カナダ政府関係

カナダ政府関係のイメージ画像

 2022年11月の期間中のカナダ政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2022年11月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2022年11月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-11-01][NP     HDP +0.5 CHDP +0.5 RHDP +0.5 CRHDP +0.5]
・カナダのレイ国連大使は、国連総会の第3委員会(人権)の会合で日米英仏を含む50ヵ国を代表して「中国新疆ウイグル自治区で起きている人権侵害を深刻に懸念している」と表明する共同声明を出した。中国の人権状況をめぐる声明は2019年から欧米勢が出しており、前年に比べて参加国が7ヵ国増えている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

カナダ政府関係による2022年11月 発言・ニュース

[2022-11-01][NP     HDP +0.5 CHDP +0.5 RHDP +0.5 CRHDP +0.5]
・カナダのレイ国連大使は、国連総会の第3委員会(人権)の会合で日米英仏を含む50ヵ国を代表して「中国新疆ウイグル自治区で起きている人権侵害を深刻に懸念している」と表明する共同声明を出した。中国の人権状況をめぐる声明は2019年から欧米勢が出しており、前年に比べて参加国が7ヵ国増えている。

[2022-11-01][NP     HDP +0.5 CHDP +0.5 RHDP +0.5 CRHDP +0.5]
・カナダのトロント取引所は1日、技術的な問題で全ての取引を停止したと発表した。

[2022-11-02][NP     HDP +0.5 CHDP +0.5 RHDP +0.5 CRHDP +0.5]
・マックレム・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「政策金利はさらに引き上げる必要があると予測」「金利がさらにどれだけ上昇するかは、金融政策がどれだけ機能しているか、供給問題がどのように解決しているか、インフレがこの引き締めサイクルにどのように効果がでているかによって異る」「価格圧力の全般的な低下はまだ見られない」

[2022-11-03][NP     HDP +0.5 CHDP +0.5 RHDP +0.5 CRHDP +0.5]
・カナダの公共放送CBCは、中国政府から記者の就労ビザ発給を受けられず、北京支局の閉鎖を決めたと発表した。今後、新たな拠点を探すという。

[2022-11-16][NP     HDP +0.5 CHDP +0.5 RHDP +0.5 CRHDP +0.5]
・カナダのトルドー首相は、G20首脳会議が開催されるインドネシアのバリ島で、中国の習国家主席と会談した。中加首脳会談は3年超ぶりとなるが、わずか10分程度で終了したという。

[2022-11-23][NP     HDP +0.5 CHDP +0.5 RHDP +0.5 CRHDP +0.5]
・ロジャース・カナダ銀行上級副総裁「金利の上昇で経済が減速し始め、消費者物価指数は抑えられる」「カナダの金融システムは経済的なストレスを乗り切る」

[2022-11-28][NP     HDP +0.5 CHDP +0.5 RHDP +0.5 CRHDP +0.5]
・カナダ政府は、アジアを中心とするインド太平洋地域での経済・外交の包括的な戦略を発表した。世界で影響力を強める中国との向き合い方が課題になるなか、日本や韓国、東南アジア諸国と貿易や気候変動対応などで連携を深める。アジアの経済成長を取り込むとともに、自国や同地域の安全保障の強化につなげる。

[2022-11-29][NP     HDP +0.5 CHDP +0.5 RHDP +0.5 CRHDP +0.5]
・カナダのイン国際貿易相は、政府の新たなインド太平洋戦略を通じて同地域で強いプレゼンスを築こうとするカナダ企業を支援する考えを示した。

カナダ政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース