中国人民銀行関係の発言・ニュース

中国人民銀行

 中国人民銀行は、日本の日本銀行(日銀)のような役割を果たす、中華人民共和国の中央銀行です(中国銀行(Bank of China)は市中銀行(旧外国為替専門銀行))。

 中国では、1998年に米国の連邦準備制度をモデルとする大規模な機構改革を実施し、全ての省・地方支店を廃止し、全国9地域支店に統合されている。

 このカテゴリ内では複数の関係者による発言やニュースに対してのHDP・RHDPとなるため、数値は目安範囲となります。

HDP

中間派

 HDP   +0.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

ハト派傾向

 RHDP -3.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-09-23][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は23日、リバースレポで総額2000億元の資金供給を実施する。内訳は7日物が1000億元、14日物が1000億元となっている。推計で差し引き800億元供給。
・中国人民銀行(中央銀行)は23日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.7986元にすると発表した。前営業日の基準値(6.7872元前後)からは0.0114元程度の元安ドル高水準となった。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の中国人民銀行関係の発言・ニュース

[2020-09-23][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は23日、リバースレポで総額2000億元の資金供給を実施する。内訳は7日物が1000億元、14日物が1000億元となっている。推計で差し引き800億元供給。
・中国人民銀行(中央銀行)は23日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.7986元にすると発表した。前営業日の基準値(6.7872元前後)からは0.0114元程度の元安ドル高水準となった。

[2020-09-22][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀は、同行系列の雑誌「チャイナ・ファイナンス」の論説で、人民元の国際化とドル決済への依存軽減に向け、デジタル通貨発行の先行者になる必要があるとの認識を示した。デジタル通貨を発行しコントロールする権利は、各国間競争の「新たな戦場」になると予想している。
・中国人民銀行は22日、リバースレポで総額3500億元の資金供給を実施する。内訳は7日物が2000億元、14日物が1500億元となっている。

[2020-09-21][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は、金融機関の貸出金利の目安となる「ローンプライムレート(貸出基礎金利、LPR)」の1年物を3.85%に据え置いた。据え置きは5ヵ月連続のこと。
・中国人民銀行「債券市場で外国人投資家に対するレパトリ規制を緩和する方針」

[2020-09-18][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は18日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.7591元にすると発表した。前営業日の基準値(6.7675元前後)からは0.0084元程度の元高ドル安水準となった。
・中国人民銀行が18日公表した人民元の売買基準値(中間値)は1ドル=6.7591元と前日比0.0084元高と2019年5月上旬以来約1年4ヶ月ぶり元高・ドル安で設定された。なお、対円の基準値は100円=6.43521元と前日比0.0094元の元安・円高だった。
・中国人民銀行(中央銀行)は今週の公開市場操作(オペ)で、リバースレポ(売り戻し条件付き債券購入)と中期貸出制度(MLF)を通じて差し引き2600億元を供給した。週内にリバースレポ操作で4800億元、MLFで6000億元を供給した半面、6200億元のリバースレポ資金と2000億元のMLF資金が償還期限を迎えた。2週連続の供給超過となり、規模は前週の2300億元から拡大した。ほかに国庫定期預金500億元が18日に満期を迎え、同額を商業銀行から吸収した。

[2020-09-15][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行が15日公表した人民元の売買基準値(中間値)は1ドル=6.8222元と前日比0.0139元と2019年5月中旬以来約1年4ヶ月ぶり元高・ドル安で設定された。なお、対円の基準値は100円=6.4526元と前日比0.0114元の元安・円高だった。

[2020-09-11][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は今週の公開市場操作(オペ)で、リバースレポ(売り戻し条件付き債券購入)を通じて差し引き2300億元の短期資金を銀行間市場に供給した。週内にリバースレポ操作で6200億元を供給し、償還期限に伴う資金吸収は3900億元にとどまった。
・中国人民銀行(中央銀行)が11日発表した金融統計によると、外資系を含めたすべての国内金融機関の各種貸付残高は、2020年8月末時点で前年同月比12.8%増の173兆6600億元だった。
・中国人民銀行(中央銀行)が11日発表した金融統計によると、2020年8月の社会融資総量は3兆5800億元で、市場予想の2兆7300億元を上回った。前年同月比では1兆3900億元増えた。

[2020-09-09][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は9日、7日物リバースレポで1200億元の資金供給を実施する。推計で差し引き1000億元供給。
・中国人民銀行(中央銀行)は9日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.8423元にすると発表した。前営業日の基準値(6.8364元前後)からは0.0059元程度の元安ドル高水準となった。

[2020-09-02][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は2日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.8376元にすると発表した。前営業日の基準値(6.8498元前後)からは0.0122元程度の元高ドル安水準となった。
・中国人民銀行「外国の機関投資家が中国の債券デリバティブやETFを取引することを許可」

[2020-09-01][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は1日、7日物リバースレポで200億元の資金供給を実施する。推計で差し引き2300億元吸収。

[2020-08-28][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は28日、7日物リバースレポで500億元の資金供給を実施する。推計で差し引き1000億元吸収。
・中国人民銀行は28日、短期金融市場の公開市場操作(オペ)で7日物売却条件付き債券購入(リバースレポ)を通じ500億元の資金を供給。今週5日連続のリバースレポにより、差し引き2000億元の供給超となった。

(最終更新日時 2020-09-25 01:59)

中国人民銀行関係の発言・ニュース バックナンバー

中国人民銀行 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース