イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース

イングランド銀行(BOE)

 イングランド銀行(英: Bank of England、正式名称:the Governor and Company of the Bank of England)は連合王国(イギリス)の中央銀行で、一般に正式名称から頭文字を取って「BOE」と呼ばれている。

 産業革命を他国に先駆けて行ったイギリスの経済状態が世界経済に与える影響は小さく無く、過去にもポンド危機などを世界に大きな影響を与えた過去を持っている。

 この項目はイギリス銀行関係者など複数人による発言やニュースを元にしたHDP・RHDPとなるため悪魔で目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -0.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-07-02][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.1]
・英中銀金融政策委員会のハスケル委員は、失業が増加する懸念すべき兆候が出ているとし、新型コロナウイルス感染拡大で英経済が受ける影響は中銀の予想より大きくなる恐れがあると警告した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

イングランド銀行(BOE)関係 最近の発言・ニュース

[2020-07-02][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.1]
・英中銀金融政策委員会のハスケル委員は、失業が増加する懸念すべき兆候が出ているとし、新型コロナウイルス感染拡大で英経済が受ける影響は中銀の予想より大きくなる恐れがあると警告した。

[2020-06-30][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.1]
・英中銀金融政策委員会のブリハ委員は、経済のフル稼働時にインフレ率と成長率を安定的に維持する「中立」金利について、今後数年間で一段と低下する可能性があると述べた。
・ホールデン英中銀金融政策委員会(MPC)委員「必要なら金融政策を迅速に調整する準備がある」「経済へのリスクは依然として相当なものであると同時に両面的なものがある」
・ホールデン英中銀金融政策委員会(MPC)委員「リスクバランスは5月に比べ若干均衡してきたが、依然として下向き」

[2020-06-29][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.1]
・ブリハ英中銀金融政策委員会(MPC)委員「英国は今リセッションの中にある」
・英首相報道官「フロスト英首席交渉官はEU側と結論がでるまで協議を続ける」「英政府は交渉を秋まで持ち越すことはできない」

[2020-06-26][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.1]
・英中銀のベイリー総裁は、新型コロナウイルスの流行にともなう市場の乱高下で、ノンバンク部門の根本的な問題が浮き彫りになったと表明した。中銀の金融行政委員会が8月初旬にノンバンクのリスク評価の暫定的な結果を公表するという。

[2020-06-19][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.1]
・イングランド銀行(英中央銀行)は、新型コロナウイルス危機の打撃を受けた国内金融機関に対する緊急流動性供給オペを今月末で停止すると発表した。需要減少と市況改善が理由。

[2020-06-18][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.1]
・英中銀は、日本時間20:00に金融政策を発表する。資産買い取り規模は総額7450億ポンドへの拡大が予想されている。
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「0.10%の政策金利の据え置きを全会一致で決定」「資産購入は賛成8、反対1」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「最近のデータの結果は、2020年第2四半期の世界のGDP下落は、5月のMPC時点で予想されたほど深刻ではないことを示唆」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「前例のない状況は、英国と世界経済の見通しが異常に不確実であることを意味する」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「英国では、より高く、より永続的な失業のリスク」「インフレは目標の2%を大幅に下回っており、今後の四半期では主に需要の低迷を反映してそれをさらに下回ると予想」

[2020-06-11][NP     HDP -0.9 CHDP -0.1 RHDP -0.5 CRHDP -0.3]
・英中銀のベイリー総裁は、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するロックダウン(都市封鎖)措置が解除されたことにより、英経済が回復する初期の兆候が見られると述べた。ただし、悪影響は依然として長期に及ぶ可能性があると警告している。

[2020-06-10][NP     HDP -0.9 CHDP -0.1 RHDP -0.5 CRHDP -0.3]
・英中銀のカンリフ副総裁は、新型コロナウイルス感染拡大による英金融システムに対する当初の衝撃は去った可能性があるが、リスクが再燃する恐れはなお存在しているとの考えを示した。
・イングランド銀行(英中央銀行)は、同行のチーフエコノミストを務めるアンディ・ハルデーン氏が金融政策委員として再任されたと発表した。新たな任期は12日から3年間。同氏は2014年に金融政策委員に就任した。

[2020-06-05][NP     HDP -0.9 CHDP -0.1 RHDP -0.5 CRHDP -0.3]
・英中銀のウッズ副総裁は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響による貸し倒れについて、銀行から追加で情報を求める方針を明らかにした。

[2020-06-04][NP     HDP -0.9 CHDP -0.1 RHDP -0.5 CRHDP -0.3]
・英中銀は、国内銀行の健全性を分析する定例の金融安定報告書の公表を8月6日に延期すると発表した。従来は7月2日に公表される予定だった。
・英中銀(BOE)市場部門のエクゼクティブ・ディレクターであるアンドリュー・ハウザー氏「景気後退となっても、短期的にマイナス金利は起こらないだろう」

(最終更新日時 2020-07-03 12:02)

イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース バックナンバー

イングランド銀行(BOE)関係 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース