副総裁と金融政策委員会(MPC)のマン委員が24日、それぞれこうした見解を示した。

[2022-11-25][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ブルームバーグによると、イングランド銀行(英中央銀行)は、インフレ率を2%に戻すため、たとえ家計をより圧迫することになっても利上げを続けなければならない。タカ派で知られるラムズデン副総裁と金融政策委員会(MPC)のマン委員が24日、それぞれこうした見解を示した。
・英中銀金融政策委員会のマン委員は、英インフレが今後、中銀が今月初めに示した予測レンジの上限に達するという見通しを示した。
・英中銀が3日公表したインフレ報告の確率分布図(ファンチャート)は、28%の確率で2年後のインフレ率が3%を超えている可能性を示唆している。
・ECB理事会メンバーでもあるクノット・オランダ中銀総裁は、インフレを効果的に低下させるためにECBがどこまで金利を引き上げる必要があるかはまだ分からないと述べた。

[2022-11-24][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ピル英中銀金融政策委員会(MPC)委員兼チーフエコノミスト「インフレ率が目標水準まで持続的に戻ることを確実にするため、さらなる措置が必要である可能性が高い」「金融政策はデータの進展次第」
・英中銀のチーフエコノミスト、ピル氏は、インフレ率を中銀目標の2%に持続的に回帰させるためには追加利上げが必要になる可能性が高いと述べた。
・英中銀は、金融市場の安定化に向けて9月28日から10月14日までに緊急的に買い入れた193億ポンドの長期債および指数連動債の一部を売却する計画の詳細を発表した。
・ピル英中銀金融政策委員会(MPC)委員兼チーフエコノミスト「MPCは英国債売却への移行決定が少し遅かったのかもしれない」「BOEは準備金への干渉を受け入れられない」「政府が銀行に課税したいのであれば、BOEを通じてではなく、透明性をもって課税すべき」
・マン英中銀金融政策委員会(MPC)委員「英国のリスクプレミアムは依然として存在し、為替レートに反映されている」「インフレは目標の2%を大幅に上回ると予想」

[2022-11-23][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ロイターは、英中銀が発表した報告書で、量的緩和(QE)プログラムでの損失補填に向け、英財務省が英中銀に対し2023-24年に300億ポンド以上を支払わなければならない可能性があることが分かったと報じている。

[2022-11-22][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・BOEカンリフ副総裁「暗号資産取引所のコインは極度のリスクを生む」
・ブルームバーグによると、イングランド銀行(英中央銀行)のカンリフ副総裁は、破綻したFTXが発行していたFTTのように、暗号資産(仮想通貨)交換業者が発行するトークンは「重大な」リスクになり得ると述べた。

[2022-11-17][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・英中銀の金融政策委員会(MPC)メンバーであるディングラ氏は、英議会財務委員会で英中銀が借り入れコストを一段と引き上げれば、予想されているリセッションが深化する可能性があると述べた。

(最終更新日時 2022-12-06 11:49)

イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース バックナンバー

イングランド銀行(BOE)関係 カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース