中国人民銀行関係の発言・ニュース

中国人民銀行

 中国人民銀行は、日本の日本銀行(日銀)のような役割を果たす、中華人民共和国の中央銀行です(中国銀行(Bank of China)は市中銀行(旧外国為替専門銀行))。

 中国では、1998年に米国の連邦準備制度をモデルとする大規模な機構改革を実施し、全ての省・地方支店を廃止し、全国9地域支店に統合されている。

 このカテゴリ内では複数の関係者による発言やニュースに対してのHDP・RHDPとなるため、数値は目安範囲となります。

HDP

中間派

 HDP   +0.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

ハト派傾向

 RHDP -3.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-01-20][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は20日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.8664元にすると発表した。前営業日の基準値(6.8878元前後)からは0.0214元程度の元高ドル安水準となった。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の中国人民銀行関係の発言・ニュース

[2020-01-20][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は20日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.8664元にすると発表した。前営業日の基準値(6.8878元前後)からは0.0214元程度の元高ドル安水準となった。

[2020-01-17][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人銀金融政策局の孫局長は会見で、預金準備率は適切な水準にあり、さらなる引き下げ余地は限られていると述べた。
・中国人民銀行(中央銀行)は17日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.8878元にすると発表した。前営業日の基準値(6.8807元前後)からは0.0071元程度の元安ドル高水準となった。

[2020-01-17][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人銀金融政策局の孫局長は会見で、預金準備率は適切な水準にあり、さらなる引き下げ余地は限られていると述べた。
・中国人民銀行(中央銀行)は17日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.8878元にすると発表した。前営業日の基準値(6.8807元前後)からは0.0071元程度の元安ドル高水準となった。

[2020-01-16][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は16日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.8807元にすると発表した。前営業日の基準値(6.8845元前後)からは0.0038元程度の元高ドル安水準となった。
・中国人民銀行(PBOC)高官「預金準備率は適切な水準であり、さらなる引き下げ余地は限られている」「利下げが必要かどうかは流動性次第」
・中国人民銀行(PBOC)高官「現在の流動性は妥当な状況」「旧正月前に流動性を安定させる予定」「預金金利は当面据え置き、必要に応じて調整する」

[2020-01-14][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は14日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.8954元にすると発表した。前営業日の基準値(6.9263元前後)からは0.0309元程度の元高ドル安水準となった。

[2020-01-13][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は13日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.9263元にすると発表した。前営業日の基準値(6.9351元前後)からは0.0088元程度の元高・ドル安水準となった。

[2020-01-10][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行が10日公表した人民元の売買基準値(中間値)は1ドル=6.9351元と前日比0.0146元の5ヶ月ぶり元高ドル安となった。なお、対円の基準値は100円=6.3322元と前日比0.0360元、19年7月下旬以来5ヶ月半ぶり元高・円安だった。
・中国人民銀行(中央銀行)は今週、公開市場操作(オペ)を通じて500億元の短期資金を銀行間市場から吸収した。同額のリバースレポ(売り戻し条件付き債券購入)を6日に償還した。一方、リバースレポによる資金供給は10日まで13営業日連続で見送った。人民銀は同日、「銀行システム流動性総量は足元でやや高い水準にあるため、リバースレポ操作は行わない」と説明した。

[2020-01-06][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行の阮調査統計局長は、銀行の預金準備率について、世界基準からすると依然として比較的高水準にあり、長期的かつ安定的な流動性の供給に向け、今後も調整が可能との見解を示した。
・中国人民銀行は5日、ウェブサイトに掲載した声明で、慎重で柔軟、かつ適切な金融政策を維持するとともに、金融改革をさらに推し進める方針を再度示した。
・中国人民銀行は9営業日連続でリバースレポを見送った。推計で差し引き500億元吸収。

[2020-01-03][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)の調査統計局長は、銀行の預金準備率について、世界基準からすると依然として比較的高水準にあり、長期的かつ安定的な流動性の供給に向け、今後も調整が可能との見解を示した。
・中国人民銀行(中央銀行)は今週、公開市場操作(オペ)を通じて5500億元の短期資金を銀行間市場から吸収した。12月に実施した同額の14日物リバースレポ(売り戻し条件付き債券購入)が全て償還期限を迎えた。一方、リバースレポによる資金供給は3日まで8営業日連続で見送った。人民銀は同日、「銀行システム流動性総量は足元でやや高い水準にあるため、リバースレポ操作は行わない」と説明した。

[2020-01-02][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は、預金準備率を引き下げると発表した。2020年の経済成長を下支えする。同行のウェブサイトでの発表によると、預金準備率を6日から50bp引き下げるという。

(最終更新日時 2020-01-21 20:39)

中国人民銀行関係の発言・ニュース バックナンバー

中国人民銀行 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース