中国人民銀行関係

中国人民銀行関係のイメージ画像

 2021年1月の期間中の中国人民銀行関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2021年1月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2021年1月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-01-04][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行傘下の外為市場運営機関、中国外国為替取引システムは、主要通貨に対する貿易加重ベースでの人民元の価値を示す「人民元指数」の構成比率を2021年に調整するとした声明を発表した。それによると、来年1月1日から「人民元指数」のドル比率を21.59%から18.79%に引き下げる一方、ユーロの比率を17.40%から18.15%に上げるという。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

中国人民銀行関係による2021年1月 発言・ニュース

[2021-01-04][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行傘下の外為市場運営機関、中国外国為替取引システムは、主要通貨に対する貿易加重ベースでの人民元の価値を示す「人民元指数」の構成比率を2021年に調整するとした声明を発表した。それによると、来年1月1日から「人民元指数」のドル比率を21.59%から18.79%に引き下げる一方、ユーロの比率を17.40%から18.15%に上げるという。

[2021-01-08][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は今週の公開市場操作(オペ)で、リバースレポ(売り戻し条件付き債券購入)を通じて差し引き5050億元の短期資金を銀行間市場から吸収した。吸収超過は4週ぶり。中国の金融情報会社Windによると、週内のリバースレポ操作による供給は550億元にとどまった一方、償還期限を迎えたリバースレポ資金の吸収が5600億元に上った。

[2021-01-08][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行総裁「2020年の人民元の上昇は、主に中国経済のファンダメンタルズに基づいている」「人民元を基本的に妥当で均衡した水準に安定的に保たせる」

[2021-01-12][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国中銀は12日、12月の人民元建て新規融資が1兆2600億元になったと発表した。予想は1兆2500億元、11月は1兆4300億元。

[2021-01-15][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行副総裁「2021年の金融政策は経済の復興に必要な供給を行う」「金融政策は安定性を優先させ、急な変更はない」

[2021-01-15][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・ロイター通信によると、中国人民銀行(中央銀行)の陳雨露・副総裁は15日の会見で、金融政策を通じて今年の景気回復に必要な支援を行うと述べた。

中国人民銀行関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース