イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース

イングランド銀行(BOE)

 イングランド銀行(英: Bank of England、正式名称:the Governor and Company of the Bank of England)は連合王国(イギリス)の中央銀行で、一般に正式名称から頭文字を取って「BOE」と呼ばれている。

 産業革命を他国に先駆けて行ったイギリスの経済状態が世界経済に与える影響は小さく無く、過去にもポンド危機などを世界に大きな影響を与えた過去を持っている。

 この項目はイギリス銀行関係者など複数人による発言やニュースを元にしたHDP・RHDPとなるため悪魔で目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2024-05-22][NP     HDP -0.8 CHDP +0.1 RHDP -1.1 CRHDP +0.3]
・イングランド銀行(英中央銀行)のベイリー総裁は、レポオペの大幅な増加に市場は備えるべきだと語った。英中銀は債券保有高を現水準から大きく減らす計画だ。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

イングランド銀行(BOE)関係 最近の発言・ニュース

[2024-05-22][NP     HDP -0.8 CHDP +0.1 RHDP -1.1 CRHDP +0.3]
・イングランド銀行(英中央銀行)のベイリー総裁は、レポオペの大幅な増加に市場は備えるべきだと語った。英中銀は債券保有高を現水準から大きく減らす計画だ。

[2024-05-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.1 RHDP -1.1 CRHDP +0.3]
・グリーン英中銀金融政策委員会(MPC)委員「インフレの持続性が弱まり続けることを立証する必要がある」「私が昨年7月にMPCに加わって以来、インフレの持続性は弱まっている」
・グリーン英中銀金融政策委員会(MPC)委員「失業率の上昇が急速になれば、より緩和的な政策が正当化される」「成長が弱い場合、失業率は英央行の予想を上回る可能性」

[2024-05-14][NP     HDP -0.8 CHDP +0.1 RHDP -1.1 CRHDP +0.3]
・ピル英MPC(金融政策委員会)委員・チーフエコノミスト「英国のインフレ率は、インフレ目標2%に向けて順調に低下している」「インフレ目標2%への到達を確実にするには、まだやるべきことがある」
・ピル英MPC(金融政策委員会)委員・チーフエコノミスト「エネルギー価格の上昇などの影響は低減しつつある」「雇用市場、賃金上昇率、サービス価格などを注視していく」
・ピル英MPC(金融政策委員会)委員・チーフエコノミスト「景気抑制的な姿勢を維持しつつ、利下げは可能」「利下げは夏に検討される公算大」
・ピル英MPC(金融政策委員会)委員・チーフエコノミスト「問題は、いつ、どのようにして抑制的な措置を終わらせるかである」「リスクは、抑制的な措置が早急に終了すること」
・ピル英MPC(金融政策委員会)委員・チーフエコノミスト「インフレの持続性には、安閑としていられない」

[2024-05-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.1 RHDP -1.1 CRHDP +0.3]
・ピル英中銀金融政策委員会(MPC)委員兼チーフエコノミスト「インフレと経済成長で励みになる兆しがある」「インフレが抑制されたとの確信はまだない」
・ピル英中銀金融政策委員会(MPC)委員兼チーフエコノミスト「インフレの持続性が下降基調にあることを示す十分な証拠があれば、金利は引き下げられる」
・ピル英中銀金融政策委員会(MPC)委員兼チーフエコノミスト「次回のMPCだけに注目するのは少々得策ではない」「インフレの根本的な要素に注目する必要がある」
・ピル英中銀金融政策委員会(MPC)委員兼チーフエコノミスト「インフレの持続性が下降基調にあることを示す十分な証拠があれば、金利は引き下げられる」「次回のMPCだけに注目するのは少々得策ではない」「インフレの根本的な要素に注目する必要がある」

[2024-05-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.1 RHDP -1.1 CRHDP +0.3]
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「MPCは7対2で5.25%の据え置きを決定」「2人が0.25%の利下げを主張」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「CPIインフレ率は短期的に目標の2%近くに戻ると予想されているが、エネルギー関連のベース効果の巻き戻しによって今年下半期に若干上昇し、約2.5%になると予想されている」「地政学的要因によって短期的なインフレ見通しには引き続き上振れリスクがある」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「インフレ率を持続的に2%の目標に戻すためには、金融政策が十分な期間に渡って制限的であり続ける必要がある」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「MPCはインフレ率を持続的に2%の目標に戻すため、金融政策を調整する用意がある」「持続的なインフレ圧力と経済全体の回復力の兆候を引き続き注意深く監視していく」

[2024-04-23][NP     HDP -0.8 CHDP +0.1 RHDP -1.1 CRHDP +0.3]
・英中銀金融政策委員会のハスケル委員は、インフレ率が2%にとどまると確信するためには労働市場にもっと緩みが必要との認識を示した。大学で行われたセミナーで述べた。
・ピル英中銀チーフエコノミスト「利下げには注意が必要」

[2024-04-22][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.3]
・英中銀のラムスデン副総裁は、向こう3年間インフレ率は中銀が目標とする2%近辺で推移し、インフレが高止まりするリスクは後退するとの見方を示した。英中銀の最新データでは、年後半に上昇すると予測されている。

[2024-04-20][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.3]
・ラムスデン英中銀(BOE)副総裁「為替がインフレに与える影響を考慮」「英インフレ持続性に対する市場の懸念が高まったことで、英金利はここ数週間、数カ月で上昇」

[2024-04-19][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.3]
・グリーン英中銀金融政策委員会(MPC)委員「サービスインフレと賃金も上昇」「英国のインフレがさらに持続しているといういくつかの兆候がある」
・グリーン英中銀金融政策委員会(MPC)委員「利下げが差し迫っているとは思わない」「英労働市場は緩和しているが、依然としてかなり逼迫」「インフレ率は今後数カ月以内に目標に回帰すると予想しているが、その水準にとどまるとは予想していない」
・ラムスデン英中銀(BOE)副総裁「ディスインフレのプロセスはおそらくでこぼこ」「米国、英国、欧州でインフレが低下」「現在、英国のインフレ率はそれほど異常値ではない」

[2024-04-18][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.3]
・英中銀のグリーン政策委員は、このところの中東情勢の緊迫化は、インフレ期待の高まりなどを通してインフレ見通しにリスクをもたらす可能性があると述べた。国際通貨基金(IMF)主催のセミナーで「先進国全体でインフレ率を目標に戻す道のりは一様ではなく、最後の1マイルがもっとも難しい」と指摘している。

(最終更新日時 2024-05-23 12:48)

イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース バックナンバー

イングランド銀行(BOE)関係 カレンダー

2024年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース