イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース

イングランド銀行(BOE)

 イングランド銀行(英: Bank of England、正式名称:the Governor and Company of the Bank of England)は連合王国(イギリス)の中央銀行で、一般に正式名称から頭文字を取って「BOE」と呼ばれている。

 産業革命を他国に先駆けて行ったイギリスの経済状態が世界経済に与える影響は小さく無く、過去にもポンド危機などを世界に大きな影響を与えた過去を持っている。

 この項目はイギリス銀行関係者など複数人による発言やニュースを元にしたHDP・RHDPとなるため悪魔で目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -0.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-01-13][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀のブロードベント副総裁は、新型コロナウイルス感染拡大によるインフレへの中期的な影響は限定される可能性があると述べた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

イングランド銀行(BOE)関係 最近の発言・ニュース

[2021-01-13][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀のブロードベント副総裁は、新型コロナウイルス感染拡大によるインフレへの中期的な影響は限定される可能性があると述べた。

[2021-01-12][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀金融政策委員会のテンレイロ委員は、マイナス金利政策の導入で英経済が押し上げられるとの考えを示した。英中銀は現在、マイナス金利政策導入の是非を検討中。来月の金融政策委員会後に見解を表明すると予想されている。
・英中銀の監督部門は、英国が昨年末にEUから完全離脱したあとも、EUに本拠を置く銀行のロンドンの拠点に対する監督方法を大きく変えることはないと述べた。

[2021-01-11][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・テンレイロ英金融政策委員会(MPC)委員「マイナス金利の実現可能性に関する作業は依然として進行中」
・テンレイロ英金融政策委員会(MPC)委員「マイナス金利検討は遅すぎではない」

[2021-01-08][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀の市場担当エグゼクティブディレクターであるハウザー氏は講演で、新型コロナウイルス危機にともなう「現金への逃避」がノンバンク業界の金融安定性リスクに対する警鐘になったとし、中銀には同業界の問題に対処する新たな措置が必要と述べた。

[2021-01-07][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀のベイリー総裁は、英国がEUから完全に離脱した後の金融サービスについて、EUの立場には問題があるという認識を示した。またEU離脱の結果、金融サービス業界では5000-7000人の雇用が失われたものの、一部の予想ほどは膨らんでいないとしている。

[2020-12-23][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英紙ガーディアンは、英中銀のチーフエコノミストであるハルデーン理事がインタビューで、政府の新型コロナウイルス雇用支援は危機が終わるまで続けるべきだとし、失業が「社会最大の敵」という考えを示したと報じている。

[2020-12-22][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・ホールデン英MPC委員「英国経済は、依然として深い穴の中に埋没したまま」

[2020-12-17][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀が公表した金融政策委員会の議事録によると、全会一致で金利の据え置きが決定されている。
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「0.10%の政策金利と資産購入の据え置きを全会一致で決定」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「ロックダウンは2021年第1四半期GDPの重し」「インフレに良い進展がみられる前に引き締めはしない」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「英経済見通しはパンデミックとブレグジット次第」「既存の金融政策のスタンスは引き続き適切」
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「景気の先行き不透明感が続く」「市場機能が再び大きく悪化した場合は資産購入のペースを上げる準備」「期限付き資金調達制度を6ヶ月間延長」
・英中銀は17日、中小企業の期間資金調達スキームを6カ月延長を決定した。

[2020-12-11][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・ロイター通信によると、イングランド銀行(英中央銀行)のベイリー総裁は11日、必要になった場合にどのような形でマイナス金利を採用できるか、銀行と「広範な作業」を進めていると述べた。総裁は、学術的な研究によると、ゼロ金利やマイナス金利が経済にどのような影響を及ぼすかという点では銀行システムの構造が非常に重要になると指摘。「マイナス金利を採用した多くの国は、概してリテール預金にはマイナス金利を採用していない」と述べた。

[2020-12-10][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・英中銀は、1年後に控えたロンドン銀行間取引金利(LIBOR)終了に向け市場に準備を促し、規制当局が対応の遅れを「注意深く監視」すると述べた。LIBORは、ポンドやドルなど5つの通貨について公表され、住宅ローンからクレジットカード、デリバティブまで、世界で総額400兆ドル規模に上る契約の価格設定に使用されている。

(最終更新日時 2021-01-14 20:40)

イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース バックナンバー

イングランド銀行(BOE)関係 カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース