イングランド銀行(BOE)

イングランド銀行(BOE)のイメージ画像

 2022年11月の期間中のイングランド銀行(BOE)による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2022年11月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2022年11月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-11-04][NP-2.0 HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・マン英中銀金融政策委員会(MPC)委員「金利は市場の想定ほど高くしなくてもよい」「インフレの上昇が続くのであればさらに行動しなければならない」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2022-11-04][NP-2.0 HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・マン英中銀金融政策委員会(MPC)委員「金利は市場の想定ほど高くしなくてもよい」「インフレの上昇が続くのであればさらに行動しなければならない」

イングランド銀行(BOE)による2022年11月 発言・ニュース

[2022-11-03][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・英中銀が公表した金融政策委員会の議事録によると、全会一致で金利の引き上げが決定されている。

[2022-11-03][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・英中銀「金利が市場の予想通りに動けば2年間のリセッションに」との見解を示した。

[2022-11-03][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「委員7人が0.75%利上げ支持、1人づつ0.50%・0.25%利上げを支持」「金利が見通し通り推移すれば2年にわたり景気後退へ」「委員会の大多数は、おそらくさらなる利上げ必要になると判断」

[2022-11-03][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「見通しがさらなるインフレ圧力を示すなら、委員会は必要とされるすべての対応を実施へ」

[2022-11-03][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「1年後のインフレ予測は+5.20%(前回は9.53%)」「2年後のインフレ予測は+1.43%(前回は2.00%)」「3年後のインフレ予測は+0.02%(前回は0.76%)」「7-9月期GDP成長率の予想を-0.5%に下方修正(前回-0.1%)」

[2022-11-03][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「10-12月期GDP成長率の予想-0.3%」「GDP見通し2022年は+4.25%(前回は+3.50%)、2023年は-1.50%(前回は-1.50%)、2024年は-1.00%(前回は-0.25%)」

[2022-11-03][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「インフレのピーク、市場の示唆より低い公算」

[2022-11-03][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨「2024年末のインフレ予測は+2.2%」「2025年末のインフレ予測は+0.8%」

[2022-11-04][NP-2.0 HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・マン英中銀金融政策委員会(MPC)委員「金利は市場の想定ほど高くしなくてもよい」「インフレの上昇が続くのであればさらに行動しなければならない」

[2022-11-04][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・英中銀のチーフエコノミストは、英中銀金利は、市場が見込むほどは上昇しない公算という見解を示した。

[2022-11-08][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ピル英中銀金融政策委員会(MPC)委員兼チーフエコノミスト「もっとやるべきことがあり、金融引き締めのために利上げが必要」「毎回の会合において、あらかじめ決められたペースで動くつもりはない」「我々は景気後退に突入している」

[2022-11-08][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ピル英中銀金融政策委員会(MPC)委員兼チーフエコノミスト「BOEはインフレ率を持続的な2%に戻すために必要なことをするつもり」「前倒しの利上げには懐疑的」「ヘッドライン・インフレは来年に鈍化を見込む」

[2022-11-08][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・英中銀のチーフエコノミスト、ピル氏は、インフレがもたらす脅威は制御されておらず、その一方で英経済はリセッションに向かっているため、中銀の見通しが複雑になっているとの認識を示した。

[2022-11-09][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ブルームバーグによると、イングランド銀行(英中央銀行)のチーフエコノミスト、ヒュー・ピル氏は、英国の労働力の著しい減少が今後もインフレ圧力を押し上げ、追加利上げを示唆するものになるとの見方を示した。

[2022-11-11][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ブルームバーグによると、イングランド銀行(英中央銀行)は最近の緊急措置で買い入れた190億ポンド(約3兆1400億円)相当の英国債について、慎重に売却を進める方針を示した。

[2022-11-11][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ロイター通信によると、イングランド銀行(英中央銀行)のベイリー総裁は11日、インフレを抑制する取り組みは1年半から2年を要する公算が大きいとの見方を示した。インフレ率は「(望ましい)水準を大幅に上回っている」と述べた。

[2022-11-11][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ロイター通信によると、イングランド銀行(英中央銀行)のベイリー総裁は11日、インフレを抑制する取り組みは1年半から2年を要する公算が大きいとの見方を示した。インフレ率は「(望ましい)水準を大幅に上回っている」と述べた。

[2022-11-11][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・テンレイロ英中銀金融政策委員会(MPC)委員「英国の労働参加率がインフレの影響で下がるとは思わない、労働需要が引き続きけん引するだろう」

[2022-11-12][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ハスケル英中銀金融政策委員会(MPC)委員「価格上昇が継続すれば、金融政策の引き締めが長期化するリスクを懸念している」「供給サイドがインフレ圧力のリスクを高めている」

[2022-11-17][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・英中銀の金融政策委員会(MPC)メンバーであるディングラ氏は、英議会財務委員会で英中銀が借り入れコストを一段と引き上げれば、予想されているリセッションが深化する可能性があると述べた。

[2022-11-22][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・BOEカンリフ副総裁「暗号資産取引所のコインは極度のリスクを生む」

[2022-11-22][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ブルームバーグによると、イングランド銀行(英中央銀行)のカンリフ副総裁は、破綻したFTXが発行していたFTTのように、暗号資産(仮想通貨)交換業者が発行するトークンは「重大な」リスクになり得ると述べた。

[2022-11-23][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ロイターは、英中銀が発表した報告書で、量的緩和(QE)プログラムでの損失補填に向け、英財務省が英中銀に対し2023-24年に300億ポンド以上を支払わなければならない可能性があることが分かったと報じている。

[2022-11-24][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ピル英中銀金融政策委員会(MPC)委員兼チーフエコノミスト「インフレ率が目標水準まで持続的に戻ることを確実にするため、さらなる措置が必要である可能性が高い」「金融政策はデータの進展次第」

[2022-11-24][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・英中銀のチーフエコノミスト、ピル氏は、インフレ率を中銀目標の2%に持続的に回帰させるためには追加利上げが必要になる可能性が高いと述べた。

[2022-11-24][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・英中銀は、金融市場の安定化に向けて9月28日から10月14日までに緊急的に買い入れた193億ポンドの長期債および指数連動債の一部を売却する計画の詳細を発表した。

[2022-11-24][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ピル英中銀金融政策委員会(MPC)委員兼チーフエコノミスト「MPCは英国債売却への移行決定が少し遅かったのかもしれない」「BOEは準備金への干渉を受け入れられない」「政府が銀行に課税したいのであれば、BOEを通じてではなく、透明性をもって課税すべき」

[2022-11-24][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・マン英中銀金融政策委員会(MPC)委員「英国のリスクプレミアムは依然として存在し、為替レートに反映されている」「インフレは目標の2%を大幅に上回ると予想」

[2022-11-25][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ブルームバーグによると、イングランド銀行(英中央銀行)は、インフレ率を2%に戻すため、たとえ家計をより圧迫することになっても利上げを続けなければならない。タカ派で知られるラムズデン副総裁と金融政策委員会(MPC)のマン委員が24日、それぞれこうした見解を示した。

[2022-11-25][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・英中銀金融政策委員会のマン委員は、英インフレが今後、中銀が今月初めに示した予測レンジの上限に達するという見通しを示した。

[2022-11-25][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・英中銀が3日公表したインフレ報告の確率分布図(ファンチャート)は、28%の確率で2年後のインフレ率が3%を超えている可能性を示唆している。

[2022-11-25][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ECB理事会メンバーでもあるクノット・オランダ中銀総裁は、インフレを効果的に低下させるためにECBがどこまで金利を引き上げる必要があるかはまだ分からないと述べた。

[2022-11-25][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ブルームバーグによると、イングランド銀行(英中央銀行)は、インフレ率を2%に戻すため、たとえ家計をより圧迫することになっても利上げを続けなければならない。タカ派で知られるラムズデン副総裁と金融政策委員会(MPC)のマン委員が24日、それぞれこうした見解を示した。

[2022-11-29][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・ブルームバーグによると、イングランド銀行(英中央銀行)は、最近の市場混乱の沈静化を図るために購入した国債の売却を開始する。

[2022-11-29][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・マン英MPC(金融政策委員会)委員「インフレは、英国企業に定着しつつある」「基調的なインフレに劇的な変化の兆し」

[2022-11-29][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・英下院の外交委員会は、同委員会議員が29日から12月2日の日程で台湾を訪問すると発表した。蔡総統と会談するほか、台湾で国家安全局を管轄する総統諮問機関、国家安全会議の顧立雄秘書長とも面会するという。

イングランド銀行(BOE)の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース