イングランド銀行(BOE)

イングランド銀行(BOE)のイメージ画像

 2019年6月の期間中のイングランド銀行(BOE)による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2019年6月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2019年6月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-06-03][NP+2.0 HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.3]
・スコットランド紙「プレス・アンド・ジャーナル」は、英中銀のラムスデン副総裁がインタビューで、英国経済は今年の半ばにかけて成長が減速した後、年末に向けて上向くとの見方を示した、と報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

イングランド銀行(BOE)による2019年6月 発言・ニュース

[2019-06-03][NP+2.0 HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.3]
・スコットランド紙「プレス・アンド・ジャーナル」は、英中銀のラムスデン副総裁がインタビューで、英国経済は今年の半ばにかけて成長が減速した後、年末に向けて上向くとの見方を示した、と報じている。

[2019-06-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.3]
・サンダース英中銀金融政策委員会(MPC)委員「英国の中立金利は2%程度」

[2019-06-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.3]
・英中銀金融政策委員会(MPC)のソーンダーズ委員は講演で、中銀が金融市場の予想に先んじて利上げを実施する必要があるとし、EU離脱をめぐる先行き不透明性がすべて払拭されるまで利上げを待つ必要はないとの考えを示した。

[2019-06-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.3]
・サンダースMPC委員「BOE(イングランド銀行)が早期に利上げする可能性はある」

[2019-06-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.3]
・ブリハ英中銀政策委員「5月以降のデータに落胆」「経済の下方リスクが強まっている」

[2019-06-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.3]
・英中銀のブロードベント副総裁は11日、「無秩序なEU離脱が生じた場合、英金利の動きは予想出来ない」などの見解を示した。

[2019-06-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.3]
・英中銀のブロードベント副総裁は、英国のEU離脱が円滑に進み、経済が予想通りに成長すれば、英国の金利は市場の予想よりもやや速いペースで上昇する必要があるとの考えを示した。

[2019-06-19][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.3]
・イングランド銀行(英中央銀行、BOE)金融行政委員会(FPC)のメンバーであるアニルカシャップ氏は18日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)が決まった国民投票以降に英国が海外マネーへの依存度を強めていると指摘、こうした海外マネーが突如として英国から流出するリスクに懸念を示した。議員に向けたリポートで述べた。

[2019-06-20][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.3]
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「0.75%の政策金利の据え置きを9対0で決定。資産買い入れプログラムの規模の維持を9対0で決定した」

[2019-06-20][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.3]
・英中銀金融政策委員会(MPC)は政策金利を市場予想通りに0.75%で据え置き、資産買取プログラムも4350億ポンドを維持した。指標発表直後、小幅ながらポンドドルは本日の高値を更新し1.2727ドルまで上がったが、その後は1.2690ドル近辺まで下落。ポンド円も137.10円前後から136.80円付近まで下がっている。

[2019-06-20][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.3]
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「4-6月期のGDP見通しを±0.0%に引き下げ(前回は+0.2%)」「CPIは今年の遅くにインフレ目標の2%以下に低下するだろう」「インフレ期待は依然として抑制されている」

イングランド銀行(BOE)の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース