中国人民銀行関係の発言・ニュース

中国人民銀行

 中国人民銀行は、日本の日本銀行(日銀)のような役割を果たす、中華人民共和国の中央銀行です(中国銀行(Bank of China)は市中銀行(旧外国為替専門銀行))。

 中国では、1998年に米国の連邦準備制度をモデルとする大規模な機構改革を実施し、全ての省・地方支店を廃止し、全国9地域支店に統合されている。

 このカテゴリ内では複数の関係者による発言やニュースに対してのHDP・RHDPとなるため、数値は目安範囲となります。

HDP

中間派

 HDP   +0.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

ハト派傾向

 RHDP -3.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-04-23][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)が今週行った公開市場操作(オペ)は、銀行間市場との資金の出入りが差し引きゼロとなった。リバースレポ(売り戻し条件付き債券購入)を通じた短期資金の供給規模と吸収規模がともに500億元だった。前週は600億元の供給超過、前々週は100億元の吸収超過で、供給と吸収が均衡するのは3週ぶり。人民銀は1日のリバースレポ操作規模を39営業日連続で100億元に維持している。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の中国人民銀行関係の発言・ニュース

[2021-04-23][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)が今週行った公開市場操作(オペ)は、銀行間市場との資金の出入りが差し引きゼロとなった。リバースレポ(売り戻し条件付き債券購入)を通じた短期資金の供給規模と吸収規模がともに500億元だった。前週は600億元の供給超過、前々週は100億元の吸収超過で、供給と吸収が均衡するのは3週ぶり。人民銀は1日のリバースレポ操作規模を39営業日連続で100億元に維持している。

[2021-04-20][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・易綱・中国人民銀行総裁「金融セクターの開放を拡大する」「外資系金融機関の業務範囲を拡大する」
・中国人民銀行の易総裁は、「博鰲アジアフォーラム」年次総会で、金融機関に可能な限り早期にグリーン金融への移行を促し、同国の炭素中立目標の達成を支援する方針を示した。「金融機関にできるだけ早い移行を促していく」と述べている。

[2021-04-13][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀は、中国フィンテック企業アント・グループが金融持ち株会社に移行すると発表した。持ち株会社化で規制が強まり、利益率やバリュエーションが抑制されることになりそうだ。中国当局は昨年11月にアントの370億ドルの新規株式公開(IPO)計画を阻止。2日前にはアント親会社の電子商取引最大手アリババ・グループが独占禁止法に違反したとして罰金27億5000万ドルを科している。

[2021-04-12][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国中銀は12日、1-3月のファイナンス規模総額が3兆3400億元と発表した。予想は3兆7000億元、1-2月は1兆7129億元。

[2021-04-09][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は今週の公開市場操作(オペ)で、リバースレポ(売り戻し条件付き債券購入)を通じて銀行間市場から差し引き100億元を吸収した。前週までは4週連続で資金の出入りがゼロだった。

[2021-04-07][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は公表した研究報告書で、中国が人民元の通貨先物市場を適切な時期に創設すべきだと指摘した。また中国が国内企業に対し、為替レートの変動リスクを回避するためにオフショアの通貨先物市場を活用するように促すべきだと訴えている。
・中国人民銀行(中央銀行)が主要銀行に対し、年内は融資の伸びを抑えるよう求めたもようだ。消息筋によると、人民銀は3月22日に開いた国内銀行との会合で、今年の新規融資の規模を昨年並みにするよう要求した。今年1-2月の与信は前年同期比16%増の4兆9000億元と予測を超えて急増していたため、銀行は3月以降の貸し出し抑制を迫られる。一部の外資銀行も最近、融資抑制の窓口指導を受けたという。香港経済紙『信報』が6日、外電を引用する形で伝えた。
・日本経済新聞によると、中国人民銀行(中央銀行)は7日、2021年3月末の外貨準備が前月末より350億ドル少ない3兆1700億ドル(約348兆円)だったと発表した。3カ月連続で減少した。ドルが主要通貨に対し上昇し、主要国の債券価格が下落したため、ドル建ての評価額が下がった。

[2021-04-06][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は6日、7日物リバースレポで総額100億元の資金供給を実施する。推計で差し引き100億元吸収。

[2021-04-05][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・英紙『フィナンシャル・タイムズ』(電子版)は4日、中国人民銀行(中央銀行)が融資急増によるバブルの助長を懸念し、市中銀行に与信抑制を要請したと報じた。同報道によれば、中国の1-2月における新規融資は前年同期比で16%増加しており、中国人民銀行は2月、1-3月期の新規融資を前年同期とほぼ同じ水準に抑制するよう指示したという。この動きは、新型コロナウイルス大流行による経済への影響緩和で金融支援を強化してきた中国政府が経済成長の強化よりも金融リスクの抑制に政策の重点を置いた兆候だとしている。

[2021-03-31][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は31日、7日物リバースレポで総額100億元の資金供給を実施する。推計で期日到来額と一致。

[2021-03-25][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は25日、7日物リバースレポで総額100億元の資金供給を実施する。推計で期日到来額と一致。

(最終更新日時 2021-04-24 16:37)

中国人民銀行関係の発言・ニュース バックナンバー

中国人民銀行 カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース