イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース

イングランド銀行(BOE)

 イングランド銀行(英: Bank of England、正式名称:the Governor and Company of the Bank of England)は連合王国(イギリス)の中央銀行で、一般に正式名称から頭文字を取って「BOE」と呼ばれている。

 産業革命を他国に先駆けて行ったイギリスの経済状態が世界経済に与える影響は小さく無く、過去にもポンド危機などを世界に大きな影響を与えた過去を持っている。

 この項目はイギリス銀行関係者など複数人による発言やニュースを元にしたHDP・RHDPとなるため悪魔で目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -0.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-09-14][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀プルデンシャル規制担当のサポータ氏は、新たな銀行自己資本規制「バーゼル3」について、最終的な部分を実行に移すにあたって各国とも「課題」に直面しており、施行時期については調整が必要になり得るという考えを示した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

イングランド銀行(BOE)関係 最近の発言・ニュース

[2021-09-14][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀プルデンシャル規制担当のサポータ氏は、新たな銀行自己資本規制「バーゼル3」について、最終的な部分を実行に移すにあたって各国とも「課題」に直面しており、施行時期については調整が必要になり得るという考えを示した。

[2021-09-13][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・ロイター通信によると、イングランド銀行(英中央銀行)の市場担当エグゼクティブディレクター、アンドリュー・ハウザー氏は、総額8950億ポンドの資産買い入れプログラムを縮小し始めるに伴い、中銀のバランスシートは高水準ながらもやや減少するとの見通しを示すとともに、それによって短期金利が上昇するのを防ぐ措置を講じていくと述べた。

[2021-09-09][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・ラムスデン・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁「目標を上回る現在のインフレは一時的である可能性」「私はデフレシナリオよりもインフレシナリオを優先」
・テンレイロ英金融政策委員会(MPC)委員「今後のインフレ率の上昇は一時的なものであるとする8月MPC見通しに同意」「マイナス金利が緩和手段として利用できるため、QE縮小を早期に開始することも可能」「テーパリングが予測可能な形で実施されるならば、市場への影響は小さいだろう」
・ロイター通信によると、イングランド銀行(英中央銀行)のベイリー総裁は8日、8月の金融政策委員会(MPC)で、利上げ検討に向けて最低条件が整ったと考えるメンバーと回復の力強さが十分ではないと考えるメンバーとで半々に分かれたと述べた。

[2021-09-07][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・サンダース英MPC委員「これまでのような刺激策は必要ない」
・ロイター通信によると、イングランド銀行(英中央銀行)のソーンダース政策委員は7日、英経済の成長が続き、高インフレが長引けば、来年利上げが必要になる可能性があるとの認識を示した。同氏は先月の金融政策委員会(MPC)で早期の資産買い入れ終了に賛成票を投じた。買い入れを継続すれば中期的なインフレ期待が高まる恐れがあると改めて主張した。
・サンダース英MPC委員「英中銀、来年利上げが必要になる可能性」

[2021-09-01][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀は1日、ハーバード経営大学院のピル氏をチーフエコノミストに指名した。
・英中銀(BOE)は1日、ホールデン英中銀金融政策委員会(MPC)委員の後任としてハーバード大学で講師を務めるヒュー・ピル氏を指名した。同氏はかつてゴールドマンサックスでチーフエコノミストを務めた過去がある。

[2021-08-09][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀のベイリー総裁は、新型コロナウイルス感染拡大で引き起こされた供給阻害が迅速に解消すれば、インフレ率は中銀の最新の見通しを下回る可能性があるとの見方を示した。ベイリー総裁は「供給面の阻害が解消し、市場にかなりの供給が戻ってくる可能性がある」と述べている。

[2021-08-05][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「0.10%の政策金利を全会一致で決定」「資産購入の据え置きを賛成7・反対1で決定」「目標へ明確に到達するまで引き締めは行わない」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「第2四半期の英GDPは5%まで拡大」「第3四半期の英GDP見通しは3%程度と5月予想よりやや弱い」「インフレ率は目標の2%に近い水準まで低下すると予測」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「経済が中央銀行の予測に沿ってほぼ順調に推移した場合、予測期間中に金融政策の小幅な引き締めが必要になる可能性も」

[2021-07-27][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀金融政策委員会のブリハ委員は、最近のインフレ高進は一過性である可能性が高く、新型コロナウイルスが依然として経済の脅威であることから、英中銀は2022年に入るまで刺激策を縮小すべきではないと述べた。

[2021-07-26][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・ブリハ英金融政策委員会(MPC)委員「次に金融刺激策が必要になった場合には-0.50%または-0.75%まで政策金利を引き下げても問題ない」「今回のインフレ高が短期的である可能性が高いという事実について考えは変わっていない」「少なくとも数四半期は現在の金融刺激策を維持することは正しい」

[2021-07-20][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・マン英中銀次期政策委員「英国にとってマイナス金利は難しい」「世界経済は潜在的に脆弱」「世界的な成長は2023-24年に劇的に減速する」
・英中銀金融政策委員会の次期委員に就任するマン氏は、景気刺激策を性急に縮小してはならないという考えを示し、高インフレへの対応をめぐって中銀内の意見の相違が一層浮き彫りとなった。

(最終更新日時 2021-09-15 17:32)

イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース バックナンバー

イングランド銀行(BOE)関係 カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース